<   2014年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

14.09.30(火) 3定例会連続、本会議18度目の登壇(*^^)v

 7時、印西を出て県庁へ向かう。
 10時~11時、本会議一般質問で18度目の登壇。 まさしく完全燃焼の質疑で燃え尽きた。 取組んできた諸案件が前へ少しずつでも進んだことを実感。 近日中に県議会動画(録画)をUPしますので是非御覧頂きたい。
 正午休憩、傍聴に御越し頂いた佐藤榮一・印西市特別顧問、吉岡敏夫・印西市名誉市民、松本一正・自民党印西支部長ほかの皆様とHotel菜の花plaza で昼食会。 一般質問質疑の内容について解説させて頂く。 地元の諸先生方からも高い御評価を頂き、心から嬉しく有難いと思うものである。
 午後、一般質問。 15:40、散会。
 16時、自民党議運打合せ。 16時半、IT関連の勉強会。 クラウド・ファウンデイングという新しい情報発信の可能性について学ぶ。
 17時半、千葉中央で自民党有志議員+α の勉強会&懇談会。  自分の質問が本日終わったので、とにかくホッとした感じである。 20時半、千葉を出て印西へ。
 21時半、帰宅。 爆睡眠(-_-)zzz
by takinowa | 2014-09-30 22:33

14.09.29(月) 9/30(火)10時、一般質問を行います(*^^)v

 8時、印西を出て県庁へ向かう。
 10時、県議会本会議。 午前・午後、一般質問。 正午休憩時、保育所問題研究会総会。 16時、県庁を出て印西へ。
 18時、事務所にもどり最終の原稿確認。
 22時半、帰宅。

 で、明日30日10時、いよいよ県議会本会議一般質問で18度目の登壇である。 質問項目等については25日付ブログで告知させて頂いている。 また、Internet ライヴ中継で是非御覧下さい。 恐らく今任期中、最後の登壇の機会となるであろう。 裂帛の気合で臨みたい。
f0035232_12404412.jpg
で、毎回毎回
県議会本会議
の一般質問が
終わると、達
成感というよ
りも、ほぼ燃
え尽きた状態
となる。
(写真は昨年
の9月定例会
時の撮影)
by takinowa | 2014-09-29 22:29

14.09.28(日) 10/28・印西放射線セミナー開催(*^^)v

       高田 純 札幌医科大学教授・印西放射線セミナーの御案内 】
 放射線防護医療学の世界的権威、高田 純・札幌医科大学教授が昨年に続き下記の通り印西市で放射線セミナーを行います。
 公式HP・TP更新情報で申込用紙ほかがdownload 頂けますので御案内申し上げます。
〇 10/28(火) 18時~20時  〇 JA 西印旛本店
〇 高田 純・放射線セミナー「世界の核災害と福島、千葉県の放射線リスク

〇 事前申込制・無料  〇 参加定員:130名(定員になり次第、申込〆切)
〇 問合せ 滝田敏幸事務所 ☎・Fax 0476-37-4173 月~金・10~17時
〇 申込は必要事項を記入の上、faxにて受付けます。 

 終日、事務所で仕事。 9/30、18度目の一般質問の準備、原稿作成の追込み作業(--〆)
 16時、自民党印西支部及び滝田後援会役員合同の会議&懇談会。 来春の統一地方選、印西市議会百条委員会で調査対象者となっているオンブズマン市議の雨宮弘明氏と元民主党・山本清氏が出馬の意向を表明していると報告があった。 どちらが相手だか、いや両方まとめてでも結構だが、半年後に選挙があることは確実だ。 正々堂々、闘うことを関係者の前で表明した次第である。
 20時、帰宅。
公式HP更新情報から申込用紙がダウンロード頂けます(^_^)押忍!!??
県民への正しい放射線知識普及のため、力を尽くします。で、科学的リテラシー向上が何より大事なのです^ ^
by takinowa | 2014-09-28 22:28

14.09.27(土) 下総航空基地 開設55周年記念式典

 8:50、印西を出て柏市藤ヶ谷の海上自衛隊下総航空基地へ向かう。
 10時~11:10、下総航空基地・開設55周年記念式典に来賓出席。 同基地は1959年(昭和34年)に米国から返還され今年で55年。 海自主力のP3C対戦哨戒機が配備されるとともに、pilot養成や訓練が行われている。 まさに海自の基幹基地の一つである。 東アジアの緊張が高まる中、国民の期待も高い。 
 午後、行き付けの床屋で散髪し気分をreset 。
 16時~、事務所で仕事。 一般質問に向け集中して原稿作成。 夕方、木曽御嶽山(3067m)噴火のニュースに驚く。 怪我人も多数出たとも報じられている。 あらためて大自然の力を畏れるものである。 特に長野・岐阜2県の方々は気象庁からの情報を注目しなければならない。 心より御見舞を申し上げたい。
f0035232_1933658.jpg
f0035232_1944727.jpg
f0035232_195861.jpg
f0035232_1954087.jpg
f0035232_1994845.jpg
f0035232_1991147.jpg
f0035232_199322.jpg
f0035232_1912322.jpg海洋国家日本
の海軍力を
空から支える
精鋭部隊。
実に頼しい。
(^_^)
押忍!!??
by takinowa | 2014-09-27 19:17

14.09.26(金) 定例会本会議

 7時半、印西を出て県庁へ向かう。
 9時半、自民党政調会議。
 10時、公明党代表質問。
 12:40、防災危機管理部に関する政務調査。
 13時、小会派の代表質問。 ideologyの異なる寄合所帯のgroupで、あまり意味のない質疑だった。 15時、散会。
 17時、自民党県盛会総会。 30名の県議が参加。 森田健作知事及び高橋・諸橋両副知事を招き県政の課題について懇談。 21時半、千葉を出て印西へ。
 23時、帰宅。
by takinowa | 2014-09-27 18:38

14.09.25(木) 定例会・自民党代表質問

 7時、印西を出て県庁へ向かう。
 9時、自民党議会運営委員会議。
 9時半、県議会運営委員会。
 10時、自民党代表質問。
 正午、資源リサイクル議員連盟総会。
 13時、民主党代表質問。
 15時、自民党政調会主催:AED普及・使用率向上のための勉強会。 慶應義塾大学医学部・三田村秀雄客員教授を講師に招きAEDの現状と救急救命医療について学ぶ。 今後、自民党としても救急救命医療に関する条例化も含め真正面から取り組んで行くことになりそうだ。 私としても全力を尽くすつもりである。 また、三田村教授らとAED啓蒙活動に取り組んでいる学生団体とも緊密に連携していくことで合意。 代表の東京大学教養学部・埜本大貴さん、慶應義塾大学医学部・石橋由基さんと打合せ。
 16時、河上茂・県盛会会長と印旛地区県議との懇談会。 21時、千葉を出て印西へ。
 22時半、帰宅。
f0035232_04422.jpg
f0035232_072171.jpg
f0035232_0103457.jpg自民党政調会
AED使用率
向上のための
救急救命講習
(^_^)
慶應義塾大学
医学部三田村
秀雄客員教授
及び学生スタッフとともに
by takinowa | 2014-09-25 23:57

14.09.24(水)

 午前、体調不良のため自宅で静養。
 午後、事務所で仕事、来客の応対、電話掛け。 16時、印西を出て幕張へ向かう。
 18時、ホテルグリーンタワー幕張。 阿部紘一県議会議長就任祝賀会。 19:15、幕張を出て印西へ。
 21時、帰宅。
by takinowa | 2014-09-24 23:23

14.09.23(火) 秋分の日・奉納 いなざき獅子舞

 朝、六軒区共同墓地で御墓参り。 10時から御彼岸の中日で親戚を廻る。 柏市片山の父方祖父の実家から印西市岩戸の母の実家へ。 母方祖父・祖母及び伯父の御墓参り。 昼過ぎ自宅にもどり lunch 。
 13時半、和泉鳥見神社例大祭神事。 玉串奉奠。
 14~16時、同神社で行われた印西市無形民俗文化財 「 奉納 いなざき獅子舞 」鑑賞会。 印西市及び教育委員会関係者、地元市議の先生方ほか大勢の市民とともに伝統芸能を楽しむ。
 16時半、和泉青年館。 地元獅子舞保存会や和泉区の皆様と直会(なおらい)。 農村の伝統文化について大いに談じ合い、田舎の人情と温かい心を実感。19時、同級生・武藤哲雄さん宅で若手伝承者との直会・第2R。 で、この地域、政治家としてはとことんホームで心から有難く思うものである。 毎年の予定調和だが、相当酔払う(>_<)
 多分、22時頃に帰宅。 爆睡眠 (-_-)zzz
f0035232_16393185.jpg
f0035232_1643687.jpg
奉納いなざき
獅子舞^o^
重要無形民俗
文化財^ ^
by takinowa | 2014-09-23 23:23

14.09.22(月)

 終日、事務所で仕事、来客の応対、電☎話掛け。 連休の谷間だが集中して一般質問の準備や事務作業を行う。 
 昨日の毎日新聞:「< 自治体破綻 > 富津市が18年度に破綻の恐れ 千葉 」と報じている。 富津市は2013年~19年度の中期見通しを公表。 佐久間清治市長の「もはや従来の取り組みだけで状況を克服することは困難。」とのコメント通り、2015年度決算で実質収支が赤字となり、18年度には「破綻状態」と判断される財政再生団体に転落する見通しであるという。 全ての日本国民は北海道夕張市の自治体破産という厳しい現実を知っている。 マスコミにおいて本県富津市と云う固有名詞をあげて<破綻寸前状態>と報じられたショックは大きい。 いずれにせよ、破綻回避の取組には激痛が伴うが、避けて通るわけにはいかない。
 で、今後も全国各地、さらに県内でも複数の自治体において財政危機を迎える可能性が指摘されている。 究極のリストラである市町村合併第2幕も中期的には十分想定されよう。
by takinowa | 2014-09-23 09:29

14.09.21(日) 印西市近隣女子softball 大会

          県議・滝田敏幸、もの申す! 是は是、非は非(125)
           Scotland・独立住民投票から学ぶべきこと

 Scotland の英国からの独立を問う住民投票が週末実施され、< 賛成45-55反対 > で否決という結果が出た。 で、英国の正式名称は「United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland 」(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国) だ。 文字通りEngland、Scotland、Wales、Northen Ireland の4つのcountryから構成される立憲君主制国家であり、英連邦の一国(本国)である。 歴史的にはEnglandがウェールズを1536年に併合、続いて1707年にScotlandと合併しGreat Britain王国となり、1800年Ireland と合併。 さらに、1922年には北部6州を除く26州がIreland共和国として独立し、1927年に現在の名称へと改名。(「イギリス史」山川出版社) 国家元首は女王:Elizabeth2世、首相はデ―ヴィッ土・キャメロン。 首都はロンドン(エディンバラ、カ―ディフ、ダブリン)、通貨はポンド£・・・ ざっと中学生の地理 で習う知識である。
 前置きが少し長くなった。 で、被征服者(Scotland人やIreland人、ウェールズ人)にとっては堪ったものでないが、英国は歴史と伝統の由緒正しき古典的な< 帝国主義 > 国家なのだ。 よって英連邦の本国である大英帝国は常に民族問題の火種を抱えている。 だからこそ、相手の内在的論理を読み取るintelligence が支配者の側のEnglandでは発達するという。 これは人間として相手の立場になって物事を考えるという思い遣りの精神とは似て非なる技法であり作法だ。 まさに文化と言い換えてもいい。
 Scotland独立を問う住民投票の結果如何により国際金融市場への影響が懸念され、新たな経済危機も取沙汰されていたが、一先ずは否決され一服感も漂う。 しかしながら、英政府が大幅な地方分権等でScotland 政府に譲歩したことから、ウェールズや北Ireland にも飛火することは必至だ。 まだまだ、イギリスにおける不安定な政治情勢は今後も続くのではなかろうか。 こういったことについても、マスコミやネット空間で論じられている表面的な情報ではなく、外交や国際政治の深層について心友・佐藤優に聞いてみたいと思うものである。
 また、英国程に立派かどうか分からないが、わが日本国も沖縄やアイヌを征服してきた歴史を考えれば、正真正銘の帝国主義国家である。 よって、現下英国内における北IrelandやScotlandの独立問題も、決して他人事ではない。 すなわち、今問題となっている沖縄基地問題を考える時、中央の政治エリートは日米外交や安全保障問題という位相で捉えているのだろうが、沖縄においては構造的差別という民族問題へと容易に転換するリスクが存在するということだ。 普天間を巡り政府中央と地元沖縄で、認識の非対称性が存在している。 で、こういう時こそまさに、沖縄の歴史と文化を学び、民族の内在的論理や集合的無意識に配慮するインテリジェンスの技法と作法が問われてくるのである。 これは学校偏差値とは異次元の人間力が必要と申上げてもいい。
 ただし、私が見る限り、安倍政権における沖縄への対応は正面突破型の力技でありギャンブルに近く、極めて危険と感じている。 というよりも、このまま辺野古移設を強行することで事態が混乱した場合、沖縄の反発が強まれば強まる程、多くの内地人の沖縄を見る眼つきも悪化し、日本国同胞に対するというよりも韓国や中国といった異国人に向けられる目線に近づいてしまいかねない。 結果として、構造的差別が拗れ深刻な民族問題へと発展することを、私は心底憂慮している。 少々大袈裟に聞こえるかも知れないが、< 日本国家統合の危機 > が迫っていると私は考える。 ここは同胞への愛と少数民族への思い遣りを持った対話が大事になってくると思う。
 で、万が一、沖縄独立(運動)等と云う事になったら、得をするのは中国である。 一挙に権益拡大のため、日本への政治・経済・軍事的攻勢を強め圧力も桁違いとなることは明白だ。 よって、決して中国や韓国・北朝鮮を利するような結果になってはならない。 何れにせよ、ここは感情論や目先の理屈ではなく、冷静な分析と交渉力と云ったインテリジェンスが問われている。 また、イギリス流とまではいかないが国家論について、せめて品格のある帝国主義とは何かについて、東京の政治エリートは真剣かつ具体的に考えてほしいと思うものである。
 で、中央の政治エリートに眼を向けると、この問題にほとんど関心がなさそうだ。 安倍内閣の高支持率に胡坐をかき、考えることは次の選挙と自分の再選だけ。 政治エリートには国家統合の危機よりも、まずは自分の選挙が優先と云うことだろうか。 

 8時、小林駒形グランド。 第31回 印西市近隣女子softball 大会開会式で祝辞。 開幕試合の印西市 VS 茨城県利根町 で始球式の大役を務める。 自己認識としては豪速球で見事、客観的には御情けで空振を頂く(*^^)v それにしても、最高の天候に恵まれ、美し過ぎる女子選手の活躍に感動した次第である。 私自身、日頃の不摂生により不健全な肉体だが、せめて健全なる精神を宿らせるように普段から精進したいと思うものである。
 午前、地元支援者を廻り、県議選の選挙区割や情勢について説明に歩く。 で、「印西市議2名が出馬準備中」と申上げると、「いざ闘わん!」とばかりの気合が伝わってきて頼もしく有難い限りであった。
 午後、事務所にもどり仕事、来客の応対、電☎話掛け。 集中して一般質問の草稿作成作業。 これが相当の難作業である(>_<)
 17時、地元会合で県政報告。
 20時半、帰宅。 夜、読書。

 澤田哲生 編 「 原発とどう向き合うか・科学者たちの対話2011~14 」(新潮新書・760円)を読む。 わが国の放射線物理学、原子力工学、放射線医学、放射線防護学、同生物学の第一線で活躍する科学者による対話集。 是非御読み頂きたい一冊だ。 実に分かりやすい。 ダマされたと思って是非御一読願いたい。是非とも。 恐らく、この本一冊で悪意に基づく風評や迷信は一掃されると確信する。 もちろん、高田純・札幌医科大学教授も登場。 f0035232_1512911.jpg

抜けるような
澄んだ青空058.gif
素晴しい秋晴
の下、柄にも
なくスポーツ
を楽しみまし
た(^_^)
不健全な肉体
を抜本的に改
革・改善し、
健全なる精神
が宿るように
精進します!
押忍!!??
by takinowa | 2014-09-21 21:21