<   2013年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

13.03.31(日) 県立印旛沼公園 観桜会

 桜が満開を迎えた日曜日、生憎の冷たい花散しの雨。
 11時半、千葉県立印旛沼公園桜祭りへ。 残念ながら降雨のため中止。 地元観桜会役員の皆様に御挨拶。
 12:15、武西青年館。 武西(むざい)区総会で御挨拶と県政報告。
 14時、平岡自然の家。 木下土地改良区総会で御挨拶と県政報告。
 19時、師戸(もろど)区総会で御挨拶と県政報告。 2月県議会一般質問で取り上げた「印旛沼・舟戸大橋」架け替え事業について、「千葉県平成25年度着工」という明るいニュースを伝える事ができた。 地元の皆様方にも大変慶んで頂き、県議冥利に尽き本当に嬉しかった。
 23時半頃、帰宅。 ブログ更新後、相当に深酒していたが読書。

 佐伯啓思 著 「 倫理としてのナショナリズム 」(NTT出版・2,000円)を読む。
 佐伯教授の国家論の根底にある「シヴィック・マインド」、「シビック・ナショナリズム」、「シビック・リベラリズム」について、読書ノートで概念を整理する。
 さて、最近、自民も含め民主、維新やみんなといった党派の政治家(特に若手)の話を聞いていると、根源的な教養不足が感じ取れる。 ネトウヨ(=ネット右翼)並の知性と官僚情報の受売りが合体した、こちらが恥かしくなるような言説と出会うこともしばしば・・・  いちいち具体例は申上げないが、アベノミクス、領土問題や外交・軍事、TPP、放射能、地球温暖化、インテリジェンス・・・等々、政治家の言葉の知的基礎体力不足も甚だしい。
 私は事務所を訪ねてくる政治に関心のある若人や議員さんに、「寝る間を惜しんで(あるいは、ビラを配る暇があるなら)本を読め!」と言っている。 政治家の教養不足は不徳の最たるもので、カネに汚いのよりず~っとダメと信じているくらいだ。 また、今更、西洋の思想・哲学書やマルクス、或は中国古典を読む暇などないというならば、是非とも佐伯教授の著作ぐらいには目を通して頂きたい。
 さて、保守論壇における佐伯啓思の評価は様々だが、佐伯の強さはマルクス経済学なり哲学やポストモダンを押さえている所にある。 思想が重層的であるため、奥が深いのである。 新自由主義批判及び構造改革主義、どちらの側に対しても、思想の懐が圧倒的に深い。 
 国民有権者も馬鹿ではない。 何度も繰り返すが、「ネトウヨ+官僚情報」的言説はイケマセン・・・よと。
(※ 13.03.31 現在 ブログアクセス数:237,500 / 公式HPアクセス数:191,600)

         3月に読んだ本
〇 「 倫理としてのナショナリズム 」 佐伯啓思 著 NTT出版
〇 「 山形有朋 」 伊藤之雄 著 文春新書
〇 「 新・堕落論 」 石原慎太郎 著 新潮新書
〇 「 日本の国境問題 」 孫﨑 享 著 ちくま新書
〇 「 がん緩和ケア最前線 」 坂井かをり 著 岩波新書
〇 「 スギハラ・サバイバル 」 手嶋龍一 著 新潮文庫
〇 「 武田信玄・風の巻 」 新田次郎 著 文春文庫 f0035232_19523070.jpg
by takinowa | 2013-03-31 23:55

13.03.30(土) 球春! NPB 2013 セ・パ公式戦開幕

 待ちに待った日本プロ野球(NPB)セ・パ公式戦が開幕した。 注目の二刀流・日本ハム 大谷翔平(花巻東)や巨人・菅野(東海大)、阪神・藤浪(大阪桐蔭)といった次代を担う大型新人がデビューし、各地で熱戦が繰り広げられた。 私が応援するチームは巨人と千葉ロッテ、そして我孫子高校の二年後輩・和田 豊監督が率いる阪神タイガースだ。 今シーズンも日本中のファンに夢を与えるようなプレイとペナントレースを期待するものである。
 終日、事務所で仕事、来客の対応。
 忙中閑有。 夕方、録画していた3/24放送のNHK大河「 八重の桜 」第12話「蛤御門の戦い」を観る。 日本人ならば涙なしでは見られない歴史ドラマである。 会津と長州の死力を尽くした幕末の戦いは、CGの効果もあって迫力満点だった。
 夜、藤原先生から戴いたDVD「 藤原敏男 キックの鉄人~外国人初ムエタイ王者~ 」をじっくりと観戦。 同DVDには、聖地バンコク ラジャダムナン・スタジアムにおける現役王者との名勝負5番 : 対 ムンチョン・ジラパン戦、 対 シリモンコン・ルークシリパット戦、 対 チャラポン・ソータイ戦、 対 モンサワン・ルークチェンマイ戦、 対 シープレイ・ギャッソンポップ戦 プラス WBA元世界フェザー級王者・西城正三 戦が収められている。 格闘技ファンにとっては、まさに垂涎の御宝DVDだ。 
 どの試合も過去に見ていて結果も知っているが、とにかく肩に力が入る熱闘ばかりである。 変幻自在な藤原の動きが、現役ムエタイ王者を圧倒している。 とにかく、ただ強いだけではない。 藤原敏男の格闘技の世界は、その精神と技術において、芸術の領域にまで達していたに違いない。 あの格闘技に造詣の深い石原慎太郎前東京都知事や石原裕次郎も、藤原を史上最高の格闘家の一人と絶賛している。 
by takinowa | 2013-03-31 08:44

13.03.29(金) 衆院区割、千葉13区見直しへ

        県議・滝田敏幸、もの申す! 是は是、非は非(112)
      【 「一票の格差」如きで大騒ぎするマスコミ世論を撃て! 】


 衆院選挙区画定審議会は28日、小選挙区定数を「0増5減」して「1票の格差」を是正する区割改正案を安倍首相に勧告した。 これに伴い県内では千葉4区(船橋市)の北部(豊富、二和地区)約7万人が同13区に組み入れられることとなった。 わが印西市を含む衆院千葉13区の版図は拡大し今後、葛南方面との交流も活発化しなければならない。 広域的な政策課題を共有することで、自民の基盤をより強化していくことが大事と考える。
 ただ、正直なところ私は、この尤もらしい「一票の格差」と云う言葉に以前から違和感を覚えている。 そもそも、数十万の有権者を前に「一票の格差」はないだろう。 「1=1」などということ自体、幻想に過ぎないと私は強く訴えたい。 そしてマスコミや裁判所(法律家)は声高に憲法違反を叫ぶが、「一体何様のつもりか」と申上げたい。 もっといえば、そこには過疎に苦しむ地方への思い遣りや地域性への配慮など全くないし、ホンの些細なことに苛立つ大衆人の姿が透けて見える。 まさに、スペインの哲学者・オルテガ流にいえば「大衆民主主義」の極北であろう。 東日本大震災以降の国難の時代、マスコミも国民も「一票の格差」是正の如きテーマを騒ぐ方がおかしいのだ。 私は何も甚だしい不公平を放置せよ、といった類を言うつもりはない。 権利や豊かさにおいて「等しさを極限まで求める時、ほんの些細な格差に苛立つ」という逆説、すなわち高度大衆社会に蔓延する言説や気分に断固もの申したいだけだ。
 さらに、紋切型の綺麗事しか吐けない政治家も情けないが、国民の側もマスコミの尻馬に乗って「一票の格差」如きで政治を叩くことを暗に慎むべきである。 こういったことを続ければ、唯でさえ情ない政治が一層堕落し大衆社会に埋没していくこと必定だ。
 私は自分の人生を懸けて、地方の保守政治家ではあるが、大衆民主主義や大衆世論と徹底的に闘って参りたい。 とは云うものの、集中砲火を浴びる決して勝ち目のない戦(いくさ)だが、孟子の曰う「 自ら反(かえり)みて縮(なお)くんば、千万人と雖も、吾往かん 」の覚悟を持って正々堂々と発言し行動するつもりだ。
 また、選挙制度について申上げるならば、小選挙区制度の弊害がこれだけ露見してきた以上、サッサと中選挙区制度に戻し抜本的見直しを行うべきである。

 午前、愛車プリウスの車検等、私用で時間を過ごす。
 昼、自民党支部総会及び参院選に関することで打合せ。
 午後、事務所で仕事、来客の対応。
 18時、木下のレストラン宝山へ。 印西市造園組合総会で祝辞及び県政報告。 地域経済を担う経営者の方々と懇談する。 地元経済活性化のため、何とかしなければならない。
 21時、帰宅。
 小学生の頃、ファンだった女優の坂口良子さんが急逝した。 人気ドラマ「アイちゃんが行く」の健康的で素敵な笑顔が印象に残っている。 心から御冥福を祈りたい。 合掌

 孫﨑 享 著 「 日本の国境問題 」(ちくま新書・760円)を読む。 本書の内容全体に関する評価については保留する。 ただし、インテリジェンスのプロである著者の論理は明快だ。 「領土問題の重要なポイントは、領土問題をできるだけナショナリズムと結びつけないこと」(230頁)と述べる。 また、「政治家の中には、自己の勢力を強め、自己が推進したいと思う政策を推進するために意識的に領土問題を煽る人々がいる」(231頁)と分析する。 外交案件以外でも十分応用可能な情報分析の考え方であることは言うまでもない。
by takinowa | 2013-03-29 20:46

13.03.28(木)

 8時、松本一正自民党印西支部長と打合せ。
 9時、栄町役場で岡田正市町長と会談。
 10時、大塚輝男自民党本埜支部長。
 10時半、印旛方面。 小川勇自民党印旛支部長、佐藤榮一印西市特別顧問宅を訪問。 11時、白井市~柏市方面。 午後、印西市永治地区を廻る。
 15時、事務所にもどり仕事、来客の対応。 19時半、帰宅。
by takinowa | 2013-03-29 09:50

13.03.27(水) 発作下地区懇談&観桜会

 本日未明、浅草から帰宅。 昨日付ブログで記した通り、キックの神様・藤原敏男先生から格闘技の極意と神髄について6時間以上にわたり伺うことができた。 また、二次会には藤原門下生で、80年代に空前のプロレスブームを巻き起こした初代タイガーマスク・佐山 聡さんにも駆け付けて頂き大変な盛り上がりとなった。 私としては正直、長年の夢が実現し感極まった。 御二人とも世界を制した武道の達人であり、温かい人柄、ユーモアのセンスも抜群だった。 特に佐山さんのジョーク連発は抱腹絶倒ものだった。 いずれにせよ、精神も身体も真に強いが故に、他者にも優しくなれるのではと感じた次第である。
f0035232_1553346.jpg
伝説の格闘家藤原敏男先生
と夢の2ショット
f0035232_1553283.jpgf0035232_1554144.jpgf0035232_1555667.jpg












1978年3月、
タイ国技500年
史上初外国人
ムエタイ王者に













藤原門下生で
初代タイガー
マスク

佐山 聡
さん
1980年代
空前のプロレス
ブームを巻き起こしたスーパーヒーロー







藤原先生と
佐山さんに
畏れ多くも
格闘技論を
展開する滝田。
格闘技の神髄を深夜まで延々と語り合う。








 朝、超二日酔で厳しい時間を過ごす。
 11時過ぎから事務所で仕事、来客の対応。 県議会リポートも印刷にまわり、4月早々にも配布可能となる。 自分にとって昨日の出来事が夢のような話で、インパクトが大き過ぎ、終日ボ~っとしてしまった。
 18時、発作(ほっさく)下(しも)青年館へ。 白須賀貴樹代議士とともに、汚染焼却灰搬入開始に係る発作下区報告会に出席。 これまでの経緯を御説明するとともに、一時保管に御理解を頂いていることに千葉県と印西市に成り替わり心から感謝・御礼申し上げる。 また、昨日の印西市長への要望についても詳細を報告する。 今後とも、地元住民の皆様の安心・安全のため、さらに国の最終処分場設置に向け全力を尽くすことを約束する。
 報告会後、地域の皆様方と観桜会。 地元産の野菜をたくさん使った焼肉パーティを楽しむ。 歴代の区長さんはじめ皆さんと談じ合い、清酒や焼酎なども御馳走になった。 本当に美味しかったし、心が通い合い信頼関係も増したと感じた。 地元と筆者の関係も一時は相当緊張したが、現在は今まで以上に緊密な状態となっている。 私としても、御迷惑や心配をお掛けしている地元の皆様に対し、正直かつ誠実に向き合っていかなければと思うものである。 最後は御土産に野菜をたくさんもらって、自宅まで送って頂く。 本当に御馳走様でした。
 21時半、帰宅する。 
by takinowa | 2013-03-27 22:16

13.03.26(火) 伝説の格闘家・藤原敏男先生

 10時、印西市役所。 発作(ほっさく)下(しも)町内会役員と板倉正直・印西市長との懇談会に同席。 高濃度汚染焼却灰搬入開始に伴う発作下町内会からの要望について、率直かつ実務的な話し合いと意見交換が行われた。 一部報道では「地元反発」といった活字が躍っているが実際のところ、この半年間にわたり地元住民と千葉県及び印西市は具体的テーマで何度も話合う中で信頼関係を醸成してきた。 また、無責任な部外者が介入し恐怖や風評を煽ったりすることも懸念されたが、地元住民は結束して終始冷静かつ理性的な対応をして頂いたことも立派だった。 私としても市議に初当選した15年前からの選挙地盤であり地元中の地元だ。 汚染焼却灰の一時保管にあたっては周辺住民の安心・安全を第一に、全力を尽くすことを御約束致すとともに、「困った時は御互い様」という「共助の精神」を深く理解する地元の皆様に心から感謝と御礼を申し上げたい。 ただ、問題はこれからだ。 日本は法治国家である。 法律に基づく指定廃棄物最終処分場の設置に向け、国の責任で事業がきっちりと前進するよう全力で取り組んで参りたい。f0035232_12121523.jpg

発作下町内会
と印西市長の
懇談会に同席f0035232_12135575.jpg













発作地区から
の要望に耳を
傾ける私と
板倉正直市長
特に、地区の
浸水対策や
手賀沼の氾濫
対策について
具体的な要望
を伺うことと
なった。






午後、事務所で仕事、来客の対応。 自民党支部総会の打合せ。 
 15時半、印西を出て柏へ向かう。 16:15、柏で自由同和会千葉県本部・木村仁会長と合流し、東京・南千住へ向かう。
 18時、藤原敏男スポーツジム。 木村仁会長から、伝説の格闘家・不世出のムエタイ王者・鉄人 藤原敏男先生を御紹介頂く。 正直な話、心の底から感極まって言葉も詰まり、私の人生史上で最高の興奮と感動の時を迎えた。(決して大袈裟ではない!!!) 気合と気迫溢れるジムの稽古を見学後、藤原先生と懇談。 かつてのムエタイの名勝負数え唄を伺い、あらためて格闘技の極意と真髄に思いを馳せた次第である。 心から幸せな時を過ごすことができた。 このような機会を作ってくれた木村会長に感謝・御礼を申し上げたい。 時の経つのも忘れ深夜、印西にもどる。
 本ブログ読者で、伝説の格闘家・藤原敏男を知らない方もいると思うので、藤原先生の略歴を簡単に述べる。
 【 藤原敏男 】 (ふじわらとしお・1948年~) 通称:キックの神様、目白ジム所属、階級:ライト級、岩手県宮古市出身、身長168cm・体重61kg 通算成績:141試合 126勝(99KO) 13敗 2分
1971年 全日本キックボクシング ライト級王者(新格闘技術に転向した79年まで保持)
1978年 タイ王国 ラジャダムナン・スタジアム ライト級王者
1978年 新格闘技術・初代世界ライト級王者
 上記の通り78年、タイ王国国技ムエタイ、500年の歴史上初の海外王者という偉業を成し遂げた。 タイ人現役王者を、ノンタイトル戦も含め現地バンコクでKO勝ちなど何度も撃破していることから、タイ人以外のムエタイ王者としての実績は文句なしにトップ。
 私がは小学校から中学にかけて土曜の夜、東京12channelのキックボクシング中継に熱くなっていた。 特に、藤原敏男がタイ国のランカーや王者と試合をする時は興奮した。 世間では漫画の影響もあり、キックの鬼こと沢村忠が有名だったが、格闘技通は誰しも藤原の強さを認めていた。 ブルース・リーもカリスマ性があったが所詮、スクリーンの世界。 当時、大山倍達・極真空手出身の黒崎健時師範の地獄の稽古で鍛え上げられた藤原の超人的肉体と精神力は格闘技界の伝説となった。 今、YOU TUBE の動画を観て思い出しても、アドレナリンの上昇を抑えられない。 今夜は眠れない
by takinowa | 2013-03-27 10:59

13.03.25(月) 公式HPを更新しました!

 本日(3/25付)、公式HP・www.takinowa.com に「 鈴木宗男、来る北総フォーラム 」御案内、「 県議会リポートVOL.18 」、「 最新活動報告・ニュース 」(2/21、27、3/02、04、08、18付記事)を UP しました。
 TP・新着情報からアクセスできますので是非御覧下さい。

 8時半、我孫子平和台病院。 血液検査後に内科の診察。 尿酸値等々は処方薬の効能で改善傾向を示すも、酒量を減らすようアドヴァイスを受ける。 また、花粉症の処方箋も書いて頂く。
 11時、事務所で仕事、来客の対応。
 午後、政務で八千代市方面。
 18時、自民党印西市支部役員会議。 4月の定期総会及び7月の参院選について協議する。 20時、帰宅。 夜、読書。

 伊藤之雄 著 「 山県有朋 愚直な権力者の生涯 」(文春新書・1,300円)を読む。 本書では、幕末・明治維新から日本の近代国民国家としての草創期、陸軍創設や立憲国家の形成へと展開する時代の中で、山縣有朋の担ってきた歴史的役割が詳細に述べられている。 まさに、労作と申上げていい。 

          千倉・富津・保田 視察 自民党水産振興議連 】(3/22)
 詳細は3月22日付ブログを御覧下さい。f0035232_1523964.jpg

外房・千倉から
荒波寄せる
太平洋の眺望f0035232_15244620.jpgf0035232_1527543.jpgf0035232_15281259.jpgf0035232_15291836.jpgf0035232_15294236.jpgf0035232_1531513.jpg













東安房漁協
伊勢海老
養殖場を視察














東安房漁協
の養殖場を
視察






























保田漁協直営
食事処ばんや














平目の御刺身
















内房・富津岬
穏かな東京湾
の眺望
by takinowa | 2013-03-26 00:44

13.03.24(日) 鈴木宗男、来る! 北総フォーラム、申込受付中!

          公式HPを更新!
 25日午前、公式HP 最新活動報告ニュース 」(2/21、27、3/02、04、08、18付記事)を UP します。 TP・新着情報からアクセスできますので是非御覧下さい。

       鈴木宗男、来たる!・北総フォーラム
 4月18日(木)予定の「 滝田敏幸県政報告会・北総政経フォーラム 」御案内とFAX申込用紙をUP します。 TP・新着情報からアクセスできますので是非御覧下さい。
           
 〇 日 時 : 4月18日(木) 18時 ~ (17:30 開場)
 〇 会 場 : 印西市文化ホール・多目的室 (印西市役所前)
 〇 鈴木宗男トークライヴ : 「 ムネオ、再・起・働! 国家と人生を語る 」
 〇 特別対談 : 鈴木宗男 VS 滝田敏幸 「 党派を超えて、国家と地方を語る 」
 〇 滝田敏幸・県政報告会、質疑応答、自由討論
 〇 会 費 : 千円 (※ 北総フォーラム会員は無料)
 〇 問合せ・参加申込 : 0476 - 37 - 4173 滝田事務所迄 (受付:平日 10~17時)
 〇 主 催 : 北総政経フォーラム実行委員会 / 滝田敏幸事務所 f0035232_1829997.jpg

新党・大地
鈴木宗男
代表
時局講演会:
運命に挑む!
国家と政治、
人生を語る

印西での講演
は、04年以来
二度目となる 






 
 朝、3/17(日)放送分のNHK大河「 八重の桜 」(第11回・守護職を討て)録画を観る。 当初は、単なる綾瀬はるかファンという動機付けで見始めたが、毎回毎回、恥ずかしながら大粒の涙なしでは画面が見られないくらい嵌まってしまった。 ハッキリいってヤバい。
 10時、平岡町内会総会で県政報告をさせて頂く。
 11時、本埜・和(やわら)区集会所落成式。 総会後、県政報告をさせて頂く。 酒宴懇親の席では地域の方々と大いに談じ合う。
 午後、自民党支部総会に向けて、役員宅を廻る。
 20時過ぎ、帰宅。 夜、読書。

 先週、前回選挙を20万票以上上回る123万票で再選した森田健作知事の二期目がスタートした。 21日の定例部課長会議では、「この民意(123万票)をしっかりと受け止め、身を引き締めて県民のために頑張らなくてはならない」と訓示したと報道されている。 私としても、森田知事の圧倒的リーダーシップの下、県政の様々な課題に真正面から取り組んで頂くことを期待したい。
 また、「来月10日、環境省は最終処分場の選定基準などを説明する市長村長会議を開く」とも伝えられた。 今後27年3月まで、一つ一つコンセンサスを積み重ねていく大事な作業が続いていく。 私としても当事者(プレイヤー)の一人として、責任を持った発言と行動を心掛けたい。 と同時に、本県選出国会議員の先生方も、法律に基づく国の事業であるだけに積極的コミットメントを強く御願いするものである。
 さらに申上げれば、指定廃棄物の最終処分場設置というミッションには、極めて高度なインテリジェンスが必要であることに間違いない。情報の世界の言葉だが、intelligence とは文字通り、行間( inter )を読む( lego )と言う意味だ。 すなわち、相手の内在的論理を理解し、他人の気持になって物事考え、リスクを背負った胆力ある交渉に当ることを意味する。
 また、知ったかぶりや迂闊な言葉遣いは風評となり、唯でさえ複雑な状況が一層厄介かつややこしくなる蓋然性も高い。 まさに、命取りにならぬよう情報の管理には万全を期すべきと考える。 日本人の場合、特に政治家を先頭にお喋りが多く、「ここだけの話」がアッと云う間に世間に拡散するのが常態化している。 ロシアでは「口が軽い奴は命も軽い」との諺もある。

 手嶋龍一 著 「 スギハラ・サバイバル 」(新潮文庫・670円)を読む。 
by takinowa | 2013-03-24 22:22

13.03.23(土)

 11時、長楽寺。 本家の法事。 13時、納骨後に親戚や近所の方々と香取屋で食事。
 夕方、事務所で仕事。 夜、読書。
by takinowa | 2013-03-24 18:53

13.03.22(金) 富津・保田・千倉 水産振興議連 視察

 7時、印西を出て県庁へ向かう。
 9時、自民党水産振興研究会の視察で富津から南房総方面へ。 車中で農林水産部・山本研逸水産局長から「千葉県水産業の概要」に関するレクチャーを受ける。
 ポイントとして、
1.水産統計には「属人統計」と「属地統計」の二種類があり、平成22年度・本県生産量(水揚量)はそれぞれ、178,131㌧(全国6位)と約350,000㌧(全国3位)。
2.築地市場への鮮魚出荷量は17,851㌧(H22)。 首都圏の食卓を支えている。
3.千葉県の水産資源の動向
 ↓ 大きく減少した魚種:真鰯、鯖、鰹、鮑、あさり
 ↑ 大きく増加した魚種:かたくち鰯、真鯵、ぶり、すずき、平目、伊勢海老
4.漁村経済はなぜ低迷しているのか
 資源増大魚種(ぶり、真鯵ほか)、栽培魚種(真鯛、平目、鮑)等の産地価格の低迷。 バブル崩壊、中国との競争が主因。
5.課題:たくましい漁業づくり(担い手育成ほか)、水産流通・加工対策(千葉ブランドの確立・知事のトップセールス)、豊かな海づくり、漁村活性化、内水面水産の増産
 10時~11時、富津岬にある千葉県漁連・海苔共販事業所及び加工事業所を視察。 千葉県の海苔養殖の概要について説明を受け、海苔の競りを体験。 昭和三十年代は全国海苔生産量の約3割にあたる10億枚を生産していたが、現在は約3億枚(2万㌧)。 主な漁場は三番瀬(支柱柵・1,812万枚)、木更津・盤洲干潟(支柱柵・浮流し半々 3,918万枚)、富津(浮流し・2億6千万枚)。 千葉の海苔の特徴は、色よし、味よし、香りよし!! で、市場では高級品の扱いだが、バブル崩壊後の贈答需要の低迷で苦戦している。 さらに、もっとも市場規模の大きい事業用(コンビニおにぎり用)では、佐賀県産の後塵を拝しているとのこと。
 11:40~12:40、鋸南町保田漁協直営・食事処ばんやを視察&食事。 柴田三喜男・漁協組合長から御話を伺う。 年間の来客数が50万人、平日でも1,000人が訪れるとのこと。 TVの旅番組では見たことがあったが、大変な人気である。
 平目及び河豚の刺身、鯨ステーキ陶板焼き、鯵フライ、ぶり煮付、天麩羅、あさり炊込み御飯・・・、組合長が自信をもって奨める海の幸を堪能する。 感動した! これだけの御客様が訪れるのも十分理解できた。 12:40、鋸南を出て千倉へ向かう。
 13時半~14:10、東安房漁業協同組合。 鮑陸上養殖場、鮑・伊勢海老蓄養場を視察。 東京湾に面した富津や保田の穏やかな海と異なり、千倉の海は波高しだった。 渡辺惨事から詳細な説明を受けた後、養殖鮑の刺身を試食させて頂く。 割烹や寿司屋で食べたらHow much?だろうなどと考えつつ舌鼓をうった。 実に美味であった。
 14時半~15時半、千葉県水産総合研究センターを視察。 山崎センター長からセンターの説明を受け、施設内を見学。 本県漁業の振興のため、同センターではあらゆる角度から研究が日夜行われている。(詳細は千葉県公式HP参照)  最後に、未利用魚等を活用した水産加工品の試食会。 大型ゴマ鯖の御刺身(生食用冷凍加工技術の開発)、カタクチ鰯の甘露煮(低価格魚の付加価値向上)、ギマの乾燥珍味、ドチ鮫のさつま揚げ、塩蔵ひじき を頂く。 どれも十分に惣菜として通用すると感じた。 同センターは本県で漁獲される水産物の中で、味が良いにもかかわらず、利用されていない魚の付加価値を高める新製品の開発にも取組んでいるとのこと。 15:40、千倉を出て県庁へ向かう。 
 17時、県庁を出て印西へ向かう。
 19時、印西市役所。 印西市消防団役員会議。 平成25年度の組織及び行事予定について話し合う。 21時、帰宅する。 ブログを更新した後、読書。 
by takinowa | 2013-03-22 22:48