<   2007年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

07.11.20(火) 北海道帯広市・行政視察

 本日から三日間の予定で北海道行政視察。6:55、印西を出て羽田空港へ。8:40、第一ターミナル・JALカウンター前の集合場所に着。視察参加者は、自民党県議一期生有志6名(伊藤昌弘・佐倉市、大野眞・印旛郡、松下浩明・山武市、武田正光・流山市、西田譲・八千代市と私)。
 9:55発の便で帯広に向かう。途中、揺れも全くなく快適な空の旅であったが、北海道上空になると大変なこととなった。台風並に発達した低気圧が北海道を通過中とのことで、激しい降雪のため帯広への着陸は見合わせとなり、急遽到着地は釧路となってしまった。機体も上下、左右に激しく揺れて、余計なことも脳裏をかすめ怖かった。やっとのことで釧路空港に13:20に着陸。帯広までは直行バスで2時間半かかるとのことで、残念ながら本日の研修は中止となった。外はまさに強い風雨と雷、猛烈な嵐であった。まさに北の大地、大自然の猛威を実感。15:40、帯広駅着。積雪と路面凍結でかなり危険な状態。滑りそうになりながら、駅前の歩道をやっと歩く。強烈な寒さであった。本日一日アテンドしていただく予定の帯広市議会議員・山崎泉さんが出迎えに来てくれた。
 16時、駅前の日航ホテルにイン。まさに長旅だった。気が付けば、昼食の時間もなく非常に空腹であった。佐倉・伊藤県議の「豚丼食べたかったね」という言葉にリアリティを感じる。
 夜、ホテルで山崎帯広市議も交えて政策の勉強会。道央の政治状況等についても話を伺う。
by takinowa | 2007-11-23 15:22

07.11.19(月) 椎名一保参議院議員・国政報告会

 朝、早く起きて読書。川上弘美著「センセイの鞄」(文春文庫・560円)を読む。小説を読むのはかなり久しぶりである。3~4年前に綿谷りさ著「蹴りたい背中」を読んで以来だろう。(意味不明で、つまらなかった記憶がある。)今回読んだ川上の著作は傑作だ。マッタリした純愛小説で、是非お薦めしたい。まず、文章が素敵だ。スッキリした文体で、実に読み易い。また食べ物の描写も素晴らしい。佐藤優著「国家の罠」、「自壊する帝国」に匹敵する迫真の描写だ。随所に出てくる飲酒のシーンもなかなか良い。年齢差30歳のほのぼのとした恋が、ユーモラスにかつ微妙に揺れ動く女心が見事に描かれている。そして、最後はちょっぴり悲しい結末。アッという間に読み終わり、いっぺんに川上ファンとなってしまった。恐らく、現代日本の純文学ではピカ一の作家だろう。思いきりハマりそうである。
 10:30、事務所でスタッフと打ち合わせ。来客の応対。12時、栄屋木下東店で鴨汁蕎麦(千円)を食す。15時、印西を出て千葉へ。17時、千葉で伊藤昌弘県議(佐倉市・自民党)と打ち合わせ。18時、ホテル・グリーンタワー千葉で椎名一保参議院議員「国政報告会」の司会を務める。会場は千人を超える聴衆でいっぱいとなった。麻生太郎前自民党幹事長、中川昭一前自民党政調会長からの興味深いお話もあった。21時に印西にもどる。
 昨日の東京女子マラソンで、野口みずき選手が2時間21分台の好タイムで見事優勝。故障を克服しての復活だけに、その精神力に感心させられた。国民の期待する五輪連覇を、野口選手には是非とも達成していただきたいと思うものである。明るいニュースは、本当に勇気ずけられる。一方、西鉄の名投手であった稲尾和久さんの急死やサッカー日本代表・オシム監督の緊急入院など、まさかといったニュースも多い。特に鉄腕・稲尾投手は、私自身は現役時代を記憶していないが、その記録は日本プロ野球のまさに金字塔であった。高卒でプロ入り後7年間で、234勝とは規格外の凄さであったに違いない。伝説の大投手の御冥福を祈りたい。
 明日から北海道・帯広市、釧路市方面を行政視察。
 テーマは、帯広市(北海道十勝支庁)が「創業支援事業」、「中心市街地活性化」、釧路市役所で「港湾整備事業」、「環境行政(釧路湿原保全の取り組み)」。いずれも、本県の政策と関連するものであり、しっかりと研修を行いたい。レポートについては、HPに後日掲載させていただく予定。
by takinowa | 2007-11-19 13:58

07.11.18(日) 木下街道膝栗毛 / 印西市商工祭

 8:30、小林駅前で印西市のウオーキングイベント「木下街道膝栗毛」(主催・市観光協会などで組織する実行委員会)出発式で御挨拶。約9㌔、名所・旧跡を巡って13時に大森の中央公民館着とのことである。江戸時代の装束に身をまとった多くのボランティアが、案内人を務めていた。参加者は200名を超え、大盛況であった。
 9:40、小林駅前広場で行われた「いんざい商工祭り」(主催・市商工会)の開会式で御挨拶。天候にも恵まれ、大勢の人出で賑わった。11:30、ニュータウン高花野球場で少年野球「木下(きおろし)杯」のゲームを、藤野印西市少年野球連盟会長とともに観戦。この大会は印旛郡・市、我孫子、八千代、茨城県利根町から、約40チームが参加する大きなトーナメントだ。過去にプロ野球選手も輩出しているとのこと。野球王国千葉の底辺の広さを感じる。14時、再び商工祭にもどり、メインイベントの「大・餅撒き大会」に参加。たくさんの方々に、段ボール10箱以上の紅白餅を特設ステージの上から撒かせていただいた。大変盛り上がり、超楽しかった。16時から小林コスモプラザ内で商工会の懇親会。会員の方々と地域経済について意見交換させていただく。20時、木下駅前の沖縄料理「やんばる」で市商工会・加瀬指導員と食事。加瀬氏は我孫子高校の先輩で、いつもお世話になっている。昨日も多くの貴重な情報を頂いた。
 23時、帰宅。充実した一日であった。
by takinowa | 2007-11-19 13:33

07.11.17(土) 印西市体育協会50周年記念式典

 8:55、松山下公園野球場で行われた第4回千葉県壮年・実年・シニアソフトボール選手権大会(主催・千葉県ソフトボール協会)で始球式を行った。この大会は40、50、60代の年代別で競われる大会である。松戸市ソフトボール協会長・松野太久美さん、市川市ソフトボール協会・扇原堅二理事長のお話を伺い、ゲームを観戦。スピーディで迫力あるプレイを堪能させていただく。最後に始球式使用の記念ボールを頂戴し、本当に感謝感謝であった。
 11時、事務所で来客の応対。12:30、自宅で食事。鍋焼きうどんを食す。
 13:30、千葉ニュータウン・ホテルマークワンで開催された印西市体育協会50周年記念式典で来賓の祝辞を述べさせていただく。千葉県体育協会並びに印旛郡市各市町村から体育協会長が(代理含む)臨席され、盛大な大会となった。また、印西市出身でアテネ五輪代表・沢野大地さん(棒高跳び日本記録保持者・5m83cm)、メキシコ、ミュンヘン五輪女子バレーボール代表・(旧姓)古川槇子さんの記念講演を聞かせていただく。印西人として誇りに感じるとともに、実に感動的なお話であった。15時、祝賀パーティ。特に古川さんとは、二度の銀メダル、東洋の魔女、鬼の大松、小島監督、横山樹里の話題で大いに盛り上がり、最後に記念撮影。元日本代表のエースアタッカーは、本当に温かなお人柄であった。
 18:30、様々な情報が入ったため事務所で医療問題に関する政務調査。印西市における病院誘致に関して学習。
 
by takinowa | 2007-11-17 18:18

07.11.16(金) 印西市戦没者追悼式

 8:30、事務所で仕事。今朝はかなり肌寒い。私的には冬認定である。9:45、印西市文化ホールへ。平成19年・印西市戦没者追悼式に来賓出席。英霊の御霊に対し哀悼の誠を謹んで捧げ、献花する。11:40、事務所で仕事。12:10、印西を出て千葉へ。13:30、県庁近くの「きそば・やぶ」で箱蕎麦(箱に入った盛そば・550円)を食す。ボリューム満点であった。
 14時から12月定例会一般質問のための勉強会。総合企画部、県土整備部、商工労働部、健康福祉部の順で、副課長、主幹クラスの職員と意見交換を行い、情報収集。かなり突っ込んだ議論を行った。県議となり一年足らずの間に、二度も質問の機会を与えてくれた自民党県連にまずもって感謝。と同時に、私に政治の場を与えていただいた有権者の皆様に感謝・感謝である。これからも、千葉県と印西のために頑張りたい。17時、県庁を出る。いつもの道路渋滞にハマる。
 18:40、印西にもどる。20時、後援会の会合に顔を出す。今日もなかなか多忙な一日であった。
by takinowa | 2007-11-16 19:40

07.11.15(木)

 9時から事務所で仕事。スタッフと打ち合わせ。印西市保健福祉部幹部職員と総合病院誘致について意見交換。それぞれの立場と役割を確認し、論点整理を行う。
 13:15、印西を出て印旛郡栄町へ。14時、町消防本部で行われた「第57回利根川水系連合水防演習」(主催・国土交通省、千葉県、東京都ほか5県)消防団打ち合せ会議に出席。総動員数2万人を予定する大演習である。利根川の治水はまさに国策に違いない。地元印旛郡市と八千代市の消防団長、副団長が一堂に参集し、来年5/17開催予定の演習について説明を聞いた。私も人柱になる覚悟で、水防の責務を全うしたい。16時、会議終了後演習会場の利根川河川敷安食(あじき)地先を視察。17時、安食・金田屋で懇談会に出席。20時、印西にもどり岩井団長、川上副団長と団運営について意見交換。23:20、帰宅。
by takinowa | 2007-11-15 11:59

07.11.14(水) 印旛沼地区農業農村整備事業推進協議会

 午前中、市立図書館で政務調査。12:15、習志野C.Cハウスで印西ロータリークラブ例会。成田RC小川会長がゲストで講演を聞く。
 13:45、佐倉市にある印旛沼土地改良区へ。H19年度印旛沼地区農業農村整備事業推進協議会・総会に来賓出席。関係する国会議員、農水省関東農政局、県農林水産部、五市二町二村の首長、土地改良区理事、農業委員会長、自治体職員など100名を超す大きな会議であった。課題は、H22年着工を控えた国営灌漑排水事業「印旛沼二期地区」である。受益面積が4950ha、概算事業費が関連事業も含め約628億円。まさに、一大公共事業だ。これから、国、県、地元の費用負担割合について、調整がヤマ場を迎える。将来の農業、そして環境や治水政策の強化を考えるならば、最優先の事業の一つである。今後も、関係各機関への働き掛けを行っていきたい。
 なにしろ、この事業は手賀沼新田開発とともに、徳川幕府老中・田沼意次や水野忠邦らが取り組んできた歴史的国家プロジェクトなのだ。まさに、国策そのものに違いない。後世の日本人が、田沼意次に賄賂政治家のレッテルを貼ってしまったが、実際はどうだったのだろうか。単なる重商主義者という結論でなく、歴史的に再評価すべきものと私は考える。小生の見立てでは印旛・手賀沼事業は江戸時代、技術的には失敗したものの、経済学的には正統派ケインズ政策である。ケインズが生まれる前、18世紀日本に立派なケインジアンが存在していたということだ。私も印西の「田沼意次」と言われるよう、政治活動に邁進したい。
 16:15、印西にもどり事務所で仕事。夕方から商店主の会合。19時、帰宅。
  【田沼意次に関する参考図書】
 大石慎三郎著「田沼意次の時代」(岩波書店・1991年)
 八幡和郎著「江戸幕府300藩・バカ殿と名君」(光文社新書・2004年)
by takinowa | 2007-11-14 19:30

07.11.13(火)

 9時、印西を出て千葉へ。10:30、自民党千葉県連で議員総会。堂本知事、白戸副知事など県執行部より12月定例県議会・提出予定案件と2008千葉アクションプラン(案)の概要について説明を受ける。また、党代表質問について検討する。
 12時、同僚の県議らと昼食。とんかつ「喜八」でカキフライ定食(1,050円)を食す。13時、県庁内で政務調査。15:30、印西の事務所に戻る。スタッフと打ち合わせ及び来客の応対。18時、帰宅。
 先日、佐賀県武雄市の病院で起こった入院患者射殺事件にはショックを受けた。報道では、以前暴力団関係者が入院していたため、人違いで撃たれた可能性が高いという。もし事実であるならば、被害者の無念と不条理さを考えるとやり切れない憤りを感じる。最悪の犯罪と言えよう。とにかく犯人は一刻も早く警察に自首し謝罪し、刑罰を受け罪を償うべきだ。
 実兄の滝田洋一著「日本経済不作為の罪」(日本経済新聞社・1500円)を、5年ぶりに読んだ。02年当時ベストセラーとなった経済書であるが、この手の本としてはマーケット(市場)の実態を克明に描き出したなかなかの書物である。著者の立ち位置は、新自由主義とは一線を画しているもののもちろん社民主義ではない。基本的には改革推進派である。問題意識として、国民経済の立て直しが根底にある。90年代、三度の恐慌の危機と応急措置、危機の回避と安寧、その都度課題を先送りしてきた日本経済。まさに、「不作為の罪」を繰り返してきたのだ。「清算の圧力にさらされているのは、過剰債務と過剰雇用を抱えた企業群であり、制度疲労著しい政治手法なのである。その意味で、不良債権処理とは、金融再生と産業再生、さらには政治再生を一体にした日本の立て直しにほかならない。」(P272)と著者は指摘する。また、日本の将来について「いったん国運が傾くと、数十年から百年単位で衰亡の道を歩みかねない・・・」、「国運が傾くと『内向き』の志向が強まる・・・。国民に閉塞感が強まると、成算の乏しいポピュリズムが台頭する可能性が高まる・・・。」、「新自由主義的政策と揺り戻しによる経済政策のダッチロール」(P242~4)といった警鐘は、現在でも説得力がある。
by takinowa | 2007-11-13 18:53

07.11.12(月)

 衆・参のねじれ状況下、本日「新テロ対策特別措置法」が衆議院特別委員会で可決した。政局は、参院否決、衆院再可決後に民主党が問責決議案を参議院に提出するかどうかに注目が集まり、波乱含みとなっている。先は全く読めない。
 これまで福田内閣で法案が通らないでいたが、9日「改正被災者生活再建支援法」が成立した。与・野党それぞれ法案を提出していたが、お互いに話し合い譲歩し、修正案という形で衆議院・参議院とも全会一致で可決されたとのこと。この法案が成立した政治的意味は大きいと言えよう。対決法案であっても、お互い知恵を出し、政策を協議すれば、大連立は必要ないということだ。「新テロ特措法」についてもそうあってほしいと考える。国益の視点で、国民の目線に立った与・野党の政策協議はあって当然だ。ただ、国民無視の「大連立」は容認できない。本日公表された世論調査でも、「大連立」の党首会談を行った福田総理の支持率が6~7%下がり、小沢一郎代表に至っては60%以上の有権者が「NO」と答えている。それにしても、あれだけ「小泉劇場」を批難していた小沢氏が、亀田家を凌ぐ露出度でワイドショーに登場し、「劇場政治」の主役となってしまったことは皮肉である。
 午前中、木刈方面の後援者を廻る。午後、事務所で仕事。14:15、我孫子市方面。16時、事務所で本埜村・菅原村議、小川村議の陳情を受ける。「北総線の高運賃問題」について、6月定例県議会で私が行った一般質問の内容や県政の状況についてご説明する。いずれにしても、2010年の成田新高速鉄道開業が大きなヤマ場となる。
 夜、ニュータウン中央で支援者の会合に参加の予定。
by takinowa | 2007-11-12 18:49

07.11.11(日) 小林大鷲神社例大祭

 昨夜からの雨で、予定されていた消防団中継訓練が中止となった。少々寝坊できた。
 10:50、小林大鷲神社例大祭。11時からの神事で、来賓として玉串奉奠並びに御挨拶させていただく。11:30、懇親会。台方、砂田、馬場三町内会長をはじめ多くの方々とお話しさせていただく。13時、山口淳一自民党副支部長のお店「レストラン・モンシェリー」で会合に参加。川村前議長ら地元の方々と会食。
 16時から我孫子市方面。本日、我孫子市議選公示。定員28に対し立候補者が40人とのこと。なかなかの激戦に違いない。選挙はまさに全人格を懸けた戦いである。どの候補者にも頑張っていただきたいと思う。
 19時、天王台のラーメン店「麺sクラブ」でチャーシューメン(大盛・800円)を食す。インターネットのラーメンサイトで評価が高かったため、一度訪れたいと考えていた。自家製の細麺で、いわゆるアッサリ系。スープも上品。店内は清潔で、BGMにジャズが流れていた。恐らく御夫婦でやっているのだろうか。接客態度も良く、好感がもてた。
 少しも自慢ではないが、私の趣味は美味しいラーメン屋と日本蕎麦店の食べ歩きである。情報源はネットやガイドブックである。いい店のこだわりの味に出合った時、何とも言えない幸せな気分になる。実は今年になって、贔屓にしていた鎌ヶ谷と八千代のラーメン店が相次いで閉店した。超、ショックだった(>_<)。このブログを読まれた方で、良い情報があれば是非メールで教えていただきたい。お願いします。
by takinowa | 2007-11-11 20:39