<   2013年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

13.06.30(日) 印西市消防団、印旛支部消防操法大会を三連覇!!

 5時半、印西市役所を出て第33回千葉県消防協会印旛支部・消防操法大会会場の八街市へ向かう。
 9時、印旛郡市・7市2町の代表による入場行進と開会式。 本年の印西市代表はポンプ自動車:木下地区、小型ポンプ:大森地区。 両分団とも約二ヵ月半の厳しい訓練の成果を如何なく発揮し、素晴しい操法を披露。 小型ポンプの部:優勝、自動車の部:準優勝と見事な成績を修める。 健闘に心から拍手を送るものである。 13時、八街を出て本埜へ向かう。
 14時、笠神地区環境保全会設立式典に参加し祝辞を述べさせて頂く。
 16時、木下の銚子屋旅館。 操法大会ポンプ車の部に出場した第一分団慰労会に出席。
 17時、鹿黒の嶺久庵。 同じく小型ポンプの部に出場した第三分団慰労会に出席。
 素晴しい御酒を御馳走になり、最高の気分で帰宅。 本日は早朝から忙しく、時間に追われる一日だったと感じる。 (-_-)zzz 以上
 ※ 6/30現在の公式HPアクセス数:200,000回 / ブログアクセス数:247,800回

        6月に読んだ本
〇 「 金融危機後の世界 」ジャック・アタリ 著 / 林 昌宏 訳 作品社
〇 「 経済学の犯罪 」 佐伯啓思 著 講談社現代新書
〇 「 日本辺境論 」 内田 樹 著 新潮新書
〇 「 続・暴力団 」 溝口 敦 著 新潮新書
〇 「 福祉依存のインモラル 」 片山さつき 著 オークラ新書
〇 「 代表的日本人 」 内村鑑三 著 岩波文庫
〇 「 翔ぶが如く(三) 」 司馬遼太郎 著 文春文庫
〇 「 武田信玄 山の巻 」 新田次郎 著 文春文庫
〇 「 三国志(三) 」 吉川英治 著 講談社
〇 「 三国志(四) 」 吉川英治 著 講談社f0035232_23112947.jpg

6月読んだ本
10冊

by takinowa | 2013-06-30 22:34

13.06.29(土) 父・修司13回忌、母・雅子7回忌 法要

 「 親思う 心にまさる 親心 」吉田松陰 辞世。
 「 光陰矢の如し 」とはよく言ったものだ。 月日の流れの早さを感じる今日この頃、本日、父・修司の十三回忌、母・雅子の七回忌法要を行った。 思い起こせば、父は私が市議になって3年目、母は県議になって1年目に天国に旅立った。 もっと親孝行をしたかったと思うが、心残りとしか言いようがない。
 10時半、大森の長楽寺に兄弟と親戚が集まる。 秋田住職から有難い仏の道や長楽寺の縁起について御話を伺った後、追善供養の法事。 
 11時半、御墓参り。 
 12時半、会食。 久々に顔を合わせた親戚と近況について談じ合う。 14時、御開き。
 これで何となく一区切りついたような気もする。 自分の残りの人生、目いっぱい頑張らねばと思うものである。 

 夕方、6/23放映のNHK大河ドラマ「 八重の桜(25)白虎隊出陣 」録画を観る。 毎回そうだが涙なしでは見られない。 慟哭、号泣の45分間であった。 あまりにも戦後民主主義的個人主義が徹底した現在、全ての日本人に見てほしいドラマと申上げたい。
by takinowa | 2013-06-29 22:42

13.06.28(金) 鶴岡宏祥県議・県政報告会

 朝、事務所で仕事、来客の対応。
 10時、印西斎場。 木下の知人の御祖母様の告別式。 心から御冥福を祈り焼香する。 合掌
 11時半、政務で幕張方面。 15時半、千葉を出て茂原市へ向かう。
 18時、茂原市民会館。 鶴岡宏祥県議・県政報告会に同志県議とともに出席。
 20時、豊田俊郎さんを囲み夕食。 21時、茂原を出て印西へ。 4月に開通した圏央道・茂原北から東金道・京葉道路を経由して22時半、帰宅。
by takinowa | 2013-06-28 23:34

13.06.27(木) 豊田俊郎・印西地区決起大会 / 環境警察常任委員会

 8時、印西を出て県庁へ向かう。
 10時、県議会環境警察常任委員会。 補正予算案はじめ常任委員会に付託された議案を審議。
 12時半、佐藤正己副議長、河上茂議員会長と懇談。 13時半、県庁を出て印西へ向かう。
 15時、事務所へもどり仕事、来客の対応。
 16時、印西市文化ホール。 自民党集会の準備。
 18時、豊田俊郎・印西地区総決起大会。 桜田義孝県連会長、渡辺博道代議士、河上茂議員会長、板倉正直印西市長はじめ多くの弁士が登壇し、豊田氏を激励する。 司会を務め約1時間15分、無事終了。
 19時半、自民党役員会議で参院選の打合せ。
 22時、帰宅。
by takinowa | 2013-06-28 10:21

13.06.26(水) 小出義雄監督を囲む会

 終日、事務所で仕事、来客の対応。
 19時、佐倉アスリート倶楽部・小出義雄代表を囲む会。 小出監督と語り合い楽しく時間を過ごす。 門下生の新谷仁美選手は8月モスクワで行われる世界選手権女子10000m代表で出場する。 高橋尚子さんや有森裕子さんといったトップ選手を育成してきた小出監督の手腕は日本一と思うものである。 新谷選手の活躍を期待したい。 
 22時過ぎ、帰宅。
by takinowa | 2013-06-27 15:00

13.06.25(火)

 東京都議選において自民党公認候補59名、公明党公認候補23名の全員当選という結果には正直魂消た。 選挙結果を表現する時、よく「地滑り的勝利」と例えられるが、もはやそういったレヴェルではない。 少々不謹慎だが野球や麻雀に例えれば、完全試合とかW役満といったところであろう。
 ただ率直に申上げて、日々の政治活動で自民への追い風を実感することはほとんどない。 今度の選挙結果も、民主や維新といった浮動する世論の風だけを頼りにしていた党派が勝手に自滅しただけと思われる。 本ブログでも申上げているが、都議選の結果に驕ってはならない。 
 いよいよ、参院選公示まで後十日を切った。 千葉県選挙区は定数3に対し、自民党は二議席確保を目指し戦の駒を進めている。 多くの県民からは民主や維新の失速で、「自民有利」といった声も寄せられてくる。 しかしながら、私は全く楽観視はしていない。 特に、新人の豊田俊郎さんは知名度という点で自民・民主の現職には遠く及ばず、維新やみんな、生活、共産とほぼ横一線に並んでいると思う。 全く予断を許さない状況だ。
 とにかく、全県で知名度を向上させていくことは大変なことだ。 自民党員が心を一つに、「衆参ネジレ解消による国政の安定」という大義を前面に頑張らなくてはならない。 何としても豊田さんを当選圏内に押し上げ男にすることが、千葉の自民二議席確保に直結し、国益に資すると私は本気で考えている。
 終日、事務所で仕事、来客の対応。 夕方、時雨。
by takinowa | 2013-06-25 19:19

13.06.24(月) 豊田俊郎決起大会 in 八千代 / 都議選、衝撃の結末!

 東京都議選は日本の政界に激震をもたらした。 様々な分析がなされているが、参院選のリトマス試験紙と考えて差し支えない。 少し突き放した言い方になるが、国民の目の覚めるような争点を提示しない限り、民主や維新にとって都議選同様の厳しい結果が出る蓋然性が高い。 
 ただ、本ブログで何度も繰り返しているが、自民党側も決して驕り高ぶってはならない。 どのような選挙結果が出ようとも、この国が危機的状況であることに変りわない。 民主や維新の自壊・自滅に付き合っている暇はない。 金融資本主義がもたらす国際経済の市場の荒波の中で、各国とも新・帝国主義の様相を呈してきた。 どの国も生残りを賭けて、露骨に国益を主張する時代を迎えている。 特に、中国の脅威は軍事及び政治経済において潜在的というよりも顕在化している。
 今、日本には内政、外交・安全保障、難問が山積すると同時に、2011.3.11 以降、国際社会は日本が弱くなったと考えている。 こういった国難の時こそ、国民が心を一つにして国力の再生と日本社会の強化にあたる必要が生じている。 そのためには何としても、衆参のねじれを解消し、国政を安定させることが第一歩と私は思うものである。

 終日、事務所で仕事、来客の対応。 16時、印西を出て八千代市へ向かう。
 18時、八千代市文化ホール。 豊田後援会との打合せ。
 19時、豊田俊郎決起大会。 豊田俊郎氏、石破 茂・自民党幹事長、桜田義孝・自民党県連会長はじめ多くの弁士が演説を行い、満員の場内は熱気に包まれる。 20時半、八千代を出て印西へ。
 22時、帰宅。 夜、読書。

 吉川英治 著 「 三国志(四) 」(講談社・760円)を読む。 いよいよ、諸葛孔明が登場。 劉備玄徳が三顧の礼で迎えるのであった。  
by takinowa | 2013-06-24 21:55

13.06.23(日) 富士山、世界遺産登録へ / 東京都議選

 ユネスコ世界遺産委員会は22日、日本の富士山を静岡の三保の松原を含めた形で登録することを決定した038.gif。 審査の過程で多くの委員から富士山を賞賛する声が次々とあがったとのことであり、実に素晴しい明るいニュースである。 確かに世界には富士山より高い山は数多く存在するが、その美しさでは世界TOP10 に必ずランクインしていると私は確信する。 長嶋茂雄氏の国民栄誉賞の時も感じたが、とっくに登録されてしかるべきだったといえよう。
 朝、コンフェデカップ予選リーグ「 日本 対 メキシコ 」が行われ2対1で敗戦。 先日W杯予選で、5大会連続の本戦出場を決めてマスコミもファンも少々はしゃぎ過ぎていたが、結果は三戦全敗。 世界トップとの力量の差をまざまざと見せ付けられた格好だ。 確かに世界で通用する日本人選手も育ってきているが、世界のレベルも日進月歩で向上していることを忘れてはならない。
 本日投開票の東京都議選が現在行われている。 夜半に結果は分かるだろうが、参院選への影響が注目されるところだ。
 午後、聖地・秩父宮ラグビー場で行われたパシフィック・ネーションズカップ(日・米・加・フィジー、トンガの5ヵ国対抗戦)テスト・マッチ 日本代表 対 米国代表、JAPAN が米国を38 ― 20で降し、先週の対ウエールズ、対カナダ戦に続きテストマッチ三連勝を飾った038.gif 世界トップのNZオールブラックス、豪州ワラビーズ、南ア スプリングボクスあるいはフランス、イングランドにはまだ遠く及ばないが、欧州王者・ウエールズ戦で大金星を挙げたことは何よりの自信に繋がったと思う。 当面のライバルは世界ランク10位前後の国々、イタリアやトンガ、フィジー、サモア、アルゼンチン、カナダといったところだろうか。 選手諸君の更なる奮起と名将・エディ・ジョーンズの指導に期待したい。 ただ、少々残念に思うのは現在、同志社OBがなかなかJAPANに選出されないことだ。 是非とも頑張ってほしいと思うものである。
 午前、諸般の事情で体調不良のため自宅で静養、読書。
 午後、事務所で仕事、来客の対応。
 14時、印西市文化ホール。 ㈳ 千葉県隊友会印西支部 総会で御挨拶。
 17時半、帰宅。 夜、読書。

 ジャック・アタリ 著 / 林 昌宏 訳「 金融危機後の世界 」(作品社・2,200円)を読む。 アタリによって2006年に書かれた「21世紀の歴史」はフランスだけでなく世界中でベストセラーとなった。 サブプライムローン問題や金融危機を驚くほど的確に予見した知識人は世界に何人もいない。 彼は思想的にはケインズ左派に親和的といったところだろう。 それにしても、実に頭がいい実務家である。 
by takinowa | 2013-06-23 18:12

13.06.22(土) 渡辺芳邦県議・県政報告会

 終日、参院選に関することで地元を廻る。 16時、印西を出て木更津市のかずさアカデミアパークへ向かう。
 18時、木更津のホテル・オークラで行われた同志・渡辺芳邦県議・県政報告会&パーティに出席。 500名にも及ぶ支援者が集まり、実に大盛況であった。 立派な県政報告会を毎年続ける渡辺県議の底力に、思わず感嘆の「あぁah~っ」という声を挙げてしまった。 20:20、木更津を出て印西へ。
 22時過ぎ、帰宅。 夜、読書。
by takinowa | 2013-06-23 15:42

13.06.21(金)

 AM 5時55分55秒~7:45、北総鉄道千葉ニュータウン中央駅で早朝御挨拶、拡声器を使用しての県政報告並びに6/27に印西市文化ホールで予定されている「豊田俊郎演説会」の告知活動を行う。 少しずつではあるが有権者の関心も高まっているに違いない。 本日は、大学で法律学を学んでいるという学生さんが立ち止って、何と約10分間近く!!私の演説を聴いてくださった。 滅多にない出来事であり、自民党支持者ではないということだったが、「応援します!」と仰って頂いたので意を強くする。 また、憲法改正について問われたので、「96条の改正だけを特だししての議論には問題を感じている」と率直な認識をお話した。 いずれにせよ、朝の慌しい通勤・通学時間帯にもかかわらず、私の話に耳を傾けて頂き心から感謝申し上げたい。
 午前、事務所で仕事、来客の対応。
 午後、参院選に関すること、及び「豊田としろう演説会」の件で地元をまわる。

 いよいよ、日本維新の会が液状化状態となってきた。 本日も参院奈良県選挙区で立候補辞退のニュースが入ってきた。 そもそも、選挙に勝てそうだという理由だけで維新から出馬する候補者は、逆風だとアッサリと白旗を掲げ降参してしまう。 千葉選挙区でも候補者が二転三転するなど、参院選前の迷走が続いている。 「どこが、維新か?!」と、大多数の国民も思っているに違いない。 幕末から明治維新にかけて歴史を動かした勤王の志士たちも、21世紀の「維新現象」を驚きの眼で眺めているだろう。 国家・国民よりも自分たちの選挙の利害得失のみの算盤勘定に終始する彼らに、維新を名乗る資格などあるはずもない。
by takinowa | 2013-06-21 18:18