<   2017年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

17.10.31(火) 森田健作知事、斎藤健農水相へ要望 / 台風21・22号による農林水産業被害への支援

 台風21号及び22号の影響による農林水産業の被害額について千葉県より報告があった。10月30日14時現在で、約37億6,000万円となっており、過去10年間の台風被害では2番目。現在も被害調査を継続していることから、今後被害額が拡大する可能性もあるとのこと。
 1.農林水産業の被害額:37億5,974万円
農 作 物:1,706ha 30億963万円 / 園芸施設等:35.2ha 3億1,182万円
林 地 等: 36か所  1億2,375万円 / 水産業施設等:2億9,554万円 ほか
 2.相談窓口の設置:県出先農業事務所・水産事務所に設置。早期回復技術や経営指導を実施中。
 3.共済組合・融資期間への要請:共済金の早期支払いと速やかな対応について。
 4.県単災害資金の発動と制度資金
 5.国への要望(伊東農林水産部長ほか)
 森田健作知事から斎藤健農林水産大臣へ要望書提出。制度資金の無利子化及び生産者による農業施設等の再建、修繕及び撤去の取組に対する支援の速やかな適用等について要望。
 以上、現時点における被災した県の農林水産業者への支援についてである。農林水産政策課・団体指導課・担い手支援課が連携し被災者の立場になって、この間も様々な対応を実施中だ。大きな被害を受け落胆している方々も多いだろうし、何よりもスピード感ある支援が大事。前農林水産常任委員長として大いに督励するものである。
 それにしても、これだけ大きな被害が出ており、あらためて県土整備常任委員会視察の中止は危機管理上、適切な判断だったと思う。
 
 総選挙から一週間が経過した。結果として自民284議席、自公政権継続となったが「比例票を勘案すれば圧勝ではない」という私の認識については本ブログでも書いた通り。公示前の約2週間、劇場型政治に大衆世論は舞い上がり、候補者とその陣営も「風」に翻弄され続けたに違いない。実際、私自身、地元千葉13区選対本部長として相当の危機感を抱いた。やがて、「排除」&「次の次」発言や小池百合子氏の不出馬で「希望」の風が止み、排除された「民進」の残党が立ちあげた「立憲民主」に一定の追い風が吹いた。
 いずれにせよ、競争相手の自滅が自民勝利の要因だった。自民党は国から地方まで驕り高ぶることなく今後も、謙虚に目の前の困難な課題(外交・安全保障、雇用・景気対策、エネルギー、社会保障、教育再生、財政再建、国土強靭化、農業問題…等々)に全力で取り組み、具体的結果を出し続けなければならない。と同時に、有権者への丁寧な説明を心掛け、ブレずにまとまっていくことが第一である。
 そして、次は自分に有権者の審判が下される1年5か月後の統一地方選(2019年04月)が待っている。もちろん、その時いかなる風が吹いているかは誰にも分からない。どんな暴風が吹き荒れようと、地下に強靭な根を張る「竹」の如く生き残らねばならないと考える。
 で、昨日、民進党の前原誠司・代表が辞任。一ヵ月前まで国政野党第一党が木端微塵に解体した。選挙後の一週間、混沌とした野党の離合集散や罵り合いが報道されるにつけ、国民は眼を覆いたくなるのではなかろうか。いずれにせよ、一皮剥けば民進党が貯め込んだ100億円以上とも云われる政党交付金の分捕り合戦に過ぎず、国庫に返納すべきと多くの国民は考えているだろう。
 また、希望の党を細野豪志氏とともにチャーターメンバ-として立ち上げた若狭 勝氏も落選後、小池百合子代表に対し様々な発言をメディアで繰り返している。そして、驚くべきことに呆気らかんと「もう選挙には出ない。国政にはもどりません」と政界引退を宣言した。「自分が政治家として、こんな国づくり、故郷づくりをやるんだ」というような気概も責任感も全く伝わってこない云いぶりだった。
 そもそも「志(こころざし)」や「公(おおやけ)」の精神の欠如を自覚せず、間違って議員になってしまうこと自体、国から地方まで有権者にとっての不幸である。昨年からの都知事選、千代田区長選、都議選における「都民ファースト」のドタバタ劇場政治の茶番の幕は下りた。これまでも郵政民営化(官から民へ)から政権交代(コンクリートから人へ)、そして維新から今回の都民ファースト=希望へと至ったものの、ワンフレーズのブームから新地平が拓(ひら)かれることはない。
 やはり、過去と対話し歴史に学ぶと云う真正の保守精神に基づく政治しかないと私は強く訴えたい。制度改革も急進主義ではなく漸進主義、さらに合理主義的抽象性でなく経験主義的具体性が大事。で、一体、このブログでも〇〇の一つ覚えのように同じ理屈を何十回書き続けてきただろうか。

 終日、事務所で仕事、来客の応対、電☎話掛け。年末のSCHEDULE調整や11/30・県議10周年祝賀会の打合せほか。で、偉そうなことブログに書いてますが、、、毎日の政治活動が綱渡りと云うか危機の連続(^-^;。人様の情にひたすら縋(すが)り、政治的カリスマを持たぬ自分が愛嬌だけを頼りに何とか20年生きてきたと云うのが本当のところです(泣)。
 21時、帰宅。夜、読書。御終い

        10月に読んだ本
〇 「 キリスト教史 Ⅰ古代 」 藤代泰三 著 / 鳴滝書房
〇 「 幹事のアッコちゃん 」 柚木麻子 著 / 双葉社
〇 「 3時のアッコちゃん 」 柚木麻子 著 / 双葉社
〇 「 歳 月(下)」 司馬遼太郎 著 / 講談社文庫
〇 「 関ケ原(上)」 司馬遼太郎 著 / 新潮文庫
f0035232_19584730.jpg
 今月は総選挙もあって、夜の読書時間もほとんど確保できず知的INPUTが不足しました。で「キリスト教史」は同大時代の教科書で名著です。35年ぶりに二か月かけて読み返しましたが恩師の声が聞こえてきそうで、自分の考え方や生き方への影響や保守的歴史解釈の鋳型のようなものを感じました。
by takinowa | 2017-10-31 21:31

17.10.30(月) 台風一過&木枯し一号

 8時、印西市内10ヵ所に設置された特別避難所の全てが閉鎖されたとの連絡。台風一過の晴天なれど風強し。本日零時に三陸沖で台風22号は温帯低気圧となったが、21号とほぼ同じコースを辿った。さらに、オホーツク沖で急速に発達し西高東低の冬型気圧配置が強まり、関東地方で「木枯らし一号」と報じられている。
 午前、事務所で仕事。
 12時半、印西を出て印旛郡栄町役場へ向かう。
 13時、岡田正市・栄町長と面談。
 14時、事務所にもどり事務仕事、来客の応対。千葉県防災危機管理部から県内の被害状況に関する情報提供。幸いにも人的被害(死者・行方不明者・重軽傷者)はゼロだったが、崖崩れやライフライン(停電・道路通行止め)の被害も報告された。ちなみに、印西市の崖崩れは2ヵ所だった。いずれにせよ、県土整備常任委員会の視察中止は危機管理上、妥当な判断だったと思うものである。
 と云う訳で、忙中閑ありと云うよりも、政務に励むことのできる大事な三日間と思い精進したい。
 で、総選挙後、疾風怒濤の市内5地区の県政報告会を開催し、さすがに草臥れた。土日も宴席を梯子して肝機能も疲弊しているに違いない。
 18時半、北総温泉・真名井の湯でRELAX。
 20時~21時半、白井市方面でプライベートな時をマッタリ過ごす。
 22時、帰宅。夜、読書。御終い
by takinowa | 2017-10-30 22:09

17.10.29(日) 台風22号接近 / 県土整備常任委、視察中止(>_<)

 台風22号が予報より日本列島に近い太平洋岸を北上し本日から明日未明にかけて、千葉県に接近・上陸する恐れが出てきた。先週末22日の台風21号に続いてのことで、県としても十分な警戒が必要と考える。620万県民の皆様におかれましては台風情報にも注意して頂き、万全の備えを御願いしたい。
 8時、印西市総合防災訓練(高花小学校)、8:50、永治地区ソフトボール大会(松山下公園)が相次いで中止となった。
 午前、忙中閑有となってしまい事務所へ。
 9時半、10月30日から11月1日の2泊3日で予定していた県土整備常任委員会視察(高知県・徳島県)について、同委員会副委員長として小路正和委員長と対応を協議。「22号は21号と比べ勢力も弱く明日(30日朝)以降、天候の回復は見込まれるものの、本日夜半から明日未明にかけて本県へ接近・上陸の可能性もあるため、また、被害が発生した際の復旧等、千葉県において万全の対策を期さなければならない」と云う理由で視察の中止を決定。高知新港整備事業や長安口ダム河川防災対策、徳島市川の駅ネットワーク事業、高松自動車道整備事業など関心あるテーマだけに残念無念、天を恨むものである。
 10時半、県土整備部に対しては各常任委員と随行予定の県幹部職員、視察受け入れ先の高知県・徳島県への連絡を指示した。
 午後、事務所に詰めて仕事。先週、浦部地区で土砂崩れも発生しており、印西市内の急傾斜地の状況について明日以降調査の予定を立てる。
 16時、印西市内土砂災害警戒区域付近に在住の方々を対象とした特別避難所(市内10か所)が開設されたとの情報報が入る。また、台風接近に伴う河川氾濫や道路冠水にも十分御注意頂きたい。
 17時、永治地区懇談会に出席し御挨拶と県政報告。台風の中でも予定通り実施され、地域の皆様と大いに談じ合う。今の時代、口先だけの「~ファースト」や「市民目線」などと云った言葉が流通しているが、実際はトップの「上から目線」「殿様目線」による政治が行われているのではないだろうか。その典型が小池百合子氏の「女王様目線」による都政と思う。築地市場の豊洲移転についても、補償費用など1,000億円以上の余計な税金が投入されることとなる。
 21時、帰宅。夜、読書。御終い 
by takinowa | 2017-10-30 00:26

17.10.28(土) 自民党千葉13区選対本部解散式 / 滝田後援会・永治地区県政報告会

 9時半、北総温泉・真名井の湯へ。蒸風呂や広い露天風呂をほぼ独り占め状態で心身ともにRELAX。
 11時、事務所で仕事。
f0035232_1753116.jpg
 12時半、母校の印西市立大森小学校バザーに顔を出す。同窓会やPTAの方々が模擬店を出して地域の皆さんとの交流。何よりも、子供達から高齢者まで楽しく輪が拡がっているので楽しかった。切った張ったのアウトレイジのような世界とならないように、素晴しい地域社会へ向け力を尽くしたい。久々に地元の方々へ御挨拶。
f0035232_17533576.jpg
 13時半、自民党千葉13区選挙対策本部(白須賀選対)・解散式。選挙対策本部長(統括責任者)として13区内自民党支部(鎌ヶ谷・印西・白井・富里・栄・酒々井・船橋・柏)代表の皆様へ御挨拶。選挙運動期間中は雨天が続き台風にも見舞われたが、それぞれの地域でポスター掲示や法定ビラ配布などの地道な活動に徹し御支援頂いたことに心から感謝と御礼申し上げる。どれだけ劇場政治の風が吹こうとも、地道な活動と草の根保守の絆を強化していくことが大事である。
 15時、事務所にもどり仕事、来客の応対。
 18時、滝田後援会・永治地区県政報告会。本郷・宮内・白幡・小倉・和泉と云う千葉NT周辺農村部において国営手賀沼土地改良事業二期事業へ向けての取組みや基盤整備についてお話する。これまで御世話になった地域の皆様に心から感謝しつつ、その声に耳を傾け、誠実な政治を心掛けるものである。報告会終了後、大いに談じ合う。
 21時半、帰宅。夜、読書。御終い
by takinowa | 2017-10-28 22:30

17.10.27(金) 滝田後援会・印旛地区県政報告会

 総選挙後も日々走り続けている。次のハードルは2019年4月の統一地方選だ。のんびり一休みとはいかない。
 午前、地元廻り。
 午後、事務所で仕事、来客の応対、電☎話掛け。
 18時、滝田後援会・印旛地区県政報告会。旧印旛村時代の重鎮はじめ各地域から御参集頂く。舟戸大橋架け換え及び県道八千代・宗像線の進捗状況と今後の見通し、国営印旛沼二期事業など地域の課題についてお話させて頂く。で、印旛は亡き母の実家もあり、温かいホームの風を感じる。田舎の人情をしみじみ有難く思うものである。
 21時半、帰宅。夜、読書。御終い
by takinowa | 2017-10-27 21:52

17.10.26(木) 滝田後援会・本埜地区県政報告会 / 千葉県戦没者追悼式

 午前、事務所で仕事、来客の応対、電☎話掛け。
 12時半、印西を出て千葉へ向かう。
 14時~15時、千葉県文化会館大ホールで千葉県戦没者追悼式。英霊に哀悼の誠を捧げ献花する。
f0035232_22415661.jpg
 15:15、県庁で政務調査。
 15:45、千葉を出て印西へ向かう。
 17時、木下の事務所にもどり仕事。
 18時~20時半、滝田後援会・本埜地区県政報告会。千葉県の米価対策、国営印旛沼二期事業等の農業問題や県道本埜~鎌ヶ谷線の整備について説明する。やはり農村あっての印西地区としみじみ思うものである。
 21時半、帰宅。夜、読書。御終い
by takinowa | 2017-10-26 22:46

17.10.25(水) 滝田後援会・小林地区県政報告会 / 千葉県立栄特別支援学校・開校記念式典

 9時、印西を出て印旛郡栄町龍角寺へ向かう。
 10時~11時半、千葉県立栄特別支援学校・開校記念式典。森田知事、内藤教育長に続き小高伸太・県議会議長代理として祝辞を申上げる。
f0035232_21305926.jpg
 児童・生徒104名は素晴しい環境の下、学ぶこととなった。また、栄特別支援学校の開校により富里特別支援学校の過密解消も実現。御協力頂いた栄町行政及び地元にも心から感謝と御礼を申上げる。
f0035232_21362641.jpg
 正午、安食(あじき)の懐石料理・金田屋で山本義一県議とLUNCH。ここの鰯御膳(1,380円)はコスパ満点で最高❗️で、選挙戦を振り返って政治家同士の情報交換。
 13時、木下の事務所へもどり仕事、来客の応対。大森地区の交通安全対策、印西自民党女性部の活動等について打合せ。県議在職10周年記念祝賀会の準備等。
 18時~20時半、滝田後援会・小林地区県政報告会。御集り頂いた地区役員並びに県民の皆様に、現下の国・県における政治状況について御報告し質疑応答・意見交換。一年半後の統一地方選へ向け、盤石の組織体制を作らねばならないと思っている。で、一晩で、スキャンダルやトップの発言で一遍に逆風となる可能性も排除できない。自民党が総選挙で圧勝したからと云って、現下日本の政治状況は不確定&不安定要因が多過ぎる。とにかく、地元の皆様との人間関係、信頼関係を強化した政治活動に邁進したいと思うものである。キッチリと県政の課題について御説明させて頂いた後、大いに談じ合い充実した時間を過ごすことができた。
 21時、帰宅。夜、読書。御終い

 柚木麻子 著 「 幹事のアッコちゃん 」(双葉社・1,200円)を読む。女性が活躍する前向きなSTORYで元気をもらう。
by takinowa | 2017-10-25 22:12

17.10.24(火) 嵐の後 / 一度目は悲劇として、二度目は茶番として / アウトレイジ・最終章

 台風21号の通過後、徐々に各地の状況が伝わってくる。被害に遭われた皆様に心から御見舞いを申上げます。千葉県でも急傾斜地土砂崩れのほか、銚子方面における農業被害も報告された。県としても市町村及び関係団体と連携して早急な対応を望むものである。

 これまで何度も引用してきたが繰り返す。
 「ヘーゲルはどこかでのべている。全ての世界史的な大事件や大人物は二度あらわれる(※)ものだ、と。一度目は悲劇として二度目は茶番として、と。…」(マルクス著「ルイ・ボナパルトのブリュメール十八日」岩波文庫17頁)※「歴史は繰り返す」との訳もあり。
 大学3年の二十歳の時、心友・佐藤優の勉強会で学んだ記憶が甦る。1848年二月革命に始まるフランス第二共和政における諸階級の政治闘争が皇帝ナポレオン3世のクーデターを成立させた過程を分析した評論の傑作だ。で、本日は19世紀のフランスのことは述べない。今の日本の政治状況について現象論ではなく、本質論を述べたい。

  < 小池劇場政治の茶番性の可視化
 昨夏の都知事選から始まった小池百合子氏による劇場政治は、豊洲移転や五輪準備…等々で都政を混乱させ悲劇をもたらしてきたが、小池氏の政治家としての資質と能力の限界が可視化されたことは、有権者にとっても国家にとってもよかったのだろう。
  < 自民圧勝は本物か?
 答えはNOである。284と云う圧倒的な議席数も、比較第一位の候補者が当選すると云う小選挙区制度によるもの。各政党による支持は比例区の結果を見れば明白で、自公:87に対し野党系:87と拮抗している。要は野党が分裂・乱立し自滅したのである。自壊した野党共闘が自民を救ったと冷静に分析せねばならない。
 よって、自民党議員の驕り高ぶった言動は禁物だ。とりわけ、魔の二回生が悪夢の三回生となってはならない。自民党の政治や自らの主張が、今回の「総選挙で信任された」などと勘違いしては絶対ならない。他があまりにも出鱈目過ぎて消極的支持が集まったと云うリアルな認識を持たなければならない。どこまでも謙虚に!!空中戦での勝利は虚ろいやすいと肝に銘じなければならない。
  < 前原代表の決断
 民進党を事実上解党し希望の党へ合流しようとした前原氏に結果責任論が取沙汰されている。しかしながら、総選挙が具体化した時点で、民進党幹事長に内定していた山尾志桜里衆議院議員の不倫疑惑で国民の信頼を失った民進党が選挙戦を戦えば、解散時の88議席数が半分以下(30議席台?)に激減する可能性も高かった。結果論ではあるが、旧民進党候補の多くが立憲民主党から立候補することによって当選し、希望の党や無所属でも旧民進党出身者が一部生き残ったのである。
 いずれにせよ、小池氏の「排除」発言、小池氏側近の若狭勝氏(落選)の「次の次」というような発言がなく、小池氏が総選挙に出馬することになれば、希望の党が自民党を脅かす存在になる可能性は十分あったのではないだろうか。少なくとも、私が自民党千葉13区選対本部長を引き受けた9月下旬にはそう感じていた。
  < 現下の政治の不確定要因と流動性
 現下の政治は不確定要因が極めて多く、流動性が高いことが民進党の解体と野党再編の過程で明らかとなった。また、繰り返しになるが自民党の圧勝でも何でもない。各小選挙区に2~3万票ある公明党票がプラスされなければ(自民単独ならば)、ほとんどの議員は討死して屍累々の惨状となるのだ。
 また、自公が総議席の三分の二を獲得し、希望や維新も改憲を公約しているからといって憲法9条改正が急速に進むと云う見方は早計だ。そもそも、公明党は平和主義が党是であり憲法改正に慎重で、社会保障政策や教育無償化において政策的には立憲よりもリベラル(=左)だ。さらに、ややこしい話だが、立憲・枝野代表は民主党政権時代、新自由主義的規制緩和を推進し、外交安全保障では自民党と五十歩百歩だった。さらに、立憲は決して日本共産党と親和的ではない。このあたりが有権者には分かりずらい( ´ ▽ ` )ノ
  < 嵐の後で
 今度の総選挙、ポピュリズムの旗の争奪戦が行われた。今の時代、誰が政権を担おうと内閣支持率と株価ほか各種指標の数値が低迷すると、急速に弱体化し求心力は低下する。もちろん、安倍政権とて例外でなく客観的に見て盤石な権力基盤とはいえない。
 で、憲法改正に自民党が踏み込む場合も、自公で十分な調整が必要だ。希望や維新が、その間隙をぬって自民党に接近する可能性も排除できない。そうなれば、国政の混乱は必至である。とにかく、マスメディアに、どのような暴風が吹き荒れるか誰も分からない。そして、何でもありの荒涼とした政治空間が日本社会に拡がろうとしている。
 こういった時こそ、まずは地元を固めること。地域や支援者との人間関係を強化すること。まさに、地上戦に強くなることが大事と考える。大地に根を張った保守政治をブレずにしっかりと展開して参りたい。

 午前、政務で地元を廻る。
 午後、事務所で仕事、来客の応対。11/30・滝田県議10周年祝賀会の準備等。
 20時半、千葉NT牧の原のUSシネマで久々の映画鑑賞(*^^)v
 20:10~22時、北野 武 監督・脚本作品「 アウトレイジ・最終章 」(制作:オフィス北野 / 配給:ワーナーブラザーズ)を見た。現代日本のヤクザ映画を若い人はどう見ているのだろうか。私的には、。。。どうだろう~って感じでした。で、ぼくにとってのヤクザ映画の最高傑作はF・F・コッポラ監督 / マーロン・ブランド、アル・パチーノ主演の「 ゴッドファーザー 」(1972)なのだが、中一の坊主頭時代、日比谷で初めて洋画を見た時の強烈な印象が忘れられない。ニノ・ロータの音楽も美しかったし、特に、NYのレストランでアル・パチーノが相手の親分と警部を射殺するシーンはドキドキハラハラだった。
 22時半、帰宅。夜、読書。御終い
by takinowa | 2017-10-24 22:47

17.10.23(月) 滝田後援会・木下地区県政報告会

 0時半過ぎ、衆院選千葉4区で木村哲也候補・比例復活当選の報を受ける。本当に良かった。これで県内13選挙区中、小選挙で勝利した12名の候補と併せ全員の当選を確認。
 01時、帰宅。
 未明から早朝にかけて台風21号が関東地方を通過。まさに暴風雨だったが、8時過ぎには台風一過の晴天となった。ただし、夕方まで強風が吹き荒れた。
 午前、御世話になった選対役員や党関係者ほかに御礼の電☎話掛け。
 午後、政務で地元を廻る。
 18時~21時、木下地区県政報告会。滝田後援会木下地区役員はじめ皆様に御挨拶と県政報告。昨日の総選挙の結果を含め、政治の話題で大いに談じ合う。で、一年半後の統一地方選に向けて、地道な活動こそ大事と思うものである。
168.png21時半、北総温泉・真名井の湯でリラックス(⌒-⌒; )
173.png23時、帰宅。夜、読書。御終い
by takinowa | 2017-10-23 23:23

17.10.22(日) 自民、勝利❗️ / 馬頭観世音菩薩 御開扉

 朝から台風21号の影響により土砂降り。東海・関東地方へ向け接近中。
 6時半、印西市山田の成田射撃場へ向かう。
 7時、第67回 千葉県民体育大会・クレー射撃競技会 開会式で祝辞を申上げる。同協会長は同期の江野澤県議。県内郡市から参集したアスリートを激励する。
 7時半、千葉県民体育大会ラグビーフットボール競技会へ県協会長として参加予定だったが、大会会場の市原市八幡球技場がグランドコンディション不良で来週に順延との連絡を受けた。
 8時半、事務所で仕事、電☎話掛け。
 10時半、木下から瀬戸の天台宗・願定院へ向かう。
f0035232_1562022.jpg
 11時~正午、馬頭観世音菩薩 御開扉の護摩供養法要。12年に一度の御開帳と云う霊験あらたかな行事である。秘仏・馬頭観音を拝ませて頂き、魂が震える。
f0035232_1574481.jpg
 立派な御札を頂戴し頭が下がる。
f0035232_1582766.jpg
 大勢の稚児行列も天晴れ、壮観だった。
 13時~14時半、瀬戸区演芸大会で祝辞を申上げ御馳走になる。地域の皆様と交流を深めるとともに、県政で力を尽くすことを約束する。
 夕方、11/30予定の<県議10周年記念祝賀会>の件で地元を廻る。半端でない荒天に泣きが入った(>_<)
 19時半、白須賀貴樹・選挙事務所へ。
 20時、投票箱の蓋が閉まり時報と同時にNHKほか報道NEWSで<自民、勝利❗️><自公政権、継続❗️>のテロップが流れる。
 20:15、白須賀貴樹(自民)当確の報。
f0035232_221836.jpg
 20:20、万歳三唱に続き自民党千葉13区選挙対策本部長として選対の皆様に御挨拶。悪天候の続く中、本当に御疲れ様でした。今後とも自民党への御支援宜しく御願い申し上げます。
 20:40、印西を出て佐倉へ向かう。
 21時半、秋本真利・選挙事務所。
 23時、秋本候補当確の報。万歳三唱。
 23時半、佐倉を出て印西へ向かう。
 台風21号が上陸し関東地方にも大きな影響が予測されます。メディアや自治体の台風情報に十分御気を付け下さい。
 本日はここまでとします。続きは明日のブログで。御終い 
by takinowa | 2017-10-23 01:42