<   2018年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

18.05.21(月) 日大「危険なタックル」について

 日大は日本最大規模の総合大学だ(1920創立・校祖:山田顕義司法卿)。全国各地へ無数の有為な人材を輩出する我が国私学の雄である。
 残念なことに、日本大学 対 関西学院大学 アメリカンフットボール定期戦における日大選手の危険なタックルが社会問題となっている。
 で、同じFOOTBALL系の千葉県ラグビー協会長としても重大な関心がある。フットボールではアメラグのみならずRUGBYであろうがSOCCERであろうが、ボールを保持しない選手へのタックルは禁止=反則だ。味方にパス或いはキック後の無防備な状態の選手へのレイト タックルは極めて危険だからである。よって、悪質な場合は即REDCARD。
 今回の動画を見る限り、関学QBがパスを投げた後、しかもパス・インコンプリート=ボールデッドとなった数秒後、日大デフェンスの選手が背後から関学QBに猛タックルを浴びせた。正直、正視できぬほどの怖い映像だった。私自身、競技は異なれど同じFOOTBALLに関わる者として本当に残念だった。 また、日大側の事後対応も批判された。関学及び相手選手への謝罪も遅く、常務理事として大学運営の幹部である内田正人監督へも批判が集中している。
 以下、余談であるが、今回の事案とは全く関係なしに「日大」と云う固有名詞を聞き思い出されるのは<秋田明大>(日大全共闘議長)さんだ。1968年、日大における20億円不正経理問題が切っ掛けとなり日大紛争が勃発。全国各地の大学へ燎原の火の如くノンセクトラジカルの全共闘運動が拡がっていった。私より一回り上の団塊世代であるが、秋田明大は山本義隆(東大全共闘代表)や滝田 修(京都大学経済学部助手=竹本信弘)とともに学生運動家として超有名だった。もっとも小学校低学年の子供心には「学生は何故大暴れしているのだろうか」と不思議に思っていたが(-_-メ)。
 いずれにせよ、今回の件で「学内民主主義」がどうのこうの等、日大学内で紛争が勃発することはまずないであろう。

 終日、事務所で仕事、来客の応対、電☎話掛け。
 19時、帰宅。夜、読書。
 23時、テレ東・WBS(ワールドビジネスサテライト)を見て就寝。東京ガス、米国よりシェールガス:LNG輸入。インバウンド需要増と民泊について。御終い

 新田次郎 著 「 アイガー北壁・気象遭難 」(新潮文庫・630円)を読む。山岳小説と云えば新田次郎。今更登山するつもりはないが、小説を読むことで遭難時の極限状況を追体験できる。それにしても文章が上手で美しい。 f0035232_23354016.jpgf0035232_23581611.jpg
by takinowa | 2018-05-21 23:36

18.05.20(日) 印西RC・WALK RALLY大会 / 印西市自衛隊協力会 定期総会

 【 5.19()第67回 利根川水系・総合水防演習に参加しました(*^^)v 】
 8時半、印西を出て印旛郡栄町出津地先(利根川右岸67.5km付近)へ向かう。
f0035232_1945464.jpg
 9時~11時、第67回 利根川水系連合・総合水防演習に参加。国土交通省、千葉、栃木、群馬、茨城、埼玉、神奈川及び東京の一都六県、印旛郡栄町 共同主催。日本一の規模となる河川水防演習である。
f0035232_1952855.jpg
 これだけ大きなイベントを無事成功させた地元・栄町はじめ関係者の皆様に敬意を表するものである。
f0035232_196131.jpg
 12:40、岡田正市・栄町長 主催による懇談会に出席。地元関係者の労を労(ねぎら)うとともに大いに談じ合う。
 16時、JR成田線安食(あじき)から木下へ。
 17時、帰宅。気絶する。

 【 5.20()印西RC・WALKRALLY大会 / 県立我孫子特別支援学校春季運動会 / 印西市自衛隊協力会総会 】
f0035232_1974189.jpg
 9時半~10:40、印西市立船穂中学校。印西ROTARYCLUB 主催:第8回 ウオークラリー大会開会式で祝辞。参加35組140名のスタートを激励し見送る。
 まさに最高のイベント日和であった。
f0035232_1916942.jpg
 11時~11時半、千葉県立我孫子特別支援学校春季運動会を観戦。全校ダンスは特に御見事でした。
f0035232_19174857.jpg
 13時半、印西市自衛隊協力会 定期総会に出席して祝辞を申上げる。また、県内及び印西市における自衛官募集状況等についても説明を受けた。(千葉県 H29:529名、印西市 H28:13名、H29:12名と堅調)。国防は国家と外交の礎であり、自衛隊の地位向上は一大事のテーマだ。私も何とか具体的に地方から協力して参りたい。
 15時、事務所にもどり(-。-)y-゜゜゜一服。
 17時半、地元懇談会で御挨拶と県政報告。
 20時、帰宅。夜、読書。御終い

 小室直樹 著 「 日本人のための経済原論 」(東洋経済新報社・2,800円)を読む。小室直樹は在野の天才だった。ソ連崩壊を逸早く予言したことでも有名だ。京都大学理学部数学家を卒業後、大阪大学大学院(経済学)、東京大学大学院(法学博士)。この間、ミシガン大学、マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学各大学院でフルブライト留学生として研究生活を送る。2010年逝去。
 経済学の立場としてはサミュエルソンの弟子筋で新古典派総合。高等数学を極めた近代経済学の王道だ。率直に申し上げて、高2で数学を諦め文系コースを歩んだ私にとって相当の理系COMPLEXがある。よって、本書においても古典派経済学のレベル、すなわち「均衡」「需要関数」「供給関数」「完全競争」或いはケインズの「有効需要」「乗数効果」(直接効果と間接効果=波及効果)、「マクロ経済」(国家の経済:Y:国民生産=国民所得の関数)、ミクロ経済(消費者と企業、個人の経済)くらいまでは何とか理解できる。ただし、数学(関数、微分等)に根本的な知的欠損があるため忸怩たる思いでスカッとしない。要は頭が悪いのである(>_<)。よって、500~521頁、残念ながら手も足も出ずgive up状態となった(泣)。
 数学が苦手で少々弱気になったことも事実だが、小室氏のマルクス理解には異論ありだ。小室氏の批判は「絶対的窮乏化論」=資本主義のイデオロギー的解釈に対してなら分かるが、「資本論」における労働価値説の批判とはなっていない。19世紀英国における純粋資本主義から「労働力商品化」と「剰余価値」を発見したマルクスは歴史科学=経済学の生みの親だ。もっと云えば、宇野弘蔵・経済学の「原理論」「政策論」「現状分析」のいわゆる「三段階論」には一切触れていない。
by takinowa | 2018-05-20 20:20

18.05.19(土) 第67回 利根川水系総合水防演習

105.png諸般の事情により明日20日にまとめて更新致します。
by takinowa | 2018-05-19 21:10

18.05.18(金) 2018下半期へ向けGO❗️

 終日、事務所で仕事、来客の応対、電☎話掛け。
 2018年下半期の政務活動について構想を検討する。政治の世界は建前の理想論や抽象的観念論ではすまない。どちらかと云えば、先ずは<人の心>を第一とし<人間関係>を大事にすることを心掛けねばならない。そして、全てが現実的なのだ。一日いちにち具体的ハードルを地道に越え、前へ進んで参りたい。
 エンゼルス・大谷翔平が6号本塁打のNEWSに拍手。二刀流ホンモノの怪物と思うものである。
 19時半、帰宅。夜、読書。
 23時、テレ東・WBS(ワールドビジネスサテライト)を見て就寝(-_-)zzz。御終いf0035232_042846.jpgf0035232_063867.jpgf0035232_074059.jpg

WBSに新たなコーナーが立ち上がったようです
(^O^)

by takinowa | 2018-05-18 23:33

18.05.17(木) 西城秀樹さん、御逝去

 終日、事務所で仕事。
 18時、帰宅。夕方から骨折している家内の介護。夜、読書。御終い
 新御三家として人気のあった西城秀樹さんが急性心不全で亡くなった。享年63歳。心から御冥福を祈るものである。

 齋藤 孝 著 「 一分で大切なことを伝える技術 」(PHP新書・740円)を読む。「ふむふむ」と云う感じだった。
by takinowa | 2018-05-17 22:12

18.05.16(水) ホッと一息(^O^)

 終日、事務所で仕事、来客の応対、電☎話掛け。
 北総政経FORUM・県政報告会も満員御礼の成功でホッとした。で、休む暇(いとま)もなく次のハードル越え走り続けたい。
 19時、帰宅。夜、読書。御終い
 23時、テレ東・WBS(ワールドビジネスサテライト)を見て寝る。

 佐藤 優 × 松岡正剛 「 読む力 」(中公新書ラクレ・820円)を読む。まさに知の巨人同士の対談である。世間で語られていることが、いかに反知性主義的か痛感させられる。とにかく学ばねばならない。f0035232_23485553.jpgf0035232_23493123.jpg
by takinowa | 2018-05-16 23:50

18.05.15(火) 北総政経Forum 超満員御礼(^O^)❗️

 本日開催された北総政経Forum2018:滝田敏幸・県政報告会、130名を超える皆様に御参加頂き大盛況フルハウスとなりました。
f0035232_053684.jpg
 鈴木宗男先生の時局講演会では「南北及び米朝首脳会談を読み解く」「北方領土と日露外交」ほか国内政局など関心の高いテーマでお話がありました。まさにムネオ節、炸裂❗️ 政治のエンタテイメントでした(^_−)−☆
f0035232_055171.jpg
 午前、事務所で仕事。県政報告会の準備。
 12時半、印西を出て柏へ向かう。
 14時〜15:15、農林水産省利根川水系土地改良管理事務所。手賀沼地域農業農村整備事業協議会 通常総会に顧問と して出席。手賀沼地区調査、事業等について話し合う。いよいよ「国営総合農地防災事業」(受益面積:4,563ha) 実施設計計画に向けて正念場である。
 15時半、柏を出て印西へ向かう。
f0035232_72934100.jpg
 16時半、北総鉄道千葉ニュータウン中央駅前のホテルマークワンCNT。 18時〜20時、北総政経Forum2018:鈴木宗男トークライブ(滝田敏幸・県政報告会)。内容は上記の通りです。
f0035232_0591121.jpg
 20時、鈴木宗男先生を囲んでの二次会(懇談会)。まさにエンタテインメント❗️参加者みんな大爆笑❗️楽しくアッと云う間に時間が過ぎた(^O^)
f0035232_0595973.jpg
 0時、帰宅。夜、読書。御終い。明日からも元気に頑張ろう❗️
 
 佐藤 優・杉山剛士 著 「 埼玉県立浦和高校 」(講談社現代新書・760円)を読む。真のエリート養成の公教育とは何か。受験特化型や富裕層向けの私学に負けない公立高校の役割について考察。本県の千葉、船橋、東葛飾といった伝統校とも重なるテーマであった。
by takinowa | 2018-05-16 01:02

18.05.14(月) 印西市商工会総代会 / 千葉NT中央駅で街頭

 朝から快晴で気温が上昇し夏日を観測。
 終日、事務所で仕事。
 15時、印西市商工会館。商工会総代会に出席して祝辞を申上げる。
 16時半、鹿黒の嶺久庵。商工会懇談会に出席し役員の皆様と意見交換。
 18時~20時、北総鉄道・千葉ニュータウン中央駅で5.15県政報告会:北総政経FORUMの広報活動。
f0035232_0373193.jpg
 21時半、帰宅。夜、読書。
 23時、テレ東・WBS(ワールドビジネスサテライト)を見てから読書。御終い

 佐藤 優 著 「 勉強法・情報分析とは何か 」(角川新書・820円)を読む。私の人生で最も悔やまれること、それは数学と語学に関し「知的な欠損」を放置したまま大人になってしまったと云うことである。知性や教養とは無縁の人間となったが、自分の頭で物事を考えられるようになりたい。そのため、一冊でも多く本を読むこととしたい。いずれにせよ、知の巨人・佐藤優の著作と向き合うのは心底楽しい。
by takinowa | 2018-05-14 23:52

18.05.13(日) 北総政経FORUM申込110名超え(^-^)v❗️

 5.15(火)18時からホテル・マークワンCNT(印西市中央1-10)で開催される滝田敏幸・県政報告会=北総政経FORUM2018の参加申込が110名を超えました。当日分も若干ございますので御問合せ下さい。
f0035232_14563965.jpg
 で、メインは鈴木宗男先生の時局講演会です。「南北・米朝首脳会談を読み解く」など最新の国際情勢は元より対露安倍外交、国内政局など関心の高いテーマで語って頂きます。
 誰にでも理解できる内容を心掛け、自由な質疑応答の時間を十分確保しています。また、FORUM終了後は別会場で懇談会(二次会:会費制2,000円くらい)も予定していますので奮って御参加下さい。
f0035232_1553626.jpg
 9時、印西市松山下公園総合体育館。第19回 印西市空手道大会開会式で祝辞を申上げる。
f0035232_1562925.jpg
 小学生の部を観戦。礼儀正しく気合十分、日頃の練習成果を見事に披露。印西における空手道の発展を心から願うものである。
 午後、地元で政治活動及び家の用事。
 昨日、家内が仕事場で転倒し足を骨折した(>_<)。松葉杖で歩行可能だがギプス固定の不自由な生活となった。暫く面倒を見なければならない。人生は山あり谷あり、順風満帆の時もあれば逆風の局面もある。政治の師と仰ぐ鈴木宗男先生も、試練に満ちた壮絶な人生を明るく元気に歩まれている。大変な時こそ、大いに学び見習わなければと思うものである。
 18時、帰宅。夜、読書。御終い

 増田俊也 著 「 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか 」(新潮社・2,600円)を読む。原稿用紙1,600枚、700頁を超える2段組という異例の大著。第43回大宅壮一賞、第11回新潮社ドキュメント賞受賞作のベストセラー(2011)。私が読んだ中で21世紀以降のノンフィクションで佐藤 優 著「国家の罠」(2005・新潮社)、後藤正治 著 「ラグビーロマン」(2006・岩波新書)と並ぶ傑作。
 史上最強の柔道家で格闘王と呼ばれる木村政彦の生涯を書いた評伝。その過程で明治、大正、昭和、平成の柔道史を中心に空手、合気道、ブラジリアン柔術、プロレスなど打撃及びグラップリング系格闘技史にも触れられている。と同時に、社会の裏面史も学べる内容だ。
 昭和12年から全日本選手権を13年連続で保持、昭和10年から25年プロ柔道転向までの15年間不敗、昭和15年皇紀2600年(1940)天覧試合覇者など「木村の前に木村なく、木村の後に木村なし」と称えられた木村の生涯を、新聞記者出身の著者が地道かつ執念の取材を元に執筆。息が詰まるほどだった。
 で、私にとって最も関心の高かったことは戦後復活した全日本選手権(S24)で、木村政彦が当時新鋭だった今牛若丸・早稲田の小天狗こと大澤慶巳五段(当時)と対戦していると云う歴史的事実である。大澤さんは現在、講道館十段、印西市名誉市民(旧宗像村造谷出身・旧制佐倉中:現佐倉高卒)で御健在(92歳)。千葉県からは安房の醍醐敏郎氏とともに明治15年に始まった講道館史上(世界で)15人しかいない十段位の保持者だ。そして、本書において講道館を代表する大澤十段が木村の強さ(特に寝技!)を語り尽くすのだからリアル過ぎる!!
 また、エリオ・グレイシーとの真剣勝負、悲惨過ぎる力道山とのプロレス興行(昭和の巌流島)と数奇な運命、師匠・牛島辰熊の神憑り的柔道と右翼思想運動(東條英機暗殺計画)、拓大VS同志社の死闘(高専柔道1937決勝)、子分の大山倍達との関係、ヘーシンク・山下泰裕・木村政彦で誰が最強か・・・等々、一つひとつどのエピソードも興味が尽きない読みもので思わず唸った。
 で、柔道は終戦まではスポーツではなく武道:武術だった。「古流柔術から柔道への流れ」も押さえておかなければならない。要は今の柔道は完全にスポーツである。逆に云えば、日本古来と云う意味では「戦の手段」としての組討や相撲=殺人や護身の技法が江戸時代に体系化され古流柔術として成立していった歴史がある。以下、備忘録
〇 講道館:嘉納(治五郎)流柔術:明治15年。戦後、武徳会及び高専柔道消滅後、独占状態。立ち技中心へ。
〇 武徳会:京都武徳会武道専門学校:明治28年。半官半民。講道館以外の古流柔術が結集。阿部謙四郎ら強豪を輩出。終戦までは講道館を凌ぐ一大勢力。軍国主義的としてGHQにより解散命令。
〇 高専柔道:帝大柔道連盟(七帝大)。京都帝国大学主催で大正3年に始まる。古流寝技の発展と三角締めなどの新技術開発。起倒流・金光弥一衛、六高(岡山大)師範に。日系BRAZIL移民により南米で普及 ⇒ グレイシー柔術。戦後、GHQにより高専柔道大会廃止。
※ 本書を読んで考えたことMEMO
1.力道山は天才的才能があった。格上の木村だけでなく元横綱・東富士や山口二郎をも踏台にして成り上がる様は織田信長やスティーブ・ジョブズに匹敵する才覚だ。要は<サイコパス>の可能性が高いということ。中野信子さんが指摘するサイコパス的要素「決断が速い」「人がためらうことを平然と行う」「相手の立場に立って考えない」「自分の損得を優先」「支配欲が強い」等々を有している。
2.日本相撲協会が土俵を女人禁制にしていることに対し、マスコミがバッシングし社会問題となった。呼び出しが女性看護師に「土俵を降りて下さい」と言ったことは反省しなければならないが、私は当然、原則として女性を土俵にあげないとする協会の立場を支持する。日本相撲協会が日本古来の武道・武術としての相撲を考えるならば当り前であろう。勝てば「生」、負ければ「死」と云う戦(いくさ)の現実は、レクリエーションとしてのスポーツと位相が異なるのだ。そもそも人命尊重という戦後の価値観と異次元であり、武力が生き死にの原理に基づき女性を排除するのは当然。(会津の山本八重やジャンヌ・ダルク、ローザ・ルクセンブルクは例外中の例外)よって、ジェンダー論を騒ぎ立てるマスコミが脳天気過ぎると云えよう。要は、時代錯誤のマッチョ思考と云われようと文化である以上仕方がない。もっとも、日本相撲協会が講道館のようにスポーツ化宣言し、武道でなくなれば「女相撲」も大いにありということだろう。いずれにせよ、戦も武道も文化なのである。御終い
by takinowa | 2018-05-13 21:34

18.05.12(土) 千葉県立湖北特別支援学校体育祭

 10時半~11時半、千葉県立湖北特別支援学校体育祭。徒競走や障害物競走など元気いっぱいの生徒達を応援。
 午後、事務所で仕事、来客の応対。
 夕方、緊急事態発生。
 19時、帰宅。夜、読書。御終いf0035232_2174232.jpg
by takinowa | 2018-05-12 22:02