<   2011年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

11.10.31(月) 印旛健康福祉センター(印旛保健所)運営協議会

     HPを更新しました004.gif
 本日、県議会リポート・第14号を公式 HP に UP しました。 TP・新着情報からアクセス頂けますので是非御覧ください。

 午前、事務所で仕事、来客の対応。 正午、印西を出て佐倉の千葉県印旛合同庁舎へ向かう。
 14時、印旛健康福祉センター(印旛保健所)運営協議会に出席。 7市2町の首長、印旛郡市医師会、歯科医師会、獣医師会、薬剤師会、成田赤十字病院、佐倉警察署、社会福祉協議会ほか関係団体代表が、管内健康福祉行政について協議する。 あらためて保健所の業務内容の幅広さ、質・量を認識する。 特に、千葉県及び印旛保健所管内の自殺の現状と対策に関する説明は深刻な問題である。以下、基礎的なデータを記す。
 (1) 千葉県の自殺者数は近年(H12~)、1,300人前後で推移し高止まりの状態。H23年県内交通事故死亡数(327人)の約4倍
 (2) 男女別では、男性が女性の2.2倍。20~30代では死因の第1位、40代・第2位、50代・4位
 (3) 人口10万人対自殺数 
   男性・26.2人(県)/ 25.7人(印旛)/ 30.9人(全国)
   女性・10.2人(県)/ 10.0人(印旛)/ 11.0人(全国)
 15時半、佐倉を出て印西へ。 16時半、事務所にもどり仕事、来客の対応。 大森第4町内会から県道の歩道整備に関する要望を受ける。
 千葉大学・広井良典教授 「 ケアを問いなおす -<深層の時間>と高齢化社会 」(ちくま新書・740円)を読む。

    10月に読んだ本
〇 「 隷従への道 」 F・A・ハイエク著 / 西山千明 訳(春秋社)
〇 「 経済成長は不可能なのか 」 盛山和夫 著(中公新書)
〇 「 公共事業が日本を救う 」 藤井 聡 著(文春新書)
〇 「 ケアを問いなおす 」 広井良典 著(ちくま新書)
〇 「 この国を壊す者へ 」 佐藤 優 著(徳間書店)
〇 「 インテリジェンス人生相談・復興編 」 佐藤 優 著(扶桑社)
〇 「 世界インテリジェンス事件史 」 佐藤 優 著(双葉社)
〇 「 人間の條件 <上> 」 五味川純平 著 (岩波現代文庫)
〇 「 人間の條件 <中> 」 五味川純平 著 (岩波現代文庫)
〇 「 人間の條件 <下> 」 五味川純平 著 (岩波現代文庫)

by takinowa | 2011-10-31 23:59

11.10.30(日) 吉岡まちかど博物館・リニューアル OPEN!

 先週末、県総務部より“防災危機管理監における組織体制の見直し”についての事務連絡があった。 表題「原発事故対応及び地域防災力向上に関する組織体制の強化について」とするA4版5頁の文書。 内容は、東電福島第一原発事故で飛散した放射性物質ねどへの対応を強化するため、放射線対策の総合調整を担う「原発事故対応・復旧復興室」や、地域防災計画の早期見直しに取り組む「地域防災力向上室」の防災危機管理監への新設が盛り込まれている。 また11月1日付で職員8人が増員され、県復興本部内に部局横断で「原発事故対応PT」と「地域防災力向上PT」を設置し、新設の両室で行う事業を調整するとのこと。 課題や問題点も含め詳細については適宜、皆様方に御報告させて頂きます。 いづれにせよ、放射線対応については、県の対応を一元化することが喫緊の課題であった。 放射性物質モニタリングや焼却灰処分問題、風評被害対策に加え今後、除染対策に係る事業も大きなテーマとなるはず。 県議会での議論や市町村からの要望を踏まえ、森田知事のリーダーシップによる「震災対応の一層の強化」を期待するものである。

 8時半、松山下公園野球場。 永治学区ソフトボール大会開会式で祝辞を述べさせて頂く。
 10時、木下の吉岡本家土蔵へ。 私も塾生となっている「木下まち育て塾」(伊藤哲之会長)主催による 吉岡まちかど博物館・リニューアルOPEN式典 038.gif に来賓出席。 伊藤会長、山崎市長の挨拶に続き祝辞を述べさせて頂き、テープCUT のセレモニー。f0035232_1129276.jpgf0035232_1154641.jpg
山崎市長、
小野寺教育長
らとともに
テープカット
























 吉岡まちかど博物館は明治24年(1891年)に建てられた土蔵を吉岡家の理解のもと、木下まち育て塾、東京電機大学及び多くの市民の協働で、現代に再生され開館した建造物。 重厚な歴史空間としての土蔵本体や庭園はもちろん、江戸期から明治にかけての資料展示もしっかりしている。このほか、国指定有形文化財の町屋「武蔵屋」、フジTV・千葉の贈り物でも紹介された六軒の「滝田本家土蔵」など歴史的建造物を、官民一体となって保存運動を行っている。 その中心が、木下まち育て塾の伊藤会長(印西中の同級生)であり、NT在住の郷土史研究家・村越博茂さん(何と、同志社大学の先輩!)だ。
f0035232_11351491.jpg伊藤哲之会長
の満面の003.gif
笑顔















 また、「いんざい水の郷・舟運事業」や「木下駅南骨董市」も地元観光の目玉として定着。 木下の手焼煎餅、鰻・川魚料理、蕎麦・・・等、食文化の情報発信を含め様々な取組みや仕掛けによる相乗効果で、中心市街地の活性化をはかっていくことが大事である。 そのためにも、地元民が自分たちの町の歴史や伝統を愛し、その素晴しさを再認識することが必要だ。 私としても、レトロの街 六軒・木下を精一杯、県内外に宣伝して参りたい。
 午後、政務で我孫子市方面。 夕方、事務所で作業。 夜、読書。 朝晩の冷え込みで風邪をひく方も多いとのこと。 御自愛頂きたい。
 佐藤 優 著 「 世界インテリジェンス事件史 」(双葉社・1,500円)を読む。
by takinowa | 2011-10-31 12:30

11.10.29(土) Japan Rugby Top League 2011 開幕!

 RWC(ラグビー・ワールドカップ)2011・NZ 大会が終了し、世界の壁を再々認識した日本はいよいよ再起動する。 本日、ラグビー ジャパン・トップリーグが開幕。千葉県ラグビー協会長としてではなく、一サポーターとして聖地・秩父宮で「 サントリー VS パナソニック(旧:三洋電機) 」を観戦。
 9時半、JR木下を出て信濃町へ。
 正午、開幕セレモニーで日本ラグビー協会・森喜朗会長(元総理)が御挨拶。 森会長を先頭に、2019 ワールドカップ日本開催に向け、国を挙げて気運を高めていくことが何より重要だ。 代表チームの強化はもちろん、地方レベルでの普及活動も大事であり責任を感じる。 また、2016 リオデジャネイロ五輪からラグビー(7人制)が男女で正式種目となる。 こういったことも、広く国民に周知していかねばならない。
 第一試合 : リコー ブラックラムズ  36 ー 26  福岡 サニックス
 第二試合 : サントリー サンゴリアス 31 ー 26 パナソニック ワイルドナイツ
 両試合とも開幕戦を飾るに相応しい手に汗握る好ゲームとなった。 激しいタックルの応酬や躍動感溢れるランニング、芸術的パスワーク・・・等々、ラグビーの楽しさ素晴しさが十分に伝わる内容だったと思う。 ちなみに、千葉県でのTOP League 公式戦開催は下記の通り。
是非・是非、生で迫力あるゲームを御覧ください。 そして、地元・NEC を皆で応援頂きたい! 御願いしま~すっ! 
    Japan Rugby Top League 県内開催公式戦 】
〇 11/05() NEC グリーンロケッツ VS パナソニック ワイルドナイツ 柏の葉
〇 12/24() NEC グリーンロケッツ VS NTT シャイニングアークス  フクダアリーナ


 16時、地下鉄銀座線外苑前から浅草へ。完成間近の東京スカイツリーの偉容に思わず息を呑む。17時、駒形どぜう本店で名代・どぜうさき鍋を食す。小学生の頃、親父に浅草を連れて歩かれたことを想い出し懐かしく少々、センチな気分になる。 浅草寺や仲見世を散策し、上野経由の常磐線で木下へ。      
by takinowa | 2011-10-31 11:29

11.10.28(金) 森田健作知事、印旛日医大病院 Dr.ヘリ視察に同行

f0035232_1372557.jpg森田健作知事
Dr.ヘリ
同乗
 














 8時半、日本医科大学千葉北総病院救急救命センター。 森田健作知事及び千葉県健康福祉部によるドクターヘリ視察に地元県議として同行。 本視察は県議会における公明党代表質問を受けて行われたもの。 同病院は全国28ヵ所(内 千葉県内2ヵ所)に配備されているドクターヘリのパイオニア(全国初の導入)として、救急救命医療の最先端を走っている。 TV等のマスコミで紹介されているので御存知の方も多いと思う。本日の知事視察は本県の救急・救命医療を強化する上でも、大きな意味を持つはずだ。 また、医療現場に直接出向く森田知事の行動力も大いに評価されるに違いない。  以下、森田知事の「・・・日医大千葉北総病院のドクターヘリ事業は、本県医療の誇りである・・・」という挨拶で始まった視察概要について報告する。

 〇 視察日時 10月28日(金) 9:00~10:00
 〇 視察参加者
1. 千葉県  森田健作知事、中村特別秘書、川島健康福祉部長、山崎医療整備課長、中村医療体制整備室長
2. 病 院  田中宣威院長、井上哲夫副院長、片岡ひろみ看護部長、益子邦洋・救急救命センター長、松本尚・救急救命センター准教授
3. 県 議  滝田敏幸(地元・自民党)、公明党県議団(塚定・赤間・秋林・横山)
4. ドクヘリ運航会社 朝日航洋東日本航空 青木久幸支社長 
 〇 視察・現地調査内容
 9時、会議室で松本准教授から「ドクターヘリ運用状況」のレクチャーを受ける。 これまでの問題点や課題について実に明快な説明であった。 以下、レクチャーの要約
1. 現在、千葉県ドクターヘリ運航実績(出動件数)は、1,081回(2010年:北総・751、君津・380)。 ちなみに、2002年出動件数は428回。08年の君津中央病院へ配備以来、県南方面の出動が増加中。
2. 10年間のドクターヘリ運航で、急性の疾病(脳卒中ほか)治療よりも重度外傷治療(交通事故、労災等)に有効と判明。
3. 24時間交通事故死者数(全国4863人/H22)の年次推移~人口10万人当り~では、ドクヘリ事業開始の平成13年・6.5人が平成22年・3.0人に低下。(全国平均3.8人)
4. 東葛飾方面、特に(柏・松戸)からのドクターヘリ要請件数が、交通事故死者数の割に極端に少ない。 防ぎえた外傷死亡ではなかったか?
5. ドクターヘリ格納庫設置要望、病院側から県へ
6. 日医大のドクターヘリ関連研修実績について 
 9時半~、ドクターヘリ運航管理室、運航staff待機室視察後、ヘリポートへ。 偶然にも茨城県鹿嶋市へ出動していたドクターヘリによる救急患者搬送の着陸現場に遭遇(写真参照) まさに、緊張の視察となった。 10時、現地調査終了。

 11時~終日、事務所にもどり仕事、来客の対応。
 阪神タイガース次期監督(第32代)に和田豊打撃コーチの就任038.gifが決まった。 私にとって和田氏は千葉県立我孫子高校の後輩であり、今まで阪神は敵(かたき)だったが来季以降、巨人や千葉ロッテとともに応援したい。 だが、巨人・阪神戦、ロッテ・阪神戦でどちらを応援するかは、その時にならないと分からない。
 夕方から集中して読書。

   Dr.ヘリ 救急・救命搬送の緊迫した現場を視察
f0035232_1381899.jpg
f0035232_1301341.jpg松本尚・救急
救命センター
准教授から
説明を受ける

by takinowa | 2011-10-28 13:23

11.10.27(木)

 終日、事務所で仕事、来客の対応。 県議会リポート・第14号の最終校正が終了し、後は印刷のみとなった。 近日中に、HPにUPしますので是非御一読御願い致します。
 18時、会合に出席し県政報告。 23時半、帰宅。夜、少しだけ読書しておや睡眠なさい040.gif

 五味川純平 著 「 人間の條件 (下)第5・6部) 」(岩波現代文庫・1,200円)を読んだ。 三巻合計で1,800頁を超える超大作であり、極限状況に置かれた人間の心理と緊張が圧倒的迫力で迫ってきた。 思想の左右に関係なく、できるだけ多くの日本人に読んでほしい戦後文学の傑作に違いない。
 
by takinowa | 2011-10-27 21:54

11.10.26(水) 第45回 印旛郡市特別支援教育振興大会

 8時半、印西を出て八街市へ向かう。 10時、八街市中央公民館で行われた第45回印旛郡市特別支援教育振興大会に来賓出席。 八街市内小中学校特別支援学級児童・生徒の見事な学習発表「八街市から発信・ピーナッツパワー!!~広げよう友達の輪~」を見学。続いて行われた表彰式では、印西市船穂中OBで6月のスペシャル・オリンピックス 女子テニス(シングル・ダブルス)で、二つの金メダルを見事獲得した堀口明菜さんが特別表彰を受けられ、心から拍手を送る。ユーモアがあって感動的なスピーチに、思わず目頭が熱くなった。 11:45、八街を出て印西へ向かう。
 13時半、事務所にもどり仕事、来客の対応。
 18時、永治小学校区で、県政報告会を開催。 集まった約40名の皆様に、5月臨時、6月と9月の定例会やこの半年間の活動について御報告する。また、同地区からの御要望や御意見を承るとともに、現下の政治状況についても意見交換。 永治地区は私にとって盤石の Home であり、保守色の強い伝統的農村地盤であり実に人情が深い土地柄だ。 人の心と人間関係を大事に、今後も同志との絆を深めていきたい。
 22時半、帰宅。夜、読書。
by takinowa | 2011-10-26 23:23

11.10.25(火)

     HPを更新しましたぁ!004.gif
 本日、公式HPに 千葉の贈り物 」まちかど博物館・印西市 動画をUPしました。 内容は9/25・フジテレビでの放送分を録画したものです。 瀧田商店、吉岡問屋の蔵や水の郷・舟運事業、木下まち育て塾の活動を森田健作知事が紹介しています。TP・新着情報からアクセスできますので是非御覧ください。

 朝、政務で成田市方面。 11時、平岡の印西斎場。 自民党本埜支部青年部長・小川利彦さんの御尊父で元 本埜村長職務代理者の故・小川孝之氏告別式に参列。 小川氏は昨年の1市2村合併において、千葉県への合併申請や廃置分合(合併決定)書交付式で本埜村を代表し重責を担われた。私としても県議選で熱心に応援して頂いた恩人であり、心から御冥福を祈り焼香する。 61歳という余りにも早い旅だちに天を恨むものである。
 13時、事務所にもどり仕事、来客の対応。 自由同和会千葉県本部・木村 仁会長と人権行政について意見交換。 18時、会合に出て県政報告。 21時、帰宅。夜、読書。

    印西市民号・御座敷列車の旅 がんばろう東北!~ Photo集 】f0035232_18402460.jpg
御座敷列車
なのはな花
f0035232_18465866.jpg
f0035232_1841442.jpgf0035232_18425022.jpgf0035232_18432056.jpg






























福島県会津
大内宿にて















伝統的建造物
保存地区















名物の
一本葱蕎麦

ミニサイズ
300円
三澤屋
by takinowa | 2011-10-25 21:30

11.10.24(月) 印西市民号・御座敷列車の旅

 9時、ホテルをチェックOUT。 9時半、国指定の伝統的建造物保存地区・大内宿を見学。 11時、会津田島から山王トンネルを抜けて栃木県塩原方面。
 14時、西那須野駅発の御座敷列車に乗車。車内で約3時間半の大宴会。17:46、木下駅着。18時、帰宅。 印西市幹部の方々とも中身の濃い交流をはかることができて実に有意義な旅だったと思う。
 
 F・A・ハイエク / 西山千明 訳 「 隷従への道 」(春秋社・1,900円)を読む。
by takinowa | 2011-10-25 00:03

11.10.23(日) 印西市民号・御座敷列車の旅

 7時半、JR木下駅。 印西市恒例行事「市民号・御座敷列車の旅」(主催:JR東日本、後援:印西市)に参加。 この市民号は印西市長、議会議長、商工会長はじめオール印西でJR成田線活性化を応援するイベントだ。 本年は、「がんばろう東北」と銘打って、震災で甚大な被害を受けた福島県会津地方への旅が企画された。
 8時、御座敷列車・ニュー菜の花号に乗車し木下駅を出発。参加した百名を超える市民の皆様に市長、議長とともに御挨拶。 成田線、常磐線、武蔵野線、東北本線経由の快適な旅であった。時間調整のため途中の停車駅で、外から物珍しそうに覗きこまれるのが少々恥ずかしかったが、朝から宴会は大いに盛り上った。
 11時半、西那須野駅。大型観光バスに乗り換え白河市、甲子(かし)トンネル経由で会津地方へ。16時、芦ノ牧温泉・大川荘 着。18時半、大宴会。多くの市民の皆様と親しく懇談させて頂く。 21時、爆睡眠。
by takinowa | 2011-10-24 23:49

11.10.22(土) 印西市民まつり / 自衛隊殉職隊員 千葉県追悼式

 昨夜半から生憎の057.gif模様。5:17、銚子地方気象台は印西地方に大雨警報発令(11:58 同解除)。 一時はどうなるかと思ったが、7時過ぎには小降りに。
 9時、イオンモール千葉NT屋外駐車場へ。 雨も上がり058.gifがのぞく。 9時半、2011 印西市民まつり・開会式で祝辞を述べさせて頂く。 9:45、印西を出て四街道市下志津へ向かう。
 11時、陸上自衛隊高射学校・鎮(しずめ)の庭で行われた平成23年度自衛隊殉職隊員千葉県追悼式に出席。 本県駐屯の陸・海・空自衛隊幹部らとともに、殉職隊員千葉県関係四十九柱の御霊に哀悼の誠を捧げ献花。 12時半、御遺族や自衛隊関係者との追悼会食。 13:15、四街道を出て印西へ向かう。
 14時半、自民党本埜支部・小川利彦青年部長の御尊父様が昨晩急逝されたため、御自宅を弔問。
 15時半、事務所にもどり仕事。 自民党印西市三支部・県政要望を党県連政調会へ提出。
 17時、地元の会合に参加し県政報告。 21時半、帰宅。夜、県議会リポートの作成作業。
 戦後文学の一大巨編、五味川純平 著 「 人間の條件 (中)第3・4部 」(岩波現代文庫・1,300円)を読む。 理屈を超えた圧巻の内容に、完膚無きまで打ちのめされた思いだ。 簡単には言葉が出てこない・・・
 読売新聞は本日の朝刊で「1か月読書せず 3年連続50%台」と世論調査の結果を報じている。 特に、若年層(20代)の活字離れは深刻とのこと。長期的な日本人のリテラシー(識字、読み書き、理解能力)の低下が懸念される。
 私は三十代半ばを過ぎてから原則として家でTVをほとんど見ない。それゆえ、少々恥ずかしい話だが、地上デジタル対応機種のテレビも自宅にない。この原則は高校野球やラグビーそして五輪観戦の時以外は守られる。なぜかと言うと、TVを見る事で人間の思考力は必ず低下し、時間の無駄と考えるからだ。いずれにせよ、知識や情報は書物や雑誌、ネットから仕入れている。現在、事務所書庫の蔵書は約三千冊。残余の人生を70歳までの約20年と仮定すると、一年100冊のペースであと二千冊を読むことができる。読書は死者をも含む他者との対話であると、私は信じている。できれば、生きているうちに三千冊読みたい・・・
 それにしても、現代日本人はどうしてここまで本を読まなくなったのか。ソクラテスの「無知の知」を少しでも理解するならば、「一ヶ月読書せず」はないであろう。
by takinowa | 2011-10-22 23:56