<   2013年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

13.08.31(土) 東北楽天・田中将大投手、開幕19連勝 ^o^

 東北楽天のマー君こと田中将大(まさひろ)投手が対ソフトバンク戦に先発、開幕からの連勝を19、昨年からの連勝を23に伸ばし、自身の持つプロ野球記録をともに更新した。 また、開幕19連勝は1912年のMLB記録に何と101年ぶりで並ぶ途轍もない数字だ。まさに金字塔、前人未到の偉業である。 心から拍手を送りたい 038.gifが、 返す返す3月のWBCでこの実力を発揮できれば世界一だったと思うと少々悔しい。。。 T_T また、セリーグ本塁打王争いでは、東京ヤクルトスワローズのバレンティン外野手が八月末時点で52本を記録。 残り試合数が約30の時点で、王貞治さんのプロ野球記録・55本も射程圏内に入り新記録達成の期待も俄かに高まってきた。 このままのペースで量産されるかどうかは分からないが、60本も十分可能な数字だ。 だが本音を言えば、外国人選手に更新されるのは少々悔しいが。。。

        県議・滝田敏幸、もの申す! 是は是、非は非(116)
            【 政治家の存在論について考える


 7月の参院選で衆参ねじれ国会が解消し、いよいよ自公政権の真価が問われようとしている。 だが私には、国民の間に「 誰がやっても同じ… 」といった政治的ニヒリズムや諦念が拡がりつつあるような感じがしてならない。 私は本ブログで、情勢論や枝葉末節の政局論を述べるつもりはない。 ここ暫くは、政治家の存在論について書くこととする (・_・; 

 地方の政治家も含めてなのだが、国家と国民への愛情や政治への情熱と云うよりも、自分の地位への情熱しか感じられない人、ゆえに選挙工学に基づく活動を政治と勘違いしている人・・・等々、多くの有権者はこういった人々が行う政治の現実に悪寒戦慄を覚えているに違いない。
 自分に対する戒めもあるのだが、国会、県会や市会で何らかの役職について役所職員とやり取りしていると、期数の若い議員でも何か重要な案件に携わっていると錯覚する。 こういった先生に対し選挙区では「 ~も偉くなったよな・・・ 」という皮肉の混じった厳しい評価が下される。 イベント等で挨拶やパフォーマンスを行って顔は売れるのだが結局、人々の心に入り琴線に触れることはない。 実は有権者には、肝心の地元のことに全く関心がないのではないか、或は地域に生きる人々を本気で愛していない、といったことが簡単に見透かされてしまうのである。
 さて、自分も行っているが率直に申上げたい。 朝の駅頭活動や街頭演説、戸別ポスティング、ポスター掲示・・・等々、空中戦と称される都市型の政治活動について思うが、政治家として「自分は頑張っているから応援ヨロシク」みたいな卑屈な根性が感じられる。 だが、それは政治の本筋とちょっと違うんじゃないかなと。 選挙工学に基づき、有権者の票の歩留りのみを考えた損得勘定丸見えの活動ではないかと・・・(-_-メ) 
 まさしく、政治的新自由主義だ。 そして彼ら、都市型空中戦の活動を主とする人々は立ち位置の左右に拘らず決って「 柵(しがらみ)のない政治」という洒落臭い言葉を使用する。 大体、この手の紋切型の言葉遣いに偽善や人間力の不足を感じるのは私だけだろうか。 少なくとも私には、柵のない政治や社会など想像もできない。 そもそも、義理や人情も含め具体的に、個人や社会の利害や思い、そして一番大事な人間関係を調整していくのが政治の仕事ではないのか、と心得ているからだ。 いずれにせよ、柵のない社会は絆のない真っ暗闇の社会だ。 複雑な柵(しがらみ)を整理していくことこそ、政治の大事な仕事と申し上げたい。
 効率は悪くとも、やっぱり一人ひとりと向き合い、国家や千葉県の明確なヴィジョンや政策について語り、説得し、御理解頂くことが何より大事と私は考える。 もちろん、これからの難しい時代、世論の批判に晒されたり、厳しい意見の矢面に立つこと、或は大変な要望を真正面から受け止めなければならない局面も十分あるだろう。 だが、退路を断って前進するしかない。 孟子「 自ら反(かえり)みて 縮(なお)くんば、千万人と雖も吾往かん 」の精神ではないが、今問われているのは責任力であり政治家としての人間力と胆力だ、とあらためて強く思うものである。

 本日も厳しい残暑だった。 午前、政務で柏方面。 昼から幕張方面。
 15時~16時、NT方面でポスティング(活動を上で批判しましたが。。。(-_-メ)) 
 17時、事務所で小川利彦・党本埜支部青年部長。地元産食材等の差し入れを頂く。
 19時過ぎ、帰宅。 夜、読書。
※ 8/31 現在の公式HPアクセス数:206,400 、同ブログアクセス数: 256,500

       8月に読んだ本
〇 「 ブッシュの戦争 」ボブ・ウッドワード 著 / 伏見威蕃 訳 日本経済新聞社
〇 「 主権在米経済 」 小林興起 著 光文社
〇 「 レーガン 」 村田晃嗣 著 中公新書
〇 「 軍 神 」   山室健徳 著 中公新書
〇 「 ヤクザと日本 」 宮崎 学 著 ちくま新書
〇 「 翔が如く (五) 」 司馬遼太郎 著 文春文庫
〇 「 三国志 (五) 」 吉川英治 著 講談社
〇 「 三国志 (六) 」 吉川英治 著 講談社
 歳をとってきたせいか猛暑のせいか分からないが、今月は時間は割とあったにも拘らず難しい書物と向き合う気になりませんでした(>_<)f0035232_20164424.jpg     
by takinowa | 2013-08-31 20:17

13.08.30(金) 北総線運賃問題対策協議会 報告書

 本日の千葉日報一面、「 補助金なしで値下可能 北総線対策協が報告書 」の見出記事で大きく扱われている。 詳細は他紙でも報道されているので御覧頂きたいが、いよいよ2015年に向け動き出したと考えたい。 このことについては自分としても、まだ報告書を精査していない段階での踏み込んだコメントは差し控えるべきと心得ている。 また、非常にセンシテiヴなタイミングでの記者発表であり、背景を含めじっくりと政務調査を行いたい。 ただ、率直に申上げて些か唐突な感じもする。 この手の報道により、沿線住民に現実離れした期待感や楽観論が拡散することを正直懸念している。 また、こういった報告書を公表するのだから当然、政治的インテリジェンスも含め、それなりの裏付けやシナリオがあると信じたい。
 いずれにせよ、問題は頭づくりである。 私は、報告書の指摘する程簡単な案件ではないと考えている。 超複雑な連立方程式を組み立てねば、問題解決に向け交渉事は前進しない。 私としても、責任力そして政治力を発揮して取組んで参るつもりだ。 当然、九月の県議会本会議でも取り上げる予定である。

それにしても、残暑の厳しい一日だった f^_^; 御盆時期から一旦は暑さが収束していただけに、かなりキツかった。。。 午前中、地元選挙区の支援者を廻り要望や御意見を伺う。 午後、事務所で仕事、来客の対応。
18時、佐倉市中志津へ。 お気に入りの中華料理店で夕食。 酢辣タンメン、麻婆豆腐、炒飯、餃子等、フルコースで頂く。 超美味 (^^) まさに至福の時であった。。。
20時過、帰宅。 夜、読書三昧。
by takinowa | 2013-08-30 22:22

13.08.29(木) Japan Rugby Top League2013-14、8/30 開幕

 2013-14シーズン、ラグビー・トップリーグが明日8/30、いよいよ始まる。 開幕戦は、連覇中の王者サントリー・サンゴリアス 対 NTT コム・シャイニングアークスで、聖地・秩父宮ラグビー場が舞台となる。 2019年W杯日本開催を見据えて本年、トップリーグは16チーム・2ステージ制を導入。 11月、世界最強・NZ代表オールブラックス来日をはさみ半年間に渡り、更なる熱戦が期待されている。
 ちなみに、千葉県ラグビー協会所属の Top Team は、NEC・グリーンロケッツNTTコム・シャイニングアークスクボタ・スピアーズの3チーム。 千葉県協会長として、武運と活躍を心から祈っている。
 これまで本県勢では、NECが三度の日本選手権制覇を達成しているが、トップリーグ優勝はまだない。 私の会長在任中に是非成し遂げてほしいと思うものである。
 また、千葉県協会主管の公式戦は10月26日(土)、NEC 対 トヨタ自動車(1stステージ第7節・Pool A)のカードが柏の葉総合競技場で予定されている。 詳細は後日発表されるが、多くの県民の皆様に是非御越し頂きたい(^O^) そして先日、チーム千葉の成年&少年、東京国体(第68回国民体育大会)へのW出場権獲得を本ブログでも報告したが、千葉県ラグビーの更なる発展を願って止まない(^^)
f0035232_15195872.jpg
今年の千葉県
ラグビー祭
NEC 対 NTT
in 印西市












 本日は公務が珍しくOFFのため一日事務所で過ごす。 午前、来客の対応や資料整理、電☎話がけ。 午後からはマッタリと超集中して読書。
 自分は書生論を喋々喃々(ちょうちょうなんなん)するために本を読んでいるつもりはない。 人生は短い。 生きているうちに自分なりの思想や哲学を作るため本を読んでいる。 もちろん、抽象論ではなく、具体的な現実の政治活動のためにだ。。。(-_-メ)

 山室建徳 著 「 軍神 」(中公新書・940円)を読む。 かつて日本には軍神が存在した。 靖国に祀られる英霊は全て軍神なのだが、特別の存在となった武人が近代日本に存在したのである。 日露戦争における廣瀬武夫海軍中佐、橘周太陸軍中佐、乃木希典陸軍大将、東郷平八郎海軍大将、満州事変の爆弾三勇士、真珠湾攻撃の特別攻撃隊、さらに加藤建夫、山本五十六・・・と続く系譜である。
 本書は当時の資料を精査し、軍神を手掛かりに戦前の日本人の意識や精神を克明に描いた労作だ。
 私は軍神も含め、明治維新から大東亜戦争敗戦(1868~1945)までの歴史について、現代の価値判断で戦中期の日本を裁こうとする言説に断固異を唱えたい。 全くのナンセンスである。 軍神に対し紋切型の批判はイデオロギーに由来すると云うよりも、その人の存在論の次元、すなわち人間として偏った考え方や生き方(生い立ち)に基づくのではないかと思う。
 さて、話が脱線し少々挑発的な物言いになるが、私は「平和主義」、英語で言えばpacifism(パシフィズム)或は反戦と云う言葉に全く馴染めない。平和主義は少なくとも戦後、生命至上主義と表裏をなして日本の支配的イデオロギー(考え方)となった。 ところが、私の小・中学校時代、先生や偉い人から「平和は大事です」などという話を聞いても全然子供心に響かなかった、と記憶している。 なぜか? それは親の教育、とりわけ母親の読み聞かせではないが、女親の影響と思う。 というのは、私が物心ついた頃より母親からは、楠木正成、乃木大将、爆弾三勇士、加藤建夫・・・等々の軍神に関する話や自分の戦争体験さらに軍歌を何度も繰り返し聞かされていたからなのであろう。。。 今思えば、印旛村岩戸の宗像小学生時代に戦争を体験した母は、軍国教育の真只中で育った半端でない軍国少女であったに違いない。 高度経済成長期に育った私にとって戦争は遠い過去の歴史だったが、家での躾は厳しく当然、「自分さえ良ければ」といった利己的考え方や弱い者苛め、卑怯な振舞いは御法度だった記憶がある。 もっとも、私がただのイタズラ小僧で怒られていただけかも知れないが(>_<)
ただ、そういった訳で、議員として世論の矢面に立つことや、厳しい局面でも全く平気でいられる。 できれば、愛する国家と国民のために必要とあれば自らの生命を差し出す気構えを常に持ちたい。自己犠牲を基調とする軍神の教えは、まさに自分にとって最高の倫理であり道徳と思っている。
さすがに、ここまで書くと多くの方々からお叱りを受けたりするが、全くの本心である。
 私は今から15年前、鹿児島県の知覧特攻記念館を訪れた。 その時、心が震えたこと、すなわち軍神を感じたことをハッキリと覚えている。 必ず死ぬことが分かっていて出撃した者のひたむきさを思いやる時、粛然とした気持が心の奥底から湧いてきたのだ。 近代国民国家を生きた当時の日本人の心情を十分感じるし、立派に死んでいった同胞の健気な志に涙する思いは同じと考える。

 以下、BOOK OFF で購入した本を盂蘭盆の頃から読み始めた。
 ボブ・ウッドワード 著 / 伏見威蕃 訳 「 ブッシュの戦争 」(日本経済新聞社・絶版)
2001年 9.11 の同時多発テロ以降の数カ月に絞った、ブッシュの戦争準備に関するノンフィクション。 滅茶苦茶面白かった。 今は懐かしきブッシュを囲むラムズフェルド、コンドリーザ・ライス、チェィニーほかネオコンの閣僚とコリン・パウエルとのやり取りや意志決定プロセスや権力闘争・・・等々、実に興味深かった。
 小林興起 著 「 主権在米経済 」(光文社・絶版)を読む。 これから郵便局長さんとの付き合いが多くなるが、2005年当時のことはしっかりと記憶しておかなければと思うものである。 
by takinowa | 2013-08-29 21:47

13.08.28(水) さわやかちば県民プラザ / 都心直結線、国3億円調査費

 朝、読書。 恐らく、人生の最後まで司馬遼太郎にハマり続けるのかなとしみじみ思う。 村上春樹より余程分かりやすいかも。。。(^ω^)
 10時、瀬戸。 元印旛村長で印西市名誉市民・吉岡敏夫先生宅を訪問して懇談。
 11時、木下の柏屋蕎麦店。 千葉県立印旛高校同窓会役員の方々と懇談。 正午、印西を出て柏市へ向かう。
 13時~15時、柏の葉公園に隣接する「 さわやか ちば県民プラザ 」を視察。 同プラザは、県民の生涯学習拠点としての「千葉県生涯学習センター」と参加型芸術文化活動の振興を図るための「千葉県芸術文化センター」機能を併せ持つ複合施設として平成8年11月に開所。 森本均所長から詳細な説明を受け、施設を見学。 百聞は一見にしかず、と云うが実に素晴しい施設であった。 まさに、県民への至れり尽くせりのサーヴィスが提供されている。 詳しくは公式HPを御覧頂きたいが、多くの県民が利用することを願って止まない。
 それにしても、柏の葉地区の発展は目覚ましい。 2005年のTX開業以降、都心やつくばとのアクセスが著しく向上。 広域公園(45ha)の柏の葉公園、2万人収容の総合競技場、東葛テクノプラザ、さわやかちば県民プラザほか本県第一級の中核施設は元より、東京大学柏キャンパス、国立がんセンター東病院、千葉大学園芸学部・・・等々が立地している。 まさに、発展する県北の象徴的スポットだ。
 一方、1966年にスタートしたわが地元の千葉ニュータウンはどうだろうか。 これまで印旛日本医大や東京電機大学・・・等々の大学、特定業務用地には企業の研究所、沿道沿いには大型商業施設が進出したものの今なお、約400haという広大な未処分地が残っている。 まさに、日暮れて途遠し。。。 柏の葉地区よりも20年程早く開発を始めたのにもかかわらず、街の熟成度を比較すると誰が見ても雲泥の差を感じるに違いない。
確かに、千葉ニュータウンは国の新住宅市街地開発法に基づく県事業であり、旧日本軍国有地の地元(県と柏市)払下げの土地開発とは経緯も性格も異にすることは理解している。 そもそも、千葉ニュータウン事業の根拠となる法律の目的は安価で優良な住宅を国民に提供することにあった。 しかしながら、綾小路きみまろではないが法律が制定されてから半世紀以上が経過。 日本社会の状況も時代も変容し、時限立法も平成25年度でいよいよサンセット(日没=御終い)を迎える。 私は県議会等で何度も発言しているが、約半世紀が経過する千葉ニュータウン事業に千葉県としても今度こそ主体的に係わらなければならないと訴えたい。
 何度も繰り返すが、住宅供給が主目的の新住法の終了とともに、千葉県がイニシアチヴを発揮し知恵を出して本気で汗をかくことが大事である。 柏の葉とまでは申上げないが、千葉NTの顔となるような国の公共施設の誘致や県の防災拠点(消防学校)も当然検討し推進すべきだ。 県当局におかれましては、ひとつ宜しく御査収の程御願い申上げたい。 15時、柏の葉を出て印西へ。
 17時、事務所にもどり仕事。
 本日の千葉日報一面、「 都心直結鉄道、調査に3億円 国交省概算要求、本県関係 」との見出しを発見し驚く005.gif  このことについては、私自身H22年9月定例会でも取り上げたし(※)、県も国への重点要望に位置付けている。 まさに、成田~東京間36分、成田~羽田間50分台という夢の実現に向け一歩が踏み出され、大いに歓迎するものである。 成田空港と北総地域の将来を考えた場合、都心直結線は北千葉道路の外環道接続と同様、死活的に重要な交通インフラに違いない。 概算要求段階なのでまだ油断はできないが、私としても最大限力を尽くして参りたい。
(※)公式HP・TPから「県議会リポート」第10号・平成22年11月10日付を是非御覧下さい。
 19時半、帰宅。 夜、読書。

 司馬遼太郎 著 「 翔ぶが如く(五)」(文春文庫・610円)を読む。 大久保利通の対清国外交交渉が圧巻。 世間では不人気の大久保だが、交渉力を含め政治的インテリジェンスは他の追随を許さない。 国家への責任力といえようか。。。 粘り腰・・・交渉の粘着力というか、途轍もない迫力を感じた。 百億分の一でも学ばなければと強く思うものである (--〆)
by takinowa | 2013-08-29 04:56

13.08.27(火) ラグビー千葉県代表、東京国体W出場決定!

 県ラグビー協会・夏目健理事長から、国体関東ブロック大会の大変素晴しい報告を受けた。 2010年千葉国体以降、二年続けて口惜しい思いをしてきただけに心底「やったぁ!」と思うものである。 また、これでラグビー競技が、本県体育振興に貢献できるものとホッとした。( ※ 国体本戦出場により、千葉県に天皇杯の加点がされる仕組となっている。また、本大会で上位進出すれば、千葉県への貢献は大となる)
 8/23~25、横浜市保土ヶ谷ラグビー場で行われた第68回 国民体育大会・予選の結果は以下の通り。 御見事&天晴 038.gif。 成年&少年の部、堂々の成績で秋の本大会W出場を決定。 千葉県ラグビー協会としても快挙であり、選手・監督・コーチ並びにチーム千葉をサポートした強化委員会の皆さんに心から感謝040.gif御礼を申上げたい。 そして、東京国体では関東代表として日本一を期待したい。 私も、できる限り応援に行きます (●^o^●)
 〇 関東ブロック大会・成年の部 
 千葉県 15- 0 茨城県
 千葉県 33- 5 神奈川県
 千葉県 47- 0 群馬県 (※ 予選リーグ三戦全勝)
 〇 関東ブロック大会・少年の部 
 千葉県 26-10 山梨県
 千葉県 43-24 茨城県 (※ 代表決定戦)

 朝夕に秋の気配がしてきて、しのぎやすくなってきたと感じる。 ただし、昨夜は濃い酒を呑み過ぎ朝になっても二日酔状態 (>_<)
 午前、政務で成田市方面。
 午後、事務所で仕事、来客の対応。
 夜、早目に帰宅。 読書。
by takinowa | 2013-08-27 18:59

13.08.26(月)

 朝一で昨晩録画したTBS日曜劇場「 半沢直樹・第6話 」を観た。 所詮ドラマはドラマと分かりつつも、ハマってしまった(>_<)  シナリオが抜群に良くできているし、役者も相当の演技力だ。 恐らく近々映画化されるだろう。。。
 終日、事務所で仕事、来客の対応。 15時、印西を出て千葉へ向かう。
 16時半、県庁で政務調査。
 17時、自民党の会合。 19時半、OBとして自民党青年局幹部との懇談会。 21時半、千葉を出て印西へ向かう。かなり酔っ払う。 移動中にIpad でブログを更新。
 23時、帰宅。 読書もできずに爆睡眠 (( _ _ ))..zzzZZ

 吉川英治 著 「 三国志(六) 」(講談社・760円)を読む。 玄徳や曹洪、孫権の「むむむ。。。」という台詞が味わい深い。。。 実に劇画チックな時代・歴史文学だが、政治的インテリジェンスを磨くのに格好な題材と思うものである (^O^)
by takinowa | 2013-08-26 22:11

13.08.25(日) 六軒厳島神社 奉納相撲大会

 8時、六軒厳島神社。 石井宮司、六軒区役員による土俵祭。 土俵の真ん中に日本酒、米、塩などを封じ、祝詞奏上・玉串奉天。
 9時、奉納・六軒相撲大会開会式。 本大会は私の地元六軒区に、江戸時代から続く歴史ある相撲大会だ。 六軒区は大正から昭和にかけて、宮城野部屋で第24代横綱 鳳谷五郎(おおとりたにごろう・本名:滝田明・滝田県議の遠戚)や幕内力士 滝の音らを輩出した程、相撲の盛んな土地柄である。 本日も雨模様にも拘らず熱心なファンがお見えになっていた。 また、板倉正直印西市長、白須賀貴樹代議士、豊田俊郎参院議員ほか市内外から大勢の来賓も出席し奉納相撲を観戦。
 14時半~16時、昼間に御酒を呑んだので自宅にて御昼寝。 16時半、印西を出て富里市へ向かう。
 18時、ラディソンホテル成田。 伊藤勲県議の県議会副議長就任祝賀会に出席。 河上茂県議会議長、高橋渡県副知事、豊田俊郎参院議員ほかが祝辞。 伊藤先生は同じ印旛郡出身の尊敬する大先輩だ。特に、農政分野のエキスパアト的存在であり、今後とも御指導頂いて参りたい。 19時半、富里を出て印西へ向かう。
 21時、帰宅。 朝に昼に夜に、御目出たい御酒を呑み爆睡眠 (( _ _ ))..zzzZZ。 八重の桜と半沢直樹は録画済なので、後日再生の予定。
by takinowa | 2013-08-26 14:38

13.08.24(土) 印西市指定無形民俗文化財 別所獅子舞

 終日、事務所で仕事、来客の対応及び読書。
 16時、別所地蔵寺。 印西市指定無形民俗文化財「 別所獅子舞 」の奉納を観賞。 鎌倉時代から続く伝統文化を保存する地元の方々に、心から敬意を表するものである。 今年は例年と比べ涼しく、汗もかかなかった。(※ 写真は、FB を御覧下さい(^O^))
 18時、千葉ニュータウン内野の多々羅田公園。 印西ニュータウン夏祭・盆踊大会開会式で祝辞を述べさせて頂く。(※ 写真は、FB を御覧下さい(^O^))
 19時、木下駅南口。 印西市消防団第1方面隊(大森・木下・小林)と第2方面隊(永治・草深・船穂)の本部暑気払い。 若い方と飲んでいると少々、歳をとってきたと感じる今日この頃だ。
 21時、帰宅。
by takinowa | 2013-08-26 13:56

13.08.23(金) JR 小林駅橋上駅舎工事 安全祈願祭(地鎮祭)

 朝、木下東及び南方面でポステイング活動。
 10時、JR 成田線小林駅。 印西市とJR東日本が事業主となって行われる小林駅橋上駅舎工事の安全祈願祭(地鎮祭)。 約二年にも及ぶ工事の安全を祈念し玉串奉天。 式典で市行政、市議会、JR関係者、地元の皆様に祝辞を述べさせて頂く。
(※ 地鎮祭の写真はFBで御覧頂けます。 右側 Facebook Toshiyuki Takita からアクセスして下さい)
 午後、事務所で仕事、来客の対応。
 夜、早目に帰宅。 マー君こと楽天・田中将大投手が今夜のロッテ戦で7回を無失点に抑え開幕18連勝、昨季からの連勝を22に伸ばした。 日本記録を更新中であり、どこまで数字を伸ばすかが注目だ。まさしく無人の野を行く、平成の新怪物くんに違いない。 こうなったら、昭和の大横綱・双葉山の69連勝に挑戦する意気込みで頑張ってほしいと思うものである ^o^
by takinowa | 2013-08-23 19:35

13.08.22(木) 祝 イチロー、日米通算4000本安打達成!

 早朝5時過ぎに起床して読書。 9時過ぎに出社。
 終日、事務所で仕事、来客の対応。
 13時、大塚輝男市議(自民党本埜支部長)が来所。 印西市議会9月定例会一般質問に関することで相談と要望に来られた。 県道鎌ヶ谷・本埜線バイパス及び県立印旛明誠高校他について情報交換。
 14時、発作下地区の住民の方々が来所。 昨日の県会議長及び県環境部、防災危機管理部への要望活動等について報告。
 16時、県立我孫子高校の後輩で外資系企業に勤務するビジネスパーソン、FB友達のTさんが来所。 国政から県政、市政まで政治全般についてお話する。 先日、来所され自民党入りを決めたHさんに続き、Tさんも御入党頂くこととなった。 30歳前後の若い方が政治に関心を持ち、自発的に自民党入りを申し出てくれたことは嬉しい限りだ。 (天地神明にかけて、決して我孫子高校の先輩面(づら)して入党を強制してはいません(*^_^*) 諺の「 待てば海路の日和あり 」とはよく云ったもので、真面目に一生懸命政治に取り組んでいると、極稀にではあるが素晴しい出会いもあると思った。
 夜、久々に家内と夕食デート 。佐倉市の銚子丸へ行く ^_^ 帰宅後、読書。

 NY ヤンキースのイチロー外野手が本日、日米通算4000本安打を達成した。 この話題については何度も書いているので繰り返さないが、四千はあくまでも通過点に過ぎない。 ピート・ローズの4256 を超えた時に、真の世界一が現実となる。 何とかそれまでイチローには現役でガンバってほしい。
by takinowa | 2013-08-22 20:11