13.03.07(木) 千葉県立印旛明誠高校卒業式

 6:20~8:05、北総鉄道印西牧の原駅で「元気モリモリ、千葉日本一」政策チラシの配布と県政報告に立つ。 啓蟄が過ぎて駅頭活動も楽になってきたようだ。
 何とかして千葉県知事選挙への注目を高めなければならない。 今回の知事選は私が支援する現職の森〇健〇氏の圧勝は当然のことだが、本当の勝負は投票率にあると思う。 地元印西市民はもちろんオール千葉県民の県政への関心を高めることが何より大事な選挙なのだ。
 本ブログ読者で千葉県有権者の皆さん! 御家族、御親戚、御友人・知人に是非、御声を掛けて頂きたい。 投開票日は3月17日ですが、期日前投票も可能です。 棄権することのないよう、一票を無駄にすることのないよう、みんなで知事選挙に参加するよう伏して御願い申し上げます。

 9時半、県立印旛明誠高等学校へ。 10時~12時、同校の平成24年度卒業式に出席。 卒業する若者たちの晴の門出を祝い、はなむけの言葉(祝辞)を申上げさせて頂く。 実に感動的な式典であったと思う。
 午後、事務所で仕事、来客の対応。 県議会リポートの再校作業。
 18時、地元で会合。 21時、帰宅。 夜、読書。
 明日午前、勝浦警察署新庁舎落成記念式典に出席予定です。 印西を早朝出発なので早寝します。

 2013 WBC 第1R、日本 対 キューバ戦はハッキリと底力の差が露呈したゲーム内容だった。 というよりも、野球の質が異なるというか、とにかくバットスィングのスピードからして桁違いだ。 どの野球解説者も侍JAPANへの期待に満ちたコメントを述べるが、正直な話、WBC過去二回(06年、09年)の日本代表チームと比較して格落ちの感は否めない。 具体的には、打ではイチロー、投では松坂大輔、ダルビッシュ有といった絶対的切札がいないということだ。 いずれにせよ、次の台湾戦も厳しい戦いが予想される。
 とは云うものの、侍JAPANが米国やキューバを倒して連覇を達成したこと自体が偉業であり奇跡と申上げてもいいだろう。 また当然、格下と思っていた韓国や台湾と実力が互角であり、驚くことにブラジルや中国など野球後進国とも紙一重の真剣勝負を強いられたのが今大会であった。 些か悲観的な見方かも知れないが、どの競技も国際化すればするほど日本は厳しくなっていくに違いない。 東洋の魔女、ミュンヘンへの道で世界一を達成したバレーボール、中野浩一の自転車、極真空手、大相撲、柔道・・・等々。 あらためて、五輪も含む国際大会におけるナショナリズム、そして国家の成熟とは何か、について考える次第である。
by takinowa | 2013-03-07 21:21


<< 13.03.08(金) 勝浦警... 13.03.06(水) >>