16.09.11(日) 印西花火大会中止と危機管理

 本日付千葉日報・県東版に「花火大会中止の印西市・問われるリスク管理力・お粗末対応に批判噴出」と云う佐倉支局・平口亜土記者の署名特集記事が掲載された(写真)。私は日頃から本ブログにおいてマスコミ報道批判を再三繰り返し、メディア主導の大衆世論と負け戦覚悟で戦ってきたつもりである。ただし、今回の事案だけは心底、同紙の内容に同意する。しっかりとした現場取材に基づき事実を明らかにするとともに、論理も一貫していて読者の知る権利に応える記事と了解する。
f0035232_2322040.jpg
 それにしても、一地方紙が一自治体のイベント中止とその後の対応に、十日間以上にわたって批判記事を掲載し続けた例など私の記憶にない。お陰で印西といえば「花火大会中止」と、県内ではすっかり有名になった。結局、TVも含む各メディアからのバッシングにより「全国住みよさ都市ランキング」(東洋経済)5年連続第一位という称号も地に墜ち、印西市のImageDownと市民の行政に対する求心力低下という甚大なdamageを被ることとなった。
 このことについては、<一昨年の「北総鉄道への補助金打ち切り」と運賃問題の混乱や昨年の「印旛沼への五輪競技会場誘致」事案、根拠のない「五輪誘致調査費約9千万円」補正予算案上程、昨年度末の「IOC五輪競技誘致要望に係る長期欧州休暇(出張)」騒動、誰もが首を傾げた「広報いんざい」の五輪特集号、印西市議会3年連続決算不認定と2度の問責決議…等々、この数年間だけでも印西市政が大混乱に陥っていたのだが、その集大成が花火大会中止ではないか>(高花在住・40代男性)といった厳しい市民の意見も寄せられてきた。
 いずれにせよ、印西市選出の県議としては個別の地元市行政の事案に具体的意見を述べることは控えているが、今回の花火大会も含め、あまりにも多くの市民から印西市への厳しい意見や苦情が寄せられてきているのも事実だ。
 で、「印西花火大会中止」事案については先日も本ブログで書いた通り、一義的には市民の代表たる印西市議会の場で検証されなければならない。今回の結果を分析し、印西市行政のリスクマネージメント(危機管理)力強化に繋げなければ納税者たる市民は納得しないだろう。また、4千万円という巨額の血税がどうなったかも一大事だが、それ以上に行政の結果責任は市議会で追及されねばならない。千葉日報にもあった通り打上げ責任は業者にあるのだが、花火大会と云う行事そのものが印西市主催であり、最高責任者は印西市にあることは論を待たない。市議会による調査と検証が終了次第、可及的速やかに行政の具体的な結果責任が明らかにされなければならない。実害があった以上、納税者に御納得して頂くためには当然だろう。
 <印西市では常々「1円の税金の無駄遣いもしない」「市民目線」を標榜しているが、まさか業者を損害賠償で訴えるのではないだろうか。主催者の責任を棚に上げ、業者の所為にするとは言語道断。これでは「市民目線」ではなく「上から目線」だ。いずれにせよ、税金も含め印西市民に実害が出ている。「謝罪します」や「調査します」などと口先で逃げるのではなく、印西市は主催者として納税者たる市民が納得するような責任をとらなければならない。>(大森在住・60代男性)との意見もあった。
 で、繰り返しになるが今後は市議会での検証と責任追及に市民の関心が集中することは必至だ。ここは政争の具となることのないよう俗に云う市長与党も野党も関係なく、印西市から誠実に納税者への説明を果たさせ、内外の信頼回復に力を尽くすことを切に望むものである。
f0035232_23242581.jpg
 先日記者発表した、ちば自民党議員発議<全国初 AED・善きサマリア人条例案 上程>に関し早速、千葉日報が政治面で取り上げてくれた。地元では花火大会中止騒動となっていて折角のAED関連記事も霞んで残念だが、、、手前味噌で恐縮しつつも実は国の法律制定にも影響を与える程の大きな一歩なのだ。まさに、千葉発の画期的な政策提案であり、今後メディアの露出も増加するだろう。多くの県民、いや国民の皆様に御注目頂きたい。2019Rugby WorldCup 日本大会、2020東京Olympic・Paralympics を控え、開催地や事前Camp地となる千葉県がAED最先進県を目指すと云う着想は、五輪後のレガシー効果と合わせ価値十分だろう。ここは森田健作知事に先頭に立ってもらい、しっかりと旗を振って頂くことを切に期待するものである。
 終日、政務で地元回り。選挙区外の県議がちょろちょろ挨拶回りしているという情報が市議の先生方や支援者から多数寄せられている。こちらとしても、細かいことはカマっていられないので正々堂々、王道の政治活動で対応するしかない。ぶっちゃけた話「どうぞ御自由に」といったところ。
 夕方、北総天然温泉・真名井の湯で入浴。夜は整体Massageの施術を久々に受ける。肩凝りや腰痛も少々楽になった。
 21時半、帰宅。夜、読書。御終い(-_-)zzz
by takinowa | 2016-09-11 23:27


<< 16.09.12(月) NEC... 16.09.10(土) 加藤紘... >>