18.04.19(木) 財務事務次官、新潟県知事 相次ぎ辞任

 財務官僚トップである事務次官と新潟県知事が相次ぎ、週刊誌の醜聞報道により辞任。(書かれても「人の噂も七十五日」とばかりスルーして逃げ切る政治家も多いが・・・)で、天麩羅の衣を揚げる如く「一丁上がり!」とばかり、次の破廉恥ネタ探しに走るトップ屋とそれに群がる大衆マスコミ世論の醜悪さ。コメントにも価しない話だが2点だけ述べる。
 1.セクハラ被害者とされるテレビ朝日・女性記者はマスコミ人としてOUT。正義感に基づいての行動だったら大きな勘違いであり、懲戒処分相当。もちろん、テレビ朝日も論外。そもそも、無断録音を公開したのは取材先との信頼関係を壊す、この業界の掟(オフレコ)破り。さらに、金銭授受の有無は定かでないが、録音データの週刊誌への提供は言語道断・前代未聞のルール違反だ。だが、より深刻なのは国家の中枢にいる官僚トップの脇の甘さである。いとも簡単に年端もいかぬ?女性に音源を献上するとは情けない。過去に古典的ハニートラップに嵌り、国家機密の漏洩もあったかもと懸念するのは私だけだろうか。
 2.新潟県知事の辞任自体、どうでもいい話。米山知事は元々が自民党⇒維新において原発推進派だったが一昨年の知事選(社民・共産推薦)で反原発派となったそうだ。そもそもが無節操な偏差値エリートだった。いずれにせよ、次の新潟県知事選挙は一地方の首長選ではあるが、日本国家のエネルギー政策に大きな影響がある。
 ただし、反知性主義的空気漂う<原発の是非>ではなく、県政トップの責任ある<政治倫理>を問う選挙となることを期待したい。

 終日、事務所で仕事、来客の応対。
 19時、帰宅。夜、読書。御終い

 齋藤 孝 著 「 コミュニケーション力 」(岩波新書・799円)を読む。
by takinowa | 2018-04-19 23:46


<< 18.04.20(金) 真夏日 18.04.18(水) 泥にま... >>