18.06.27(水) 千葉民主、分裂解体へ

 ほとんどの千葉県民には興味も関心もないと思うが、千葉県議会に<千葉民主>と云う名称の会派が存在する。
 昨日、関係者より同会派が近々分裂する可能性について有力な情報が流れた。この数年間、国政において民主党から民進党、そして国民ファースト⇒希望の党、立憲民主、国民民主…等々、難破船が漂流する如く離合集散が繰り広げられている。旧民主党系は完全に解体したが、千葉県政では何とか寄合所帯を維持してきたものの、ここへきて大分裂となるのだろうか。まさに、ガバナンスの欠如と自分勝手な無責任さは政治茶番であり、何と無様で見苦しいことか。
 いずれにせよ、異なった政治イデオロギー(観念の体系)を有する議員が、損得勘定のみで徒党を組んでいたに過ぎないと云われても仕方ないだろう。で、今も思い出すが2009~12年迄の民主党政権下、政治主導や事業仕分け、八ッ場ダム中止など権力を笠に着て驕り高ぶっていた彼らの立ち振る舞いは一体何だったのか。また、一過性のブームからは何も生まれないのである。橋下の維新も小池の都民ファーストも結局は小泉的な大衆迎合の劇場政治(POPULISM)のエピゴーネン(Epigonen:模倣者・亜流)に過ぎなかった。
 もっとも、野党の散々の為体(ていたらく)を見て慢心してはならない。自民党として、謙虚さと人間関係を大事に日頃の活動に励むことが何より大事である。地元有権者の意見に耳を傾け、そして歴史に学びつつ事に当たることを心掛けたい。

 9時、HOTEL 菜の花PLAZA をCHECKOUT。千葉を出て印西へ向かう。朝から強い南風が吹き荒れる。
 正午、事務所にもどり仕事、来客の応対、電☎話掛け。
 19時、帰宅。夜、読書。御終い
 23時、テレ東・WBS(ワールドビジネスサテライト)を見て就寝。

 齋藤 孝 著 「 新聞力 」(ちくまプリマー新書・780円)を読む。
by takinowa | 2018-06-27 22:38


<< 18.06.28(木) 万引き家族 18.06.26(火) 定例会... >>