06.01.24(火) 長野県飯田市行政視察

 朝本当に寒かった。氷点下10℃以下に冷え込んだ。8:30にホテルを出発。9:50、飯田市にある飯田桐林環境センターに到着。10時から研修。流動床式ガス化溶融炉の説明を受け、現場を見学。昨日と同様に機種選定経緯やランニングコスト等の詳細を調査した。
 12:15、昼食。昼過ぎ、市のバスにブレーキの不具合が発覚。急遽現地で修理に出すこととなった。事務局の秋本さんと印西に帰る方法を検討。飯田市から高速バスで新宿に行き、JR乗り換えで帰ることとした。20:26、木下駅着。佐瀬局長と伊藤君が迎えにきてくれていた。いろいろ心配をかけてしまったようだ。
 一昨日の雪で路面が凍結し、印西警察署管内で100件以上の事故が発生したという。市民には慎重な運転を心懸けてもらいたいものだ。
 視察の資料を整理するとともに、印西地区環境組合の「ゴミ処理基本計画」を読み直す。自分なりの考えをまとめ、ゴミ中間処理等に関する政策提言を近々行いたい。
# by takinowa | 2006-01-24 22:30

06.01.23(月) 山梨県韮崎市行政視察

 朝6:40、市役所をバスで出発。今日から2日間、信州方面に市民経済常任委員会の視察研修。執行部からも大野市民経済部長他職員3名が参加。計9名の視察団。視察テーマは、ゴミの中間処理(焼却施設)及び最終処分について。最新のガス化溶融炉を調査する。
 12:40、山梨県韮崎市にあるエコパークたつおかに到着。13時~15:40まで研修。韮崎市議会岩下照人議長の挨拶に続き、職員が説明に当たった。キルン式のガス化溶融炉で、導入経緯や機種選定の基準、稼働状況を調査した。17:20、長野県高遠の町営ホテルにイン。松本多一郎議員と同室に。18:30から皆で夕食。様々な意見交換を行う。
 夕食後部屋でTVを見てホリエモン逮捕を知る。行き過ぎた新自由主義的風潮にブレーキを踏むという意味で、「国策捜査」なのかもしれないと感じた。
# by takinowa | 2006-01-24 21:58

06.01.22(日)

 アルコールを自分の限度以上摂取したため、今少し苦しい状態。22:00、帰宅。炬燵で休憩後、ブログを書き始めた。
 朝8時起床。雪かきは、早朝から72歳の母が始めていた。自分は全くエンジンがかからない。正直情けない。というよりも、罪悪感のようなものを感じた。
 TVで報道2001(フジTV)、日曜討論(NHK)、サンデイプロジェクト(朝日)を見る。ホリエモンとヒューザーが話題となっていた。どれもつまらなく、TVの前で文句を付けていると母から「下らないことを言わずに、道の雪かきをしろ!」と叱られる。いずれにしても、事の本質に迫る識者は少ない。
 昼前から地元の後援者に挨拶回り。12時、自宅で昼食。おかずはコロッケと明太子。
 13:00から商工関係と地元農家組合の新年会に連続で2件出席。最後は、Wさんのお宅で御馳走になり先程21時に帰宅。妻も母も呆れていたが、「皆に迷惑を掛けなかったか?」と聞かれ、「多分失礼はなかった」と答えた。
 それにしても二つの新年会に出て、話題と言えばホリエモンとオジャマモン(ヒューザー・小嶋社長)であった。「なぜこんないい加減な事が、世の中次から次に起こるのか」といった指摘が大部分であったが中には、「小さな政府がこんな結末をまねいている」と言う人もいた。いちばんきつかったのは、去年の選挙の話をされた時だ。「滝田さんは自民党の応援をして我々も手伝ったが、武部や竹中もホリエモンと同じ穴のムジナではないのか!!」といった厳しい叱責も頂戴した。私も説明・説得というよりも同じ考えなので、黙って耐えた。私も言いたかった。「自由競争が世の中を良くするなんて嘘だっ!」と。
 明日から2日間、市民経済常任委員会で長野県飯田市と山梨県韮崎市へ視察で出張。ゴミの中間処理システムを研修する。詳細は明後日に書く予定。0:50就寝。
# by takinowa | 2006-01-23 00:17

06.01.21(土)

未明から降り出した雪が朝にはもう2~3㎝は積もっていた。日中いっぱい続くということなので、何年ぶりか(5年)の大雪だ。昨日までの視察の疲れで、朝8:50迄布団にいた。午前中、たまっていたブログを書く。視察研修の資料及び内容の要点整理。13:40、自宅から徒歩で木下本店へ。14:30、NTの店へ。雪なのでタクシーを利用。雪の中お越しいただいたお客様には、心から感謝。21時、閉店。帰ろうとしたが、NT中央駅でなかなかタクシーが捕まらない。約45分も待った。22時に帰宅。視察の経理処理。
 保阪正康著「あの戦争は何だったのか」(新潮社)読了。著者は近現代史、特に昭和史研究の第一人者だ。また、大宅賞受賞のノンフィクション作家で同志社の先輩でもある。保守派の論客としても知られ、この本の内容も緻密で実証的だ。ただ氏の考えに私は同意できない。とくに「原爆のおかげで終戦は早まった」「米国に占領されてよっかった」「太平洋戦争は良き反面教師」「目的も曖昧な戦争を3年8カ月も続けたかの説明責任が果たされていない」等々。著者の思想の根本に「生命至上主義」があるのではないだろうか。百歩譲ってあの戦争が無謀で戦略なき戦だったとしても、特攻隊をはじめとする英霊や国民の「公の精神」に対し私は畏敬の念を抱かずにはおれない。
 去年の市議会の議事録等を読み返す。山崎市長の答弁が毎回かなりぶれているような感じだ。特に通学定期の補助についての政策は人気取りだと思う。
 1:15、読書しつつ就寝。
 
# by takinowa | 2006-01-22 01:31

06.01.20(金) 福岡県前原市行政視察

 視察最終日、朝から風もあり寒い。8:50にホテルを出て、地下鉄西新駅へ。9:49、JR筑前前原駅。10時、前原市役所。去年3月に起こった福岡県西部地震発生後の危機管理状況を調査した。震度6弱を記録したものの被害は最小限だったという。消防団、自主防災組織、行政の対応などについて意見交換。12:00、研修終了。
 12:50、博多駅で昼食。15:15、福岡発のJAL便で羽田へ、16:40着。印西に18:40頃着。皆でお疲れ様といいつつ夕食。20時過ぎに解散。
 20:15、NTの店へ。改装のためジャスコの内部もだいぶ手が入っている。21:30、帰宅。明日は雪が降りそうだ。非常にハードな視察で本当に疲れた。今日はゆっくり休もう。23:00、就寝。
# by takinowa | 2006-01-21 12:54

06.01.19(木) 佐賀県唐津市行政視察

 ホテルを9:20にチックアウトし、唐津市役所に徒歩5分で到着。城下町の市役所で風格がある庁舎だ。9:45から研修。H16年から3年間で行われている街並み景観形成事業を調査した。このテーマについては、会派で様々な事例を研究し、印西市にも政策提言中だ。(参照:HPのたきたの中心市街地活性化策政策提言)
 午後、現地の中町地区を歩く。風が大変冷たかった。商工係長原田哲也さんに熱心な説明をしていただき感謝。駅前の複合物産センターや唐津くんちの曳山会館等公共施設を見学し、15:38発のJRで福岡市へ。17時頃ホテルにチックイン。18時過ぎ夕食。いよいよ出張も後1日。会派のみなさんも多少疲れていると思うが、頑張っていただきたい。
 それにしても毎日毎日、ホリエモンの話題で持ちきりだ。あれだけ時代のヒーローとして煽ったマスコミが、今度はみんなで集団リンチだ。自殺者も出たという。自民党も堀江氏を先の総選挙では応援していた。もう滅茶苦茶な言論状況だ。事の本質は、「米国流の新自由主義から距離を置き、真性保守の精神に立ち返る」ということだ。
 0:30頃本を読みながら就寝。
# by takinowa | 2006-01-21 12:25

06.01.18(水) 佐賀県伊万里市行政視察

 6:00、起床。7:00、朝食。7:50にホテルを出る。8:12、JR佐世保駅発の特急で有田へ。松浦鉄道に乗り換え、佐賀県伊万里市に着。10:00~15:00迄研修。伊万里市都市計画課池田課長の説明で駅舎整備、街路事業、都市計画道路整備等を調査した。駅広等の整備は素晴らしかった。市の施設である伊万里焼の工芸館を見学後15:20の汽車で唐津市へ移動。16:30頃ホテルにチックイン。夕食に出たイカの刺身は最高に美味しかった。夜中に目が覚め、腹が減っていたので屋台でラーメンを食す。0:00過ぎに就寝。
# by takinowa | 2006-01-21 11:47

06.01.17(火) 長崎県佐世保市行政視察

5:30に起床。今日から20日まで九州方面に行政視察のため出張。7:20、印西牧の原駅に会派新政会5名集合。9:12、羽田空港着。10:05、発のJAL便で長崎へ。12:30、JR大村駅。13:47、佐世保駅着。佐世保市役所及び現地で14:00~17:00まで研修。佐世保市の中心市街地活性化の取り組みを調査した。地場産品のプロモーション戦略(佐世保バーガーなど)や商店街活性化イベントの説明を受けた。また、まちづくり3法の改正についても意見交換。佐世保市でもイオンの進出が街に大きな影を落としているようだ。去年訪ねた青森県八戸市と状況が似ている。
 19:00、佐世保市消防局 防災・国民保護担当理事の中原 務さんと意見交換会。中原さんは、印西市議会佐瀬事務局長と自治大学校の同期生。食事をとりながら、国民保護法に基づく佐世保市の条例制定の経緯等を伺った。
 23:30、本を読みながら就寝。
# by takinowa | 2006-01-21 11:20

06.01.16(月)

 朝早く目が覚め、三浦展著「下流社会」(光文社)を読み終える。去年下半期のベストセラーだ。市場調査の専門家が行った社会分析でとても面白かった。三浦氏によれば、「下流」とは単に所得が低いだけでなく、コミュニケーション能力、生活能力、働く意欲、学ぶ意欲など総じて人生への意欲が低いことと定義する。さらに、下流は自民党とフジテレビが好きと分析。上昇する意欲と能力を持つ者だけが上昇し、それがない者は下降していく。まさにわずかのホリエモンと、大量のフリーター、失業者、無業者といった階層社会を予言している。また、「少数のエリートが国富を稼ぎ出し、多くの大衆はその国富を消費し、そこそこ楽しく「歌ったり踊ったり」して暮らすことで、内需を拡大してくれればよいというのが小泉ー竹中の経済政策。格差拡大が(政策の)前提。」と指摘する。基本的に三浦氏の認識は正しいと私も思う。新自由主義の世界では、まさにホリエモンが時代のヒーローだ。 夕方、ライブドアに証券取引法違反の容疑で地検の強制捜査が入ったとのニュースを聞く。
 午前中、会社で仕事。午後、13:30、議会事務局。16:00、生涯学習スポーツ課で千葉県ラグビー祭の打ち合わせ。16:30、産業振興課で舟運事業の収支等の検討。17:40、NT店へ。20:50、帰宅。母の作ったおでんで夕食。大根と玉子が美味しかった。夕食後、明日からの視察研修の準備。
 明日から会派の視察で、長崎県佐世保市、佐賀県伊万里市、唐津市、福岡県前原市を訪問する。駅前再開発、街並景観事業、商店街振興、防災のテーマで研修予定だ。しっかりと学び、印西市に政策提言を行っていきたい。というわけで、明々後日までブログの更新はお休み。帰ってきてから、視察報告をまとめて書くつもりだ。
 
 
# by takinowa | 2006-01-17 00:25

06.01.15(日)

 朝目が覚めたら寝汗をかいていた。ずいぶんと暖かい。最高気温12℃、快晴の天気予報。
 10時、招待を受けていた小林の新年お楽しみ会へ。元議員の川村文男さんが中心となり今年で9回目の開催だそうだ。つきたてのお餅や豚汁、甘酒、赤飯などがふるまわれ、広場では子供たちが、凧揚げ、コマ回し、羽子板に興じている。天気にも恵まれ、盛況であった。
 11:40、一旦帰宅。12:30、木下南口本店に出社。昼食後、伊藤博信議員、出山議員宅へ視察研修の資料を届ける。14:40、ニュータウン店。改装セールの為、大変忙しい。20:20、本店。20:50、帰宅。湯豆腐で夕食。やっぱり冬は鍋が一番だと思った。 
 22時、会社のDM発送の準備。24時、読書しつつ就寝の予定。今日も一所懸命頑張れたかどうか自問。
# by takinowa | 2006-01-15 21:22

06.01.14(土) 印西市町内会・自治会連合会賀詞交歓会

朝10時少し前、新政会の鈴木議員、勝田議員のお宅へお邪魔して17日からの視察研修の説明と打ち合わせ。正月の多忙な中、家を4日間も空けてもらうことになる。申し訳ないがこれも議員の責務だと思う。
 11時、鹿黒の嶺久庵で市町内会自治会連合会の賀詞交歓会。市長をはじめ役所幹部、議会からは、正・副議長と自分が出席。13:30まで宴席。中締め。タクシーで帰ろうと思ったところ、森住都市建設部長がお一人でいたので残酒を干しつつ意見交換。途中から板倉三郎ふれあい推進課長もくわわり、お銚子を8~9本追加。去年一昨年と同様のパターンだ。森住さんと自分は昨年、体育館問題等で大激突したがわたしは彼を正直尊敬している。もっといえば、社会に関するトータルな認識でいえば、ほとんど差がないのかもしれないと思っている。志の高い優秀な官僚と酒を酌み交わしつつ楽しい時間を過ごした。16:30に帰宅。昼寝。18:30に目が覚めたが頭痛。店に出ても仕方がないので読書。
 高橋哲哉著「靖国問題」(ちくま新書)を読了。小泉首相の参拝もひどいと思っていたが、今時このような思想の方がいるとは正直驚いた。確かに論理的な文章を書かれる方だが、戦後の民主・平和イデオロギーに忠実な先生だと率直に感じた。はっきり言って生命至上主義というか、コメントのしようがない。以前、非武装・中立や靖国の宗教問題等について、日本キリスト教団・岡山県高梁教会の八木橋牧師や本埜村中根の石井宮司とも意見交換したが、「公の心」について今一度日本人は考え直さなければならないと思う。
 19:40に母と夕食。読書しつつ就寝。今日もアルコールを摂取しすぎたことを反省。   
# by takinowa | 2006-01-14 20:29

06.01.13(金)

9:30、市役所・議会会派室。10時、来客。11時、議会事務局。1/23、24市民経済常任委員会の視察研修打ち合わせ。11:40、産業振興課半田課長、小窪主幹と1/31中心市街地活性化特別委員会のテーマ等について打ち合わせ。
 昼食後13:15、NTジャスコの店へ出社。イオンと商談。
 17:30、商工会。舟運事業の会議。前回の会合で舟運事業を行う実施主体が決定した。商工会、観光協会、各種市民団体が共同する形でNPO法人を設立。官民が一体となり様々な町興しを企画運営していくというものだ。その名もNPO法人・いんざい水の郷ネットワーク。活性化の起爆剤となるような活躍を期待したい。
 19:30,再びNTの店舗へ戻り仕事。21:40,夕食後帰宅。
 それにしても毎日大雪の深刻な被害が伝えられる。死者も80人を超えたという。このままでは100人を突破する可能性も高い。「小さな政府」や「地方分権」もいいが、豪雪地帯の生命・生活に関わる社会資本整備ができていないのは誰の目にも明らかだ。国民の生命と生活を守りきれないと言うよりも、犠牲にしてまで財政赤字の削減を急いできた日本政府の罪ははかりしれない。 無駄な公共事業を止めるのは当たり前のことだ。しかしながら、必要な公共投資はいくらでもあるということを今回の大雪被害は物語っていると思う。わたしは、経済合理性のみを追求する新自由主義や「官から民へ」といったスローガンには断固反対する。このこととの関連では、耐震偽装設計の事件もあるが、別の機会にブログ上で論評したい。
 読書をしつつ就寝。  
# by takinowa | 2006-01-14 00:23

06.01.12(木)

 マネージャー(妻栄美子)とともに9:17北総線NT中央駅発で東京へ。10:50頃恵比寿着。取引先メーカーの盛夏物展示会で商談。午後、ラーメン激戦区・恵比寿の人気店「香月」で昼食。わたしの大好きなお店で、細麺の喉越しと上品なスープは絶品だ。東銀座でマネージャーと別れ、自分は北千住経由成田線で15:55木下駅着。
 16時、商工会館でTMO幹事会議(タウンマネージメントオーガニゼーション=まちづくり機関)。市都市計画課、産業振興課、商工会事務局等と民間人5名で中心市街地活性化基本計画のソフト事業を約2時間審議。活発な意見交換で、構想の輪郭が見えてきたと思う。前向きな議論は本当に気持ちがいいし、会議出席者に感謝したい。
 18:10、木下南口本店。19:20、ジャスコNT店。20:50帰宅。夕食後仕事の残務を処理。読書しつつ就寝の予定。年末年始休みゼロで風邪をひきかけているようだ。体調管理には十分注意したい。
# by takinowa | 2006-01-12 23:36

06.01.11(水)

 午前中会社関係の仕事をこなす。11時、大森小学校。午後、市役所の議会・新政会会派室で資料整理。16時、議会事務局佐瀬局長と17日からの視察研修の打ち合わせ。17時、防災課長に8日と10日の八千代市、八街市出初式出向の報告。意見交換を行う。多少議論が白熱。
 18:30、会社・ジャスコNT店へ。退店の店も目立ち始めた。まさに弱肉強食の市場競争の世界だ。無制限の流通戦争は地域社会の荒廃をもたらすことは必定だ。政府も「まちずくり三法」改正を機に大型商業施設の郊外出店を規制する方針を固めたという。当然の事だし、遅すぎたくらいだ。過剰なる規制緩和=新自由主義は、国家の基礎となるであろう地域の共同体を破壊せずにはおかない。また、成果主義の普及は擬似共同体としての企業の活力を奪う。日本的経営の特徴である組織的な集団性(具体的にいえば、終身雇用制や年功序列、企業別組合、系列、株式の相互持ち合い等々)が廃棄され、個人の能力と成果が問われるようになった。いずれにしてもわが国が進もうとしている社会経済モデルは個人主義に基礎を置いている。まさに米国流だ。私はソ連型社会主義が誤ったものであるのと同様に米国流の個人主義も危険と考える。というのも個人主義は、大なる可能性として私民主義に転落するといわざるをえないからだ。
 21時帰宅。今日は母が老人会の旅行で川崎大師に行ってきたらしい。土産の横浜中華街シュウマイをおかずに夕食。非常に美味しかった。
# by takinowa | 2006-01-12 00:10

06.01.10(火) 八街市消防出初式に出向

朝、6:05に目が覚め外を見た。夜明け前だが、何となく雪の気配を感じた。どうやら2センチ程度、積もっているようだ。なんてッィてないのだろうと思った。8:10印西市役所、岩井一郎団長及び随行の防災課職員とともに八街市消防出初式に向け出発。9:30八街市到着。雪のため渋滞が激しっかった。式典は小雪まじりの中行われた。しかしながら石井団長並びに総指揮者の号令の下、本当に気合いの入った立派な式典だった。さすが、消防操法大会で二度全国制覇をしただけの事はある。来賓の立場で寒いなどと感じていた自分を恥ずかしいと思った。
 11:30式典終了。12:30八街市農協で懇親会。14:00富里市で消防団印旛支部の新年会に出席。消防関係者と懇親を深める。17:30印西。地元の新年会に一つ出席し20時に帰宅。今日も若干アルコールをとりすぎたようだ。妻や母に叱られ反省。明日も頑張ることを誓って就寝。
# by takinowa | 2006-01-11 00:39

06.01.09(月)

午前中に来客2件。11時から約1時間読書。5日前から読み始めた西部邁著「無念の戦後史」読了。「真性の保守」、「大衆民主主義」、「グローバリズム」、「アメリカニズム」、「規制緩和」等々の概念を再度確認。市議会でより本質的な議論をする上で役に立つと思う。
 午後木下駅南口滝田洋品店本店で仕事。13:30~千葉ニュータウン・ジャスコの支店(スコッチクラブ)で仕事。4/27イオンモール完成に伴う、改装閉店セールで忙しい。マネージャーの妻・栄美子、店長の池田を先頭に頑張ってくれている。本当に頼もしい。家業の方もまさに正念場だ。経営判断を間違えれば明日はない。負け組にはなりたくない。私は闘う。
 夜、新年会一つ。22:00帰宅。明日は八街市消防出初式に岩井団長の随行で出張。一日一日精一杯頑張ろう。
# by takinowa | 2006-01-09 22:50

06.01.08(日) 八千代市消防出初式に出向

8:15印西市役所。この連休、全国各地の自治体で出初めが行われているはずだ。9:30八千代市消防出初式に印西市消防団長代理で出席。豊田市長、民主党・永田代議士等の新年の挨拶を聞く。文化ホールで行われたため、暖かく快適であった。都市部では屋内式の式典が増加傾向にあるようだ。13時、印西に戻り近隣市町村に出向した団長をはじめとする本部員と意見交換会。今日は白井、印旛、本埜、八千代、佐倉、利根町、四街道で式典が行われ、本部員が団長代理で手分けして出席。近隣市町村の式次第等を分析し来年の当市の式典運営等を話し合った。
 15時、六軒厳島神社拝殿での新年会に出席。 神社運営や地域の将来について率直な意見交換を行った。氏神様の有り難さ、地域の人々の暖かさを実感した一時であった。
 それにしても新潟県や東北地方の大雪は深刻だ。死者も60人を超えたという。「小さな政府」「官から民へ」、「三位一体改革」、「地方分権」といったスローガンを政府は掲げているが、地方に冷たい政治が行われているような気がするのは私だけであろうか。経済合理性を最優先する新自由主義(市場原理主義)では、地方は社会的弱者になる可能性が高い。私は政治の根本は他者に対する「思いやり」だと思う。21世紀になり5年経過したが、日本社会は米国流の個人主義の罠にはまってしまったのではないだろうか。
# by takinowa | 2006-01-08 23:29

06.01.07(土) 印西市消防出初式

 本日から、本格的にブログを書くこととする。できるだけ頑張るので、宜しく御願いします。
 新春恒例の印西市消防出初式。身を切るような寒風が吹く、夜明け直後でもっとも寒い6:50に団員集合。岩井一郎団長の訓辞後予行演習。出初めは消防団の一番大切な行事であり、自分にとっても公心を確認する大切な式典だ。市民の生命・身体・財産を守り抜くという決意を新たにするとともに、父や祖父も行ったであろう団活動にも思いを馳せた。地域を愛する心、いわゆる郷土愛は千葉県を愛すること、国を愛すること、そして歴史を愛することに通じると私は確信している。
 9:30出初め式開会。第一中隊長(木下、六軒、小林台方の団員42名)をつとめた。吾ながら規律を含め団員をよく掌握できたと思う。団長からもお褒めの言葉をちょうだいした。11:30式典終了。正午、牧ノ原消防署で他市町村からの来賓も含め懇親会。13:00印西市消防団本部新年会。16:00第4分団(六軒地区)の新年会。アルコールの量も限界を超えたため21時に帰宅。今日もそれなりに頑張れたという充実感にしたりながら就寝。
(303)
# by takinowa | 2006-01-06 13:32

06.01.06(金)

 いよいよ明日、印西市消防出初式。一日、重圧を感じる。
 ブログについても恰好を付けないで、ダメもとで気楽に書いていきたい。自信は全くない。カウンターを見れば、昨年夏のHP開設から300にも達していない。多くても一日に2~3人くらいなので、力まずに継続は力なりで頑張りたい。以上!
# by takinowa | 2006-01-06 08:27

06.01.05(木)

 本格的ブログ開設に向けて、心の準備中。未だに決心がつかない。小学校時代の夏休み、宿題の絵日記を8/31にまとめて書かなければならなかった苦痛がトラウマとなっている。しかしながら現在は、市議として議員活動を報告する義務もある。三日坊主はいやである。さあ、どうする。ダメであったら、閉店すればいいだけと割り切るしかない。
# by takinowa | 2006-01-05 08:18

06.01.04(水)

 ブログを開設したものの、何を書いていいのか分らない。正直な話、続けるかどうか未だ覚悟が決まらない。今なら、やめられそうだが・・・
# by takinowa | 2006-01-04 08:16

06.01.03(火)

 小泉政権のやる気が感じられない。昨年の郵政選挙の結果を受け、日本の政治はどこに向かおうとしているのだろうか。
# by takinowa | 2006-01-03 08:04

06.01.02(月)

 本格的、ブログ開設に向けて準備中。乞う、御期待!
# by takinowa | 2006-01-02 08:00

06.01.01(日) 元旦

 二期目の市議として、いよいよ最終年を迎える。本年も宜しく御指導のほど、御願致します。
 そして、ブログを開始します。御指導頂いたKデザイン社長に感謝。三日坊主にならぬよう、頑張ります。
# by takinowa | 2006-01-01 22:20

05.12.31(土) 大晦日

 今年も後数時間。本日ここに、来年からブログ「たきた敏幸・日記」を開始することを宣言します。
# by takinowa | 2005-12-31 20:02