18.09.27(木) 27回目の一般質問で登壇(*^^)v

 9時、HOTEL 菜の花PLAZAをCHECKOUTして県庁へ向かう。
 10時、本会議。27回目の一般質問で登壇。
 1.都心直結線、2.道路問題(県道鎌ヶ谷本埜線・若草大橋延伸線)、3.AED及び心肺蘇生法の普及、4.インターネット・ゲーム依存症対策、5.印旛沼環境対策、6.地域犯罪抑止力の強化、以上六つのテーマで14問+再質問2+要望3の順で執行部との質疑を行った。
 動画については近日中にUPされるので御覧頂ければ幸甚です。
 で、現役県議最多の登壇回数だが毎回、県政の課題を議論すると思うと相当のプレッシャーを感じる。まさしく燃え尽き症候群(バーンアウト)だ。
 正午、自民党総務防災常任委員・付託議案の説明を受ける。
 午後、一般質問。
 15:50、散会。
 16時、県庁を出て印西へ向かう。
 17時半、事務所にもどり仕事。
 20時、帰宅。夜、読書。御終い

 司馬遼太郎 著 「 国盗り物語(四)織田信長 後編 」(新潮文庫・857円)を読む。司馬文学の完成形であり、金字塔的作品だ。中学時代以来の再読だが道三、光秀、信長の人間性が実に活き活きと描かれている。で、悪の道にも筋を通そうとする戦国の論理が凄い。
 浅井長政、朝倉義景の髑髏(されこうべ)で酒を飲ませようとする信長の残忍さ、武田家菩提寺恵林寺の快川紹喜(かいせんしょうき)「心頭を滅却すれば火もまた涼し」の焼き討ちはじめ虐殺の連続に戦慄を覚える。信長は天才ゆえの合理主義・無神論・唯物論の極北に位置する。脳科学者・」中野信子は信長を典型的サイコパスと云う。
 こう云うサイコパスに仕えた光秀は、ある意味で悲劇の天才武将だった。同情せずにはいられない。
f0035232_2021539.jpg
168.pngこの夏の様々な政務調査に基づき質問を実施。一にも二にも現場の調査が大事と思うものである。で、都心直結線については国・県+東京都による三者協議会の設立へ向けて全力を尽くさねばならない。f0035232_2025546.jpgf0035232_20271065.jpgf0035232_20275648.jpgf0035232_20285228.jpgf0035232_203164.jpg
by takinowa | 2018-09-27 21:16


<< 18.09.28(金) 本会議 18.09.26(水) 県盛会 >>