24.06.19(水) 真っ白な灰に・・・

 燃えたよ・・・
 真っ白に・・・燃え尽きた・・・
 真っ白な灰に・・・
( 「明日のジョー」青山、ウルフ金串、力石徹、カーロス・リベラ、ホセ・メンドーサと戦い続けた矢吹丈の最後の台詞より)

 8時、印西を出て県庁へ向かう。
 10時、本会議。関政幸県議による自民党代表質問。実に立派な質疑だったと思う。千葉県民のみなさん、近日中にUPLOADされる「県議会録画」を是非御覧下さい。
 唐突だが、政調会長として(上記の)矢吹丈の映像と言葉が甦ってきた。
 11:45、自民党成田空港議連 総会。
 12時半、政調会長として利根川流域調節地連絡会の要望書を受理。
 13時、本会議。午後、立民代表質問。
 15時、人事に係る党内の会議。
 17時、千葉を出て印西へ向かう。
 19時、事務所にもどり仕事。関係各方面と連絡調整。
 で、代表質問も終わり政調会長として「真っ白な灰」となって終わりたかったが、政治の世界は獣道であり劇画のようにはいかない。大きな山を越えたと思った途端、新たな急峻な山が眼の前に聳え立っている。また、地元では今真っ只中の印西市長選が繰り広げられている。自分も当事者としてコミットしているが、立ち尽す日々が続く。
 いずれにせよ私自身、千葉県議として一つひとつのMissionに全力で取り組むだけ。「真っ白な灰」ではなく、最後は「石炭殻」となり(未舗装の)路に撒かれて御終いとなるイメージに近い。
 20時半、帰宅。夜、マルクス経済学系の読書。御終い

# by takinowa | 2024-06-19 21:43

24.06.18(火) いよいよ本会議・質問戦へ

 9時半、京成ホテル・ミラマーレをCHECKOUT。朝から本降り176.png
 午前、県庁で政務活動。情報収集。
 正午、千葉を出て印西へ向かう。
 13:15、事務所にもどり仕事、関係各方面と連絡調整。
 18時、APA HOTEL印西牧の原。地元経済関係者と懇談会。
 21時半、帰宅。夜、読書。御終い

 鎌田浩毅 著「 首都直下 南海トラフ地震に備えよ 」(SB新書・990円)を読む。著者は地震や火山を扱う地球物理学の権威。防災・減災分野でも第一人者。太平洋沿岸を襲う未曾有の巨大地震と誘発される富士山噴火、まさに日本社会と経済を直撃する最悪のシナリオ。代表質問のため最新の知見を学ぶ。

# by takinowa | 2024-06-18 23:05

24.06.17(月) 県議会代表質問へ向け最終コーナー

 大乱戦。週末の土日、マスコミを含む多くの方から印西市長選についての問い合わせがあった。率直に申し上げて、困惑しています。
 報道によると現在、6人の方が出馬表明をされている。内訳は現市長、前県議、現市議×3、新人らしい。
 で、どの候補者の公約(=政策)が正しいかを有権者が判断することも難しいと思います。現時点では、候補者自身も当事者として、公約や政策の差異化を出すのに必死な状況ではないのでしょうか。要はヘーゲルかマルクスか忘れましたが、言葉を借りれば「錯綜したナンセンス」です。
 私としては、誰が印西市の新しいリーダーに相応しいか、人格や政治的正統性を鑑みて近日中に本ブログなどSNS等で自分の考えを発信して参りたい。
 で、とにかく今は開会中の県議会に集中するのみ。19日に迫った代表質問は元より、22日の自民党県連定期大会も控えている。もっと云うと、解散総選挙も秋にかけて何時あるか分からない。まさに、常在戦場。一日いちにち、責任をもって生きていきたい(私的に表の理屈はそうだが、本音ベースでは早く孤独になりたい。)

 終日、事務所で仕事。
 午前、リモートで政調会打ち合わせ。代表質問の内容について関県議はじめ関係者と最終調整。
 15時、印西を出て県庁へ向かう。
 16時半、関県議や執行部と最終調整。関県議の裂帛の気合と論理の力、新しい時代へ向けての強い意志を見守った。政調会長というより、ボクサーを抱えるジムの会長のような感じである。
 18時、県庁関係者との懇談会。哲学的なこと含め大いに談じ合い盛り上がった。
 21時、京成ホテル ミラマーレにチェックイン。夜中、空腹のため吉野家へ。

# by takinowa | 2024-06-17 23:00

24.06.16(日) ㊗「木下まち育て塾」国土交通大臣表彰「まちづくりアワード」受賞

 国土交通大臣表彰・令和6年度「まちづくりアワード」の受賞団体に「木下まち育て塾」が選定された。(千葉県都市計画課より情報提供6/13)
 快挙である。本年1月の千葉県都市協会「まちづくり功労賞」に続き、国・県のW受賞を達成。
 国交省「まちづくりアワード」は、地域の価値向上を図る先導的取組みなど、全国のまちづくりのあらゆる取組みの中から特に優れたものに対し表彰。この手の表彰では最も権威があると云われている。
24.06.16(日) ㊗「木下まち育て塾」国土交通大臣表彰「まちづくりアワード」受賞_f0035232_20214374.jpeg
 本ブログで何度も紹介しているが、木下まち育て塾は20年前から活動。印西市木下・六軒地区に残る土蔵・町屋(歴史的文化財)の保存と活用を通じ地域への愛着を醸成、地域活性化に貢献。
24.06.16(日) ㊗「木下まち育て塾」国土交通大臣表彰「まちづくりアワード」受賞_f0035232_2053266.jpg
 私も発足からのメンバーだが、伊藤哲之会長はじめ会員の尽力を誇りに思うものである。
 町屋の歴史を感じる生蕎麦 柏屋さんの座敷を借りて「町屋寄席」「津軽じゃみせん」演奏会なども企画され好評。
24.06.16(日) ㊗「木下まち育て塾」国土交通大臣表彰「まちづくりアワード」受賞_f0035232_20244828.jpeg
 終日、事務所で仕事。
 16:15~18:15、栄町安食台ナリタヤ前交差点で街頭演説🎤。
 18:45、事務所にもどり(-。-)y-゜゜゜いっぷく。
 19時半、帰宅。夜、読書。御終い
 (231日目:2h/641h)

 吉村 昭 著「 桜田門外ノ変(下)」(新潮文庫・825円)を読む。(上)では幕府と水戸藩の緊張関係がMAXとなり、井伊直弼による安政の大獄までが描かれた。尊皇攘夷のトップは水戸藩であり、徳川斉昭や藤田東湖、武田耕雲斎が日本の思想をリードした。源流は徳川光圀による「水戸学」
 (下)では、桜田門外のテロルがリアルだ。で、物語の三分の一を占めた主役・関鉄之介の逃亡劇は本当にハラハラドキドキだった。
 実行犯18人の過酷な運命、そしてテロルが幕末・維新へと歴史を動かしたと云う事実は重い。

# by takinowa | 2024-06-16 23:00

24.06.15(土) 印西市政、大激震❗️ / 印旛地区利根川水防演習

 地元印西市で日々、不思議(不愉快)なことが起こっている。
 印西市長選挙や市議補選に、御夫婦や御姉妹で出馬される方がいるらしいと云う風評が漂っている。俄には信じられませんが、私としてもマスコミは元より県庁や永田町方面他の様々な方から聞かれるので、本当に困惑して迷惑です。率直に申し上げて恥ずかしい。もう、いい加減にして下さいと申し上げたい。
 で、もしその情報が真実ならば、同じ選挙区で親族が、いくらカテゴリーの異なる選挙かも知れないが、あまりにも有権者を愚弄する話ではないのだろうか? 今思うのは、印西市の社会の良識を信じたい。いや、神に祈りたい。印西市政の私物化だけは根源的な民主主義の危機と思う。いや、印西発の悪き前例を、この日本国において印西からの発信は元より作ってはならないと思うものであるʅ(◞‿◟)ʃ
 政治というよりも人の道であり、もし事実ならば悔い改めてもらうことを切に願っている。

 9時、印西を出て成田市竜台・利根川河川敷へ向かう。
 10時、印旛地区水防演習を視察。本年は成田市水防団を中心とする演習、同市消防局水難救助訓練、陸上自衛隊及び県警本部の訓練が実施された。
 11時半、成田を出て印西へ向かう。
 午後、事務所で静養152.png午睡
24.06.15(土) 印西市政、大激震❗️ / 印旛地区利根川水防演習_f0035232_22570086.jpeg
 17時、自民党印西市支部役員会。諸案件について話し合う。
24.06.15(土) 印西市政、大激震❗️ / 印旛地区利根川水防演習_f0035232_22405618.jpeg
 18時、党支部幹部との懇談会。
 21時、帰宅。夜、読書。御終い
24.06.15(土) 印西市政、大激震❗️ / 印旛地区利根川水防演習_f0035232_22575041.jpeg
24.06.15(土) 印西市政、大激震❗️ / 印旛地区利根川水防演習_f0035232_22581026.jpeg
24.06.15(土) 印西市政、大激震❗️ / 印旛地区利根川水防演習_f0035232_22573797.jpeg
24.06.15(土) 印西市政、大激震❗️ / 印旛地区利根川水防演習_f0035232_22582322.jpeg
24.06.15(土) 印西市政、大激震❗️ / 印旛地区利根川水防演習_f0035232_22572606.jpeg
 174.pngとにかく炎天下、頑張った団員に敬意と感謝172.png
24.06.15(土) 印西市政、大激震❗️ / 印旛地区利根川水防演習_f0035232_15151100.jpg
 二十代の頃は、水防や操法訓練に反発していたが、三十代になって自分の人生が夢も希望もない(=絶望)と諦めたことを思い出す。やっぱり面倒くさいと思いつつ、日中は我慢して立派な大義名分と御付き合いすれば、夕方のビールは最高に美味しかったんです(笑)
24.06.15(土) 印西市政、大激震❗️ / 印旛地区利根川水防演習_f0035232_17401187.jpg
 私も二十歳代から五十歳代までの27年間、地元市消防団の御付き合いにより御国から表彰されましたが、経済合理性の世界とは異次元の経験でした。ただ、損得勘定抜きで先輩から御指導頂いた恩義を忘れません‼️
 で、今だから云える恥ずかしい話だが🫣、消防を辞める時の千葉県消防大会だけは本当に困った。家内が4時起きで着物の着付けのため機嫌が最悪。一体全体、内助の功表彰って何時の時代の表彰って普通に思いました。本当に、子供の頃の七五三のような衣装で人前に立った時、県議として顔から火が出るような思いでした(>_<)。プライバシーのない家に嫁ぎ、「或る阿呆の一生」のような男と出会った女の運命と人権を思うと言葉を失う。で、県庁近くの正木屋さんで運転手を務めてくれた印西市防災課職員と3人で食事(鰻重)したが、情けない過去の記憶が蘇る今日この頃です24.06.15(土) 印西市政、大激震❗️ / 印旛地区利根川水防演習_f0035232_16464796.jpg24.06.15(土) 印西市政、大激震❗️ / 印旛地区利根川水防演習_f0035232_1648351.jpg

# by takinowa | 2024-06-15 23:00