<   2011年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

11.01.31(月)

 夜明け前、半端でない寒さ。今年一番の冷え込みという。
 6:10、JR木下駅頭で朝の御挨拶に立つ。
 8時半、亀成地区を支援者5名とともにまわる。 地域の旦那衆の応援は心強い限りだ。
 11時半、木下の柏屋蕎麦店で昼食。天麩羅そばを食す。
 午後、事務所スタッフとともに六軒、大森、鹿黒、草深、船尾方面。
 15時半、平賀学園台を挨拶回り。17時、小倉台方面。
 18時、印西斎場へ。印西市職員の御母堂様の御通夜に参列する。
 19時、千葉ニュータウン中央駅頭で夜の御挨拶に立つ。 今夜も多くの市民から激励して頂き、ひたすら感謝・感謝であった。温かい心遣いが本当に嬉しい。
 22時半、帰宅。0時、入浴してから爆睡眠。  
by takinowa | 2011-01-31 23:58

11.01.30(日)

 選挙戦も序盤を終わりつつある。野球のゲームで言えば、3回裏終了といったところだ。私は現職だが、相手は国政における巨大政権与党である。現在のところほぼ互角の戦いと認識している。何しろ、この県議選に13区選出の若井康彦代議士は「職を賭す」とまで言っている。いずれにせよ、昨年末の印西市選挙区民主党公認候補ドタキャンや新たな公認候補者擁立など、形振りを構わない党派性を剥き出しにして彼らは活動を展開している。いずれ労組の連合や日教組と組んで、それなりの空中戦を仕掛けてくるに違いない。こちらとしても、健全な草の根保守のネットワークを強化し、正々堂々と戦うつもりである。
 9時、結縁寺地区を支援者とともにまわる。「日本の里・100選」(朝日新聞社)に選定されている同地区の里山は実に美しい。千葉ニュータウンに隣接しながらも、古き良き農村の風情と豊かな自然が残っている。歩きながら環境の大事さをあらためて感じた次第である。また、この地はまさしく保守地盤の強いところである。しっかりと御挨拶させて頂いた。人の顔が見える地上戦は、選挙の原点に違いない。
 これから70日間、選挙区の印西市内各地区、津々浦々を隈なく歩く予定である。まだまだ、goalは遥彼方、日暮れて途遠し。だが、一歩一歩、大地を踏みしめ前へ進みたい。私を支援して下さる多くの支援者の情けに感謝しつつ・・・ もちろん選挙は一人では戦えない。私が特別なのかも知れないが、不安や孤独、時には凹むような焦燥感や絶望で心が苦しくなることもある。しかしながら、自分の損得勘定ではなく、地域を愛する心を持った市民が私を支えてくれていると思うと実に有難い。涙が出るほど嬉しい。その思いに応えるべく、頑張るしかない。絶対に勝たねばならない。もし勝てるならば死んでもいいと本気で考えているし、万が一負けるようなことがあれば死んで詫びるしかないとも思っている。
 正午、事務所にもどり作業。13時、本埜へ。印西市ソフトボール協会総会で新年の御挨拶。私を応援して下さるアスリート達に心から感謝したい。14時、本埜を出て成田へ向かう。
 15時、マロウド・インターナショナルホテル成田へ。 山崎山洋市長新年会に出席し、祝辞を述べさせて頂く。集まった多くの市民の方々から、県議選に向け激励を受ける。実に心強く、ひたすら感謝申し上げたい。17時半、成田を出て印西へ向かう。
 19時、事務所にもどり仕事、明日の準備作業。 戦いは続く。相手は民主党ではない。もちろん、自分自身との・・・ 0時過ぎ、爆睡眠。 
by takinowa | 2011-01-30 20:47

11.01.29(土) いんざい男女共同参画フォーラム2011 / 第13回印西市書道展

 8時から船穂方面をまわる。
 9時半、印西市文化ホールへ。10時、印西市女性の会主催の「いんざい男女共同参画フォーラム2011」特別講演会に来賓出席。
 11時、千葉ニュータウン中央で開催された日頃から御世話になっている市議会の先生の会合に出席。市民との対話集会で県政報告及び意見交換会に参加させて頂く。貴重な御意見・御要望を伺う事ができた。
 12時半、印西市文化ホールで開催中の「第13回印西市書道展」へ。書道はまさに伝統の芸術文化であると、あらためて実感する。
 13時半、事務所で来客の対応。
 14:50、忙中閑有。眩暈がしたので、六軒の自宅にもどり昼寝。
 16:15、木下の事務所で作業。
 17:10、本埜で行われた「印西市災害対策協力会」の新年会で来賓として御挨拶。地域経済の活性化についてお話させて頂く。
 19時、日頃から御世話になっている市議会の先生の議会報告会に出席。船穂地区の諸問題等についてお話しさせて頂く。
by takinowa | 2011-01-29 23:30

11.01.28(金)

 6:15、北総線・印西牧の原駅頭で朝の御挨拶に立つ。
 9時から終日、大森第一地区を支援者とともにまわる。寒風の吹く中、かなり頑張った。
 17時、事務所で仕事。
 19時、印西牧の原駅頭に立って夜の御挨拶。21時半、終了。マジで疲れました。040.gif 
by takinowa | 2011-01-28 22:44

11.01.27(木)

 5:55、北総線・千葉ニュータウン中央駅頭に立って朝の御挨拶。
 8時半、発作下(しも)、上(かみ)地区を支援者8名とともにまわる。広々とした田園が広がる手賀沼の景観が素晴らしい。
 12時半、香取屋さんで昼食。
 午後、事務所で仕事。
by takinowa | 2011-01-28 22:25

11.01.26(水) 自由同和会千葉県本部・賀詞交歓会

 6時半、北総線・印旛日医大駅頭で朝の御挨拶に立つ。
 9時、事務所にもどり仕事、来客の対応。
 正午、木下の柏屋蕎麦店へ。印西RC定例会に出席。
 13時半、事務所にもどり打合せ。
 15時半、竹袋方面。16時半、草深方面。
 18時、柏のマリアチャペル玉姫殿へ。私が顧問を務めている自由民主党ヒューマンライツ支部(自由同和会千葉県本部)賀詞交歓会に来賓出席。斎藤健代議士、鈴木良紀県議会議長、浜田穂積県議、今井勝県議、武田正光県議、秋山浩保・柏市長、星野順一郎・我孫子市長らと人権問題について懇談。また、新年会で楽しい一時を過ごす。
 23時半、帰宅して爆睡眠。
by takinowa | 2011-01-27 14:28

11.01.25(火)

 6:15、JR 小林駅頭に立ち、朝の御挨拶。
 8時半、大森第一方面。9時半、事務所で仕事。
 正午、印西市遺族会の新年会で御挨拶と県政報告。
 13時半、事務所で月刊千葉ニュータウン・武藤弘代表から取材を受ける。
 午後、集中して事務作業。
 18時、北総線・千葉ニュータウン中央駅頭に立ち、夜の御挨拶。
 今日は朝晩で計5時間以上の駅頭活動を行った。かなり消耗した。
by takinowa | 2011-01-25 22:23

11.01.24(月) 北千葉道路促進期成同盟・特別講演会

 6時、北総線・千葉ニュータウン中央駅頭に立ち、朝の御挨拶。
 9時、木下支部後援会長の杉本昭夫さんはじめ役員の方々と木下上町を集中して挨拶回りに歩く。
 12時半、木下駅南口のレストラン宝山でビーフカレーライスを食す。
 13時半、印西市文化ホールへ。北千葉道路建設促進期成同盟の主催による特別講演会に参加。京都大学・藤井聡教授による「公共事業が日本を救う」という演目の特別講演を聴く。マスコミと民主党がデッチ上げた公共事業悪玉論が、いかに根拠のない法螺話かを明快な論理と説得力で話されていた。4月の県議選後に是非、藤井教授の著作をまとめて読んでみたい。
 15時、事務所にもどり仕事、来客の対応。ニュータウン中央北の木刈・牧の木戸・大塚地区の情勢について分析。
 18時、木下の銚子屋さんへ。印西市農業委員会新年会で御挨拶と県政報告。印旛沼・手賀沼土地改良や農家所得戸別補償制度、TPP参加問題等の農政に関すること主にお話する。
 22時半、帰宅。

 昨日行われた我孫子市長選で、自公推薦の星野順一郎さんが再選を果たした。心から祝福し、今後の活躍を祈念したい。また、本日から通常国会が開会した。注目して参りたい。
by takinowa | 2011-01-25 10:33

11.01.23(日)

 8時半、草深方面。私有地に無許可で民主党や幸福実現党の広報看板が設置されているとの苦情の相談を受ける。公序良俗に反する常識の無い違法行為である。無断で設置した政党に連絡するか、もしくは御自身で撤去されることをお奨めした。
 9時、戸神地区を支援者とともにまわる。冬の日差しも心地よく、気分も最高であった。いよいよ、地上戦も本格化してきた。
 正午、六軒・大森水道組合の新年会で御挨拶と県政報告。
 午後、千葉ニュータウン・小倉台3・4丁目を集中して歩く。
 16時、事務所にもどり仕事。
by takinowa | 2011-01-23 17:21

11.01.22(土)

 午前中、小倉台1丁目方面を集中してまわる。
 正午、本埜地区笠神方面。後援会連絡所の設置。
 13時、浦幡新田総会で新年の御挨拶と県政報告。
 14時、事務所にもどり仕事、来客の対応。
 15時半、印旛地区鎌苅方面。
 16時半、小倉台1丁目方面。
 18時、印西市建設業組合船尾支部新年会で御挨拶と県政報告。
 19時、印西市建設業組合小林支部新年会で御挨拶と県政報告。
 20時、高花で新年会に参加。
 21時半、帰宅する。
 本日も慌ただしい一日が終わった。選挙はもちろん、候補者一人では戦えない。私を支援して下さる全ての皆様の情けと心を思う時、有り難さと責任の重大さを痛感する。何としても、その期待に応えるべく頑張り通さねばならない。
by takinowa | 2011-01-22 22:57