<   2012年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

12.05.31(木) 千葉県がんセンター 視察

 相変わらず、左膝偽関節炎で無様な格好の歩行を余儀なくされている。 ハッキリ言って、相当痛い。 午前、事務所で仕事、来客の対応。 10時半、印西を出て県庁へ。
 筆者が副座長を務める自民党医療議連・がん対策PT(プロジェクト・チーム)の研修が本日行われた。 筆者の父親は2001年、肝臓癌で他界している。 また、母方の伯父や伯母を肺がん、仲人の佐相昌夫先生(元千葉県ラグビー協会理事長)を食道癌・・・等々、身近な愛すべき人を癌で失っている。 正直、心から癌を憎いと思っている。 確かに現在では、がんは決して不治の病ではなくなった。 社会のガンに対する認識も変わってきている。 しかしながら、日本人の死因の断トツ・トップであり、二人に一人が癌になることも事実だ。 筆者としても、千葉県のがん対策を一歩でも前進させるため、力を尽くして参りたいと考えている。
 12:30、県庁を出て千葉市仁戸名町の県立がんセンターへ。
 千葉県がんセンターは1972年11月、国立がんセンター、愛知県がんセンターに次いで日本で3番目に開設されたがん専門病院である。 病床数は341。本県におけるがん対策の中核的役割を担っている。 また、千葉大学医学部と連携し、高度な医療研究所を病院に併設しているのも大きな特色である。 さらに、在宅緩和医療や早期からの緩和医療の推進など、先進的な診療の取組みにも意欲的だ。
 13時、同センターで「本県ガン対策の現状と課題」、「千葉県がんセンターの取組み」について勉強会及び施設内の視察。 研修では、県健康福祉部・川島健康づくり支援課長から「がん対策へのアプローチ」について国の「がん対策基本法」、「がん対策基本計画」、「千葉県がん対策推進計画」について詳細な説明を受け、質疑応答。 中川原 章・がんセンター長(千葉大学医学部大学院教授)から、同センターの概要とがん治療の最前線に関する講義を受ける。 また施設内の視察では特に、最先端医療のIMRT(ピンポイントでがん細胞に命中する放射線治療機器)やダ・ヴィンチ サージカルシステム(前立腺・ロボット支援手術)を見学し、日進月歩の技術開発に驚く。 約3時間、実に中身の濃い研修と現地調査であった。 16時、千葉を出て印西へ向かう。
 18時、印西斎場へ。 板倉正直・印西市議御母堂様の御通夜に参列。 心より御冥福を祈り焼香する。 合掌
 18時半、吉高の迎福寺へ。 元印旛村長(印西市名誉市民・元千葉県教育委員長)吉岡敏男氏の御親族の御通夜に参列。 心から御冥福を祈り焼香する。 合掌
 19:15、自民党本埜支部・小川利彦青年部長と夕食。
 20時半、事務所。 22時、帰宅する。 夜、読書。 (166,300)

 佐和隆光 著 「 地球温暖化を防ぐ 」(岩波新書・760円)を読む。 CO2主因による地球温暖化の科学的与件が崩壊した現在、どんな一流の経済学者の書物もその価値を失ってしまう典型である。 まさに、「諸行無常」について考えさせられる一冊だ。
 国民の大多数は忘れてしまったかも知れないが、2009年9月の政権交代直後、鳩山由紀夫総理は国連本会議で「CO2の25%削減」に関する国際公約の演説を行っている。 科学的知見に基づかない非理性的かつ、この国と国民を不幸にする最悪の公約といっても過言ではない。 この国のGDPを半分にしなければ到底達成できないような無茶苦茶な話であり、万死に値する政治である。 民主党政権は、地球温暖化ブームに乗った国民受けのする政治パフォーマンスであったことを素直に認め、国民に詫び、即刻撤回すべきと考える。
 人類は今、CO2温暖化論争を悠長に行っている場合ではない。 とりわけ日本では震災復興が急がれる今、莫大な国費を根拠薄弱(ゼロ)なCO2 削減策のために浪費することは絶対に許されない。 また、気候変動の真因については最新の科学的知見から分析すること、さらに化石燃料を温存するためのエネルギー問題の議論が何よりも重要と訴えたい。

       5月に読んだ本
〇 「 ショック・ドクトリン <上> 」 ナオミ・クライン 著 / 幾島幸子 訳 (岩波書店)
〇 「 有閑階級の理論 」 ソースティン・ヴェヴレン 著 / 高 哲男 (ちくま学芸文庫)
〇 「 官僚制 」 マックス・ウェーバー 著 / 脇 圭平 訳(角川文庫)
〇 「 間違いだらけのTPP 」 東谷 暁 著 (朝日新聞出版)
〇 「 地球温暖化を考える 」 宇沢弘文 著 (岩波新書)
〇 「 地球温暖化を防ぐ 」 佐和隆光 著 (岩波新書)
〇 「 帝国の時代をどう生きるか 」 佐藤 優 著 (角川書店)
〇 「 原発は、明るい未来の道筋をつくる! 」 渡部昇一 著 (WAC)
〇 「 財政のしくみがわかる本 」 神野直彦 著 (岩波ジュニア新書)
〇 「 列島強靭化論 」 藤井 聡 著 (文春新書)
〇 「 グローバル恐慌の真相 」 中野剛志 × 柴山桂太 (集英社新書)
〇 「 売国奴に告ぐ 」 中野剛志 × 三橋貴明 (徳間書店)
〇 「 ユニクロ型デフレと国家破産 」 浜 矩子 著 (岩波新書)
〇 「 時をかける少女 」 筒井康隆 著 (角川文庫)

by takinowa | 2012-05-31 21:21

12.05.30(水)

 午前、自宅で静養。 古傷である左膝蓋骨骨折箇所の偽関節炎による痛みと腫れが続いている。 正常な直立歩行とまではいかないが、最悪期の四つん這い状態を脱し、格好は悪いが何とか歩行できるようになった。 恐らく、ネアンデルタール人とクロマニヨン人の間くらいの歩行スタイルであろう。
 午後、事務所で仕事、来客の対応。 県立印旛高校移転に伴う旧木下校舎跡地の利活用について、松本一正同校OB会長と意見交換。
 18時、地元で会合に参加。

 浜 矩子 著 「 ユニクロ型デフレと国家破産 」(文春新書・850円)を読む。 著者の立ち位置はケインズ左派と考える。 通貨政策に対する冷徹な分析は大いに学ぶべき点がある。また、個人間、地域間、国家間の「自分さえ良ければいい」主義(病)の克服という問題提起を、政治は正面から受け止めるべきと思った。
by takinowa | 2012-05-30 23:30

12.05.29(火) 左膝蓋骨骨折に伴う偽関節炎

 昨日の本ブログ・アクセス数が800を超えた。 ここ暫くの間、北千葉道路・千葉NT区間部分開通にともなう交通渋滞・混雑の発生など、地元県民のお叱りも相当受けている。
 昨夜から左膝痛と発熱に悩む。 相当に腫れあがり、激痛でトイレもハイハイでしか行けない。 左膝蓋骨(お皿)骨折にともなう偽関節の再発で歩行困難となる。
 8時、印西を出て半年ぶりに我孫子の平和台病院へ。 8:55、整形外科主治医・K医師の診察を受ける。 レントゲン及び血液検査を行い、約1ヵ月間の投薬治療で経過を観察するとの診断。
 11時、事務所にもどり自民党印西支部・松本一正支部長と打合せ。 午後、自宅で静養。
 14時半、印西を出て千葉へ向かう。 16時、県庁で政務調査。 18時半、自民党県連幹部ほかVIPとの会合で有意義な意見交換。県政の諸課題、とりわけ北総鉄道や千葉ニュータウン事業の収束問題等について相談させて頂く。 21時半、千葉を出て印西へ。 22時半、帰宅。

 中野剛志 × 三橋貴明 「 売国奴に告ぐ 」(徳間書店・1,400円)を読む。 反・新自由主義&反TPP陣営の論客による対談。 二人は西部 邁、佐伯啓思の系譜に属する保守派のニューウエーブだ。

     【 印旛地区 利根川水防演習 5/26 成田市竜台地先利根川堤防f0035232_12443228.jpg

陸上自衛隊
第一空挺団
ヘリ救助訓練
f0035232_12454553.jpg












成田市消防
本部による
水難救助訓練
f0035232_12465944.jpg














成田市水防
による演習

by takinowa | 2012-05-29 22:55

12.05.28(月)

     HPを更新しました! 】 
 本日、公式HP 「 最新活動報告・ニュース 」を更新しました。 TP・新着情報からアクセス頂けますので是非御覧下さい。

 7時半、印西を出て県庁へ向かう。
 9時、原発事故対応・復旧復興に関する政務調査。
 10時、自民党政策審議会。 6月定例県議会議案について。
 11時半、県土整備部道路計画課の北千葉道路供用開始後の渋滞対策を調査。 ニュータウン中央ランプ(入口)と牧の原ランプ(出口)の対策について聞き取り。 今のところ、ランプ入口車線規制、車線境界線(ドット線)消去やポストコーン撤去、電光案内看板設置など応急の対策がとられているとのこと。ただ、導流帯の撤去やレーンの変更等、ハッキリと分かる対策が必要だ。 県土整備部には、県警交通規制課との協議を急ぐよう申し入れた。 いずれにせよ、今週末の道路状況を注視したい。
 13時、県企業庁ニュータウン整備事業に関する政務調査。 14時半、千葉を出て印西へ。
 16時、事務所にもどり仕事、来客の対応。
 古傷の左膝蓋骨(お皿)骨折偽関節炎が超痛み出す。 情ないことに歩行困難となる。自宅にもどり静養。 明日の朝、腫れと痛みが引かなければ整形外科に行くこととする。

f0035232_18292593.jpg故・大野 眞
県議一周忌
の御墓参り

(5/27)
by takinowa | 2012-05-28 20:55

12.05.27(日) 故 大野 眞県議 一周忌御墓参り

 朝、事務所で情報収集。 一昨日からずっと、開通したばかりの北千葉道路・国道464千葉ニュータウン区間の渋滞・混雑について、県民からの苦情や問合せメール・電話がひっきりなしに続いている。 UR、県、県警が協議し対処しているとのことだが、筆者としても「慢性的渋滞の解消」をアピールしていただけに面目丸つぶれだ。 正直、情ない。
 県民の皆様に対し心から申し訳なく思う。 UR施工区間とはいえ、地元県議として結果の責任を重く受け止め、深く反省し御詫び申し上げる。 明日の朝一、県庁で原因を徹底調査し、抜本的対策を要求して参りたい。
 10:20、印西を出て栄町安食へ。
 11時、栄町ふれあいプラザへ。 生前の大野眞県議と親しかった先生方に声を掛け参加者11名で、一周忌の御墓参りを行う。 また、白須賀貴樹・自民党県13区支部長、地元栄町からは岡田正市・町長、大澤義和・議長ほか保守系町議の先生方に御付合い頂く。
 墓前に花を供え御線香をあげる。 時の経つのは早いものだ。 あらためて大野先生との想い出が蘇ってきた。 あまりにも早い旅立ちに、天を恨みたい心持になってしまう。 自分としても人生一回限り、己を捨て正々堂々、ブレない真直ぐな政治を行っていくことを御誓いするものである。
 12時、安食の金田屋で参加者とともに昼食会(偲ぶ会)。 同志県議や地元の先生方とともに、在りし日の大野県議を語り合う。 特に、岡田町長の挨拶はこちらがもらい泣き007.gifしてしまうほど、万感の思いが伝わってきた。 宇野裕県議からは「自民党県議全員で力を合わせ大野先生の思いを胸に、栄町のために力を尽くそう」とのお話もあった。 参加者一同の心が一つになり、筆者としても本当に心が熱くなった。 13時半、栄町を出て印西へ。
 14時から約一時間、北千葉道路・国道464の混雑、渋滞状況を現地調査。 北千葉道路と国道464一般車線の接続が最悪で、断続的に数Kmの渋滞が発生している。 周辺道路の混雑もヒドイ状況だ。県民の怒りとイライラは当然である。
 16時、自宅にもどり、ひたすら沈思黙考する。
 日々、発生する問題を一つずつ解決しなければならない。 本日のようなトラブルが発生すると、鬼の首でも取ったように騒ぐ無責任な政治家もいるから頭が痛い。 当局の失敗やミスを、ここぞとばかりに「市民目線」で追及するだけの輩だ。 ここは、ギリギリの努力をしている現場の人間を励まし、一刻も早い解決策をうたねばならない。
 これから夏場にかけて正念場の日々が続く。 どんなに逆風が吹き、苦しかろうとも頑張り抜くつもりだ。
 筆者は現下日本の社会に「自分さえ良ければ病」が蔓延しつつあると感じている。 何とかしなければならない。 私は絶対にブレない。 大衆に迎合しない。 そして、自己保身に走らず、徹底的に「公」の大義を大事にしたい。 必ず、お天道様、いや神様は御覧になって頂いていると確信している。

 ナオミ・クライン著 / 幾島幸子・村上由美子 訳 「 ショック・ドクトリン <上> 惨事便乗型資本主義の正体を暴く 」(岩波書店・2,500円)を読む。
 新自由主義批判を基調にした左翼的ルポルタージュ。
by takinowa | 2012-05-27 22:28

12.05.26(土) 印旛地区 利根川水防演習

 7時半、自宅周辺のゴミ拾い。 明日のゴミゼロ運動は筆者の代わりに家内が出るので約30分程、汗を流した。
 8:50、印西を出て成田市竜台の利根川右岸堤防へ向かう。
 10時、印旛地区水防管理団体連合会主催の水防演習。 本年は成田市が当番で来年は印西市に順番まわってくるため、しっかりと視察させて頂く。 水防団の見事な工法が披露された後、陸上自衛隊第一空挺団と成田市消防本部による迫力満点の合同水難救助訓練が行われた。
 現在、震災で大きな被害を被った利根川下流堤防は、国土交通省により本格復旧が進められている。 6月以降の出水期を迎えるにあたり、地元水防団としても万全を期して参りたい。 12:40、成田を出て印西へ向かう。
 14時、印西市文化ホール。 印西市自衛隊協力会定期総会で祝辞を述べさせて頂く。
 15時半、印西市防犯協会大森支部総会で祝辞を述べさせて頂く。
 18時、印西斎場。 いつも御世話になっている浦部 Eさんの御尊父様の御通夜に参列。 心より御冥福を祈り焼香する。 合掌
 18時半、木下で会合に出席し御挨拶。
 21時、帰宅。 本日は様々なことがあって真面目に消耗しました。
 終日、北千葉道路・国道464の渋滞・混雑に関する情報提供の電話を受ける。 世の中、あまりにも思い通りにいかず頭が痛い。
by takinowa | 2012-05-26 23:33

12.05.25(金) 北千葉道路 千葉NT一部区間 開通式

 各種団体総会シーズンがピークを迎えている。 毎晩、相当量のアルコールを摂取して心身ともに草臥れているが、笑顔を絶やさず歯を喰いしばり根性で頑張り抜きたい。
 午前、政務で佐倉市方面。 11時半、事務所にもどり打合せ。 12時半、千葉NT・北千葉道路 草深工区へ。
 13時、北千葉道路 千葉ニュータウン区間 開通式典 038.gif 。 UR都市再生機構・佐々木公陽本部長の工事経過報告(挨拶)に続き、来賓祝辞を述べさせて頂く。
 本日15時、UR施行の千葉ニュータウン 10Km の6車線化事業区間のうち6.5Kmが供用開始となった。 北千葉道路・全線総延長45Kmの一部開通ではあるが、千葉ニュータウン区間の渋滞解消はもとより、成田空港 051.gif 都心・首都圏を直結する高規格道路の完成に向け一層の弾みがつくものと考える。 今後、東京外環道東側区間への接続と更なるアクセス向上に向け、関係者とともに力を尽くして参りたい。
 全ての県民の皆さん! 是非とも印西へ御越し下さい。 部分供用開始ではありますが、成田スカイアクセスをはさみ6車線の見事な道路が開通しました! 高速道路に匹敵する程の自動車専用の高規格道路であります。f0035232_184899.jpg

北千葉道路
千葉NT工区
029.gif 開通式典

テ-プカット024.gif
f0035232_184944.jpgf0035232_18512285.jpg










来賓として
祝辞を述べる















向って左から
都市再生機構
佐々木本部長
県土整備部
鯉渕 彰次長
山崎印西市長
筆者
伊澤白井市長
印西警察
古川等 署長








 13:50、千葉NT中央駅前・餃子の王将でランチ。
 14:45、事務所にもどり夕方まで、印西警察ほか立て続けに来客の対応。
 18時半、千葉NT方面。 市民団体の会合で御挨拶・県政報告。
 20時半、帰宅。 夜、読書。
by takinowa | 2012-05-25 21:21

10.05.24(木) 印西市観光協会定期総会

 9:45、市内和(やわら)地先へ。
 10時、県印旛土木事務所による旧長門川河川改良事業について、自民党本埜支部長・大塚輝男市議、小手・印西市建設課長とともに現地調査。 護岸修復の具体的工法について、土木事務所より詳細な説明を受ける。f0035232_16325076.jpg
 
千葉県管理
の一級河川
旧・長門川
河川護岸改良
事業現地確認
013.gif










 11時、印西を出て千葉へ向かう。
 13時半、千葉みなとの千葉県医師会。 藤森会長、田那村副会長と県医療行政について懇談。
 14時半、県庁で政務調査。 15時、千葉を出て印西へ。
 17時、印西市商工会館。 平成24年度 印西市観光協会定期総会で御挨拶。
 18時、木下の柏屋。 観光協会懇親会。
 21時、帰宅。
by takinowa | 2012-05-24 22:53

10.05.23(水) 印西市町内会自治会連合会 総会

 8:55、県庁で政務調査。 防災危機管理部で県の総合防災拠点及び消防学校移転についてヒアリング。 10時、千葉を出て印西へ向かう。
 正午、事務所にもどり仕事、来客の対応。
 14時半、印西市役所。 15時、平成24年度 印西市町内会自治会連合会 総会に来賓出席し御挨拶040.gif
 17時、鹿黒の嶺久庵。 印西市町内会自治会連合会の懇親会。 市内の各区長さん方と意見交換。 地域の諸課題について貴重なお話を伺うとともに親睦を深める。
 20時、帰宅。 夜、読書。
by takinowa | 2012-05-23 22:22

12.05.22(火) 東京スカイツリー 開業

 8時、印西を出て千葉へ。
 終日、県庁で政務調査。 防災危機管理部及び環境生活部からヒアリング。
 13時半、自民党政策審議会。 県の総合防災拠点についてヒアリングと質疑。 県消防学校の立地も含め、筆者の原則的考えを述べさせて頂く。
 本日、東京スカイツリーが開業。  
 夜、千葉で会合。

 藤井 聡 著 「 列島強靭化論 日本復活5カ年計画 」(文春新書・760円)を読む。
 著者は土木系出身の素朴なケインズ主義者ではない。 西部 邁、佐伯啓思、中野剛志、関岡英之、東谷 暁、柴山桂太、三橋貴明・・・と連なる反・新自由主義(反市場原理主義)陣営の論客でもある。 現在、立ち上がれ日本や国民新党、自民・民主の国会議員の中にも相当数のシンパがいて、政策的には郵政民営化見直しやTPP問題に大きな影響力を持ったグループといえよう。 フランスの社会学者エマニュエル・トッドやスペインの哲学者ホセ・オルテガ・イ・ガセットとの思想的親和性も極めて高い。
by takinowa | 2012-05-22 23:34