<   2017年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

17.08.17(木) 都民&日本ファーストの正体

 小池百合子東京都知事の側近で政治団体「日本ファーストの会」代表の若狭 勝衆院議員が民進党を脱党した細野豪志元環境相と会談し「(連携については)現時点で50%」との見方を示したと報道されている。はっきりいって大した話ではない。
 さらに、国政新党についても、自身が設立した「日本ファーストの会」とは異なる名称にすると表明している。一体、この人は何を考えているのか。7月の都議選で圧勝した「都民ファーストの会」にあやかって名付けたのだろうが、それだったら<日本ファースト>ではなく<国民ファースト>だろうと突っ込みが入った。そもそも、小池劇場政治の<都民ファースト>自体、トランプ米国大統領の<アメリカ ファースト>のパクリに過ぎなかったのである。で、冷静に考えれば、元祖「FIRST」は「最優先」や「第一」を意味する英単語に過ぎない。よって「日本最優先(第一)」なる政治団体の思想も政策も一切、その名称からは伝わってこないのである。強いて言えば自国(民)第一主義、ドメスティック(国内)最優先、更に排外主義が連想させられる。いずれにせよ、小池人気のみを意識したネーミング自体、FIRSTでもなんでもなくNONSENSE!と率直に申し上げたい。
 もっとも、自民党も他を批判できる分際ではない。百田勉強会で沖縄メディアを誹謗中傷し、インサイダー疑惑で離党した武藤貴也氏、「ゲス不倫」で議員辞職した宮崎謙介氏、女性トラブルで離党した中川俊直氏、そして前代未聞のパワハラで離党した豊田真由子氏ら「魔の二回生」議員に止まらず、能力不足や脳天気な失言を繰返す閣僚など、国民の自民党への不信はかつてない程高まっていることを自覚せねばならない。もはや、旧民主党の負の遺産を糧に、自民が権力を維持することなどできないのである。
 で、本来政治家になるべきでない人物が政治家になってしまう現実(政治家の質の劣化)が、自民や民進だけでなく、かつての維新や今の都民ファーストにもあるのではないか。その背景には、小選挙区制下、各党が実施している公募制度があると私は睨んでいる。どうやら、公募では見た目(ルックス)と学歴がよければ、人間性とは関係なしに選ばれていく傾向と蓋然性があるらしい。これでは、政治のワイドショー化と「風」に影響される選挙の中で、05年「小泉チルドレン」、09年「小沢ガールズ」、12年「安倍ベイビーズ」&「橋下ベイビーズ」、17年「小池ファースト」と数多(あまた)の「なんちゃって議員」が泡沫の如く大量生産されるのも仕方がないし、不祥事が絶えるはずもないと思う。そろそろ、中選挙区制の再導入を検討すべきではないのだろうか。
 そもそも、地域と縁も所縁もない落下傘候補を擁立する手法はナチスの手口であった。もっとも、現代日本の政治状況で「公募」という言葉には、どこか「就職活動」という響きと匂いが漂っている。要は、政治家志望の者は、政党求人広告に履歴書を発送し、一次の書類選考で見た目と学歴を認知してもらい、二次の面接試験で言葉巧みに志望動機を尤もらしく語って内定をもらい、三次試験の選挙ではワンフレーズを絶叫し風に乗れば議員としての採用が決定すると云う流れである。そして、今一番怪しいのが「~ファースト」の空気感と、それに群がろうとする自己愛に満ちた上昇志向と自己顕示欲旺盛な輩だ、と断言したい。
 こういったことは、私がブログに書かなくても、多くの国民が見透かしている。そして、国民が政治家を全く信用しなくなり、現実に絶望するとき、ポピュリストによる独裁者待望論が高まる可能性を排除できない。

 8時半、APA HOTEL 印西牧の原のプロントで朝食。
 9時、同ホテルをCHECKOUT。実に快適なホテルライフを満喫しREFRESH(*^^)v
 午前、床屋で散髪し気分をRESET(^^)/
 午後、事務所で仕事。
 19時、帰宅。夜、読書。御終い
by takinowa | 2017-08-17 22:49

17.08.16(水) 夏は何処へ行ったのか?

 朝から降雨で肌寒く、まさしく冷夏だ。梅雨明け以降、地球温暖化の信者は鳴りを潜めている。科学的にはCO2主因の温暖化ではなく、都市化によるヒートアイランド現象にあると考えるのが常識だ。
 午前、事務所で仕事。
 13時、PREMIUM OUTLET酒々井を覗く。
 15時、JA西印旛直売所で夏野菜を購入。
 16時、西白井駅前郵便局。街路樹剪定についての要望を承る。
 18時、APA HOTEL 印西牧の原駅前1Fのプロントで地元経済人と懇談。
 22時半、同ホテルにCHECKIN。夜、読書。

 司馬遼太郎 著 「 菜の花の沖(五)」(文春文庫・756円)を読む。冒頭で間宮林蔵が登場した後、ほとんどがロシアについて書かれている。今月下旬の北方領土・国後島への訪問を前に大変勉強になった。高田屋嘉兵衛が登場するのは最後の30頁のみ。
 ロシアはピョートル大帝から女帝エスカテリーナの時代(18~19世紀)、シベリア開発さらに大航海の時代が訪れた。もう一度復習する。
 1792:アダム・ラクスマン来日して通商を求める。漂流した大黒屋光太夫の返還。
 1804:レザノフ来航(ロシア皇帝使節)&クルーゼンシュテルンの探検⇒幕府は鎖国を理由に拒否。
 1806:レザノフの部下による樺太、択捉における略奪。
 1811:ロシア海軍・ゴローニン中佐の捕縛と尋問。リコルド中佐のシベリア横断。ナポレオン戦争で皇帝のの関心は西へ。
 いずれにせよ、北方四島は我らの祖先により開拓された島だ。帝政時代も含め、ロシアの領土だったことは一度もないのである。
by takinowa | 2017-08-16 23:14

17.08.15(火) 敗戦の日、予科練記念館と雄翔館で英霊を追悼❗️

 72年前の昭和20年(1945年)8月15日正午、玉音放送があった。本日は終戦ではなく、まさしく敗戦の日なのだ。
 10時、印西を出て茨城県稲敷郡阿見町の霞ケ浦湖畔へ向かう。
f0035232_2253589.jpg
 11時~12時、予科練平和記念館(平成22年竣工)を敗戦の日に4年連続で見学。鹿児島県知覧町の特攻平和祈念館とともに英霊を感じる施設だ。
 「戦争の悲惨さを伝える」と云った凡庸な言葉遣いや反戦と云った薄っぺらな感情とは全く異質な思いが心の深淵から湧いてくる。とてもではないが「現在の日本の平和と繁栄を感謝します」などとは軽々しく申し上げられない。唯ひたすら、英霊への畏敬の念と、今平和の時代に安楽を貪り生きていることへの罪悪感すら覚える。
 12時半、予科練・雄翔(ゆうしょう)館を見学。予科練出身者の遺品、遺書、父母(家族)への手紙を前に、まさに慟哭と嗚咽。
 1944年10月の絶対国防圏を死守せんとしたマリアナ沖海戦(1944.06.19)に敗れ、制空権を奪われた日本海軍。以降、海軍航空機搭乗員の戦死者が急増。レイテ沖海戦(1944.10.25)において「敷島隊」として有名な軍神・関 行男を隊長とする神風(しんぷう)特別攻撃隊が編成され(責任者:大西瀧次郎中将)、米国海軍空母セント・ローを撃沈。予科練出身者は神風特攻隊の中核を占めた。(予科練記念館ではゼロ戦のほか人間魚雷「回天」や「震洋」、航空特攻兵器「桜花」も見学できる)
 で、予科練から特攻隊へと進んだ英霊の高貴なる精神と根源的なエリート(選良)性から、我々現代日本人は何を学ばなければならないか。まずは公的存在の政治家が自問自答しなければならない。すなわち、多くの有為な若者が愛する国家(国体)と故郷そして家族を守るため、自らの命を差し出したと云う歴史的現実を真正面から受け止めなければならない。
 批判を覚悟で敢えて申上げよう。戦後の価値観の生命至上主義や合理主義、そして個人主義とは異次元の崇高なる公的精神性、即ち、日本人が命懸けで何を守らなければならないかを彼らは伝えているのだ。
f0035232_22552412.jpg
 霞ヶ浦湖畔に群生する蓮。英霊の精神にも通じる美しい蓮の花です。泪が出ました。ちなみに、茨城県はレンコン生産が日本一。
f0035232_2255456.jpg
 14時、PREMIUM OUTLET 阿見。ブルックスブラザーズ、ニューヨーカー、ラルフローレンを覗く。
 15時、圏央道・阿見東ICから成田空港へ。
 16時半、成田を出て印西へ。
 17時半、事務所へ出て仕事。
 19時、送り盆で六軒区共同墓地へ。御先祖様の霊を御墓へ送る。御盆が過ぎれば秋の気配も漂うに違いない。今年の夏は梅雨明け前(7月中旬頃)が暑かった。
 19時半、帰宅。夜、読書。御終い

 佐藤 優 著 「 悪の正体 」(朝日新聞社・780円)を読む。以下備忘録。
<法則1:悪に無自覚であってはならない。:悪に無自覚な人は、自分でも気づかないうちに、人から恨みを買っていたり、憎しみの対象になっていたりする。悪に鈍感であれば、「他人の苦痛」や人の気持ちが理解できなくなる。人間と人間の関係の中から悪は生まれる。>(53頁)
ラッセル「悪魔の系譜」から悪の定義:① 悪は現実的で具体的である。② 悪は人間によって生まれる。(56頁)
<脱構築というのは、構造自体を変えていくこと、原理を変えていくこと・・・>(131頁)
<法則3:不当に人を利用してはならない。:他人をうとましく思い排除しようとするとき、嘘に嘘を重ねたとき、利己的に人間関係を利用したとき、夫婦、家族、友人との義務を守らなかったとき、・・・それらはすべて罪を犯し、悪をなしたことになる。しかも悪は、個人的な責任の限界を超える。>(140頁)
<受けるよりは与える方が幸いである>・・・<自分が他者に対し何かを与えることができる>(134頁「使徒言行録」第20省35節)
by takinowa | 2017-08-15 23:00

17.08.14(月) JAPAN RUGBY TOPLEAGUE 8/18開幕❗️

 2019 RUGBY WORLDCUP 開催を2年後に控え、今シーズンの日本最高峰(トップ)リーグが8/18開幕。
 本県開催:千葉県ラグビー協会主管試合は下記の通り。
〇 10/15()13:00 柏の葉  NEC × KUBOTA
〇 12/24()13:00 フクアリ KUBOTA × NTT COM
f0035232_2154380.jpg
 県協会傘下NEC グリーンロケッツとKUBOTA スピアーズの両TEAMには日本一を目指し、健闘と武運を祈念するものである。また、10/15の柏の葉、千葉ダービーマッチも大いに期待したい。
f0035232_21554179.jpg
 朝、降雨。梅雨空のような天気。
 6時半、六軒区共同墓地へ出向き御墓参り。御先祖様、親戚の御墓に線香をあげ花と御供え物(なす・きゅうり等)。
f0035232_2143397.jpg
 午前、事務所で仕事。
 午後、柏市沼南と印西市岩戸方面。祖父と母の実家の仏様と御墓参り。新盆見舞一軒。
 16時、事務所にもどり一休み。
 19時、帰宅。夜、読書。御終い

 尾崎秀英 著 「 泰西音楽逍遥 」(K&Kプレス・1,000円)を読む。著者は2015年に永眠された「月刊日本」副編集長。ヴァイオリニスト。ハイデッガーの研究者としても超一流だ。私も心友・佐藤優の紹介で一度御目にかかったことがある。作品を通じて語り続ける死者は永遠に生きる、と感じた。
by takinowa | 2017-08-14 21:44

17.08.13(日) 盂蘭盆

 日中、兄弟らが墓参のため自宅へ線香あげに来る。
 午後、ジョイフル本田へ盆用品(御線香、生花ほか)の御買物。
 夕方、盂蘭盆で御先祖様の迎え。提灯を持参して六軒区共同墓地へ御墓参り。例年より幾分凌ぎやすい。で、今年は五輪もなく、高校野球県代表も早々に敗れ、関心の外へ。しみじみと今晩、亡くなった家族5名のことを想い出す。いずれにせよ、次は自分の番である。時間(一年)の経過が早く感じられる今日この頃だ。
 夜、自宅で素麺を食べて御終い。読書。
by takinowa | 2017-08-13 21:04

17.08.12(土) PAC3、中四国配備へ

 北朝鮮のグアム島周辺への弾道ミサイル発射に備え、上空を通過するとされる島根・広島・愛媛・高知の陸上自衛隊駐屯地にPAC3が配備された。
 トランプ大統領と金正恩の舌戦がエスカレートする中、核を巡る軍事的緊張がかつてない程高まっている。米・ソ核戦争の可能性が極限まで高まったキューバ危機に匹敵しかねない。当時(1962)、ケネディ大統領とフルシチョフ書記長の間には理性的対話の回路が残されていたが、北の将軍様は現在何を考えているのか。
 いずれにせよ、万が一の米朝軍事衝突があれば、日本も渦中となり甚大な犠牲者が出る。そもそも、北朝鮮は既に日本列島を核兵器の射程内におさめているのだ。ただし、無法な軍事的恫喝に怯え、日本国家の尊厳を放棄するようなことがあっては絶対ならない。無責任なパシフィズムなど通用しないしリアリズムに基づく毅然とした対応が求められる。何より強い意志をもって危機と向き合う心構えが大事なのだ。

 午前、地元の新盆見舞2軒。
 午後、小林・本埜・印旛方面の新盆見舞5軒。
 17時半、事務所へもどり仕事。
 19時半、帰宅。夜、読書。御終い
by takinowa | 2017-08-12 22:29

17.08.11(金) 印旛沼ナガエツルノゲイトウ協働駆除作戦

 午前、市内を新盆見舞で廻る。
 12:50、印西市武西(むざい)の米井重行・印西市議宅へ。待合わせの西田35県議とともに米井市議の案内で印旛沼クリーン大作戦が行われている神崎川(印西市・八千代市)へ。
f0035232_21532419.jpg
 13時~14:10、印旛沼流域で取り組んでいる特定外来生物・ナガエツルノゲイトウの共同駆除作戦を視察。現地で、渡辺浩太郎・県土整備部河川環境課長及び古橋保孝・同副課長から駆除作戦の概要説明を受ける。
f0035232_21555134.jpg
 今回の作戦は、千葉県、印旛沼流域水環境健全化会議、NPO法人・国際ボランティア学生協会(IVUSA)との協働により3日間(8/10~12)で、延べ約300人の人海作業が実施される。
f0035232_2157988.jpg
 ナガエツルノゲイトウは、特定外来生物に指定されている植物で繁殖力が強く、生態系を脅かすだけでなく、洪水時には河岸から引き離され、下流の大和田排水機場の運転が困難になるなど、県民生活の安全にも深刻な影響を及ぼす厄介な水草だ。このことについては北印旛沼や手賀沼流域でも甚大な被害が報告されていて、私も何度となく県議会で取り上げている。
f0035232_21584441.jpg
 今回の神崎川での駆除作戦は、千葉県、(独)水資源機構、東邦大学、環境パートナーシップちば、NPO法人・国際ボランティア学生協会(IVUSA)等による体制で実施。
 で、主役は何といっても国際ボランティア学生協会(IVUSA)のマンパワーだ。100人の学生ボランティアを束ねるキャプテンの佐藤良賢さん(東洋大学4年)に御話を伺ったところ、学生は参加費を払ってボランティア活動を行っているとのことで、ひたすら驚く。さらに、全国各地から印西市への交通費も全てが身銭だそうだ。宿泊も、原則はCAMPだそうだ。まさしく、これこそ地に足の付いた本物のボランティアである。
f0035232_2215169.jpg
 正直に申し上げて、言葉が出ない程に感動した。とにかく、余計な無駄口もきかず、黙々とボランティア活動に汗を流す学生の姿が美しい。そして、挨拶の声も大きく極めて礼儀正しく、統率も取れている。この姿を見れば「今時の若い者は」などではなく、自分の若い頃や学生時代と比べ、どれだけ立派か思い知らされるのだった。
 で、昨年の今頃まで派手な政治活動を行っていたシールズなる団体は、呆気なく雲散霧消した。空疎な自己顕示と名誉の世界は長続きしないのだ。
 とにかく、若い世代の中に育っている公共精神を大いに称え、次代の日本を背負ってほしいと切に願う。われわれ政治の側の人間も、こういった活動をしっかりと受け止めSUPPORTすること、更に共に汗を流さねばと強く思うものである。
 15時~18時、新盆見舞で市内を廻る。在りし日の故人を偲び焼香&合掌。そして、折角の機会でもあり、県政報告を行うとともに御意見・御要望を承る。本日は7軒を廻った。
 18時半、事務所へもどり仕事。
 20時半、帰宅。夜、読書。御終い

     チバテレNEWS>でも大きく取り上げられました(*^^)vf0035232_223036.jpgf0035232_2233621.jpgf0035232_224114.jpgf0035232_2254695.jpg
by takinowa | 2017-08-11 22:27

17.08.10(木) AED普及計画・原案 / 神道政治連盟印旛支部青年部 × 地方議員・懇談会

 本日付・千葉日報一面が千葉県が策定中の「AED普及促進計画」の原案について報道。
 ちば自民党AED・PT座長として、現在県が実施中の意見公募手続(パブコメ)への注目が高まることを願ってやまない。(尚、AED普及促進計画の原案については8/1付の本ブログに概要を書いたので御参照頂きたい)
 同志と共に議員発議による条例制定と基本計画策定に向けて走り続けて約2年。一歩づつ着実に前進です(^_−)−☆
f0035232_1705324.jpg
 8:15、夏の甲子園:木更津総合×日本航空石川をTV観戦。結果は御存知の通り。昔の想い出を語ったりはしたくない。昭和を懐かしみ、今の若い者は的な物言いは「三丁目の夕陽」となるし、余計なことを書くと上西小百合代議士の如く炎上する可能性もあるので沈黙する。心底ガックリする負け方だったが、何よりも選手が一番落胆し残念無念に思っているはずだ。そして、千葉県民のショックとは真逆で石川県の皆様は狂喜乱舞だったに違いない。これも厳しい勝負の世界。で、いずれにせよ、高校野球はスポーツであると同時に教育の場なのだ。全力を尽くして戦えば敵味方なし。敗者への惻隠の情も大事と思うものである。
 11時、前自民党印西支部長で初代・滝田後援会長の故・松本一正氏宅へ新盆見舞。私の政治活動を約20年にわたり御支え頂いた御恩に心からの感謝をもって棚飾りへ合掌&焼香。
 11時半、事務所へもどり仕事。
 午後、新盆見舞で支援者宅を廻る。本日は五軒廻ったが明日以降も続く。
 16時半、木下を出て八街へ向かう。
f0035232_21195164.jpg
 18時、駅前の割烹・山本にて印旛地区神道懇話会。印旛地区若手宮司と県議・市議との懇談会。神の国について大いに語り合う。〆は鰻重でした(^O^)。
f0035232_21214784.jpg
 21時、八街を出て佐倉へ向かう。21時半、佐倉まで家内に迎車してもらって印西へ。
 22時半、帰宅。夜、読書。御終い。
by takinowa | 2017-08-10 23:10

17.08.09(水) 千葉港へのヒアリ上陸を阻止せよ!

 千葉県県土整備部港湾課は8月8日、千葉港千葉中央埠頭コンテナターミナル(約8ha)外周Fence内約1.5Km(約10m間隔)において、7月28日までに122個設置したトラップを8月4日に回収し県立中央博物館で調査したところ、ヒアリは確認されなかった(=在来種のみ捕獲)と発表した。ただし、全く安心はできない。
 千葉港は全国第2位の貨物取扱量を誇る重要港湾。外来種の猛毒アリ<ヒアリ>が関西や東京の港湾で相次ぎ発見されており、今後も厳重な監視体制が求められる。環境省も18日にトラップ調査(全国68港湾)を予定。県では千葉港がヒアリの発見されている中国と定期貨物航路を有するため、殺虫餌設置は継続するとのこと。千葉県としてヒアリ上陸阻止に向け万全を期すよう督励するものである。
 で、人間に実害を加える数々の外来種が既に日本列島へ上陸しているのも事実だ。一旦、拡散を許すと駆除は事実上不可能となり気が付けばニュースでなくなる可能性も排除できない。グローバル経済の時代、ヒト・モノ・カネがボーダレスに動くだけでなく、外来生物や伝染病Virusまでもが国境を越え日本列島に襲ってくることも覚悟せねばならない。(今更、江戸時代の鎖国にもどすことはできない)
 ちなみに、毎年多くの死者を出すスズメバチの被害に比べれば、ヒアリのリスクは現時点で相当低いはずだ。われわれはパニックに陥らず、冷静に情報を受け止めることも大事と思う。

 朝から茹だるような猛暑。印西市の最高気温は36℃超え。
 終日、事務所で仕事、来客の応対、電☎話掛け。
 19時半、帰宅。夜、読書。御終い
by takinowa | 2017-08-09 21:32

17.08.08(火) 開幕❗️夏の甲子園 / ランチのアッコちゃん

 第99回 全国高校野球選手権大会が台風の影響で順延となり本日開会。まさに堂々の入場行進&驚愕の選手宣誓。5万人の大観衆に見守られる中、滝川西・堀田将人主将の実に感動的で天晴れな宣誓だったと思う。そして、開幕試合から手に汗握る熱戦となりTVに釘付けとなった。
 夏と云えば日本の風物詩は甲子園である。小中学校時代の夏休み、銚子商や習志野の全国制覇に興奮したことも懐かしい。やはり、なんといっても作新学院・江川卓を攻略した銚子商(S48)の激闘を、千葉県人として子供心に誇りを感じた次第である。近年では全国的に予選とて私学上位が定着。ローカル色豊かな県立高校が甲子園に勝ち進むことは難しくなった。これも新自由主義社会の流れと云うことなのだろうか。
 で、本県代表は6回目の木更津総合。なんとか波に乗れば、上位進出の期待も高まる。千葉県球児の武運を祈念したい。
 終日、事務所で仕事。
 Lunch、久々に「滝田県議を囲む経済人会議」セミナー委員長の小池基之さんと面談。田舎イタリア料理ミラノにてパスタを食し意見交換。
 午後、秋のイベントについて打合せ。
 夕方、印西市観光協会・久保田敏博 事務局長と懇談。
 19時、帰宅。夜、読書。御終い

 柚木麻子 著 「 ランチのアッコちゃん 」(双葉文庫・537円)を読む。とにかく、滅茶苦茶面白い。短編4本をまとめたオムニバス。主人公の女子たちの生き方が正真正銘ポジティブなのだ。こちらも元気になってくる。川上弘美の次の世代の若手女流作家ではトップクラスだろう。先月から読み始めて三作目だが、どうやらハマったようだ。暫く追いかけたい(*^^)v
by takinowa | 2017-08-08 22:29