19.02.11(月) 雪中の野外戦

136.png満身の怒りをもって韓国国会議長の「天皇陛下が謝罪すれば」との発言を糾弾する。反日ナショナリズムカードを切り続ける厄介な隣国。一昔前なら戦争に発展しかねない言葉遣いだ。いずれにせよ、戦争と云う外交手段のない日本は21世紀型の「品格ある帝国主義」的振舞いで韓国のプチ帝国主義を封じ込めなければなるまい。で、わが印西市にもスケールは小さ過ぎるがトランプや金正恩のような輩が存在する。来るべき選挙という現代の合法的戦争で完全なる勝利を目指すものである。

 予報が外れ11時頃まで降雪。8時半から予定していた野外作業ができず事務所で待機。雪の中の作業は危険である。
f0035232_23344688.jpg
 11時半~18時半、自民党広報板設置の御願いと野外活動を小川利彦印西市議とともに行う。寒さに凍え、積雪に足元を滑らせながらの筋肉労働。まさに「勝利に向かっての試練」と思う。
 19時半、事務所にもどり仕事。明日・明後日の地上戦に向けての準備。3月以降の県議選終盤戦は気力・体力の限界への挑戦でもある。7回目の選挙だが、直近の4度は<自民 VS 民主>の構図が基調だった。今回は選挙区の拡大にともない定員2に対し出馬予定が4と云う大乱戦。こうなってくると、マッチレースに勝つと云うよりも日々、無心に自分との戦いが続く。とにかく、他候補のことなど気にせず政策を訴え、最後の最後まで遣り残しのないよう過ごすだけである。
 21時半、帰宅。
 23時、テレ東・WBS(ワールドビジネスサテライト)を見て御終いf0035232_2332758.jpg


168.png追悼 堺屋太一さん特集

by takinowa | 2019-02-11 22:30


<< 19.02.12(火) 泉・草... 19.02.10(日) 草深・... >>