07.01.21(日)

 朝、NHKで政治討論番組を見る。自民と民主の二大政党制の中で、政治の争点が見えない。両党間で政策の差異が無くなってきている事を感じる。お互いに選挙だけを意識した言葉遣いである。このことは、紋切り型の世論を作り出すマスコミに責任があるように思えてならない。小泉政権時代の「改革派VS抵抗勢力」という図式に、未だマスコミ自身がとらわれている事が問題だ。この図式を脱構築しなければならない。
 私の見立てでは、現在の自民党には行き過ぎた新自由主義路線の修正が迫られている。これから、再チャレンジや格差是正の具体策が示されるであろう。私は自民党員なので率直に期待したい。対する民主党・小沢代表も根っ子は典型的な新自由主義者だ。小沢氏の著書の「日本改造計画」を読めば分かる。小泉政権に対する批判も、「構造改革の不徹底」であった。いづれにしても、新自由主義的傾斜配分と社民主義的公平配分の政策的バランスの支点をどこに置くかが問われている。
 午前中、六軒・木下方面の年始回り。12:40、六軒農家組合の総会と新年会で御挨拶。鮟鱇鍋を頂戴する。午後、中の口、浦部方面の新年会に出席する。たくさんの方々から激励され、また貴重な御意見を頂く。今日も温かい人の情に感謝。人生の中で順風の時に近づいて来る人は多いというが、どん底の時に励まし助けてくれる人は少ないという。確かにムチを打ってくる人もいるが、私に手を差し延べてくださる人の何と多いことか。私はこれからの人生の中で、この御恩を忘れずにしっかりとお返ししていきたい。19時、帰宅。
 今日、成田と我孫子市長選が行なわれた。結果が注目される。
# by takinowa | 2007-01-21 21:19

07.01.20(土) 大寒

 午前中、初雪が舞った。暖冬で平年より12日遅いというものの、今日は暦どおりの寒さとなった。
 9:55、千葉市土気へ。昨年8月の県議補選で御世話になった花沢三郎前県議の事務所開きへ。大変立派な式典であった。椎名一保参議院議員や笹生千葉県議会議長ら多くの来賓が挨拶の壇上に立った。ゆうに千人を超える支援者も駆けつけ、熱気が漂っている。思いがけず、司会者から「印西の滝田」と会場の皆様に紹介され恐縮する。式典終了後、花沢先生に御挨拶すると「あなたもしっかり頑張りなさい」と励まされ、またまた恐縮。政治家としての懐の深さ、スケールの大きさを感じる。
 12:30、印西に戻る。栄屋木下東店で天汁蕎麦大盛(1,200円)を食す。午後、市内を廻る。夕方、会合に参加。19:30、帰宅。夕食に、豚キムチ鍋を食す。今日も多くの市民の方から励まされた。空気を入れてもう一踏ん張りしよう。事務作業をこなし、少し早めに休むこととする。
# by takinowa | 2007-01-20 20:18

07.01.19(金)

 6:20、千葉ニュータウン中央駅へ。本日の朝の駅頭は大変だった。強い北西の季節風に煽られ、体感的に非常に厳しかった。9時、身体の芯まで冷えたので朝風呂に入る。苦行に耐えることも政治活動である。午前中、自宅事務所で作業と電話がけ。
 午後、事務所で仕事。15時から街頭で政治活動。朝の強風は収まったが、気温は低い。辻説法を続ける。NT方面での知名度も徐々に高まってきているたようだ。地道な活動が大切だ。21:40、帰宅。
 
# by takinowa | 2007-01-20 00:04

07.01.18(木)

 最近、辻説法(街頭演説)のコツを少しずつ掴んできたような気がする。当たり前のことだが、鎌倉時代の高僧や有名政治家でないため、誰も立ち止まって聞いてくれる人はいない。ただ、百人中一人ぐらいは私の話に反応してくれるかも知れないと思うようにしている。そして、その人に集中的に語りかけることを心掛けている。一対一の対話を想定し、私の主張を伝えようと努力すれば、その熱意は必ず他の九十九人にも伝わるはずだ。一人を説得できずして、百人を納得させることはできない。
 6:30、印西牧の原駅で辻説法。8:50、自宅で朝食。午前中、政策の勉強。13:40、来客の応対。15時、電話がけ。16時、街頭で政治行動。市民に私の考えを直接訴えかける。18:15、王将で炒飯定食(860円)。22:55、帰宅。少し疲れる。
 日銀が利上げ見送りとの報道。日銀の政策決定に対し、政府与党幹部の発言が影響したか否か問題となっている。ただ、「ホッ」とした中小企業の経営者も多いことだろう。もちろん、私もその一人である。いずれにしても、中小企業の大多数がバランスシート不況に苦しんでいる。また、庶民の可処分所得が増えない現状での金利先高観は、個人の消費マインドを冷ましかねない。日銀には、慎重な政策判断を望みたい。
 不二家が消費期限切れの牛乳を使用してプリンを作ったということで、世間の批判に晒されている。また、内部告発も相次いでいる。食の安心安全及び企業倫理の確立という観点で、大いに反省してもらいたい。私個人としては、不二家ファン(特に苺のショートケーキが大好き)なので復活を期待するものである。
# by takinowa | 2007-01-18 23:34

07.01.17(水)

 日本中を震撼させた阪神淡路大震災から12年が経過した。亡くなられた方々の御冥福をあらためて祈りたい。行政の危機管理のあり方、消防団をはじめとする地域防災の重要性を再度確認しなければならない。と同時に、自分も市消防団幹部としての責任を感じる。
 6:20、小林駅頭に立つ。8:40、自宅で朝食。大盛スパゲッティミートソースを食す。午前中、事務作業。先日、同志社後輩の阿部修一さんに撮影して頂いた写真を使って名刺の作成。阿部さんには心から感謝。午後、電話がけの後、街頭活動。今日は本当に肌寒かった。夜、何人もの方から声をかけていただき嬉しくなる。なかでも、先日NT中央駅で知り合った早稲田大学修士課程に通う内野在住の学生さんから、「佐藤優さんの『獄中記』に滝田さんでてましたね」と言われ驚く。私も「文学界・2月号の『私のマルクス』にも出ているから、本屋で立ち読みでもしてみてください」と申し上げる。1/31の佐藤の公判も都合がつけば、傍聴に来て下さるとの事。いろいろな切っ掛けで人間関係が生まれるものだと思った。いずれにしても、情報発信は大切だ。私は、これからも人間関係を大事にしていきたい。
 21:30、船尾方面でNTの支援者の方々と新年会。御馳走になる。参加者から激励され、人と人との絆を感じる。23:25、帰宅。明日からも、新しい出会いを求めて頑張りたい。
# by takinowa | 2007-01-18 00:31

07.01.16(火)

 今日も一日、無我夢中であった。6:25、印西牧の原駅頭に立つ。8:50、自宅に戻り朝食。午前中、事務作業と電話がけ。午後、街頭で政治活動。23:20、帰宅。夕食に豚しゃぶ鍋。
 正月元旦に百日戦争が始まったと思ったが、半月以上が過ぎた。時間の経過は実に早い。一日一日を精一杯頑張るしかない。今の立場を考えれば、他人の倍以上の努力が必要だ。
# by takinowa | 2007-01-17 00:26

07.01.15(月)

 朝、目覚し時計をかけ忘れ不覚にも寝坊する。6:05、起床で6:30に木下駅頭に立つ。8:05、自宅で朝食。午前中、永治・浦幡方面。昼食後、NT高花方面。14:30、自宅で事務作業。15時から市内各地で、街頭の政治活動。
 20:20、木下の「やんばる」で若手経営者と懇談。中心市街地活性化問題、千葉NT事業問題等で意見交換。夢のある話で本当に楽しかった。これからも、地域経済活性化に全力で取り組みたい。生ビール3杯、焼酎等を摂取し24:15帰宅。
 明日からも頑張ろう。
# by takinowa | 2007-01-15 08:19

07.01.14(日)

 7:40、起床。TVで討論番組を見る。
 10:30、船穂学区のT町内会の新年会。会長さんから御丁寧に紹介していただいたことに心から感謝。11:25、小林へ。小林お楽しみ会主催の新年のお祭りへ。たくさんの方々より、励ましていただき感激する。13:50、印西市役所でで、消防団役員会議。市防災について話し合う。14:50、大森地区N町内会新年会。地元の方々から御激励を頂戴し、思わず涙ぐむ。15:55、永治地区のO町内会の新年会。皆様方から、私滝田へのアドバイスを頂戴し気合が入る。17:20、草深、船穂方面を廻る。23時、無事帰宅。一日一日を大切にしていきたい。
# by takinowa | 2007-01-15 00:23

07.01.13(土) 四街道市消防出初式へ出向

 7:15、起床。8:40、市防災課Tさんの迎えで、岩井消防団長とともに四街道消防出初式へ。9:35、少し早目に会場着。10時、開会。天候にも恵まれ最高の日和で暖かい。11時、式典終了。11:40、四街道市商工会館で消防関係者、議会関係者と懇親会。終了後、一人で成田経由木下へ。
 14時、地元で政治活動。木下駅前で辻説法等を行なう。同志社大学の後輩・阿部修一御夫妻にすっかり御世話になる。心から、ひたすら感謝感謝。
 全国大学ラグビー選手権決勝戦で、関東学院大学が早稲田大学に33-26と勝利した。両大学とも、印西の千葉県ラグビー祭に参加していただいたチームだ。現在、大学ラグビー界は二強時代と言われて久しい。同志社、慶応、明治といった伝統校の復活も期待したい。また、学生が毎年入れ替わる大学ラグビーで、連覇は至難の業と言われている。早大にとっては、無念の結果となった。
 明日も忙しい一日となるので、今日は早目に休むこととする。夕食にカキフライ、ポテトサラダ、里芋の煮物と豚汁を食す。おやすみなさい。
 
 
# by takinowa | 2007-01-13 20:47

07.01.12(金)

 日本経済新聞1面に「人口、再び大都市集中 東京圏転入超過バブル期並み」とある。雇用環境のよい大都市への移住に拍車がかかったとのこと。同時に地価下落による都心回帰現象もあると思われる。私はこの記事を読み、二つのことを考えた。一つは中央と地方の格差拡大であり、もう一つは首都圏における地域間競争である。前者は新自由主義の弊害、後者は千葉NTを抱える印西の問題だ。恐らく東京集中の傾向はしばらく続くのではないだろうか。
 6:15、木下駅頭に立つ。8時、自宅で朝食。午前中、自宅で事務作業。午後、地域を廻る。4時からNTで街頭活動。20:30、NTの王将で炒飯と餃子。夜、酔払いに絡まれて酷いめにあう。酒癖の悪い酔払いは、自分で自分のことを正常と思っている。日常でかなりフラストレーションが溜まっているのだろうと同情してしまう。世の中、良い人もいれば変な人もいる。24:15、帰宅。
# by takinowa | 2007-01-13 00:55

07.01.11(木)

 「苦行」という言葉がある。もとは仏教用語だが、韓国の詩人・金芝河(キムジハ)が当時の軍事独裁政権に抗議して政治犯となり、弾圧や獄中の体験を「苦行」と表現した。有罪判決を受けた金氏だが、やがて世界中の輿論の支持を受け見事復活する。恐らく、同じように再起した心友・佐藤優や鈴木宗男代議士の獄中生活も「苦行」であったに違いない。私の場合、彼らの「獄中」に比べれば次元もレベルも違う。ただ、今の自分にとって、毎日この「苦行」という言葉にリアリティが感じられる。落選者の孤独、不安、焦燥に耐え、一歩ずつ前進していくしかない。
 深夜から未明にかけて原因不明の強烈な腹痛に襲われる。朝、下痢でなかったので痛みを堪え、いつも通りの予定をこなす。午前中は自宅で静養。よほど、疲れているのだろう。昼近くになり、全快。午後、街頭での活動を再開。北総線の高運賃是正問題や総合病院誘致、市町村合併問題等について市民に直接訴える。今日も約9時間行なう。
 議員でなくなり浪人となって、とにかく時間がある。街頭での辻説法が日課となって久しい。議員時代はとにかく忙しく、駅頭など行なっている時間などなかった。深夜、木下東のくるまやラーメンで食事。24:10、帰宅。明日も頑張ろう。
# by takinowa | 2007-01-12 00:56

07.01.10(水)

 朝、相当冷え込む。6:20、千葉NT中央駅頭に立つ。約2時間ほど、集中して辻説法。顔見知りの方もここに来て増え、たくさんの方と挨拶を交わせるようになった。ちょっとしたことが今の自分にとって、励みになり嬉しい。9時、自宅で朝食。
 昨日買った文学界・二月号(文藝春秋社 950円)、佐藤優「私のマルクス」・連載第7回ー ロシアレストラン「キエフ」を読む。佐藤優と大山修司氏(日本キリスト教団・膳所教会牧師)のやりとりを中心に話が進み、何と途中から小生も登場しているではないか!!それも、かなりの分量で。私たちの十九、二十歳の頃の話だが全て事実である。自分が登場してきているのにも拘らず、何か「新左翼」※青春ドラマを見ているようで面白い。興味のある方は、図書館にも置いてある雑誌なので読んでみていただきたい。まさに、佐藤優=ラスプーチン、恐るべし。これは、作家として本物だ。
 午後、ニュータウン方面で政治活動。相当疲れて、23:50に帰宅。牛丼を食す。明日の朝早いので、1:30に就寝。
(※滝田は二十代後半より保守主義者です。思想遍歴の詳細は、滝田HPの政治理念の「保守主義」、「共同体主義」及び公的活動の「消防団」に書かれています。)
# by takinowa | 2007-01-10 09:28

07.01.09(火)

 5:40、起床。三連休の後で、朝起きるのが辛かった。6:30、印西牧の原駅頭で辻説法。北西の風が吹き、寒さで思うように話せない。知り合いの方とはアイコンタクトで挨拶。今日から仕事始めの方も多いのだろう。先週よりも通勤の駅利用者が多い。
 8:50、朝食。おでんを食す。午前中、会社の仕事。午後、政治活動。15時からニュータウン方面。今日は約6時間の辻説法を行なった。私とは違い恐らく鎌倉時代の高僧は、桁違いの説得力を持った辻説法を行なったのであろう。宗教は政治より上の概念に違いない。23:40、帰宅。五目焼きそばとメンチカツ、サラダ、味噌汁。
 本日、防衛庁が防衛省に改編されたとの報道。日本もやっと、普通の国に近づいたということだ。今後、国民の間で国防や外交について議論を深めていくことが大切だ。また、夕張市の財政破綻の話題もマスコミを賑わせている。北海道における過疎、国家のエネルギー政策の転換といった事情を考慮するならば、単なる一自治体の放漫財政の結果と見るのは酷である。政府は速やかに、夕張市民に生活の最低保証を行なわねばならないだろう。自由主義における自己責任の論理とは明らかに異なると思う。人道上の問題だ。
# by takinowa | 2007-01-09 09:39

07.01.08(月) 成人の日

 6:30に起きて、朝風呂に入る。7:30、大広間で朝食。9時、ホテルを出る。9:20、土肥金山坑内を見学する。10時、土肥峠にある木下東在住のOさんの実家のドライブインで休憩。駿河湾の眺望が見事であった。11:40、車内で皆様にお別れを告げ三島駅前で降ろしていただく。駅で桜海老かき揚蕎麦(450円)を食す。12:24、新幹線こだまで東京へ。15時、自宅に戻る。
 16時、浦部へ。新年会に出席。いつも御世話になっている先輩の紹介で五十名程の皆様の前で、ご挨拶させて頂く。たくさんの方々から「人生の再チャレンジ、ガンバレ!」と励ましていただく。人の情(なさけ)にひたすら感謝。
 朝から、全国各地で成人式が荒れているという報道を見る。主義主張を持って暴れるのではなく、ただ騒いで目立ちたいという新成人が多いらしい。去年まで、市議として成人式に出席していたが、印西の場合は大人しい。ただ、私語が多いのは事実だ。今後、教育基本法改正の効果が現れることを期待したい。
# by takinowa | 2007-01-08 19:02

07.01.07(日)

 5:30、起床。6:50に平岡へ。平岡親睦旅行会に参加し、大型バスで伊豆へ出発。三十数名の方々と楽しく時を過ごし16時、西伊豆土肥・大和館着。風が強かったが、天気は最高で熱海、伊東、稲取、天城と最高のドライブであった。宿は切り立った断崖絶壁の上にあり、駿河湾の眺望は息を呑むほどであった。展望温泉風呂に入り、18時から宴会。最高に盛り上がるとともに、多くの方々と交流を深めることができた。二次会でカラオケ→ラーメン→マッサージという温泉宿の定番コースを終え、24時頃就寝。今日は、久しぶりにリラックスできた。
# by takinowa | 2007-01-07 06:19

07.01.06(土) 印西市消防出初式

 夢の中に何人も知り合いが出てきて、ほとんど眠れない。他人もいるし、亡くなった父もでてきた。睡眠不足のまま、6:40に起床。本日雨天の為、消防出初式は市文化ホールで行なわれることとなった。私の消防歴20年で屋内で行なうのは2度目である。滅多にないことなので、家を出る時少々不安であった。7:40、現着。8時から打ち合わせ。8:30、予行。10時、式典開始。消防表彰、団長訓示、市長挨拶、来賓の軍司県議御挨拶など次第どおりに無事終了。正月からの緊張がスーッと抜け、どっと疲れる。
 11:20、六軒厳島神社でH19年の新年祭。地域の先輩方と楽しく酒を酌み交わす。楽しい談合であった。13:40、市消防新年会。ほとんど、限界で17:40に帰宅。無事自宅に帰れたことを神様に感謝。明日は明日の風が吹くことを信じて、読書しつつ就寝。
# by takinowa | 2007-01-06 20:18

07.01.05(金)

 5:35、起床。ウイダーインゼリー(マルチビタミン)を摂取する。快晴で相当冷え込んでいる。天水桶にかなり厚めの氷が張っていた。6:10、木下駅頭に立つ。顔見知りの方々と、気持ちよく新年の挨拶。
 日中、年始の挨拶回り。夕方、NT方面で辻説法を3時間。20時、支援者主催の新年会へ。皆様から様々な御意見を伺うとともに、たきた再チャレンジに向け激励される。23:30、帰宅。明日は、印西市消防出初式だ。気合を入れて、式典に臨もう。
# by takinowa | 2007-01-05 08:18

07.01.04(木)

 6:20、駅頭に立つ。今日から仕事始めだが、通勤の方は普段の六割程度といったところである。本格的に企業が動き出すのは来週からだろう。8:55、自宅で朝食。午前中、年始の御客様の対応。
 午後、市内の支援者宅を年始廻りする。私にとって本格的な仕事始めだ。15時、NT方面で辻説法。23:20、帰宅。夕食に野菜カレーとポテトサラダ。
 明日の朝も早い。睡眠時間が4時間程度の日が続く為、少々しんどい。体力勝負と自らに言い聞かせる。再チャレンジ!人生の再・起・働に向け、公に身を晒し続けよう。どん底から這い上がろうとする私の姿を見て、何かを感じてくださる方がいるかも知れないと信じつつ頑張りたい。
 明後日は、消防出初式と木下駅南骨董市が予定されている。天候が心配である。
# by takinowa | 2007-01-05 00:10

07.01.03(水)

 正月恒例の箱根駅伝は、順天堂大学が昨日の往路に続き復路でも優勝。見事、6年ぶりの総合優勝。一本の襷を先輩から後輩へと受け継いでいく姿は、毎年感動的だ。一年一年の物語が積み重なり、やがて伝統となっていく。歴史や伝統とは、単なる時間の経過ではないとつくづく思うものである。
 午前中、親戚の年始挨拶。沼南、白井、印旛村方面を母と廻る。13時、自宅で昼食。雑煮とおせち料理。少し飽きてきた。午後、後援会関係の事務作業。夕方からイオンNTの店で会社の仕事。19時、マネージャー(妻)と夕食。食堂街の「浜勝(はまかつ)」でロースかつ定食(1480円)。21:50、帰宅。
 いよいよ明日は仕事始め。全力で走り続けよう!!
# by takinowa | 2007-01-03 22:18

07.01.02(月)

 8時、起床。三が日は少し時間が取れるので読書できる。昨夜から読み始めた藤原正彦著「心は孤独な数学者」(新潮文庫・460円)を読了。近代以降の三人の天才数学者、A・ニュートン(英)、ウイリアム・ハミルトン(アイルランド)、S・ラマヌジャン(インド)の人間としての足跡を辿った評伝紀行である。素直に感動した。名作だ。正直に言って、私は数学は苦手である。センスがないのだ。数学の定理や公式の世界は、藤原氏言うところの芸術や美学に限りなく近いということなのだろう。少なくとも、実学とは程遠い。さらに三人の天才とも、もっとも理性的な世界であるはずの数学や科学を究める過程で、キリスト教やヒンズー教の信仰を深めていく。「不合理ゆえに我信ずる」ということなのだろう。まさに、「科学の果ての宗教」である。あらためて、保守思想の根幹には「歴史感覚」と「宗教感覚」が必要であると感じた。
 今日は、駅伝、ラグビー、サッカーなど冬のスポーツで盛り上がる。箱根駅伝往路、順天堂大学が五区・箱根山登りで東海大学を逆転し優勝。大学ラグビーでは早稲田大学と関東学院大学が関西勢を一蹴し決勝進出。今年は両校の力が拮抗している。高校サッカーでは県代表の八千代高校が二回戦突破。三回戦で前年度優勝の野洲高校に勝てば頂上も見えてくる。個人的に言えば今年は5年ぶりに同志社ラグビーが国立競技場に姿を見せなかった。少々、淋しい。
 15時、NTの店で会社の仕事。19:40、帰宅。夕食に鶏団子鍋(水炊き)を食す。体が芯から温まる。
# by takinowa | 2007-01-02 20:00

07.01.01(日) 元旦

 2007年・平成19年がいよいよスタートした。日本の平安と世界の平和そして我が郷土・印西の発展を心から祈念するものである。
 0時、六軒厳島神社で年越神輿大会。山崎市長、軍司県議の晴れやかな祝辞の後、カウントダウン。たくさんの見物客、参拝客で神社境内があふれんばかりとなる。私は、年越蕎麦、甘酒をふるまう接待係を務めた。とにかく忙しかった。後片付けを終えて1:40、帰宅。録画してあった「K-1・ダイナマイト」を観戦。
 9時、起床。神棚に一年の家内安全と商売繁盛を祈願。朝食。おせち料理と御雑煮。鶏肉、醤油味ベースで蒲鉾、なると。妻は、新年初売りセールでNTのイオンに出勤していた。午前中、年賀状の返事を書く。午後、母、兄弟夫婦らと厳島神社へ初詣。NTの店で会社の仕事。21:20、帰宅。
 年末に、イラクのフセイン元大統領が国内法に基づき処刑された。ただ、実態は勝者が敗者を裁く戦争裁判であった。恐らく、これを契機に宗派間や部族間の対立はますます激化するに違いない。米国兵の死者は三千人を突破し、もはや内戦状態である。結局、イラクに大量破壊兵器は存在せず、フセインとアルカイーダの繋がりもなかった。(アルカイーダはイスラム原理主義のワッハーブ派であるのに対し、フセインは世俗的なスンニ派。同じイスラム教でも絶対に交わるはずがないと専門家は指摘していた。両者の共通項は反米のみであった。)この戦争の責任をはたして誰が取るのだろうか。まさに、大義なき戦争である。米国の掲げる民主主義と市場主義=グローバリズムは、異文化との間で今後も大小の衝突や摩擦を起こすに違いない。我が国は米国と基本的価値基準(民主制と市場主義)を同じくする国であるが、軍事行動には一定の距離を置くべきである。独・仏の外交姿勢に学ぶ点が多いと思う。まさに、「ナショナリズムという迷宮」の時代である。
 本年私はこのブログで、国防や外交についても問題提起していきたいと考える。
 
# by takinowa | 2007-01-01 21:47

06.12.31(土) 大晦日・六軒厳島神社年越神輿

 今日は大晦日。商人(あきんど)をしているのでゆっくりとはいかないが、この一年間をもう一度じっくりと振り返りたい。
 19:40、高花地区でいつも御世話になっている先輩の忘年会に飛び入り参加。「毎日、駅頭頑張ってるね。応援してるよ。」と言われ本当に嬉しくなる。
 21時、、六軒厳島神社で年越神輿大会へ。私も役員をしており準備の為、少し早目に行く予定。22時頃には神社境内で、豚汁と年越蕎麦を皆さんにふるまっていると思う。是非、会いに来て頂きたい。年が明ければ、すぐ地元消防の出初式だ。自分の「再チャレンジ」もあり、人生待ったなしの勝負の年が始まる。とにかく頑張ろう。皆様に良い年が来ることを祈念しつつ、本年のブログ更新はこれにて打ち止め。良いお年を!!
# by takinowa | 2006-12-31 13:42

06.12.30(土)

 午前中、家の大掃除。正月に備える。親戚、兄弟など来客への対応が予想される。
 それにしてもここ十数年で、年末年始の雰囲気もだいぶ変わった。元旦から営業する小売店も多く、歳末の慌ただしさもない。私の記憶では、ダイエーが12~3年前に元旦営業を始めた頃からかもしれない。やはり、90年代前半の大店法の規制緩和が大きく影響している。これも時代の流れなのかもしれないと思いつつ、なぜか寂しい。現代日本が米国流の「消費者主権」というお題目のもと、利便性や快適性を過度に追求した結果といえなくもない。やはり、ヨーロッパのように多少の不便さを我慢できるくらいでなければ、文化を守れないと考える。行き過ぎた新自由主義に待ったをかけなければならない。ここは、真正の保守が頑張らなくてはとつくづく思う。幸い、国の改正「まちづくり三法」もそのような方向性となっている。しっかりと見守っていきたい。
# by takinowa | 2006-12-30 20:09

06.12.29(金)

 朝、駅頭で挨拶。御用納めの次の日ということで、通勤の方は少なかった。8:40、自宅で朝食。北海道のS先生から頂いた、鮭がおかず。身が本当にプリプリして美味しかった。9:50、仮眠する。11:40、地元の支援者の挨拶回り。12:40、鰻の蒲焼とお吸物で昼食。
 午後、親戚に年賀状を書く。今年の選挙で迷惑を掛けたことを心から反省する。16時、カラオケパーティに出席。私の18番、「時の過ぎ行くままに」と「雨の御堂筋」、「時代遅れ」を歌わせて頂く。18時、木下東で滝田事務所のボランティアと忘年会(割勘)。励ましてくれる同志に心から感謝。22:50、帰宅。
# by takinowa | 2006-12-29 23:00

06.12.28(木) 本年度最後の駅頭活動

 昨日の忘年会で、草深の先輩方から御指導いただいたことをあらためて反省してみる。自分の至らなかったところ、すなわち謙虚さや思慮の不足を感じる。理性と感情のバランスを欠いていたに違いない。バランスとはまさに中庸の精神である。自分の人生、70歳まで生きることができるならば、残り約25年。中庸を身に付けるため、成熟に向け一歩でも近づきたいと思う。
 6:20、小林駅で朝の挨拶。日中、支援者への電話がけと手紙を書く。時間の経過が早い。夕方、地域の忘年会に出席。皆様から的確なアドバイスを頂戴する。今日も自分自身を見つめ直し、ひたすら反省。と同時に、温かい言葉をかけて頂く先輩方に感謝。人間関係の大切さを痛感する。21:40、帰宅。
# by takinowa | 2006-12-28 22:03

06.12.27(水)

 朝から強風の中で駅頭。かなりきつかった。午前中、会社の仕事。午後、地域の支援者を廻る。15時、事務作業。夕方からNT方面で辻説法する。夜、草深で忘年会に顔を出す。何よりも人間関係が大切と感じる。今日も一日があっという間に過ぎた。今年もあと4日間。日々、元気を出して頑張りたい。
# by takinowa | 2006-12-28 00:47

06.12.26(火)

 今日は一日、大変な天気であった。6:15、雨の中木下駅頭に立つ。8時、自宅で朝食。午前中、支援者に電話がけ。昼、自宅で味噌ラーメン。午後、政策の勉強。夕方から土砂降りとなる。
 夜、ニュータウンで街頭演説。風も強く、だいぶ濡れてしまう。心が折れそうになるが、根性を入れて頑張る。23時、帰宅する。かなり疲労したようだ。毎日毎日が体力勝負である。力の限り頑張りたい。
# by takinowa | 2006-12-26 23:56

06.12.25(月) クリスマス

 クリスマスおめでとうございます。最近、聖書の四つの福音書を二十数年ぶりに読んだ。私はキリスト者ではないが、聖書が人類史上最高の書物の一つであることに異論はない。
 7時、起床。朝、体調が悪く駅頭を休む。午前中、会社の仕事。栄屋木下東店で昼食。午後、後援会関係の事務作業。夕方からNTで街頭演説。夜、忘年会。今日は少々、飲酒を控えめにした。
# by takinowa | 2006-12-26 00:18

06.12.24(日) EVE

 日中、後援会事務関係の仕事。夕方から、三つの忘年会を梯子する。23時、帰宅。かなりのアルコールを摂取する。
# by takinowa | 2006-12-25 12:06

06.12.23(土) 天皇誕生日

 今年もあと8日。私にとって、一生のうちで忘れられない一年となるであろう。来年はまさに人生の正念場だ。 8月の県議補選で落選して以来、多くの方々から励ましていただいた。私は、どん底の男に手を差し延べてくださる人々の心と情を決して忘れない。その恩に報いるべく、人生の「再・起・働」に向けチャレンジあるのみである。
 「落選は辛いものだ」と人からは聞いていたが、私の場合、公(おおやけ)から身を引き、私(わたくし)の世界に引篭りたくなった。もっと言えば、「この世からひっそりと消え去ってしまいたい」と思うような時もあった。とにかく、気力を与えてくださった皆様に感謝、感謝。しばらく前から、精神的にきつい時や酒を飲んだ際、松山千春の「大空と大地の中で」を知らず知らずのうちに口ずさんでいることがある。
「生きることが辛いとか 苦しいだとか言う前に 野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ」と。そして思い起こすのは、ここ5年の鈴木宗男さんと心友・佐藤優の頑張りである。特に鈴木先生は、権力の中枢から転落し、ムネオ疑惑→逮捕→ガン告知→参院選落選という人生の地獄からの復活である。私の挫折などはまだまだ大したことはない。内気になっている自分を恥ずかしいと感じるとともに、千春の「力の限り生きてやれ」を肝に銘ずるものである。
 6:05、起床。6:50、平岡の凸凹ランドへ。9時、私が実行委員長を務めている「2006・クロスカントリー大会 in印西」(山かけっこ大会・後援:印西市教育委員会)が行なわれた。市内外より小中学生、一般のランナーが230名以上参加。天候にも恵まれ、父兄も大勢来られた。印旛地区は陸上や駅伝が盛んだ。マラソンの小出監督をはじめとする名指導者も多い。競技会では、スターターの大役を先生方の指導で初体験する。大会顧問を御願いしている元・白井市教育長の山本達雄先生からも、貴重なお話を聞け勉強になった。山本先生は専修大学で箱根駅伝を4年連続で走り、青東駅伝でも活躍されるなど往年の名選手だ。また、私の亡くなった叔父と東葛飾高校の同級生で父が二級下とのことで、想い出話を楽しそうにしてくださった。お昼は、地元の平岡の方々が中心となって作った豚汁とおにぎりを御馳走になる。特に豚汁は、400人前ができる大鍋で作ったもので本当に美味しかった。13時から表彰式。入賞者に賞状を渡す。
 14時、支援者宅を廻る。17時、帰宅。事務作業。疲れているので休むこととする。
# by takinowa | 2006-12-23 21:14