18.08.05(日) 木下まち育て塾「むかしの木下駅」企画展

 地元・木下(きおろし)地区の歴史愛好団体 < 木下まち育て塾 > の企画による「むかしの木下駅展」が下記の通り開催されています。
 〇 開 館 : 平成30年8月~平成31年2月の第1土曜・第3日曜 / 13時~16時
 〇 場 所 : 吉岡まちかど博物館
 〇 入場無料
f0035232_205130100.jpg
 昭和初期から40年代までの昔懐かしい成田線木下駅の写真を中心に展示。塾生(学芸員)に詳しく説明してもらえます。
 また、毎月第一土曜は県内一の木下駅南骨董市、毎月第一・第三の土日には印西市観光協会による水郷めぐり舟運(大人:1,000円、小学生:600円 / 10時~15時)も開催されています。

 いよいよ夏の甲子園開幕。第100回全国高校野球選手権大会開会式に感動する。そして、何と云っても松井秀喜さんのLEGEND始球式に胸が熱くなった。どのスポーツも権利同格なのだが、甲子園と箱根駅伝は物語性が桁違いだ。まさに、日本の文化であり、多くの人々の心を一世紀にわたり捉え続けている。
 で、甲子園での銚子商や習志野の活躍を通じ、愛郷心と云うか千葉愛を感じたのは小学校低学年の頃だった。
 13時、西千葉県代表:中央学院高 × 済美高校:愛媛県代表をTV観戦。プロ注目のエースで4番の二刀流、大谷拓海投手は印西市出身なので応援していたが、無安打に終わり残念な結果となった。5対4のクロスゲーム、春に続く初戦敗退。悔しいが、東千葉県代表の木更津総合に全ての期待を寄せたい。
 午後、事務所で仕事。
 19時、世界女子ソフトボール選手権大会予選リーグ:JAPAN × BRITAIN をTV観戦。日本代表が英国を投打で圧倒。
 20時半、帰宅。夜、読書。御終い

 磯田道史 著 「 日本史の内幕 」(中公新書・840円)を読む。近代以降、水運で繁栄した印西の歴史もなかなかと思う。f0035232_2053266.jpgf0035232_2053471.jpgf0035232_2054778.jpgf0035232_20545850.jpg
by takinowa | 2018-08-05 22:15


<< 18.08.06(月) 劇場版... 18.08.04(土) 第54... >>