<   2010年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

10.10.31(日) 印西市消防団印旛支団、全国操法大会出場・壮行会

   森田健作知事、来たる! 滝田敏幸・県政報告会、12/5()開催決定! 】
 下記の通り「滝田敏幸・県政報告会」を開催致します。全議員中最多となる9度の一般質問質疑や総合企画水道常任委員長としての活動報告ほか、千葉県と印西市の課題について皆様と語り合いたいと思います。
 〇 日 時 : 12/05() 17時~ (開場:15時半)
 〇 場 所 : 印西市文化ホール・大ホール
 〇 ゲスト : 森田健作千葉県知事 佐藤 優(元外務省主任情報分析官・作家)
 〇 テーマ : 「千葉県政、最接近! 北総・印西の新時代を考える!」
 〇 主 催 : たきた敏幸・県政報告会 発起人会
 〇 定 員 : 550名    

   【 第3回 印西市民教養フォーラム・佐藤 優トークライヴ、11/23 開催決定! 】
 印西・印旛・本埜による1市2村合併による新・印西市誕生を 038.gif し、3月・8月に続いて「第3回市民フォーラム」を下記の通り開催致します。
 〇 日 時 : 11/23(火・祝) 17時~ (開場:16時半)
 〇 場 所 : ホテルマークワンCNT
 〇 内 容 : 佐藤 優 時局講演会
 〇 テーマ : 「千葉・印西から日本と世界の今を読み解く Ⅲ」
 〇 主 催 : 印西市民フォーラム実行委員会
 〇 参 加 : 120名 ※これまで開催した2回のフォーラムが超満員となり、多くの印西市民の方に入場を御断りすることとなってしまいました。この度は新印西市の合併記念という趣旨を鑑みて、誠に申し訳ございませんが、印西市民限定とさせて頂きます。


 上記二つの催しについては、HPにポスター等をUP致しますので是非御覧ください。
 〇 参加申込み・問合せ:滝田事務所・佐藤まで 0476-37-4173(月~金・10~17時 ※ 11/29(月)は休み)

 8時半、印旛消防署へ向かう。台風14号は無事去って行ったが、台風一過とはいかず小雨模様。9時、印旛郡市・7市2町の消防団長はじめ団幹部が参集し、全国操法大会に出場する印西市消防団印旛支団第4分団の激励会。11時、日本医科大学駐車場にて、財団法人千葉県消防協会 石橋 毅会長の臨席を賜り、印旛支団の壮行会。半年間に及ぶ訓練成果を、200名を超える関係者の前で立派に披露し大きな拍手が起こる。石橋会長からは「天皇・皇后杯を獲得した千葉国体の本県代表、日本シリーズで活躍する千葉ロッテ・マリーンズと同様、全国大会での活躍を祈念する」と激励の御言葉を頂戴する。
 午後、事務所で仕事、来客の対応。夕方から読書。
 鈴木宗男 著 「ムネオの闘い」(K&Kプレス・1500円)を読む。著者御本人から直接伺った御話もあり、実に興味深く読了した。あらためて、鈴木先生は信念の政治家であり、その不撓不屈の精神に学ばなければならないと思った。今、自民・民主の現役国会議員に、これだけの力量を持った政治家が果たして何人いるだろうか。 上記の「第3回 印西市民教養フォーラム」に、実は鈴木先生が佐藤優とともに講演を行う予定であっただけに、返す返す残念である。

   10月に読んだ本
〇 「大臣 増補版」 菅直人 著 岩波新書
〇 「誰が日本を支配するか? 沖縄と国家統合」 佐藤 優 + 魚住 昭 マガジンハウス
〇 「誰が日本を支配するか? 検察と正義」 佐藤 優 + 魚住 昭 マガジンハウス
〇 「誰が日本を支配するか? 政治とメディア」 佐藤 優 + 魚住 昭 マガジンハウス
〇 「<地球温暖化論>に騙されるな!」 丸山茂徳 著 講談社
〇 「科学者の9割は<地球温暖化>CO2犯人説はウソと知っている」丸山茂徳著 宝島新書
〇 「今そこに来る『地球寒冷化』人類の危機」 丸山茂徳 著 KKベストセラーズ
〇 「ムネオの闘い」 鈴木宗男 著 K&Kプレス 

by takinowa | 2010-10-31 19:46

10.10.30(土)

 台風14号が夕方から夜にかけて関東地方に最接近し上陸の恐れ、との予報が出ていたため朝から緊張する。10:20、千葉県印旛地方に大雨洪水警報が発令された。昼過ぎから風雨も激しさを増し、いよいよと心を構える。しかしながら17時頃には幸いにも、台風の勢力が徐々に衰えかつ進路も房総沖から離れて通過。19:18、警報も解除され注意報となり、ひとまずホッとする。台風被害の報告や出動要請もなく、何よりであった。
 これまで現役消防団幹部として筆者は、火災出動だけでなく災害出動も数限りなく経験してきた。出動時は言葉では言えないテンションというか尋常ではないアドレナリンの上昇を感じる。消防に長く係わると、決して勇ましい事を言って格好を付けるつもりはないが、一朝有事の際に「身を挺して市民の生命・財産・身体を守る」という使命感や公に殉ずるといった覚悟も自然に育ってくる。これは現下民主党政権の口先だけの観念論とは根本的に異なる現実論だ。また、こういった感覚は永田町の理屈しか通用しない国会議員や左派系の市民運動家には、あまりにも土着的過ぎて理解できないと思う。ただ、土着的ではあっても日本全国、それぞれの地域で個性はあるが、共同体の内在的論理は同じであると筆者は考える。すなわち、個別・具体的な地域共同体を掘り下げていけば必ず、国柄も含めナショナルなもの、いわゆる普遍性の地下水脈に突き当ると確信するからだ。今後も、郷土の伝統や地域社会の絆を保守するという共同体の大事さを、本ブログでしっかりと表現して参りたい。
 
 台風14号の接近に伴い、本日18時から予定されていた「船穂地区・県政報告会」は順延となった。後日行うこととしたので、同地区の皆様にはあらためて御案内させて頂きます。032.gif
 思いがけず、夜がフリーとなってしまった。長時間、自宅で読書する。
by takinowa | 2010-10-31 15:44

10.10.29(金)

 「滝田敏幸・県議会リポート vol・10」ができあがりました。9月定例県議会の9/9に行った今任期、全議員中最多となる9度目の一般質問質疑を一面に、二面では10/8の総合企画水道常任委員会・県内調査「成田空港発着枠30万回化への取組み」をまとめた内容となっております。印西市を中心に、広く県民へ配布する予定です。また、公式HPへもUPしますので、圧倒的御注目の程宜しく御願い致します。
 午前、事務所で仕事。13時、千葉ニュータウン中央で県民の方々と「北総鉄道運賃値下」問題について懇談。筆者からは、森田健作知事の尽力で「更なる値下への第一歩」が前進したという認識をお話する。また「北総問題は党派を超えて取り組む課題」、「選挙至上主義や党利党略で、北総鉄道問題を扱うべきでない」と申し上げた。
 そもそも、3月から続いた白井市政の混乱の原因は、昨年8月に行われた総選挙の民主党のプロパガンダにあると考える。選挙の際、「自民党や森田知事の手法では抜本的解決にならない」と市民・有権者を扇動するだけ扇動し、怒りが沸騰した白井の民主党系市議や住民運動団体を最後の最後には裏切るというのだから義理も人情もあったものではない。梯子を外されたのは、公金支出反対派市議と住民運動団体の方である。他人を利用できる時は利用し、利用できなくなれば邪魔者扱いする。口先でどんなに素晴らしい事を言っても、人間としてのモラルが疑われる方が政治をするとは如何なものか。このことについては、本ブログで何度も書いてきたので、関心のある方は検索して御読み頂ければ幸甚である。
 いずれにせよ、この半年間、白井市政の混乱で北総鉄道運賃の更なる値下に向けた議論はストップしたままとなっている。過去は過去、未来志向で5年後の運賃見直しに向け、あらゆる方策を模索しなければならない。もう一度繰り返す。北総鉄道運賃問題では、自民も民主もない。裂帛の気合で取り組んでいく覚悟である。
 また、気になる情報が入ってきている。「鉄道運輸機構の利益剰余金・1兆円超を来年度予算財源に」と、野田財務相が13日の衆院予算委員会で表明したというのである。「民主党マニフェストを実現するための一般財源化であったら、以ての外」と申し上げたい。この事案については後日改めて、本ブログで取り上げるとともに、関係各方面に働き掛け、何としても撤回させていきたい。
 台風14号が関東地方に接近している。大きな被害が出ないよう、神様に祈りたい。もし万が一、不測の事態、一朝有事の際は消防団副団長として出動できるよう備えるものである。
by takinowa | 2010-10-30 15:52

10.10.28(木)

 終日、事務所で仕事。県議会リポート・第10号の最終校正。近日中に発行予定。040.gif
 16時、UR都市再生機構千葉ニュータウン事業本部へ。土地分譲の状況等について政務調査。夜、千葉で会合。
 昨日から事業仕分第3弾が始まった。今の民主党政権にとって唯一の看板である。しかしながら、良識ある国民にしてみれば、官僚を「悪者」にして政権浮揚を図るという菅政権の魂胆が見え見えとなっているに違いない。マスコミにも冷静かつ公正な報道が望まれる。
 今回は特別会計が仕分対象となっているが、是非とも「子ども手当」や「高校授業料無償化」、「農家所得戸別保障制度」「高速道路部分無料化」といったバラマキ政策についても仕分・検証してもらいたいと思うものである。
by takinowa | 2010-10-28 20:34

10.10.27(水) 第22回全国消防操法大会出場団激励会

 平成22年11月12日に愛知県蒲郡市で開催される第22回全国消防操法大会に千葉県代表として出場する印西市消防団印旛支団第4分団第10部(大廻・造谷)の激励会が本日20時、市立六合小学校で行われた。印西市長、議長らから激励の言葉、岩井一郎消防団長訓辞、出場激励金の授与に続き、集まった市議会議員、消防関係者の前で約半年にわたる訓練成果が披露された。同分団はこれまで、印西市、印旛郡市、千葉県の消防操法大会で常に圧倒的力量を示し勝ち抜いてきた。その実力は全国トップクラスであり優勝候補といっても過言ではない。本日も、小型ポンプ操法の標的を放水で倒すまでの基準タイム・45秒を大きくクリアする驚異の39秒代を連発。本番でホースラインが真っ直ぐ延びれば、夢の38秒代も十分可能な数字である。事実、昼間の練習では何度も出しているという・・・ 7月24日の県大会優勝時のタイムが41秒代であったのだから、この3ヶ月間で実に約2秒以上短縮したことになる。
 消防を全く知らない方にはなかなか理解しずらいだろうが、この38秒というタイムはとてつもない数字なのだ。基準タイム45秒を1秒切る毎に1ポイント加点されるため、実に+7点ということになる。消防操法を経験した人なら誰しも、この「45秒の壁」を乗り越えることがいかに至難の業かを知っている。まさに神業、野球の投手で例えれば時速150Kmの世界であろう。
 しかしながら、高校野球の甲子園と同様、全国消防操法大会にも魔物が棲んでいるはずだ。トップを目指す強豪は実力伯仲で鎬を削るに違いない。いくら実力があっても、普段の力を発揮できなければ結果は出ない。同じ印西市消防団の若き団員たちが千葉県代表の誇りを胸に、平常心で大会に臨んでもらうことを祈るばかりである。ちなみに、過去21回の全国大会で本県代表は優勝4回(八街市・84、86、船橋市・76、大多喜町・98)、準優勝4回(大多喜町・80、八街市・82、東金市・96、00)という輝かしい成績を残している。是非とも我が印旛、印西市に優勝旗を持って凱旋してほしい。全国大会出場団員諸君には、怪我に気を付け万全のコンデションで大会に臨んで頂きたい。健闘を祈る!

 午前、事務所で仕事、来客の対応。正午、木下の柏屋蕎麦店で印西RC例会。印西市体育協会長の大野勇さんによる講演を聴く。午後、事務所で作業。19時半、印旛・六合小学校へ。上記の激励会に、県議としてではなく副支団長として出席。22時半、帰宅する。夜はかなり冷え込みが厳しかった。

    県議・滝田敏幸、もの申す! 是は是、非は非(61)
 【 歴史は繰り返す。一度目は悲劇として、二度目は茶番劇として(マルクス) 】


 「鳩山前総理、政界引退を撤回か」のニュースには呆れて言葉を失う。「次の総選挙に出馬しません」とTVカメラの前でハッキリと言った方が、何を言うのかと。言ってることと、行うことが正反対。まさに、真逆。国民の常識とあまりに乖離し、とんでもないブラックジョーク以外の何物でもない。なぜ、民主党の議員は国から地方まで沈黙するのであろうか。確かに民主党は資金(カネ)の面で鳩山氏に世話になったのは分かるが・・・ だからと言って、出鱈目な言葉遣いをする政治家を何時まで崇め奉るつもりなのか。
 また、「民主党、企業・団体献金の復活」のニュースには仰天する。去年の夏の総選挙におけるマニフェストは一体全体、何だったのか。あれだけ声高らかに「企業・団体献金の全面禁止」を訴えたのにもかかわらず、あっさりと事実上の撤回をするとは何事か。あまりにも観念的かつ幼稚なマニフェストを掲げたことに何ら反省の色もなく、開き直る毎日が続く。何から何まで、裏切りのオンパレード。国民の政治不信も頂点に達しているのではないか。
 さらに、11月の沖縄県知事選に民主党、候補者擁立を断念とのニュースも入ってきた。もういい加減にして頂きたい。
 これまで何度も述べてきたが、敢えてもの申す。
 民主党・菅政権が一日延びれば延びるほど、国益が損なわれていく。政治の信用が失墜し経済も崩壊の瀬戸際に立っている。鳩山前総理は「国難」と言うが、いつまでも「自民党政権」のせいにしている訳にはいかない。無責任な言い逃れや屁理屈、言い訳の類は、もう結構だ。

   いんざい“ご当地ぐるめ”選手権、最終選考会進出の三品 Photo集 】 
 上から 〇 印西・豚さんが焼、〇 印西・焼きコロ、〇 みそピー唐揚
f0035232_0545795.jpg

f0035232_0553753.jpg

f0035232_0565517.jpg

 以上の三品から、11/6・市産業祭(ビッグホップ駐車場)、11/21・市商工祭(小林駅北口広場)、12/5・最終選考会(イオンモールコスモス広場)の三会場で、市民(自由参加)による選考でグランプリが決定する。印西の食文化の創造と町興しに、市民の皆様方の圧倒的注目と御参加を宜しくお願い致します
by takinowa | 2010-10-28 00:08

10.10.26(火) 千葉県・地域医療改革戦略会議 設立総会

    HPを更新しました!004.gif
 昨日付で公式HPに最新活動報告・ニュース」(09/25、10/02~04、05、08付)をupしました。TP・新着情報からアクセス頂けますので是非、御覧下さい。

 昨日、群馬県長野原町で行われた「一都五県知事と地元との意見交換会」について、本ブログ読者から「TVニュースや新聞報道を見た」とのメールや電話が数多く寄せられてきた。そして、そのほとんどが、筆者の主張に理解を示す内容であった。思い起こせば昨年9月、前原国交相による八ッ場ダム工事の一方的中止声明時、マスコミ世論は「八ッ場ダム」工事を徹底して叩いた。民主党マニフェストにあった「コンクリート」を「八ッ場ダム」が象徴し、=公共事業という単純な図式である。政権交代時の大衆的熱狂は、恰もスケープゴートを捜していたかの如くだった。しかしながら、ここにきて風向きも大分変ってきたと感じる。人の命を守ってきた「コンクリート」を、どう評価するか、筆者は国民に敢えて問いたい。「思考する輿論」は必ず存在するはずだ。薄っぺらな言葉遣いと観念論は、もう結構である。民主党の諸君に告ぐ! 正々堂々と言葉に責任を持って、論争しようではないか。公共事業=悪 といったステロタイプのレッテル貼りや八ッ場=コンクリートのようなシンボル操作はほとんど無意味であり、百害あって一利なしだ。本質的な議論を是非ともしよう! 何方に対しても、何時、何処でも、受けて立ちます 004.gif
 朝から冷たい雨。木枯しの吹く季節も直ぐやってくる。午前、事務所で仕事、打合せ。11時、印西を出て県庁へ向かう。
 13時、教育庁及び企業庁に関する平成23年度重点事業の概要について、執行部から説明を受ける。
 15時、千葉県・地域医療改革戦略会議 設立総会に出席。規約及び役員等について慎重審議。会議を統括する座長には伊藤和男県議が就任。本会議は「地域医療の充実を目指し、県民の視点に立って千葉県の地域医療に係る医師不足等の課題の解決」を目的として設置された。今後、様々な角度から、地域医療政策を立案していくこととなる。本ブログ読者の皆様にも適宜、情報を提供して参ります。貴重な御意見(パブリック・コメント)を、是非お寄せ頂きたい。
 16時、県庁を出て印西へ向かう。17時半、事務所で仕事、千葉ニュータウンへの企業立地について政務調査。
 本日、鈴木宗男先生の食道癌摘出手術が行われた。ブログによると、手術は無事終了とのこと。本当に良かった! ガンや悪しき権力と闘う鈴木先生から、筆者はいつも勇気付けられる。「力の限り生きてやれ」とあらためて思うものである。
 小沢一郎氏は明日27日、東京第5検察審査会による起訴議決の執行停止を認めなかった東京高裁決定を不服として、最高裁に特別抗告をする方針を固めたとのこと。 衆議院補欠選挙北海道第5区で民主党候補の惨敗を受け、同党執行部は与党の攻勢を口実に、小沢氏を刑場に引き摺り出そうとしている。一体全体、どこまで御都合主義の政党だろうか。同党の政治家は小沢氏を守る論陣を張ればよいではないか。義理も人情もなく、あまりにも薄情過ぎる。小沢氏は最後まで頑張るべきと、筆者は考える。

     【 10/25 八ッ場ダム・1都5県知事と地元との意見交換会 Photo集 】
f0035232_20425892.jpg
上田清司・埼玉県知事の発言(向って右隣 石原慎太郎・東京都知事) 
f0035232_20473779.jpg
付替え道路や代替地造成事業等について、国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム 佐々木淑充・事務所長から説明を受ける1都5県議連の同志とともに
f0035232_20491385.jpg
ダム本体工事を除き、全体の約90%が完成
by takinowa | 2010-10-26 20:53

10.10.25(月) 八ッ場ダム建設推進に関する1都5県知事と地元との意見交換会

     HPを更新しました!004.gif
 本日、公式HP最新活動報告・ニュース」(9/25、10/02~04、05、08付)を更新しました。TP・新着情報からアクセスできますので是非、御覧ください。

 8:20JR木下から上野経由、10時発・特急・草津3号で長野原草津口へ向かう。
 13時半、群馬県長野原町山村開発センターで行われた「八ッ場ダム建設に関する1都5県知事と地元自治体と住民代表との意見交換会」に1都5県推進議連事務局次長として出席。石原慎太郎東京都知事、上田清司埼玉県知事はじめ6名の知事が順に八ッ場ダム建設の必要性と正当性を訴えたのに続き、地元長野原町、東吾妻町の町長・議長、地元住民代表が発言。
 現地では政権交代後、前原誠司・前国交相が行った一方的中止声明に対し、憤りが頂点に達している。民主党の代議士だった上田知事は「(国と地方の約束を無視する)あまりにも理不尽な決定」とまで言い切っている。
 現実を無視した「コンクリートから人へ」という観念論に縛られた民主党の「八ッ場ダム建設中止」は、誰が見ても理不尽かつ不条理だ。7月の参院選でも、八ッ場の地元・群馬県では民主党現職候補の落選という結果が示す通り、ハッキリ「NO!」の民意が示されている。民主党の地方無視を象徴する横暴な政治では、西の普天間、東の八ッ場といっても過言ではない。
 筆者も本ブログで何度も書いてきたが、そもそも15年前、自社さ政権で「八ッ場ダム建設」の決定に際し、菅・鳩山・前原の三氏は政府与党の一員として賛成していたのである。彼らは、理由があって中止を表明したのではなく、中止を表明してから理由を考えるといった暴挙を行っているのだ。
 マスコミの報道にも問題があるのではないのか。是非とも公正中立な報道を行ってほしい。ここで進捗状況について事実のみを書く。
〇 ダム事業の進捗率は75%(平成22年3月末時点)
〇 用地取得(456ha)  84.9%(387ha)
〇 家屋移転(470世帯) 90.4%(425世帯)
〇 付替国道・県道(24.4Km) 90.2%(22.0Km)
〇 付替鉄道(10.4Km) 89.5%(9.3Km)

 現状を有り体に申し上げれば、ダム本体工事を除けば、ほぼ完成しつつあるのだ。総事業費・4600億円に占めるダム本体の事業費は約600億円。本体工事を除けば、9割が終わっているにもかかわらず、何を今更である。それこそ、ダム建設の中止はムダ。大いなる無駄遣いなのだ。
 民主党政権の理不尽さは止まるところを知らない。八ッ場ダム建設は中止しても、東北地方最大の胆沢(いざわ)ダム建設は継続するという。この理由について、政府は合理的説明ができるのだろうか。まさか、小沢一郎氏の御膝元の事業だけは、「コンクリートから人へ」「脱ダム」の範疇外ということか。筆者は何も「政治とカネ」のことを持ち出したいのではない。民主党のWスタンダードを、なぜマスコミが指摘しないのかについて申し上げたいのである。
 14時半、意見交換会終了後、生活再建に係る代替地造成事業等を1都5県推進議連メンバーとともに視察。過去2年間で4度目の視察となったが、訪れる度、事業が進捗していることを感じる。治水・利水で本県が裨益する施設であり筆者としても、その必要性についてあらゆる場面で訴えていきたい。15:45、長野原町を出て千葉へ向かう。20時、印西にもどる。日帰り出張は相当ハードであった。
by takinowa | 2010-10-25 22:32

10.10.24(日) いんざい“ご当地ぐるめ”選手権・2次選考会

   速報! いんざい“ご当地ぐるめ”選手権・最終選考会進出の三品決定!
 本日、千葉ニュータウン中央駅前の印西産学連携センターで“ご当地ぐるめ”選手権・第2次選考会が行われた。審査委員会は印西市・伊藤圭子副市長、印旛高校・仲佐健治校長ほか、商工会、観光協会、婦人会、JA西印旛、イオンモール、東京電機大、順天堂大・・・に協力頂き、12名で構成。一次選考会をクリアした11品を実食し採点。結果、以下の三品が最終選考会への進出を決めた。

      < 選考結果 >
印西・豚さんが焼 〇 みそピー唐揚げ 〇 印西・焼コロ

 後日、写真を本ブログにアップします。
 最終選考会は11/6()・市産業祭 ビッグホップ、11/21()・市商工祭 小林駅北口広場、12/5(・イオンモール コスモス広場の三会場。市民参加による投票でグランプリが決定する。詳細はTP・新着情報の公式HPを御覧ください。

 8時半、印旛日医大駐車場へ。全国大会に向け最終調整に入った印西市消防団印旛支団の操法訓練の立ち会い。11時、印西産学連携センターへ。上記の選考会にスタッフの一人として参加。13時半、木下で市民参加イベントに顔を出す。14時半、事務所で仕事。18時、習志野で会合。23時、帰宅。
 夜から冷たい雨。かなり多忙な一日であった。
 菅直人 著 「大臣 増補版」(岩波新書 860円)を読む。 民主党政権の独裁主義的体質を理解する上で、必読の書物である。菅氏の唱える「国会内閣制」は、独善的理性への軽信が根底にある。単純な左翼であり政治学的に整理すれば、明確な三権分立の否定だ。断固、闘わなければならない。
by takinowa | 2010-10-24 19:39

10.10.23(土) 第10回全国障害者スポーツ大会 ゆめ半島・千葉大会

 皇太子徳仁親王の来臨を仰ぎ本日、第10回全国障害者スポーツ大会 ゆめ半島・千葉大会開会式が挙行された。
 8時、式典会場の幕張メッセへ。同施設は延床面積165,000㎡と国内最大級のコンベンションホールであり、千葉マリンスタジアムとともに幕張新都心のシンボルである。公式のラグビー(サッカー)場が10面以上取れる程の圧倒的スケールだ。9時半、千葉市長による開式宣言。47都道府県及び19政令指定都市代表の役員・選手、およそ4千名が堂々の入場行進。ゆめ半島・千葉大会会長 森田健作知事からの挨拶そして
 皇太子殿下より御言葉。
 炬火入場・点火、選手代表宣誓をもって閉式。
 10時半、皇太子殿下の御前にて歓迎演技。聴覚障害を持つKiyoのサインボーカルが評判のデュオ「アツキヨ」のライブに続き、式典はいよいよクライマックスを迎える。江戸時代から継承される伝統芸能「銚子はね太鼓」、小中高生、特別支援学校児童・生徒約1000名、そして選手・役員、観客も一体となって千葉県の魅力を表現。「千葉の海」、「千葉の花」、「千葉の自然」、「千葉の伝統」が見事に演出され実に感動的であった。特に、ラヴェルの「ボレロ」に合わせた小中高生によるフラッグパフォーマンスと銚子はね太鼓のコラボレーション、特別支援学校児童・生徒のダンスには、心の奥から湧いてくるような熱い興奮を覚えた。正直な話、涙が止まらないほどだった。
 私は保守主義者なので、薄っぺらで凡庸な言葉遣いや偽善的な綺麗事は嫌いなのだが、敢えて言いたい。「人間には無限の可能性がある」と。本日の開会式に参加し、勇気や感動を与えられたことに心から感謝したい。
 午後、久々に公務はOFF。 スティーブン・ソダーバーグ監督 デル・トロ主演「チェ 28歳の革命」(米・仏・スペイン 2009年)を鑑賞する。 チェ・ゲバラは伝説の革命家であり、カリスマだ。特に、自分の言葉に対する責任と倫理性という意味で、筆者は保守主義者であるが本気でゲバラを尊敬している。日本のゲバラと言えば、元・滝田修こと竹本信弘さんだ。人間の解放を語る竹本さんは、同時に人民への愛も語っている。決して、左翼ではない。少なくとも、市民運動家であったことを自慢する菅直人総理とは人間の器が違う。もうそろそろ、日本人も、仮面の剥がれかかった菅直人の本性を見抜かねばならない。
 夜、事務所で仕事。032.gif 本日、わが読売巨人軍のCS敗退が決まった。何としても、千葉ロッテには1974年日本シリーズの再来、中日を粉砕して日本一に輝いてほしいと思うものである。
 そして、いよいよ明日、注目の衆議院北海道5区補選が行われる。結果次第で政局に影響を与える気配が漂っている。来週以降、「政治とカネ」を巡り、一波乱起きそうな予感がする。いずれにせよ、民主代表選においてあれだけこの問題で小沢氏に追い込みをかけた菅総理や岡田幹事長が、優柔不断ぶりを見せるのは噴飯ものだ。単なる御都合主義の言葉遣いしかできないのか!
by takinowa | 2010-10-23 23:16

10.10.22(金)

 千葉県をはじめ10都県が参加する関東知事会議は一昨日、八ッ場ダムの2015年完成を国へ要望した。民主党政権は一体、どのような対応をするつもりか。前原誠司国土交通大臣(当時)による一方的な中止表明から一年以上が経過した。「コンクリートから人へ」といった薄っぺらなスローガンにより、70%以上進捗していた八ッ場ダム建設事業はストップしたままとなっている。何という理不尽かつ不条理な話であろうか。国会で定められた河川法や特定ダム法に基づいて進められていた同事業を、総選挙マニフェストに掲げたからと、問答無用で中止するとは言語道断。どうしても止めたいというのなら、正面から国会に提案すべきではないのか。政権交代により何をしてもよいと考えているのならば、傲慢の誹りを免れない。もっと言えば、どこが「地方主権」か! 地方の意見に全く耳を貸さず、頑ななまでに中止を撤回しようとしない。ハッキリ言って、知事会だけではなく、地元の群馬や埼玉県民は怒っている。
 また、仙石官房長官や蓮舫行革大臣の閣僚に有るまじき言動が世間の批判を浴びている。口先で陳謝しているものの、全く反省の気持が伝わってこない。これがもし自民党の閣僚であったならば、彼らは辞任を要求していたに違いない。民主党政権はどこまでも他者に厳しく、そして自分にはとことん甘い。まさに、「我には許せ」の世界である。
 終日、事務所で仕事、来客の対応。公務がOFFであったため、仕事が捗った。
by takinowa | 2010-10-22 22:06