16.04.21(木) 千葉NTメガソーラー発電所 建設工事地鎮祭

 朝、事務所で市内外の政治情勢等について情報収集。「政界の一寸先は闇」と喝破した自民党副総裁 故・川島正二郎は千葉県人。私に言わせれば政界はまさに「獣道」である。で、熊本地震の7月衆参W選や消費税引上げへの影響が新聞でも取沙汰されている。更に、印西市長選についても自民党から中澤俊介・印西市議が出馬表明し、現職・板倉正直市長と一騎打の構図が可視化され風雲急の様相。いずれにせよ、何事が起ころうとも、千葉県政の場で印西市の民意を人格的に体現する立場(=県議)として正々堂々、不動心をもって大義ある政治に邁進するものである。
 11時、千葉ニュータウン メガソーラー発電所建設工事・安全祈願祭。神事で祭主、事業主(SGE株式会社)、加藤岡 正・千葉県企業土地管理局長、印西市長に続き玉串奉奠。
 本施設は千葉ニュータウン区域内千葉県所有・旧新幹線用地約21ヘクタールに建設されるメガソーラーだ。完成すれば成田スカイアクセスと北千葉道路に挟まれた細長い形状の県有地、東西・約12km/幅・15~30mに日本最長の太陽光発電所が稼働することとなる。ちなみに、ソーラーパネルは日本の東芝製。
 率直に申し上げて、私は太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーに懐疑的だ。一日の半分は夜だし雨や曇りの日の発電量はゼロということを考えれば、御天気や風任せの日本のエネルギー供給などありえないと考える。ベースロードの電源は原発や火力のベストミクスで考えるのが常識である。このことについては、いずれまとめて書くが本日はここまで。
 で、千葉NT内の県有地は上記のように細長い形状で、なおかつ鉄道と高規格道路に挟まれ狭隘なため利活用が大変困難な土地であった。さらに、草刈費用に毎年数千万円を要し、財政的にも御荷物の土地となっていた。こういった事態を受け、私、県議・滝田が2014年6月定例会一般質問で旧新幹線用地の利活用を取上げ、答弁で当時の吉田雅一企業庁長が「メガソーラー発電事業」を表明(「滝田敏幸・県議会リポート 第21号・H26.08.10付参照)。翌日、読売や千葉日報ほか各紙が大きく報道した。もちろん、県有地を民間事業に貸借することは公益性の観点から大義が必要である。県企業庁による事業者の公募に当たっては、千葉ニュータウンを象徴する施設となるよう県議会等で何度も議論を重ねてきた。要は「単なる銭儲け」の手段に土地を貸すと云ったレベルではなく、2020東京五輪を見据え、千葉ニューと日本のイメージ向上に資する事業となるよう強く要望しつつ具体的提案も行った。
 県によると今後の予定としては6月に本格着工、来年4月稼働とのこと。成田空港からスカイアクセスで都心へ向かう訪日外国人が印旛沼の景観からNT区間は10km以上続くメガソーラーの威容を目の当たりにすることとなるだろう。(私の本心ではないが)恐らく、日本と千葉県が再生可能エネルギー先進国(地)といったイメージを強く抱くに違いない。で、本日まで県企業庁とは本案件について何度も声を荒げたりしたが、全ては叱咤激励の思いだったことを御理解頂きたい。
 正午、自宅で頂いた御弁当を御馳走になる。
 午後、事務所で仕事、来客の応対、電☎話掛け。
 19時半、帰宅。夜、読書。御終い
16.04.21(木) 千葉NTメガソーラー発電所 建設工事地鎮祭_f0035232_1832156.jpg
 国内在来線最高速度160km/hを誇る成田スカイアクセス005.gif。成田空港と都心(上野)?を36分で結ぶ大動脈。訪日外国人は千葉NTメガソーラーの威容に圧倒されるだろう。
16.04.21(木) 千葉NTメガソーラー発電所 建設工事地鎮祭_f0035232_18324634.jpg
 北総鉄道アクセス特急。印西から都心も昔では考えられんほど近くなりました!(^^)!
16.04.21(木) 千葉NTメガソーラー発電所 建設工事地鎮祭_f0035232_18334338.jpg
 FB友達の宗像神社・船穂正幸宮司が神事の祭主。切麻散米(きりぬささんまい・四方祓い)の模様です。
16.04.21(木) 千葉NTメガソーラー発電所 建設工事地鎮祭_f0035232_18343799.jpg
 加藤岡 正・千葉県企業土地管理局長による玉串奉奠。加藤岡氏は2010年の北総鉄道第一次値下スキームをまとめ上げた最大の功労者(当時、県交通計画課長)であり、県議・滝田の大恩人だ。
by takinowa | 2016-04-21 22:30


<< 16.04.22(金) 印旛明... 16.04.20(水) 熊本支... >>