24.06.17(月) 県議会代表質問へ向け最終コーナー

 大乱戦。週末の土日、マスコミを含む多くの方から印西市長選についての問い合わせがあった。率直に申し上げて、困惑しています。
 報道によると現在、6人の方が出馬表明をされている。内訳は現市長、前県議、現市議×3、新人らしい。
 で、どの候補者の公約(=政策)が正しいかを有権者が判断することも難しいと思います。現時点では、候補者自身も当事者として、公約や政策の差異化を出すのに必死な状況ではないのでしょうか。要はヘーゲルかマルクスか忘れましたが、言葉を借りれば「錯綜したナンセンス」です。
 私としては、誰が印西市の新しいリーダーに相応しいか、人格や政治的正統性を鑑みて近日中に本ブログなどSNS等で自分の考えを発信して参りたい。
 で、とにかく今は開会中の県議会に集中するのみ。19日に迫った代表質問は元より、22日の自民党県連定期大会も控えている。もっと云うと、解散総選挙も秋にかけて何時あるか分からない。まさに、常在戦場。一日いちにち、責任をもって生きていきたい(私的に表の理屈はそうだが、本音ベースでは早く孤独になりたい。)

 終日、事務所で仕事。
 午前、リモートで政調会打ち合わせ。代表質問の内容について関県議はじめ関係者と最終調整。
 15時、印西を出て県庁へ向かう。
 16時半、関県議や執行部と最終調整。関県議の裂帛の気合と論理の力、新しい時代へ向けての強い意志を見守った。政調会長というより、ボクサーを抱えるジムの会長のような感じである。
 18時、県庁関係者との懇談会。哲学的なこと含め大いに談じ合い盛り上がった。
 21時、京成ホテル ミラマーレにチェックイン。夜中、空腹のため吉野家へ。

by takinowa | 2024-06-17 23:00


<< 24.06.18(火) いよい... 24.06.16(日) ㊗「木... >>