<   2016年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

16.02.29(月) 定例会本会議

 8時、印西を出て県庁へ向かう。
 9時半、自民党役員会。森田健作知事から議案の追加提案。
 9:50、自民党議員総会。
 10時、開会。午前、一般質問。
 11:45、付託議案に関する執行部からの自民党総務防災常任委員への説明。
 13時、本会議再開。午後、一般質問。
 15:40、政調会と正副常任委員長の合同会議。請願及び意見書の扱いについて協議。
 16時、農政議連総会。TPP合意と本県農林水産業への影響について。コメ・野菜・畜産ほか各品目ごとに詳細なヒアリング。
 16時半、予算委員会質疑に向け各部局からヒアリング。
 18時、京成ミラマーレ・ホテル。猪口邦子を育てる会。
 19時半、猪口邦子参議院議員を囲んでの食事会。21時、千葉を出て印西へ。
 22時半、帰宅。夜、読書。御終い
f0035232_22542297.jpg
      2月に読んだ本
〇 「 国民の歴史 」 西尾幹二 編 / 産経新聞社
〇 「 大恐慌型不況 」 侘美光彦 著 / 講談社
〇 「 いま生きる階級論 」 佐藤 優 著 / 新潮社
〇 「 日本でテロが起きる日 」 佐藤 優 著 / 時事通信社
〇 「 あぶない一神教 」 橋爪大三郎 × 佐藤 優 / 小学館新書
〇 「 大世界史 」 池上 彰 × 佐藤 優 / 文春新書
〇 「 ポスト資本主義 」 広井良典 著 / 岩波新書
〇 「 三四郎 」 夏目漱石 著 / 新潮文庫
by takinowa | 2016-02-29 23:28

16.02.28(日) 第48回 自民党印西支部・定期大会

 午前、事務所で仕事。正午、印西を出て白井市文化会館へ向かう。
 13時、公明党の集い。13:40、白井を出て印西へ。
 14時、第48回 自民党印西支部定期大会。支部幹事長として出席者に党情報告を申上げる。印旛・本埜両支部との合併を含め全議案が無事可決・承認され深々と頭を下げる。で、松本一正支部長の御勇退に伴い松本多一郎・新支部長が新年度より就任。印旛及び本埜地区からも新たな人材を迎え、4月からはオール印西の自民党を結集した新体制となる予定だ。党員数も約300の大所帯。地元支部党員の御意見に耳を傾け、地域発展と振興のため今後も力を尽くして参ることを県議として御約束する。
 また、来賓として桜田義孝・党県連会長ほか白須賀貴樹代議士、猪口邦子・元少子化担当大臣、豊田俊郎参院議員、元栄太一郎・参議院議員候補から祝辞を頂戴する。
 15時半、自民党印西支部懇親会。夏の参院選勝利と党勢拡大に向け同志的結束を固める。
f0035232_053155.jpg
 19時、帰宅。夜、読書。御終い

 橋爪大三郎 × 佐藤 優 「 あぶない一神教 」(小学館新書・780円)を読む。超一流の新書。読んで損することなし!! 第一級の社会学者と神学者との異種格闘技戦。まずは、宗教に関心のない多くの方に是非とも読んでもらいたい一冊だ。
<・・・島国で暮らす日本人にとって今何が足りないか。目に見えない知を論理的に突き詰めて、超越的な世界を知る態度 ➖➖ つまり一神教に対する理解>(266頁)と佐藤優は喝破する。政治はもちろん社会、とりわけ資本主義の深層を理解する上で一神教の内在的論理を把握することが必要と云うことで両者の見解は完全に一致している。
by takinowa | 2016-02-28 21:39

16.02.27(土) 自民党本埜支部 総会

 終日、事務所で仕事、予算委員会質疑に向けた資料調査。
 午後、久々の床屋で散髪。気分をリセットするも頭が寒い(>_<)。14時半、田植前の地元農村部を廻りました。
 18時、自民党本埜支部総会に地元選出県議として出席。現時点で印西市に、自民党地域支部が三つ存在。で、新年度からの合併に向け各支部が総会を順次実施中だ。日頃の活動に敬意と感謝を表し祝辞を申上げる。また、本埜地区インフラ整備等についての県政報告と懇談会。大いに談じ合い絆を深める。
 21時、帰宅。夜、読書。御終い
f0035232_23381118.jpg
 旧本埜地区重鎮の皆様を前に御挨拶。選挙の前だけでなく、日頃のしみじみとした御付き合いが何より大事と思うものです。
by takinowa | 2016-02-27 22:15

16.02.26(金) 定例会本会議

 8時、印西を出て県庁へ向かう。
 9時半、自民党県連定期大会準備委員会会議。
 10時、開会。午前、一般質問。
 午後、一般質問。
 15時、医療問題対策議連事務局長として千葉県医師会の請願を受付ける。
 17時、Plaza菜の花。自民党商工議連と千葉県商工三団体(商工会議所・商工会・中小企業団体中央会)トップとの懇談会。18時半、千葉を出て印西へ向かう。
 20時半、事務所にもどり仕事。
 22時、帰宅。夜、読書。御終い
by takinowa | 2016-02-26 22:33

16.02.25(木) 定例会本会議

 午前、市社無・代表質問。
 午後、一般質問。
 15時、自民党鋸南町埋立PT。16時半、県庁を出て印西へ。
 18時、事務所。
 21時、帰宅。夜、読書。

 広井良典 著 「 ポスト資本主義 」(岩波新書・820円)を読む。超資本主義ではなく定常化社会をイメージするポスト資本主義が可能かという根本的な問いかけ。
by takinowa | 2016-02-25 21:28

16.02.24(水) 定例会本会議

 8時、印西を出て県庁へ向かう。
 10時、本会議。午前、公明党代表質問。
 正午、H19年当選自民党議員の会(一休会)総会。
 午後、公明党代表質問。
 14:45~16時半、予算委員会質疑に向け環境生活部、総合企画部、健康福祉部の政務調査・ヒアリング。
 18時、PPC(ポートプラザ千葉)。千葉県ラグビー協会長としてラグビー高体連 総会に出席。県下ラグビーの指導に携わる高校(公立・私立)の先生方と懇談。また、国体ラグビー競技での尽力にも感謝を申し上げる。で、私は現役時代、全くセンスのない男だったが今、こうやってラグビーに少しでも恩返しできることを心から幸せに思う。天国の岡仁詩先生はもちろん、千葉県ラグビー協会との御縁を生涯大事にしたいと思うものです。21時、千葉を出て印西へ。
 23時、帰宅。夜、読書。御仕舞。
f0035232_23163764.jpg
f0035232_23172629.jpgCTC千葉テレビ放送の美し過ぎるアナウンサー・村山絢香さんとのツーショット❤️高校ラグビー県大会決勝戦ライブ中継で本当に大活躍でした。ラグビーファミリーに今後も御付き合い頂けると約束しました❗️(^O^)
by takinowa | 2016-02-24 22:30

16.02.23(火) 自民代表質問

 8時、印西を出て県庁へ向かう。
 10時、本会議。午前、石毛之行・県連政調会長による自民党代表質問。新年度予算編成方針ほか36項目について質す。
 正午、鉄道問題対策議連。JR春のダイア改正等について。
 午後、民主党代表質問。
 15時、建設問題対策議連役員会。
 15時半、自民党青年局主催:憲法問題勉強会。八木秀次・麗澤大学教授の講演会。憲法改正論のポイントについて学ぶ。
 で、誰がなんと言おうと9条2項の扱いが一大事と私は考える。さらに、国民の義務として〈国防の義務〉を明記することも訴えたい。守るべきは国民の生命・財産・身体であることは当然として、その根本には日本の伝統に根差す国体(国柄の意。国民体育大会ではない)を保守するという精神がなければならないのだ。その意味で第1章第1条天皇の条項も国体に根差すと考える。よって、保守すべき根本の一つと考える。で、こういった根本の議論をせずに、⚪️⚪️権を加えろ式の現行憲法の不備を指摘するような改正論は百害あって一利なしと思うので、あえて自民党が提起する必要もないと私は思う。
 17時半、自民党青年局懇談会。若手県議の皆さんと大いに談じ合う。20時、千葉を出て印西へ。
 22時、帰宅。夜、どくしょ。お終いf0035232_829852.jpg

八木 秀次 ・ 麗澤大学教授の講演会
by takinowa | 2016-02-24 08:32

16.02.22(月) 予算委員会質疑・CTC千葉TV生中継!

       予算委員会質疑 CTC・千葉TV生中継御案内
 下記の通り予算委員会質疑を実施します。
〇 3月4日(金)11:10~正午
〇 県議会議事堂本会議場
〇 質疑内容
 1.指定廃棄物長期保管について
 2.成田スカイアクセス・都心直結線について
 3.AED普及と実施率向上について
〇 問合せ・傍聴申込 滝田事務所(佐藤):0476-37-4173 (月~金・10~17時)
〇 CTC・千葉テレビ 生中継(LIVE放送)
が有りますので是非御覧下さい。
f0035232_1514398.jpg
f0035232_20354312.jpg千葉県に放射線リスクなし!!>これが放射線防護学上の科学的知見だ。よって、県民の放射線に関するリテラシー向上が指定廃棄物長期保管の最重要課題と考える。県として何ができるか、しっかりと質疑を行いたい。

 千葉日報・本日付一面「内閣支持7㌽急落・46%、不祥事など続き」の見出しに注目。共同通信社が20、21両日に実施した全国☎世論調査によると安倍内閣の支持率は46.7%で、1月末の前回調査から7.0㌽下落。一連の閣僚や国会議員の不祥事や不適切発言を踏まえ、77.7%が政府・与党内に「緩みが出ていると思う」と回答。
 今に始まったことではないが、国会議員の驕り高ぶりや口の軽さ、まさしく自分が偉くなったと勘違いした言動に国民は呆れ果てている。庶民感覚との著しい乖離が政治不信の一丁目一番地ではないか、との指摘に思わず頷くものである。
 終日、事務所で仕事、来客の応対、電☎話掛け。県ラグビー協会で御付合いのある県立印旛明誠高校進路指導部三年次主任・鈴木朋夫先生と面談。教養主義に立脚した具体的提案について伺う。問題意識を共有し今後、政治の場で何ができるかを考えたい。それにしても、地元県立高校に、これだけ熱心な先生がいることを頼もしく思う。印西市近郷近在の生徒諸君!!是非、印旛明誠を目指してほしい。本気度100%の先生方が、君達を待っている。また、小生の母校、県立我孫子高校も文武両道を校訓として伸びてきている。併せて、こちらも地元県議として推奨したい。
 18時~19時、印西斎場。自民党と滝田後援会で大変御世話になった浦部の渡辺武司さんの御通夜に参列。野を越え山を越え畑の中を一緒に歩いて下さったこと、そして10年前の県議選から一貫して支援して下さった御恩は決して忘れません。天国で見守って下さいと申上げ、最期の御別れ。心から御冥福を祈り焼香する。合掌
 19時半、帰宅。夜、読書。御終い
 明日から定例会本会議、当初予算案に係る質問戦がいよいよ始まる。裂帛の気合で登庁したい。
by takinowa | 2016-02-22 21:34

16.02.21(日) 印西市ボランティア連絡協議会・設立総会

 午前、事務所で仕事、来客の応対、電☎話掛け。13時、印西市中央公民館へ。
 13:15、印西市ボランティア連絡協議会設立総会。来賓として祝辞を申上げる。
 14時~16時、設立記念講演会。講師は塩竃市民ボランティア「希望」代表・會澤純一郎さん。會澤さんとは3年前、ちば自民党の東日本大震災被災地現地調査の際、一泊二日の行程で大船渡市から石巻市までの状況について詳細な説明を伺った旧知の仲(※:詳細は2013.3.20のブログを参照)。3.11以降の復旧・復興を地元でしっかりと支えてきた方であり、私としても深く尊敬する宮城のミスターボランティアだ。ちなみに、Facebookの友達でもある。
 講演テーマは「地域コミュニティ形成に繫がるボランティア活動」。3.11以降の状況が具体的に語られ、参加者一堂、ボランティアの意義についてもう一度認識させられる素晴しい内容だった。講演終了後、満員の会場は割れんばかりの拍手となった。會澤さん、素晴しい講演を本当に有難う!!
 17時、鹿黒・嶺久庵。ボランティア連絡協議会の皆さんとの交流会。で、しみじみと談じ合い酒を酌み交わす。とにかく、市場経済には包摂されない地域社会の助け合いと心がいかに大切か。困った時は御互い様の共助の精神。これは理屈ではない。こういった民間の公的な思いや精神を、官がいかに支援していくか、まさに政治の大きなテーマと思うものである。
 20時、帰宅。夜、読書。御終い

 池上 彰 × 佐藤 優 「 大世界史 」(文春新書・830円)を読む。世界史の視点から中東、トルコ、中国、ドイツ、米・露、沖縄、イスラム国、ビリギャルほか現代世界を縦横無尽に読み解き語り尽す。まさに、教養の大事さが伝わってくる一冊だ。
 <「国家にとって重要なのは、知や文化の質ではなく、実用的な情報や技術の量」であるという発想が、まさに現在、文科省や経済界が進めようとする大学改革の前提となっている。・・・狭い分野での最先端知識をつけた専門家をいくら養成しても、そのような専門家はすぐに役に立たなくなる。・・・」>(258頁)。専門人は大衆の典型とオルテガ・ィ・ガセットは100年も前に喝破していたが、「体系知」としての教養の大事さを佐藤と池上は本書で伝えようとしている。で、その根本は世界史、まさに<歴史感覚>であると。
by takinowa | 2016-02-21 22:40

16.02.20(土) 突然死

 11時~正午、印西斎場。元大森小学校PTA会長で厳島神社世話人の愛すべき後輩の告別式に参列。享年51歳と云うあまりにも早い旅立ちに言葉を失うばかりだ。本人の無念さと御遺族の奥様・御子様・御両親の落胆を思えば天を恨むものである。真面目で明るく責任感が強く、そして控え目…神社祭礼でも本当に頑張っていた。とにかく、私などとは比べものにならぬほど誠実な男であり善人だった。まさに、地域を担う次世代のリーダーだっただけに、悔しく残念な思いでいっぱいだ。年間を通じて毎年、葬儀には50~70回程参列するが、自分より若い人を見送るのは辛くて仕方がない。心から御冥福を祈り焼香する。合掌
 午後、事務所で仕事。で、元気一杯だった後輩の<突然死>をどう受け止めるか、自問自答。今、県議会で取組んでいる「AED実施率向上」や心肺蘇生法の普及など、リアルな議論が必要と実感。私の母の時も突然死だったが、心肺停止者のバイスタンダーが躊躇なく救命活動を実施することの大事さについてである。現状では救急車到着までの時間が年々伸びている。脳へのダメージを考えると時間との勝負であり、バイスタンダーとしての県民の役割は今後益々死活的に重要だ。救える命は何としても救わなければならない。政治は弱者のためにある。まさに心肺停止と云う極限まで弱った状態の人間を「どう助けるか」、政治に何ができるか真剣に考え取組みたい。
 18時半、帰宅。夜、読書。御終い
by takinowa | 2016-02-20 22:03