19.03.18(月) 大山鳴動せず、門前払い / 本埜3・4区を歩く

 3月14日付・読売新聞千葉版に「北総線値上げ認可 取り消し訴え却下」と云う記事がヒッソリと報道されていた。東京地裁により「原告適格(訴訟を起こす資格)がない」として却下されたとのこと。記事を読む限り、親子2人が国に対し訴訟を起こしていたらしい。
19.03.18(月) 大山鳴動せず、門前払い / 本埜3・4区を歩く_f0035232_2213067.jpg
 で、状況はよく分からないが、市民からは「大山鳴動せず、門前払い」といったコメントが寄せられてきた。納得できない「原告」におかれましては、せいぜい控訴して裁判を続ければいいと思う。
 いずれにせよ、北総鉄道高運賃問題は具体的な経済交渉なのだ。まずは、鉄道事業者と国・県・沿線6市とが話し合うスキームの再建が先決である。誰が、このスキームを壊したかについては現時点では書かないが、交渉事には相手があるということだけは申しておきたい。これ以上、これ以下でもない。
 午前、特別養護老人ホームなど高齢者福祉施設に挨拶回り。理事長さん方や施設長さんと意見交換。
 13時~17時半、本埜3区と4区を織原丞・前印西市議と共に歩く。広大な水田地帯を時間との勝負であった。
 18時、吉高方面。
 18時半、事務所にもどり仕事。
 21時半、帰宅。
 23時、テレ東WBS(ワールドビジネスサテライト)を見て御終い。
by takinowa | 2019-03-18 21:55


<< 19.03.19(火) 萩原を... 19.03.17(日) 感動の... >>