<   2013年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

13.01.31(木) 定例会本会議 / 大地塾:鈴木宗男×佐藤優

 7時半、印西を出て千葉へ向かう。
 9時、県庁で政務調査。 浜田穂積県議(柏市)と汚染焼却灰一時保管、田中宗隆県議(白井市)と北総鉄道について相次いで協議する。
 10時、本会議。 公明党代表質問。
 11:40、自民党教育問題研究会。 いじめ問題に関するPT(プロジェクトチーム)設置について検討する。
 正午、河上 茂議員会長(松戸市)と汚染焼却灰一時保管、石毛之行県議(銚子市)と銚子漁港振興について相次いで協議。
 13時、本会議。 日本共産党代表質問。 散会後、県庁を出て東京へ向かう。
 16時、衆議院第一議員会館地下1F 第5会議室。 東京大地塾 : 鈴木宗男 × 佐藤 優 セミナーに参加。 テーマは「アルジェリア 人質事件について」。 本事案の背景説明から日本政府の対応に関する詳細な分析まで、佐藤優が語り尽くす内容だった。 新聞などマスコミではほとんど取り上げられていないが、イスラム原理主義勢力を徹底的に弾圧したリビア・カダフィ政権の崩壊が引鉄とのこと。 これまで、カダフィ政権と敵対してきたフランスは、カダフィと対立するイスラム原理主義勢力を支援。 一方、ロシアは反イスラムテロの立場からカダフィを支援。 結局、カダフィ政権崩壊後、リビアの武装勢力(傭兵)はアルジェリアやマリなど西アフリカ各国に匪賊となって拡散、イスラム勢力と結びつき現在はフランスと対立しテロ行為を行っているとのこと。 いずれにせよ、旧宗主国・フランスが蒔いた種であることに間違いない。 宗教の絡む民族問題は、唯でさえ複雑な国際情勢を一層難しくする。 現下、日本におけるインテリジェンスの強化は急務であると感じた次第である。 17時半、東京を出て印西へ向かう。
 19時半、事務所にもどり仕事。 一般質問項目の整理。
 20時半、自宅にもどる。
( ※ 13.01.31 現在 ブログアクセス数:230,970 / 公式HPアクセス数:186,700 )

     1月に読んだ本
〇 「 日本人の魂と新島八重 」 櫻井よし子 著 (小学館)
〇 「 正しく怖がる放射線の話 」 山下俊一(福島県立医大副学長)監修 (長崎文献社)
〇 「 諸子百家 -古代中国の思想家たち- 」 貝塚茂樹 著 (岩波新書)
by takinowa | 2013-01-31 21:05

13.01.30(水) 森田知事、出馬表明 / 自民党代表質問

 7時半、印西を出て県庁へ向かう。
 9時、議会運営委員会。 9:40、自民党議員総会。
 10時、定例県議会本会議。 返り初日、阿倍紘一政調会長による自民党代表質問に対し、森田健作知事から再選へ向けての立候補表明。 いよいよ県政も動き出した。
 正午、川名県会議長と自民二期県議との昼食会。 
 午後、民主党代表質問。
 散会後、浜田穂積県議と汚染焼却灰一時保管及び国の指定廃棄物最終処分問題について協議。 
 17時、ホテル・京成ミラマーレ。 ㈳ 千葉県ビルメンテナンス協会賀詞交歓会。 18時半、千葉を出て印西へ向かう。 21時、帰宅する。

 貝塚茂樹 著 「 諸子百家 -中国古代の思想家たち- 」(岩波新書・700円)を読む。 われわれ日本人は現在、尖閣諸島領有権を巡って中華人民共和国共産党には苦汁の日々を送らされている。 今こそ敵国、中国の歴史と政治哲学を学ぶことが大事である。 国民のインテリジェンスを高めることが、外交戦勝利への第一歩と思うものである。
by takinowa | 2013-01-30 21:29

13.01.29(火)

 朝早く起きて、録画したNHK 大河ドラマ 「八重の桜」1/27放送分を観る。 昨日訪れた福島県では、会津地方だけでなく全県的に観光プロモーションを展開中だった。 本ブログ読者の皆様にも、日本の近代史に関心を持つ契機となるドラマであり是非見て頂きたい。 来週はいよいよ安政の大獄や桜田門外の変を迎える。 江戸、京都、薩摩、長州といった幕末の表舞台と会津藩政の地方の舞台が同時に進行するドラマの構成も実に興味深い作りとなっている。
 終日、事務所で仕事、来客の対応。
 年が明けてからここ暫く日々の活動に忙殺されていたため、本ブログも少々内容が薄くなってきている。 当然、賢明な読者の方々も御気付きのことであろう。 落ち着いて物事を考えたり、本を読む暇(いとま)がない。
 筆者は昔から人見知りが強く元来、社交的ではない。 宴席や会合では場の空気を勘案し、「ネアカでのびのび、へこたれず」を演じているが実は性格的に真逆である。  どちらかといえば、一人でヒッソリと孤独に生きていたい、と思うことが多い。 客観的には大したことはないのだが、自分の人生を振り返る時、波乱万丈&疾風怒濤の日々が続いているような感じがする。

 さて、ここ最近の出来事で申せば、大相撲の大鵬親方が亡くなったのは正直、ショックだった。 小学校時代、横綱大鵬の大ファンだった自分は、玉の海や貴乃花との熱戦で手に汗握った記憶が蘇える。 心から御冥福を祈りたい。 合掌
 報道各社における安倍内閣の支持率は60%を超えている。
 中でも、アルジェリアにおける人質テロ事件における日本国政府の対応は適切であったと評価が高い。 官邸主導で国家の明確な意思を発信し続けたことが、その理由と考えられる。 
 また、昨日の衆院本会議、安倍総理の所信表明演説も評判がいい。 国民に分かりやすい言葉を使用し震災復興と景気対策に重点を置いた内容だった。 総花的かつスローガンを多用した抽象的内容とならなかったこともポイントだ。
 日本維新の会・橋下代表とみんなの党・渡辺代表が批判合戦を展開している。 突き離して申上げれば、ここにきて維新の出鱈目さが浮かび上がっている。 また、民主党の壊滅も時間の問題となってきている。 誰が考えても海江田代表・細野幹事長のコンビでは、党存亡の危機を乗り切ることなど不可能であり、力不足といえよう。 結果として、自民党の支持率が40%を超えてきたが、この国が危機的状況であることに変りはない。

 18時、印西斎場。 消防団のK本部付分団長御尊父様の通夜に参列。 心から御冥福を祈り焼香する。 合掌
 19時、事務所で一般質問の準備。 21時、帰宅。
by takinowa | 2013-01-29 21:29

13.01.28(月) 日産自動車 いわき工場 視察

 福島県の母畑温泉・八幡屋に宿泊。 ラドン温泉及び麦飯石のサウナは最高。 微量の放射線は湯治効果抜群といわれているが、身体の芯まで実に温まった。 8時半、チェックOUT。 いわき市へ向かう。
 10時、塩屋﨑燈台。 あらためて3.11 津波被害の惨状を目の当たりにした。 地元の方々から当時の状況を伺い心が痛む。 11時、いわき ら・らミュウで昼食とショッピング。 
 12:50~15時、震災で大きな被害を受けた日産自動車いわき工場を見学。 約2ヶ月間で操業再開を成遂げた関係者の御話しを伺うことができた。 15時、いわき市を出て印西へ向かう。
 18時半、事務所にもどる。
 観光でしっかりお金を使うことも震災復興の一助になるとの思いを強くした。 自民党印西支部党員が心を一つに福島の復興を祈念した研修旅行は無事終了。
by takinowa | 2013-01-28 19:27

13.01.27(日) 自民党印西支部研修旅行

 本日から福島県方面一泊二日の予定で自民党印西支部研修旅行。
 7時、大型観光バスで印西を出発。 車内道中で和気藹々と白須賀貴樹代議士はじめ39名の党員とともに政治を語り合った。 選挙はやはり勝たなければとしみじみ思うものである。 とにかく場の空気というか雰囲気が明るく実に楽しかった。
 10時、栃木県真岡市の大前神社参拝。
 13時、世界遺産・日光東照宮、輪王寺、二荒山神社を見学。
 17時、福島県石川町の母畑温泉・八幡屋に到着。 素晴しい旅館で大変居心地が良かった。 特に大浴場が最高だった。 
 18時半、懇親会。 党員の親睦をはかることができた。
by takinowa | 2013-01-28 19:07

13.01.26(土)

 9時半、印西を出て成田へ向かう。
 10時半、ANAホテル成田。 地元消防発展に御尽力された鳩谷榮衛元印旛村消防団長の叙勲祝賀会に来賓出席。 無私の精神で公に奉仕された鳩谷さんの受章を心から御祝い申し上げた。 とりわけ、操法の指導においては県下トップレベルの伝統を守り続けたことは特筆される。 あらためて、消防人として先輩にあたる鳩谷さんに敬意を表する次第である。 14時、成田を出て印西へ向かう。
 16時、事務所にもどり仕事、来客の対応。
 夕方から地元の会合を二つほど梯子。 夜、一般質問の準備、政務調査。 深夜、帰宅。
by takinowa | 2013-01-28 17:18

13.01.25(金) 千葉県消防協会長表彰 受章

 印西市防災課の消防団事務局より2月27日青葉の森芸術文化ホールで行われる第63回千葉県消防大会で県消防協会長表彰の内示があったとの連絡が入る。 家内同伴での受章といった内容であったため諸般の理由により一瞬、動揺する。
 筆者は1987年に辞令交付を受け今年で27年目を迎える。 人生の約半分を地元消防団員として過ごしており、もうそろそろ後進に道を譲る時期も近づいてきたと感じる今日この頃だ。 また、県議として地元を不在にする時間も多くなり、火災現場の陣頭指揮を執れなかったこともあり、副団長としての責務を果たせているかどうか思い悩んでいる。
 終日、事務所で仕事、来客の対応。 16時半、印西を出て成田へ向かう。
 17時半、懇意にしている郵便局長の方と懇談。 22時、帰宅。

 監修:山下俊一(福島県立医科大学 副学長)「 正しく怖がる放射能の話 」(長崎文献社・1,050円)を読む。 山下教授は放射線医学の世界的権威だ。 私が尊敬する高田純・札幌医科大学教授や中川恵一・東京大学准教授らと同様に、誠実に放射能に関する科学的知見を情報発信されている。(※詳細は2012年02月13日付ブログ参照)  3.11直後、福島県からの要請で長崎大学医学部を休職し福島県放射線健康リスク管理アドバイザーに就任。 そして、現在も福島県民と直接向き合い対話を続けている。 ホットスポットや最終処分問題を抱える本県としても、山下教授から学ぶべきことは実に多い。 本書を参考にしつつ、県議会の一般質問の内容を考えて参りたい。  
by takinowa | 2013-01-26 23:45

13.01.24(木) 2/6、一般質問決定! / 定例県議会開会

  【 2月6日、定例県議会で14度目の一般質問を行います! 】
 2月定例県議会で下記の通り、一般質問を行います 004.gif
 
〇 日 時 : 2月6日(水) 10:00~
〇 場 所 : 県議会議事堂本会議場
〇 内 容
 1.指定廃棄物の最終処分について
 2.千葉ニュータウン事業について
 3.舟戸大橋架け替え事業について

 4.その他
〇 傍聴申込・問合せ : 滝田事務所・佐藤まで 0476-37-4173(平日10~17時)
〇 インターネット中継あり

 7時半、印西を出て県庁へ向かう。 9時半、自民党議員総会。
 10時、本会議場で行われた平成24年度千葉県議会児童・生徒表彰式典に出席。 県議会要綱に基づき、学芸やスポーツの全国大会で最優秀の成績を修めた児童生徒が表彰の栄に浴した。 本県と日本の次代を担う若人の活躍に心から拍手038.gifを送りたい。
 10:50、2月定例県議会開会。 森田知事より一般会計当初予算案はじめ77の議案が提出された。
 11時半、自民党県連党紀委員会。
 11:45、議会運営委員会。
 12時、自民党政調会。 13時、県庁を出て印西へ向かう。
 15時、事務所にもどり仕事、来客の対応。
 17時半、印西市農業委員会新年会に来賓出席。 年始の御挨拶と県政報告をさせて頂く。 また、22日に県より発表された千葉県イノシシ対策計画についても説明する。 印西市内でも年々被害が拡大しており、関心の高いタイムリーなテーマを提供することができたと思う。
 21時過ぎに帰宅。
by takinowa | 2013-01-24 21:55

13.01.23(水) 伊沢史夫白井市長を囲む会

 8時、印西を出て千葉へ向かう。 途中、政務で四街道へ立ち寄る。
 10:20、県庁議会棟で政務調査。 一般質問の準備のため関係各課からヒアリング。 途中で相当にアドレナリンが上昇。 少々頭痛もして人生の危機を感じる。11時半、千葉を出て印西へ向かう。
 13時、事務所にもどり仕事。 14時、印西を出て柏へ向かう。
 15時、マリアチャペル・マリベール柏(玉姫殿)。 「がんばろう白井」主催、白井市長 伊沢史夫・囲む会に来賓出席。 桜田義孝代議士、石井準一参議院議員、白須賀貴樹代議士、田中宗隆県議らに続き祝辞を述べさせて頂く。
 16時半、柏を出て印西へ向かう。 途中、政務で我孫子市に立ち寄る。
 19時、印西斎場。 浦部で御世話になっているS様の御通夜に参列。 心から御冥福を祈り焼香する。 合掌
 20時、事務所にもどり仕事。 一般質問の準備。 原稿を書くというよりも、頭の中で理屈や言葉が走馬灯のように堂々巡りを繰り返しカオスの状態が続く。 自宅でも夜中に目を覚まし、言葉や理屈が浮かんでは消えるのである。21時半、帰宅。 

 櫻井よしこ 著 「 日本人の魂と新島八重 」(小学館新書・740円)を読む。 私は正直あまり櫻井よしこさんを好きではない。 世間的には保守系の評価だが、その思い込みの強さと単純な理屈が少々鼻につくのである。 ただ、この著作については新島八重の人となりを分かりやすく解説し好感がもてた。 三時間程で読了できるので、興味のある方には御一読をお薦めする。
by takinowa | 2013-01-23 23:45

13.01.22(火) 議会運営委員会県外調査:三重県

 8時、ホテルJALシティ長崎をチェックout して長崎空港へ向かう。
 9時半、ANA長崎発の便で中部セントラル空港へ。 正午、名古屋で昼食。 13時、名古屋を出て津市へ向かう。
 14:15~16時、三重県庁。 三重県議会で通年議会及び議会基本条例に関する政務調査。 16時半、近鉄津駅から名古屋へ向かう。 
 18時、名古屋発の新幹線で東京へ向かう。 21時過ぎ、印西着。
 滅茶苦茶ハードな一泊二日の日程であったが、県議会改革を考える上で大変有意義な研修となった。
f0035232_13385884.jpg三重県議会
図書室を視察f0035232_13392791.jpg















三重県議会
本会議場にて
by takinowa | 2013-01-23 11:38