18.09.17(月) 敬老の日 / スクールカースト

 本日、公務OFF。敬老の日を事務所でしみじみ過ごす。謹んで人生の先輩方に敬意を表するものである。
 19時半、帰宅。
 23時、テレ東・WBS(ワールドビジネスサテライト)を見て読書。
168.png自民党総裁選:安倍晋三 総理 × 石破茂 元幹事長との対論。外交・経済通商・農業政策について、いかにも滝田洋一・日経WBSキャスター(成田高・印西市出)らしい切り口の内容でした。で、正々堂々の政策論争こそが自民党の王道政治と強く思います。
f0035232_23323070.jpg
 鈴木 翔 著 / 本田由紀 解説 「 教室内(スクール)カースト 」(光文社新書・840円)を読む。今、学校の教室内で何が起こっているか。苛めに至る前段階で息苦しい空気感があることが分かった。以下、備忘録。
 1.スクールカーストの世界
〇 小学校時と中学・高校時では「スクールカースト」の認識が変化。
 ・小学校時:「個人間」の地位の差として認識。
 ・中学&高校時:「グループ間」の地位の差として認識。
〇 上位グループ(1軍)から下位グループ(2軍)への関りが繰り返しある場合に「地位の差」は顕在化する。
 ・その関りは「いじめ」ではない
 ・その関りでクラスに「笑い」が起る。
 ・その関りは上位、下位のグループ両者が「空気を読んで」行われる。
〇 上位のグループは、学校生活を有利に過ごすことができる。
〇 上位のグループには、「地位の差」をコントロールする人事権がある。
 2.スクールカーストの特徴
〇 上位グループの特徴:「にぎやか」「気が強い」「異性の評価が高い」「若者文化へのコミットメントが高い」など。
〇 下位グループに位置付けられている生徒には特徴がない。しいていえば「地味」「目立たない」。
〇 上位グループは「結束力」があり、クラスに影響力があるため、下位グループは彼らに恐怖心を抱く。
〇 地位は固定的で努力で変えられない:クラス替えがあっても、学年全体で「地位」に関する情報が共有されているため、次のクラスでも同じ「地位」が継続する。
〇 キャラクターはいきなり変えられない:いきなりキャラクターを変えても、そのキャラクターがみんなから受け入れられる可能性は著しく低い。
 3.教師にとってのスクールカースト
〇 「上位」の児童生徒と「下位」の児童生徒の特徴も、同じように認識されている。
〇 教師は「スクールカースト」を「権力」ではなく「能力」による序列と見ている:「積極性」「生きる力」「コミュニケーション能力」など。
by takinowa | 2018-09-17 23:07


<< 18.09.18(火) 西日本... 18.09.16(日) 木下煎... >>