18.06.30(土) 郵便局ふれあい歌謡祭 ほか

 朝から猛暑。30℃超え(;^_^A
 9時、印西を出て栄町の<ふれあいプラザさかえ>へ向かう。
 9時半、第8回郵便局ふれあい歌謡・舞踊祭(主催:印旛地区北部8郵便局) 開会式にて祝辞を申し上げる。印西市&印旛郡栄町の大勢の皆様が日頃の練習成果を存分に発揮され、楽しい時間を過ごしたことと思う。
f0035232_2140678.jpg
 で、郵便局は地域住民に最も身近な公共機関であることは今も昔も変わりはない。それにしても「官から民へ」と云う無内容な小泉改革や郵政民営化は一体何だったのかと思う。そもそも、税金から郵政三事業に1円でも投入されたと云う事実はなく、さらに無駄な公共事業の温床と誹謗中傷された財政投融資も1999年に改革済であった。いずれにせよ小泉郵政民営化自体、大法螺話だっのだが当時の民主党岡田克也代表による「小泉改革では郵政民営化が徹底しない」と云う主張にも驚いた。要は、自民と民主で新自由主義の旗の争奪戦と云う政治茶番が展開されたのであった。当時、自民党を除名され刺客を立てられた守旧派にこそ大義があったと私は今も確信している。
 午後、事務所で仕事。
 17時半、印西を出て京成八千代台駅前のユアエルムへ向かう。
 18時半、参議院議員・豊田俊郎事務所主催の経済講演会。京都大学教授・青木泰樹先生「日本経済再生へ向けて」。
 19:15、懇親会。
 20時、八千代市を出て印西へ向かう。
 21時、帰宅。夜、読書。御終い

       6月に読んだ本
168.png2018上半期:78冊読了。秋以降、統一地方選準備のために忙しくなり、読書も暫時できなくなるのであります( ; ; )
f0035232_16204595.jpg
〇「 21世紀に資本論をどう生かすか 」鎌倉孝夫 × 佐藤 優 / 金曜日
〇「 平成史 」片山杜秀 × 佐藤 優 / 小学館
〇「 なぜ私たちは生きているのか 」高橋 巌 × 佐藤 優 / 平凡社
〇「 世界経済大乱 」滝田洋一著 / 日経新書
〇「 古典力 」斎藤 孝 著 / 岩波新書
〇「 新聞力 」斎藤 孝 著 / ちくまプリマー新書
〇「 恥をかかないスピーチ力 」斎藤 孝 著 / ちくま新書
〇「 山本五十六 」半藤一利 著 / 平凡社
〇「 義 経 」司馬遼太郎 著 / 文春文庫
〇「 けむたい後輩 」柚木麻子 著 / 幻冬舎文庫
by takinowa | 2018-06-30 22:06


<< 18.07.01(日) 震度6... 18.06.29(金) 印旛明... >>