<   2012年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

12.07.31(火) 総合防災拠点あり方検討会

 暑中御見舞申上げます。
 連日の猛暑、こらからも厳しい暑さが続きます。 御自愛の程御祈り申上げます。

 8時、印西を出て県庁へ向かう。
 10時、千葉県教育会館で千葉県総合防災拠点の在り方検討会を傍聴。 いよいよ、県消防学校の候補地選考に関する議論が本格化する。 県防災危機管理部としても、昨年9月からの県議会や予算委員会での質疑、自民党政務調査会の意見等を十分勘案し候補地選考にあたって頂きたい。
 筆者としても県議となって以来、県消防学校の建て替えは最大の関心事だ。 本県防災行政の中核となる施設であり、消防職団員はもとより多くの県民も利用することとなる。 当然、県が総合防災拠点で示した液状化や津波被害の危険性のない「地盤強固という基準は、立地条件の最優先事項と考える。
 午後、県庁内で政務調査、情報収集。 14時半、千葉を出て印西へ向かう。
 16時、事務所にもどり仕事、来客の対応。
 18時~20時半、千葉ニュータウン中央駅で拡声器を使用しての県政報告&スタッフ・Team Takita とともに「県議会リポート16号」を通勤の県民に配布。 「 本日朝刷り(アサズリ)の県政報告で~す!!」と訴え、多くの皆様に受け取って頂く。
 21時、中央駅前アルカザール・カレーのCOCO壱で同志とともに夕食。 22時、帰宅。(171,600)

      7月に読んだ本
〇 「 小村寿太郎 」 片山慶隆 著 (中公新書)
〇 「 暴走する地方自治 」 田村 秀 著 (ちくま新書)
〇 「 国が亡びるということ 」 竹中平蔵 × 佐藤 優 著 (中央公論新社)
〇 「 預金封鎖 」 副島隆彦 著 (祥伝社)
〇 「 TPPで日本は世界一の農業大国になる 」 浅川芳裕 著 (KKベストセラーズ)
〇 「 低量放射線は怖くない 」 中村仁信 著 (遊タイムズ出版)
〇 「 農協の陰謀 」 山下一仁 著 (宝島新書)
〇 「 郵政崩壊とTPP 」 東谷 暁 著 (文春新書)
〇 「 民主党代議士の作られ方 」 出井康博 著 (新潮新書)
〇 「 文学部唯野教授 」 筒井康隆 著 (岩波書店)
〇 「 文学部唯野教授 サブテキスト 」 筒井康隆 著 (文藝春秋)

by takinowa | 2012-07-31 22:33

12.07.30(月)

 午前、事務所で集中して仕事、来客の対応。 週末の宴席ラッシュで疲労困憊だったが、気分を一新。
 13時半、印西を出て千葉へ。
 15時、県庁内で政務調査、情報収集。
 16時、河上茂議員会長、中台良男環境警察常任委員長と共に千葉県警察本部長と懇談。
 18時、ホテルプラザ菜の花において自民党議員会主催の懇談会。 千葉に宿泊。
 本日、板倉正直・新印西市長が初登庁。 どのような舵取りをするか、内外の注目が集まっている。 私としても地元県議として、板倉新市長の市政運営に全面的支援を行って参りたい。
by takinowa | 2012-07-31 12:55

12.07.29(日)

 11時、浦部阿夫利神社例大祭。 県指定重要無形文化財・浦部十二座神楽の奉納を観賞。 神社役員はじめ永治地区の旦那衆から、心温まる接待・饗応を受ける。 まさに熱烈歓迎。 13時、神事にて玉串奉奠。 ほとんど意識を喪失する程、御神酒を頂戴する。
 14時半、自宅にもどり昼寝・静養。 16時半、平賀学園台へ向かう。
 17時、平賀学園台夏祭。 地域の方々と交流し、盆踊大会で御挨拶。
 19時半、帰宅して気絶する。 記憶が島状となっている・・・
by takinowa | 2012-07-31 12:34

12.07.28(土) 第48回千葉県消防操法大会 / ロンドン五輪開幕

 5時、印西市役所集合。 5時半、印西を出て千葉市仁戸名町の県消防学校へ向かう。
 9時、第48回 千葉県消防操法大会開会式。 10時~13時半、ポンプ自動車の部、小型ポンプの部に別れ支部大会を勝ち抜いた県下12チームが消防操法を行う。 印旛支部代表の印西市消防団は小型ポンプの部6番目に登場。 規律正しく素晴しい操法を展開。 前回大会に続く印西市消防団の連覇は成らなかったが、健闘を称えるものである。 14時、千葉を出て印西へ向かう。
 17時、吉高の富井レストラン。 消防団第9分団第4部の慰労会。
 18時、高花夏祭。
 19時、木下南口で消防団本部慰労会。
 20時、松崎毘沙門様夏祭・納涼盆踊大会。
 21時半、帰宅。
 体力の限界。 死んだように爆睡眠。

            【 第48回 千葉県消防操法大会 】 f0035232_1218364.jpg

印西市消防団
第9分団4部(吉高地区)堂々の演技f0035232_12182323.jpg
by takinowa | 2012-07-30 12:19

12.07.27(金) 第1回 がん対策推進条例制定に向けた懇話会

 午前、事務所で仕事、来客の対応。 11時半、印西を出て県庁へ。
 13時半、防災危機管理部、環境生活部に関する政務調査。 15時、自民党医療議連・がん対策PTの勉強会。
 17時~19時半、第一回 がん対策推進条例制定に向けた懇話会。 千葉大学、県立がんセンター、県医師会、県歯科医師会、県薬剤師会、県看護師会ほか医療関係団体代表から、がん対策に関する専門的知見のヒアリング。 20時、千葉を出て印西へ向かう。
 22時、帰宅。 かなり消耗した一日だった。
by takinowa | 2012-07-27 22:36

12.07.26(木) 木更津総合高、4年ぶりV

 6:15~8:05、千葉ニュータウン中央駅で朝の御挨拶と拡声器を使用しての県政報告。 先週後半の涼しさから本日は一転、朝から猛暑。 汗だくとなりながら、6月定例会一般質問の質疑に関する報告を行う。
 終日、事務所で仕事、来客の対応。 午前、自民党印西市支部打合せ。 印西市長選が終わったものの息つく間もなく、いよいよ衆院解散総選挙の臨戦態勢。 各地区党役員と連絡を密にし、万全の準備を整えねばならない。 
 夕方、印西を出て柏市へ。 県政の課題解決に向けた重要な仕事。 22時、帰宅。
 第94回全国高校野球選手権千葉県大会最終日は25日、幕張の千葉マリンフィールドで決勝が行われ、木更津総合が9-0で柏日体を降し、4年ぶり3度目の甲子園出場を決めた。 予選の木更津総合は上り調子、高校野球らしく一戦一戦逞しく成長著しいチームだ。 甲子園初戦突破で波に乗り一昨年の成田、昨年の習志野に続く一大旋風を期待するものである。

 竹中平蔵 × 佐藤 優 「 国が亡びるということ 」(中央公論新社・1,300円)を読む。 世間では、鈴木宗男&佐藤優と竹中平蔵は対極の存在と思われていた。 『国策捜査』を敢えて図式的に単純化すれば小泉政権下、国家が公共事業型公平配分から新自由主義的傾斜配分、地政学的外交から米国中心主義的外交へ、という大きな政治の転換が行われた時、『時代のけじめ』となって現れた現象と考えられる。 その小泉改革の中心人物、竹中平蔵氏との対談は実に興味深い。
 佐藤 優は出版界において、アントニオ猪木に匹敵する『異種格闘技』的対談の才能を発揮する。 鈴木宗男、魚住昭、宮崎学、竹村健一、田原総一郎、岡本行夫、中村うさぎ、村上正邦、副島隆彦・・・ いつ何時、誰であれ、右も左も関係なく、どのようなテーマでも、全て嚙み合った対談を展開。 相手の持ち味、技を十分に発揮させ、新たな思想の佐藤ワールドを作り出していく。まさに、知の巨人である。
by takinowa | 2012-07-26 22:45

12.07.25(水)

 終日、事務所で仕事、来客の対応。 滝田敏幸・県議会リポート 第16号が校了し印刷へ。 近日中に広く県民の皆様へ配布予定。 御一読頂ければ幸甚です。
 18時、印西斎場。 I印西市農業委員の御尊父様通夜に参列。 心から御冥福を祈り焼香する。
 19時、NT高花へ。 地元若手経営者の会合で県政報告し懇談。 22時、帰宅。

 東谷 暁 著「 郵政崩壊とTPP 」(文春新書・780円)を読む。 郵政の危機的状況を理解することができた。 すなわち、ユニヴァーサル・サーヴィスと民営化による収益性の担保という矛盾する二つの課題を抱えた状態。 小泉元総理の行った郵政民営化は果たして改革であったのかどうか、検証が必要だ。
by takinowa | 2012-07-25 22:44

12.07.24(火) イチロー、NYヤンキースへ電撃移籍

 6:20~8:05、北総鉄道印西牧の原駅で朝の御挨拶と拡声器を使用して県政報告。
 終日、事務所で仕事、来客の対応。
 16時、印西市役所で勉強会。 県政の課題について説明する。 夜、千葉で会合。
 シアトル・マリナーズで主力として11年半活躍し、数々のメジャーリーグ記録を達成したイチローが NY ヤンキースに電撃移籍。 不世出の天才選手のトレード劇にメディアの注目が集まっている。 筆者としても、イチローの新天地での活躍を願って止まない。 松井秀樹外野手がヤンキース在籍中であれば、同じユニフォーム姿を見る事ができたと、多くの日本人が思っているのではなかろうか。

 中村仁信 著 「 低量放射線は怖くない 」(遊タイム出版・1,200円)を読む。 著者の中村氏は、大阪大学医学部放射線科教授としてがん治療の最先端研究に携わり、また国際放射線防護委員会(ICRP)委員を務めるなど、この道のプロ中のプロだ。 放射線の発がんリスクと閾値、放射線ホルミシス等について、小学生でも理解できるくらい本当に分かりやすく書かれている。 放射線を闇雲に怖がってはならない。 一人でも多くの方に御読み頂きたい。
by takinowa | 2012-07-24 23:30

12.07.23(月)

 6:20~8:15、北総鉄道印旛日本医大駅で朝の御挨拶と拡声器を使用しての県政報告を行う。
 終日、事務所で仕事、来客の対応。
 午後、自由同和会千葉県本部 木村仁会長。 本県の人権行政や放射性物質を含む焼却灰一時保管問題について意見交換。

 浅川芳裕 著 「 TPP で日本は世界一の農業大国になる 」(KKベストセラーズ・1,500円)を読む。 相当な説得力だ。 著者の浅川氏の知的水準は実に高い。
by takinowa | 2012-07-23 21:56

12.07.22(日) 自由同和会千葉県本部 定期大会 / 大暑

 本日、暦の上では大暑。 にもかかわらず、この数日間、涼しい日が続いている。
 朝、事務所で仕事。
 放射性物質を含む焼却灰一時保管問題について、元々ほとんどない知恵を絞ってまる二日間集中して考える。 これまでの経緯を整理し、今後のスケジュールと想定される最悪のシナリオ及びそれを避けるにはどうしたらいいかをシュミレーションする。
 いずれにせよ、残された時間は後僅かだ。 この手の事案は机上の空論では済まされない。 真理は現実的かつ具体的である。 まずは責任をもって行動することが大事。 人生一度っきり、試練の日々が続く。
 11時半、印西を出て柏市柏の葉にある県立東葛テクノプラザへ向かう。 13時半、顧問を務める自由同和会千葉県本部の定期大会に出席。 木村仁会長の挨拶に続き来賓が祝辞。 新印西市長就任予定の板倉正直さんもお見えになっていた。 14時半、柏市を出て印西へ。
 16時、約2ヶ月半ぶりに、行き付けの床屋で散髪し気分をリセット。
 17時半、事務所にもどり仕事。
by takinowa | 2012-07-22 19:02