19.08.08(木) ちば自民党児童虐待防止PT、埼玉県庁 & 埼玉県中央児童相談所 県外調査

 残暑御見舞い申し上げます。
 暦では立秋ですが厳しい猛暑が暫く続きます。どうぞ御自愛下さい。心より御健勝を祈念申上げます。
 で、埼玉は暑いというより熱かった(>_<)。体感的には千葉県より2~3℃気温が高い。そして、知事選が告示された。自民党・公明党推薦の青島健太候補の御武運を祈るものである。

 8時、印西を出てJR浦和へ向かう。ちば自民党・児童虐待防止対策PROJECTTEAM(PT)の県外調査に帯同。
 10時、埼玉県庁。「児童虐待防止に係る埼玉県の取組」について埼玉県福祉部こども安全課、埼玉県警察本部少年課からヒアリング後に質疑応答。

 ○ 主な調査項目は下記の通り。
1.全県下の情報共有の取組み
2.県庁及び児童相談所と警察の連携
3.ICTの利活用
4.児童相談所を設置する方向にある市との連携
5.一時保護解除後の家庭復帰ケースにおける対応(警察との連携)

 ○ 埼玉県の主な取組
1.児童相談所の児童福祉司、児童心理司の増員、各児童相談所に警察官OBを配置(2名×7児相)
2.平成30年8月1日から、児童相談所に通告のあった全ての児童虐待事案について警察と情報を共有。※令和元年度中に児童相談所と警察間でリアルタイムに情報共有できるシステムの運用を開始
3.児童相談所OBを市町村へ派遣、市町村職員に対する専門的研修の実施

 11:45、浦和から上尾市へ向かう。チャーターしたバス車内で弁当を食す。
 13時、埼玉県中央児童相談所。「児童相談所における取組」について視察。
 埼玉県では児童相談所が8カ所(県7+さいたま市)体制。令和元年度県児相職員体制は職員総数:378、児童福祉司:197、児童心理司:55。行革が進む中で一般職員数減少に対し、児相は対H27年度比30%増員。平成30年度の児童虐待通告件数は15,534件(前年度比2,141件(16.0%増)。
 14時半、視察研修終了後、今後の取組みについてPTで打合せ。国の「改正児童虐待防止法」や県執行部の対応を踏まえ「千葉県子どもを虐待から守る条例」や基本計画について再検討することとなった。
 15時、JR上尾から上野経由で印西へ。
 17時、事務所にもどり仕事。本日の研修内容を復習する。9月定例会には自民党PTとして具体的アクションを起こさねばならない。
 21時、帰宅。御終い
19.08.08(木) ちば自民党児童虐待防止PT、埼玉県庁 & 埼玉県中央児童相談所 県外調査_f0035232_21421621.jpg
19.08.08(木) ちば自民党児童虐待防止PT、埼玉県庁 & 埼玉県中央児童相談所 県外調査_f0035232_21424551.jpg168.pngそれにしても埼玉は千葉と比べ桁違いに暑く熱いところ133.png
帰りの上尾駅で目眩153.png135.png140.png


19.08.08(木) ちば自民党児童虐待防止PT、埼玉県庁 & 埼玉県中央児童相談所 県外調査_f0035232_2143446.jpg19.08.08(木) ちば自民党児童虐待防止PT、埼玉県庁 & 埼玉県中央児童相談所 県外調査_f0035232_21435199.jpg

by takinowa | 2019-08-08 22:08


<< 19.08.09(金) 印旛沼... 19.08.07(水)第70回... >>