<   2006年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

06.05.21(日)

 8時、起床。昨日の疲労と興奮が未だ残っている。風邪は快方に向かいつつあるようだ。千葉県ラグビー祭の観客動員数(関係者含む)は約1,500人といったところであった。やはり天気予報や対戦カードによって動員は変わってくるものだ。6年前の早稲田大学対同志社大学ではマスコミの露出も多く、約5千人の観客が集まった。いずれにせよサッカーワールドカップ一色の世の中で、松山下にラグビー観戦にお越しいただいた御客様に心から感謝したい。まさに顧客(固定客)である。私は、これからもラグビーを通じた人間関係を大切にしていきたいと思うものである。
 10時、テレビ朝日のサンデープロジェクトを見る。冒頭の魚住昭氏と田原総一郎氏の耐震強度偽装事件をめぐる対談が面白かった。魚住氏は共同通信社を経て現在フリーのジャーナリストである。一昨年、野中広務氏を描いた「差別と権力」がベストセラーとなるなど、注目の言論人だ。最近では特に、検察の国策捜査に関し鋭い分析をくわえている。魚住氏は先週のヒューザー小嶋社長逮捕に対し、「(罪があるとすれば)不作為の詐欺ではないか」との見立てを話していた。独自の綿密な取材に基ずく意見だけに、相当の説得力である。また、検察の公判維持の困難さについても言及されていた。事の真相は、どうも世間で流通しているマスコミ情報とかなり違うようだ。5/18のブログでも書いたとおり、検察情報(リーク)を一方的に垂れ流すマスコミは信用できない。
 10:30、後援者宅を訪問。木下駅舎と北口駅広について簡単な市政報告。11:50、木下本店へ。12:50、大森の小樽寿司で昼食。9皿で945円。13:40、ニュータウンの店へ。
 17:30、自宅隣の消防団(六軒第4分団)詰所へ。消防の懇親会。分団は、午前10時から午後4時まで操法訓練を行ったそうである。疲労のピークにもかかわらず、団員の表情は明るい。私の経験でいえば、この地獄を乗り越えてこそ極楽も見え、また“印西人”の自覚も生まれる。もちろん若い衆に説教を垂れるつもりはない。ただただ、どの分団部に対しても怪我のないよう健闘を祈るばかりである。19時、同じ場所で六軒厳島神社祭礼の世話人の寄り合い。今年の例大祭は7/15~17の三日間。昨年、当家で40年ぶりに大杜(おおと・神社の御神体を預かる家)を務めさせていただいたが一年はあっという間だ。会議は、県庁に勤める板倉照夫さんと市職員の小名木さんを中心に準備の段取り等を検討。
 自分は若世話人時代から数えると今年が二十年目。大阪から印西に戻り、消防団とセットで祭礼の仲間に入った。基本的には代々の世襲である。今思えば私はこの祭り事を通じ、政治に接近していったのかもしれないと思う。この二つの世界(消防と祭)は、今も地域共同体の核であり町衆の責務である。そこには、人権や民主、自由、私といった近代的発想はない。まさに共同体の掟が最優先だ。というよりも、これが古村の文化である。私自身この文化の中で生きることに正直、苦痛を感じることもある。しかし今では「これも運命だ」と思うようにしている。さらに言えば政治において私は、プレモダン(前近代)の価値をコンサーヴ(保守する)する立場をとっている。今の時代、このスタンスが市民に支持されるかどうかは分からない。多分大衆社会状況の中では、(思想的にも)負け戦かもしれない。ただ私は勝ち馬に乗り、端ッこく生きるつもりはない。これからも、私は一人一人の人間関係を大切にした政治活動を行っていきたいと思うものである。
 20時、帰宅。夕食に味噌ラーメンを食す。ラグビー祭の支払い関係をチェックし就寝。
by takinowa | 2006-05-21 19:56

06.05.20(土) 千葉県ラグビー祭

 今日は私にとって奇跡的な事が二つ起こった。自分の体調と天候についてである。
 昨夜半から降り始めた雨は、明け方にかけて春嵐となった。同時に自分の体温も38度前後あり、相当寝汗をかいた。体もだるく喉も痛い。いずれにしても、最悪の事態を想定した。5:50、起床。強風が吹いているものの雨が止んでいる。喉は痛いものの、体温を測ると36度台。体は薬のお陰で何とかなりそうだ。あとは天候次第だ。天気予報では午後から大荒れとのこと。もはや神頼みである。
 7:20、松山下公園へ。夏目理事長と生スポ課金子さんの仕切りで準備の打ち合わせ。8時頃、西の空から晴れ間が覗きだすも、とにかく風が強い。10時から親善試合開始。11時、群馬県高校選抜対千葉県高校選抜。父兄の応援も多く、大いに盛り上がる。12:30、ラグビースクール(小中学生)のゲーム。この頃には空も晴れ渡り、気温も上昇。14時、山崎市長の始球式で日本IBM対クボタの招待試合キックオフ。格上と思われたクボタを日本IBMが圧倒。15:30、ノーサイドの笛。終了後、県協会主催で両チーム選手と市民との交流会。グランドを開放し大人から子供までタグラグビーで汗を流す。16:10、後片付け開始。17時、終了と同時に空がにわかに曇だして土砂降り。参加者全員、みな運の良さを実感するとともに、天の神に感謝。17:50、関係者慰労会を事務所で行い、解散。
 18:20、居酒屋板さんで山口課長、吉田室長、鈴木さんらと打ち上げ。皆クタクタに疲れているが、ビールが美味い。ともに良い汗をかき、奇跡の天候回復という共通の体験にも恵まれ連帯感が生ずる。自分も本当に楽しかった。
 私はイベントの成功を動員数の多さだけにもとめない。もちろんそれも大切な要素ではあるが、一番の価値はそのイベントを支えた裏方の満足感にあると思う。 というのは、裏方の喜びはお越しいただいた御客様の楽しそうな表情にあるからだ。
 私、滝田敏幸はこれからも、人と人との出会いと絆、恩義や人情を大切に生きていきたいと思うものである。21:50、帰宅。相変わらず喉の痛みを感じつつ就寝。
by takinowa | 2006-05-20 22:10

06.05.19(金)

 昨夜から悪寒がする。今朝、微熱がでる。体調が悪い。ユンケルと風邪薬を飲む。8:55、起床。だいぶ体が軽くなった。
 10時、松山下公園へ。ラグビー祭の準備。実行委員の湯原透さん、生スポ課の鈴木さん、金子さんら総勢八名で詳細の打ち合わせを行う。とくに明日は荒天も予想されるため、明朝からのシュミレーションを念入りに行った。前任の富澤係長から金子宏美さんが、業務をほぼ完璧に引き継いでいるため本当に助かる。彼女とは議会事務局時代から仕事をしてきたが、よく気が付くだけでなくその地頭(じあたま)の良さに感心するものである。将来、印西市役所を背負って立つ逸材に違いない。今後益々の活躍を期待したい。11時、明日の買出しに出掛ける。
 12時、白井飯店で昼食。チャーハンを食す。13時、会場内整備。久々の肉体労働。小雨に濡れ、大汗をかきまた悪寒がぶり返す。14:50、市役所へ。議会事務局で秋本さんと打ち合わせ。15:15、総務部市街地整備推進室で千田室長、小窪主幹。15:40、いよいよ眼がまわってきたので自宅に戻る。体温を測ると、38度ある。薬を飲み寝る。
 19:20、ニュータウンの店へ。回転寿司で夕食。8皿(1,340円)。店の方は雨模様で売上も残念ながらイマイチ。
20:15、西の原地先で行われている消防団操法全体訓練を監督。今日は当番の日である。21時過ぎに雨足が強まり、みな撤収をはじめる。運悪く、自分も雨に濡れる。21:30、帰宅。体温はやはり38度。明日朝が早いため就寝。熱が下がることと、天候の回復を祈念したい。
 
by takinowa | 2006-05-19 21:39

06.05.18(木)

 今朝も朝から忙しい。会計事務所から言われた書類を捜すのに手間取る。中小零細企業の経営者はつらい。10時、千葉銀で決済業務。
 11時、印西水の郷ネットワーク・久保田事務局長と打ち合わせ。旅客業務における国交省への提出書類等を見る。相当のボリュームだ。NPOといえども事務局の仕事は大変だ。あらためて久保田局長に敬意を表するものである。
 12:20、大森のサイゼリアで妻とランチ。日替りランチ・キャベツとベーコンのクリームパスタ(600円・サラダ、フリードリンク付)を食す。
 13時、木下本店で仕事。14:10、市商工会へ。ラグビー祭協賛の件。14:30、市役所会派室で資料整理。会派から6月議会一般質問の指名を受けても、対応できる態勢をとりたい。行政に質したいことは山ほどある。市政の状況を見極めて行動したい。 
 15:40、ニュータウンの店へ。夕方から雨。明後日のラグビー祭の天候が心配である。降雨でも招待試合(11:20K.O千葉県高校選抜-群馬県高校選抜、14時K.Oクボタ-日本IBM)は行われるが、やはり晴れがいい。連休明け、まるで梅雨入りしたかのような天気が続いている。消防団の操法訓練も順調とはいえない状況だ。20:40、勝田台のラーメン一力で夕食。豚骨チャーシューと餃子(1,030円)。21:50、帰宅。
 昨日、ヒューザーの小嶋社長が詐欺容疑で逮捕されたという。あらかじめ予想されていたことであるが、いつも通りのマスコミ報道に違和感を覚える。私は以前から姉歯事件の本質は、政府の過剰な規制緩和路線にあると言ってきた。市場原理にもとずき、「官から民へ」、「小さな政府」を推進したがゆえにこのような事件が起こったのではないだろうか。もちろん、業者における不正は厳しく追及されなければならない。しかし、最大の責任は許可を出した側、すなわち行政の不作為体質にあるといってよい。不作為も立派な罪である。まずもって、行政=官の無責任を糾弾しなければならないと思う。繰り返し言うが、問題は「過剰な規制緩和」と「役人の不作為」だ。とにかく個人犯罪のレベルで騒ぐマスコミのピンボケぶりには呆れる。確かに小嶋社長を叩くことで視聴率は稼げるかもしれないが、警察情報(リーク)のみを垂れ流されては困りものである。逆に言えば、マスコミを味方に付けた検察(警察も)は最強だ。何でもできる。皆様の意見を是非お聞きしたい。
by takinowa | 2006-05-18 19:20

06.05.17(水)

 昨夜、ノンフィクション作家の後藤正治(ごとうまさはる)さんと電話で話す。後藤さんはこれまで大宅壮一賞、講談社ノンフィクション賞を受賞のスポーツライターだ。その筋ではかなり有名な方である。今秋、岡仁詩(おかひとし)同志社大学名誉教授(元ラグビー日本代表監督)に関する著作を岩波新書から出版されるとのことである。昨年、私は後藤氏から取材を受けた。大好きな岡先生の本が出ると聞いて私は本当に嬉しかった。後藤氏は岡先生から「千葉の滝田に話を聞いてみるといいよ」と言われたそうである。取材では大学時代のことや千葉県ラグビー祭のことなどを正直にお話した。当然、岡先生の人柄や思想を知るための背景取材であろうと考えていた。以下、昨夜の電話のやり取りである。
 後藤「滝田さん、御無沙汰しております。昨年の取材では大変御世話になりました。初稿があがってきたのでFAXで送ります。見ていただけませんか。」
 滝田「ありがとうございます。かしこまりました。明日、御返事致します。」
 送られたFAXは6枚。新書で10ページ分の内容を読んで驚く。私と岡先生のエピソードや、滝田の学生時代のことがかなり詳しく書かれているのだ。岡先生といえば、近鉄の坂田や神鋼の平尾、林、大八木、三洋の宮地、新日鉄釜石の小藪など有名な弟子がキラ星のごとくいる。大変名誉なことであるが、不思議な感じがする。朝一で後藤氏に電話する。
 滝田「読ませていただきました。本当に名誉なことで感激しております。ただ、私は門外漢でしかもスポーツエリートではありません。平尾や林に比べれば私は無名過ぎて、読者は何と思うでしょうか。」
 後藤「心配しないでください。勝った負けたのスポーツ書ではありませんから。岡先生を描くのに、滝田さんの箇所はアクセントになっています。先生も喜んでいました。」
 とにかく、この本が書店に並ぶのが楽しみである。その際はHP上で皆様にお知らせしたい。
 旅行明けで、朝から役所や会社関係の電話がたくさん入る。かなり忙しい。10:20、市役所へ。スポーツ振興室で吉田室長、金子さんとラグビー祭の打ち合わせ。11時、ふれあい推進課大澤主幹と市民経済常任委員会の打ち合わせ。12時、自宅で昼食。母が揚げた豚カツ、筍の天ぷら、サラダ等を食す。13:15、農業委員会長岡田誠一さん、斎藤主幹と意見交換。13:30、半田産業振興課長。14時、観光協会役員会。6/9予定の総会議案を審議する。15時、総務部市街地整備推進室で千田室長、小窪主幹。15:20、小川建設課長。15:35、議会事務局で川村議長、橋詰局長。精力的かつ効率よく役所内をまわることができた。
 15:45、ニュータウンの店へ。今月後半の販売促進について相談する。会社では、役所で仕事をする時と明らかに精神状態が違う。役所の仕事ではどんなに忙しくても操状態であるが、会社では鬼というか血圧の高い状態となる。売上、すなわち数字がすべてなのだ。たまに、髪の毛が逆立っているのではないかと思うときさえある。
 18時、大森の市民活動支援センターへ。いんざい水の郷ネットワーク理事会に出席。次回6/3,4の舟運に向け、懸案事項を審議。20:30、六軒第4分団の操法訓練を鍋店倉庫で視察。21:20、帰宅。自宅で夕食。八宝菜、鳥の唐揚と御飯。読書して就寝。
 
by takinowa | 2006-05-17 21:15

06.05.13(土)~16(火) 中国・大連/旅順/瀋陽旅行記

  5/13(土) 晴れ・22℃
 5時、起床。今日から3泊4日の予定で中国旅行。中国へは四年前、北京・西安(6泊7日)を旅しており今回が二度目の訪問となる。6:20、出発。7:50、成田空港着。第2空港ターミナルのJTBカウンターで搭乗手続き。いつものように大変混雑している。われわれのグループは70代~20代の構成で、老壮青の各世代が含まれている。最年長が鈴木貞男さん、最年少が大野宏樹さん(大野県議の御子息)である。鈴木さん曰く、「米井(重行・大野後援会青年部長)と大野は、俺の孫ぐらいだ」。傍から見て、不思議なグループと映ったであろうと思う。
 10:10、成田を出発。12:15、大連空港着。時差一時間で約3時間のフライトであった。着後、バスで大連市内観光。中山広場(旧大和ホテル)、旧満鉄本社、大連港、ロシア人街を見学。遼寧省大連市は人口約250万人。中国でも屈指の港を擁する大都市であり、東芝をはじめ日本企業も数多く進出しているという。大連は19世紀末、ロシアの租借地となり、1904年日露戦争後は日本の租借地として発展する。とにかく街並みがきれいだ。ゴミ一つ落ちていない、清潔感のある都市である。18時、中心街のレストランで海鮮料理を食す。ホテルでは、伊藤博信さんと相部屋となる。
  5/14(日) 晴れ・23℃
 7時、起床。少々二日酔い。7:30、ホテルで朝食。9時、旅順市(人口約35万人)へ。日露戦争の激戦地二○三高地、水師営会見所跡を見学。乃木大将が建立した慰霊塔に手を合わせ、二万を超える日露の戦没者に哀悼の誠をささげる。12:30、市内で田舎料理。午後、大連自然博物館、旧日本人街等を見学。18時、大連市内レストランで麺料理。21:30、鈴木貞男さんの部屋で日本から持ち込んだ焼酎で宴会。23時、就寝。
  5/15(月) 晴れ・29℃
 5:30、起床。7時、ホテルをチェックアウト。大連駅へ。8:10、瀋陽行の特急に乗車。約4時間の列車の旅である。車窓からの風景を楽しむ。12:30、瀋陽着。駅近くのレストランで昼食。東北料理を食す。
 瀋陽市は人口約730万人。遼寧省の首都であるとともに、清王朝初代皇帝ヌルハチが開いた歴史の町だ。午後、世界遺産の瀋陽古宮と北陵公園を見学。とにかく人が多い。漢民族だけでなく、満州や朝鮮など多くの民族が集まっている。まさに中国東北部の政治経済の中心といったところだ。 夕方、中街を自由散策する。活気溢れる繁華街で、自由な空気が漂っている。まさに、改革開放路線。18時、餃子料理の夕食。紹興酒も抜群に美味であった。
  5/16(火) 晴れ・27℃
 11時、ホテルをチェックアウト。13:25のフライトで成田へ。16:45、帰国。成田で食事し、20時に帰宅。携帯電話をチェックすると、たくさんの留守電が入っている。現実の世界が待っていた。21:40、妻と商売の話をする。家と店を空けることが多く、あらためて妻、母、会社の従業員に感謝するものである。と同時に会社の経営判断については、誤ちのないよう心掛けていきたい。
by takinowa | 2006-05-16 23:29

06.05.15(月)

 5/16の日記参照。
by takinowa | 2006-05-15 10:49

06.05.14(日)

 5/16の日記参照。
by takinowa | 2006-05-14 10:47

06.05.13(土)

 5/16の日記参照。
by takinowa | 2006-05-13 10:44

06.05.12(金)

 昨夜に続き旅行の準備。明日から三泊の予定で、中国・大連、旅順、瀋陽に出かける。会派新政会の議員さんに、市内からは米井重行さん(大野後援会青年部長)、大野宏樹さん(大野県議の御子息)らが参加。また佐原から故山村新次郎先生の山崎元後援会長らが加わり、総勢13名のツアーとなる予定だ。気心の知れたメンバーで、楽しい旅となりそうである。それにしても今の海外旅行は安い。参加費はなんと59,800円(四月は49,800円)。もちろん食事、観光付きだ。
 午前中、木下周辺の知人にラグビー祭ポスターを配布し、掲示を依頼する。12:15、柏屋で妻と昼食。カレー丼と盛蕎麦のセット(千円)を食す。
 13:20、市議会事務局で秋本さんと市民経済常任委員会研修の件で打ち合わせ。13:40、鶴岡秘書課長と意見交換。14:00、スポーツ振興室で金子さんとラグビー祭の打ち合わせ。14:30、ラグビー祭の準備と手配で市内を歩く。15:20、木下本店へ。16:40、ニュータウンの店へ。イオンモール・NY店は暇であったが、ジャスコ店では母の日のプレゼントを求める御客様が来店されているとのこと。20:15、一旦帰宅。夕食にワンタン麺と餃子を食す。21:40、木下の町営駐車場へ。第一分団の操法訓練を視察。まさに気合十分、緊張感が漂っている。過去十年の実績からいっても、優勝候補の筆頭である。22:20、帰宅。明日は朝が早いので、就寝することとする。
 
by takinowa | 2006-05-12 20:29