<   2012年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

12.08.31(金) 印西市産米、安全宣言!

       HPを更新しました! 】
 最新活動報告・ニュース(7~8月)を UP しました。 TP・「新着情報」 からアクセス頂けますので是非御覧下さい。

      速報印西市産米、放射性物質検出せず! 】
 千葉県農林水産部は本日、8月28日に実施された印西市38検体の玄米の放射性物質検査を発表。 分析の結果、全ての検体から放射性セシウムは検出されませんでした。 現在、検査が終了している県下31市町村においても、米の出荷・販売が可能となっています。
 全国の消費者の皆さん! 千葉県は全国有数の早場米産地であり、安全で美味しいお米を今後も皆様に御提供致します。 何卒、宜しく御願い申し上げます。

          県議・滝田敏幸、もの申す! 是は是、非は非(103)       
              人民の中へヴ・ナロード
 「 人民の中へヴ・ナロード) 」 というロシア・インテリゲンチャによる社会運動が1870年代にあった。 この運動やロシア知識人については高校時代の世界史でも習ったし、青年時代には心友・佐藤優から野田茂徳、渡辺雅司、内村剛介、和田春樹、レーニン・・・を通じロシア思想に関する耳学問として接した。 また、元京都大学経済学部助手で全共闘運動のカリスマだった竹本信弘(=滝田修)氏からも、アナーキズムの関連でナロードニキについて伺ったことがある。 本日、あらためて「人民の中へ」という言葉を考えてみた。 少々、本筋から逸れるが、ロシア知識人の行動に表れる「覚悟」に学ばなければならないと感じた。
 筆者は現在、保守主義者を名乗っている。 そのため、ナロードニキ運動が目指した反乱や革命という過激な社会変革の概念には馴染めない。 ただし、運動に加わった知識人(インテリゲンチャ)による、「自らの言葉と思想に対し責任を取る」という気構えに筆者は深い共感を覚える。 率直に申せば、彼らが誠実に追い求める「知識と命」、「命懸けの知識」という理念に心が震えるのだ。 大塩平八郎の乱、陽明学における「知行合一」の精神に限りなく近いと感ずる次第である。
 時空を超えて、現下日本の政治状況はどうなっているか。 政治家における教養の不足は目を覆うばかりだが、問題は「大衆迎合主義(ポピュリズム)」を絵に描いたような「徳(ヴァーチュー)」の欠乏である。 選挙のみを意識して、流行の言説を吐き散らかす様は異様だ。 空気の振動による言語が漂うといった状況が続き、政治家は自らの言葉と行動に責任を持つということはなくなった。 国から地方まで、孔子がいう「義」を重んじる「君子」は絶滅し、「利」を喩(さと)る「小人」の類の政治家ばかりとなってしまっている。
 本ブログ読者には傲岸不遜のもの言いに聞こえるかも知れないが、もちろん、筆者は自らを無力かつ無教養な一地方政治家と認識している。 ただし、徳の不足を真摯に反省するからこそ、仁義、勇気、政治の結果責任、信念、惻隠の情・・・等々を常に意識せざるをえないのである。 ( 174,200 )

 終日、事務所で仕事、来客の対応。
 宇野 裕 自民党千葉県連幹事長代理から激励の電話を受ける。 「放射能焼却灰問題で、タキちゃん(=滝田県議)は地元で大変苦労していると聞いている。 ブレないで筋を通す政治は歴史が評価するし、その姿勢に敬意を表したい」との内容であった。 実に温かく有難い言葉であった。私からは格好をつけるつもりはなかったが、「当然のことです。 『私』ではなく『公』を第一に考えるのが保守主義であり、政治の結果責任を申上げている以上、議員としての覚悟もできております」と申上げた。
 この間、森田健作知事はじめ河上茂議員会長、酒井茂英党県連幹事長からも過分な御評価と激励を頂いている。 もちろん、筆者は褒められたくて政治を行っている訳ではない。 あくまでも、千葉県と地元印西市のためになるかどうかを基準として、政治に携わっている。
 13時、武西へ。 筆者が顧問を務める印西市空手道連盟・五十嵐靖宏理事長の御尊父様が御逝去されたため御自宅を弔問。 故人を偲び心から御冥福を祈り焼香する。 合掌 午後、関係各方面と連絡調整。
 18時、地元で保守系の印西市議会議員の先生方と意見交換会。 県政報告を行うとともに時局に関する認識を御話する。 21時過ぎ、帰宅。
 夜、読書。 ここ暫く不眠状態が続き体調不良。 夜中に頭痛、目眩、下痢・・・等々 最悪の事態を想定しつつ覚悟を決め日々、頑張るしかない。 

         8月に読んだ本
〇 「 帝国以後 」 エマニュエル・トッド著 / 石崎晴己 訳 (藤原書店)
〇 「 ショック・ドクトリン <下> 」 ナオミ・クライン 著 / 幾島幸子 訳 (岩波書店)
〇 「 サッチャー回顧録 <下> 」 マーガレット・サッチャー 著 / 石塚雅彦 訳 (日本経済新聞社)
〇 「 現代日本のリベラリズム 」 佐伯啓思 著 (講談社)
〇 「 自由貿易の罠 覚醒する保護主義 」 中野剛志 著 (青土社)
〇 「 性的唯幻論序説 」 岸田 秀 著 (文春新書)
〇 「 戦争経済に突入する日本 」 副島隆彦 著 (祥伝社)
〇 「 読書の技法 」 佐藤 優 著 (東洋経済新報社)
〇 「 人間の叡智 」 佐藤 優 著 (文春新書)
〇 「 農協の大罪 」 山下一仁 著 (宝島新書)
〇 「 『亡国農政』の終焉 」 山下一仁 著 (ベスト新書)
〇 「 食料自給率の罠 」 川島博之 著 (朝日新聞社)
〇 「 中国の核実験 」 高田 純 著 (医療科学社)
〇 「 核の砂漠とシルクロード観光のリスク 」 高田 純 著 (医療科学社)
〇 「 放射能・原発 これだけ知れば怖くない 」 高田 純 著 (幸福の科学社)
〇 「 人はなぜ放射線に弱いのか 第3版 」 近藤宗平 著 (講談社ブルーバックス)
〇 「 TPP反対が国を滅ぼす 」 中川八洋 著 (PHP)
〇 「 パルタイ 」 倉橋由美子 著 (新潮文庫)
by takinowa | 2012-08-31 22:34

12.08.30(木)

 終日、事務所で仕事、来客の対応。 関係各方面に連絡調整、情報収集。 インテリジェンスに関わる事柄であり、内容は申し上げられない。 墓場まで持っていくことになろう。
 それにしても世の中、孔子が曰う「小人」、すなわち義がなく利のみを考える人、自分さえ良ければいい人がいかに多いことか。 現下の日本では庶民の側というよりも、国から地方まで政治家が率先し、“義”ではなく“利”に走っている。 先に大衆迎合主義(ポピュリズム)の先頭に立とうとする言説を吐く政治屋が生き残っていけると勘違いしているのだ。 彼らの辞書に「仁」、「義」、「徳」の文字がないことは明白である。
 筆者は日々、天下国家はもちろん県政や地元に関する現実の問題と向き合っている。 是は是、非は非の姿勢で、逃げも隠れもせず正々堂々、正論を訴えるのみと心得ている。 私は決してブレない。 真正の保守派として、小人とは非和解的に闘うつもりである。
 また、国政に関することで筆者は、民主党の体たらくを撃つことを今後控えたい。 大凡、国民の大多数は同党を支持することなどない。 問題は、大阪維新の会なる得体の知れない政治団体だ。 本ブログにおいても、撃つべきは「維新八策」と宣言し論陣を張って参りたい。
 19時、印西市役所。 消防団本部役員会議。 21時半、帰宅。 夜、読書。
by takinowa | 2012-08-30 22:53

12.08.29(水)

 9時、印西を出て千葉へ向かう。
 11時、県庁で企業庁事業収束に関する政務調査。
 13時、防災危機管理部及び環境生活部に関する政務調査。 14時半、県庁を出て印西へ。
 16時、事務所にもどり仕事、来客の対応。
 ドッと疲労&消耗感に包まれる。 申上げたいことはヤマほどあるが、微妙なタイミングなので沈黙する。  

 子曰、君子喩於義、小人喩於利。 
 子曰(のたま)わく、君子は義に喩(さと)り、小人は利に喩る。

 『論語 里仁篇 第四:十六』

 「 真理は具体的である 」(ヘーゲル:『小論理学』)
 日々刻々、変化していく状況と向き合い、何とかハードルを越え問題を解決していかなければならない。 真理は具体的であり、細部に宿る。 本日も、県職員と本気で議論したが、抽象的な意見交換では意味がない。 あくまでも実務的かつ現実に即した内容であった。
 と同時に、2500年前の孔子の言葉に、時空を越えて実践的リアリティを感じる。 県庁における勉強会で本日、ふと「論語」の一節が心に浮かんできた。 迷走する国政や暴走する地方政治を目の当たりにし、今こそ孔子を学ぶべきと筆者は考える。

 佐伯啓思 著 「 現代日本のリベラリズム 」(講談社・絶版)を読む。 戦後日本の自由と民主主義を根源的に問う佐伯教授は真正の保守主義者だ。 バブル崩壊後の1990年代前半に書かれた評論集だが、旧さを感じるというよりも、現在の思想状況を見事に予見しているから驚きだ。
by takinowa | 2012-08-29 20:07

12.08.28(火)

 終日、集中してTPP及び農政に関する猛勉強。
 山下一仁 著 「『亡国農政』の終焉 」(ベスト新書・752円)を読む。 著者の主張である「減反廃止 ⇒ コメ価格の引下げ ⇒ 直接支払制度 」という政策は、民主党政府が行っている「農家戸別所得補償」と真向から対立する。
 考えれば考えるほど悩むし、結論が出ない・・・
by takinowa | 2012-08-28 21:34

12.08.27(月)

 終日、集中して放射線に関する猛勉強。
 近藤宗平 著 「 人はなぜ放射線に弱いのか 第3版 」(講談社ブルーバックス・980円)を読む。 近藤博士は大阪大学医学部名誉教授で、日本の放射線医学の権威だ。 がん発生のメカニズムと放射線の関係、細胞のDNA修復といった専門的知見を分かりやすく解説している。 いずれにせよ、放射線の人体への影響には「閾値」が存在すること、「高線量瞬間被曝」は危険だが「低線量長期継続被曝」は安全といった常識を粘り強く社会に訴え続けることが大事と考える。
by takinowa | 2012-08-27 20:24

12.08.26(日) 六軒厳島神社 奉納相撲大会

 8時、江戸時代から続く夏の伝統行事、六軒相撲大会に来賓出席。 開会式で大勢の参加力士の前で御挨拶させて頂く。 筆者の地元・六軒区は相撲の盛んな土地柄だ。 明治から大正期にかけて活躍した第24代横綱 鳳谷五郎(本名:滝田 明)をはじめ複数の幕内力士を郷土から輩出している。 ちなみに、鳳は俳優の滝田 栄さん・成田高校陸上部・故 滝田詔生監督兄弟の大叔父にあたる。 六軒厳島神社に建立された没後50周年 鳳谷五郎 顕彰碑に刻まれている「不撓不屈」の文字は、滝田栄さんの書(08.08.23 ブログ・写真参照)。 
 午後、千葉ニュータウン方面をまわる。
 18時、木下地区懇談会で県政報告。 地域の諸課題について意見交換。

 佐藤 優 著 「 人間の叡智 」(文春新書・780円)を読む。 心友・佐藤 優を印西に招き11月、北総フォーラムを開催予定。 近日中に本HPで告知致します。
by takinowa | 2012-08-26 22:22

12.08.25(土)

 終日、事務所で仕事。
 18時、小林地区懇談会で県政報告。 地域の諸課題について意見交換。
by takinowa | 2012-08-26 21:41

12.08.24(金) 印西市無形文化財 別所獅子舞

 午前、事務所で仕事、来客の対応。
 15時半、別所地蔵寺へ。 16時、同地域に古の昔から伝承される印西市指定無形文化財「別所獅子舞」を見学。 板倉正直市長や総代の石橋鉄太郎氏から解説して頂き、楽しむことができた。 本日の奉納にむけて長い間稽古に励んだ皆様に心から敬意を表するものである。
 18時半、帰宅。 夜、読書。

 野田総理の親書を韓国政府が22日、送り返すという想定外の暴挙、無礼な対応をしてきた。 日本が礼を尽くして親書を送っても、「日本とは一切話をしない」という韓国の姿勢はもはや友好国のとる態度とは言い難い。 今回の事案については、政府と国会はもちろん地方もオールジャパンで「竹島返還」の国民運動を全国展開すべきと考える。 韓国の横暴な対応を絶対に許してはならない。 国家と国民が一体となった反撃を早急に行うべきだ。 野田総理は本日、緊急の記者会見を行ったが、筆者としても他の出鱈目な政治には目を瞑って断固支持するものである。
 次に、菅直人前総理が仲介役となってしゃしゃり出た23日、野田総理が反原発を訴える市民団体と面会した事案についてだが、民主党政権は一体何を考えているのか。 まさに場当り的大衆迎合主義(ポピュリズム)を象徴するような出来事としか思えない。 鳩山元総理が反原発デモに参加し「原発再稼働反対」の演説をしたり、菅直人前総理は反原発デモを「新しい政治参加のうねりだ」と持ち上げる。
 二人の歴代総理経験者が現首相の方針に公然と反対し、反原発デモに肩入れするのは狂気の沙汰だ。 この国の経済が原発を利用しないと立ち行かないという現実から目を逸らす両氏は、無責任政治家の典型である。 一発 レッドカード! 即刻、政治の場から退場すべきだろう。 野田総理も、見苦しい二人の総理経験者に、これ以上振り回されてはならない。
 ついでに申上げるが、「討論型世論調査」とは何事か!! 国民の代表たる国会議員が衆参両議院で行う質疑や討論が、代議制の根幹ではないのか! もはや、民主党には「つける薬」もないような体たらく。 
by takinowa | 2012-08-24 23:30

12.08.23(木) 独立行政法人 国立がん研究センター視察

 午前、事務所で仕事、来客の対応。
 12:55、印西警察署。 公明党・浅沼美代子市議、藤井県議、杉本昭夫・木下上町内会長とともに、信号機への音響装置設置に関する要望活動。 13:20、木下を出て千葉ニュータウン中央駅へ。 13:42、印西を出て築地へ向かう。
 15時~17時、独立行政法人 国立がん研究センター。 自民党医療議連・がん対策推進条例プロジェクト・チームによる視察・研修にPT副座長として参加。 がん対策情報センター長・若尾文彦医学博士、同広報室長・渡邊清高医学博士より、国民に対する「がんの情報提供の取組みについて」の講義を受け質疑応答。 条例案作成にあたり、県民への情報提供のあり方について貴重な知見を得ることができた。 「がん登録」制度の普及、拠点病院と地域の連携等々、同情報センターの取組みは多岐にわたり、国民の一人として頼もしく思うとともに心から敬意を表したい。
 この間行ってきた、がん対策PTの研修や各種団体との意見交換会を踏まえ、いよいよ本県の「がん対策条例骨子案」をまとめる時期も近づいてきた。 県立がんセンター、国立放射性医学総合研究所、大阪府、鳥取県、県医師会、県歯科医師会、県薬剤師会、県患者団体、国立がん研究センターはじめ、多くの関係者に御指導頂いたことを十分反映させて頂くことになる。
 17時半、宇野裕議連会長と銀座で食事(御寿司を御馳走になる)。 県政に関する意見交換。 19時、東京を出て印西へ。 21時、帰宅。 夜、読書。
 高田 純・札幌医科大学教授 「 放射能・原発、これだけ知れば怖くない! 」(幸福科学出版・1,200円)を読む。

            【 独立行政法人 国立がん研究センター 視察 】f0035232_13554554.jpg
国立がん研究センター
セミナールームf0035232_13563791.jpg
(左)若尾文彦
センター長
(中)渡邊清高
広報室長
(右)高山智子
情報研究室長
by takinowa | 2012-08-24 14:01

12.08.22(水) 環境警察正副委員長説明

 午前、事務所で仕事、来客の対応。 11時、印西を出て県庁へ向かう。
 13時半、千葉県警察本部組織及び重点事業に関する説明を受ける。
 14時、環境生活部組織及び重点事業に関する説明を受ける。
 16時半、県土整備部道路整備課から舟戸大橋架け換え事業の説明を受ける。 17時、県庁を出て印西へ。 19時、帰宅。

 高田 純・札幌医科大学教授 著 「 核の砂漠とシルクロード観光のリスク 」(医療科学社・1,000円)を読む。
by takinowa | 2012-08-22 21:09