20.12.25(金) Merry Christmas! / 印西市・栄町地区 国・県道の整備について

 年末の千葉県に激震が走った。いすみ市で鳥インフルエンザ「H5型」が発生し、過去に類例のない116万羽殺処分が24時間不眠不休の体制で行われている。県庁職員、陸上自衛隊、農水省職員など常時1,000名体制の人海戦術。現時点で1月7日頃までかかるとの見込みだ。徹底した消毒や近隣の養鶏農場の検査、移動制限区域(半径3km)搬出制限区域(半径10km)など徹底した防疫対策。さらに、鳥インフルに関する正しい知識の広報と風評被害対策。そして、養鶏農家への支援ほか、県としても非常事態である。で、畜産業は感染症との戦いの歴史でもある。ウイルスの封じ込めと鎮圧に一致結束し取り組まねばならない。

 9時、印西を出て柏へ向かう。
 10時、県土整備部・手賀沼下水道事務所で工事状況のヒアリング。
 10:45、柏を出て印西へ。
 11時半、事務所にもどり仕事。
 12時、県道印西印旛線・萩原地先の整備について後援会関係者から要望のヒアリング。
 13時、印旛土木事務所幹部が来所。印西市と印旛郡栄町地区の国・県道整備の進捗状況について説明を受ける。内容は下記の通り。
20.12.25(金) Merry Christmas! / 印西市・栄町地区 国・県道の整備について_f0035232_19424599.jpeg
〇 県道鎌ヶ谷本埜線バイパス4.6km ➡ 令和3年度末開通予定
〇 印旛沼・新舟戸大橋 ➡ 令和3年3月末、完成予定
〇 国道356号 安食交差点改良 ➡ 印旛土木・栄町建設課が連携し新年より用地交渉開始
〇 県道千葉龍ヶ崎線・大森地先コスモス道路(古新田)土砂崩れ ➡ 復旧完了
〇 県道柏印西線・浦部地先歩道整備 ➡ 工事着手済。未買収地の用地交渉を鋭意実施中
〇 県道千葉龍ヶ崎線・船尾地先歩道整備 ➡ 基本設計済。印旛沼土地改良区と用地交渉
 県議になって15年、公共事業予算が縮減する中、少しづつではあるが地元の基盤整備も前に進んでいる。とにかく、現場職員も地元土木業者も頑張っている。県議としても、事業が進捗するよう、予算確保のため全力を尽くして参りたい。それにしても、印西&栄エリアは広大である。上記の路線だけでなく、道路要望も各地域から大中小合わせると、半端ない案件を抱えている。 私自身、風呂敷を拡げ過ぎたのではないかと宿題の多さに泣きが入る。とにかく、前を向き地元の中へ入り、しっかりと仕事に取り組んでいきたい。
 15時、トヨタ木下営業所。愛車プリウスがバッテリー電池交換のため代車のアクアを借り受ける。
 16時、小川佳男・印旛沼漁協組合長が来所。内水面漁業の現状について意見交換。
 17時、伊藤昌弘・ちば自民党政調会長とリモートで鳥インフルへの対応について会談。
 19時、帰宅。夜、読書。
 23時、テレ東WBS(ワールドビジネスサテライト)を見て御終い。
20.12.25(金) Merry Christmas! / 印西市・栄町地区 国・県道の整備について_f0035232_19430869.jpeg
168.png Covid-19対策の最中、未曾有の規模の鳥インフルエンザ「H5型」発生のWパンチ。全国屈指の畜産王国・千葉県にとっても危機的な状況と思量する。
20.12.25(金) Merry Christmas! / 印西市・栄町地区 国・県道の整備について_f0035232_19433345.jpeg
168.png Covid-19への対応は元より全県庁職員は年末年始返上で、様々な業務に従事する。激務であり、現場はまさに戦場と思量する。本来ならば対応にあたる職員を現地で激励したいところだが、制限区域内への立入は慎んでおく。
20.12.25(金) Merry Christmas! / 印西市・栄町地区 国・県道の整備について_f0035232_19440299.jpeg
168.png 24時間態勢の殺処分作業と云う過酷な業務に当たる関係者に心から敬意を表する。公務員の職業的良心についても是非、マスコミは目を向けて頂きたい。

by takinowa | 2020-12-25 23:14


<< 20.12.26(土) 250... 20.12.24(木) 鳥イン... >>