<   2010年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

10.09.10(金) 定例県議会本会議

 本日付、千葉日報一面と毎日新聞県版に小生の一般質問が報道されているので、紹介する。
  
  【 北総鉄道:高額運賃問題 知事「白井市は責任認識している」 / 毎日新聞・県版 】 
 北総線の高額運賃問題を巡り、白井市の北総鉄道への補助金支出を同市議会が認めないまま7月から運賃値下げが始まっている事態について、森田健作知事は9日、県議会で「白井市は責任を果たしていないと十分認識している。早期に具体案が出てくると思っている」と答えた。自民党の滝田敏幸県議の一般質問に答えた。
 滝田県議は「(白井市は)今の状況を黙認しているのではないか。このままでは沿線県民に不利益がもたらされる」と危機感を表明した。〈森有正〉

  【 「印旛沼二期」着工へ 18年度完成、事業費332億円 / 千葉日報・一面 】
 滝田議員の質問に対し、重田雅行農林水産部長は「今年度内に正式着工する見通しと聞いている。国は8月に佐倉市に事務所を設置して、工事の本格実施に備える。県として国、関係市町、土地改良区などと連携を図りながら事業の推進に努める」と述べた。
 県耕地課によると、同事業は、老朽化した揚排水機場など6ヵ所の設備更新や約53Kmに及ぶ用水路の改修などを実施する。総事業費は332億円。2018年度の完成を目指し、受益面積は水田約5千haに及ぶ。農業面だけでなく、流域自治体の水害防止機能の向上も図られるという。

  【 空港アクセス向上へ、短絡線調査に協力 / 千葉日報・政治面 】
 滝田議員は成田・羽田空港間のさらなる鉄道アクセス向上策などを質問した。
 森田健作知事は、7月に開通した成田スカイアクセスから東京駅を経由して羽田空港を結ぶ「都営浅草線短絡線」について、「国の昨年度の調査結果では概算事業費3500億円以上、需要見通しは1日当たり22万人だった」と報告。
 さらに「成田空港の国際競争力を向上させる重要な路線と位置付けられており、県として引き続き国の調査に協力する」と答弁した。

 以上である。
 9時、県庁で政務調査。10時、本会議。今井勝県議(我孫子市)、木下敬二県議(南房総市)、林幹人県議(成田市)らが一般質問を行う。16時、県庁を出て印西へ。
 18時、滝田事務所で自民党印西支部役員会議。冒頭、急逝された大村豊樹さんに対する黙祷。秋から年末にかけての活動について話し合う。20時、帰宅して読書。
by takinowa | 2010-09-10 22:15

10.09.09(木) 九月定例県議会で、九度目の一般質問

 7時半、印西を出て千葉へ向かう。 9時、県庁で、一般質問前に内容の確認。文言及び数値に関して、間違いのないように、入念なチェック。
 10時、本会議場で鈴木良紀・県議会議長の指名を受け、登壇。通告に基づき、北総鉄道問題、印旛沼・手賀沼土地改良事業、ジェンダーフリー通知撤回・・・等について順次質問する。 森田健作知事、鬼澤教育長、商工労働部長、農林水産部長、県土整備部長、環境生活部長に、丁寧な答弁を頂く。10:50、終了。再質問や要望も含め、 自分なりに目一杯の真剣勝負の質疑を行うことができたと、ホッとする。
 この模様については、県議会動画及び県議会リポートで近日中に小生のHPにアップします。是非、御覧下さい。
 夕方、鈴木宗男先生から電話を頂戴する。鈴木先生には、11/23に行われる予定の「印西教養フォーラム」の講師を引き受けて頂いていた。 小生としても、実に残念で悔しかった。

 鈴木代議士:「滝田さん、実に申し訳ない。こんなことになってしまって、本当に迷惑をかけた」
 滝田:「先生、とんでもない。何を仰いますか。 私は、最高裁の判決に憤りを感じています。なぜ、裁判で真実が明らかにならないのか・・・」
 鈴木代議士:「あなたにも、佐藤さんにも本当に心配をかけた。記者会見でも言った通り、とことん私は闘う覚悟だ。『生きていれば逆転もある』はずだよ。私は何度でも奇跡を起こすつもりだ・・・」
 滝田:「残念な判決でしたが、私はどんなことがあっても、先生を信頼し、応援します。必ず、面会に伺います。とにかく、御体を大事にして下さい。」
 鈴木代議士:「本当にありがとう。私も頑張る。滝田さんも、来春の選挙は頑張って、絶対に生き残れよ。獄中からでも、応援する」
 滝田:「先生、本当にありがとうございます」
 といった、やり取りが続き、暫しの御別れの御挨拶をさせて頂く。電話を切った後、暫くしてから悔しさが心の奥からこみ上げてくる。何という不条理。

 まさに、「仁義なき戦い」である。余りにも、分かりやすい。 小沢一郎氏にもっとも近いとされていた鈴木宗男代議士・上告棄却決定、そして本日、青木愛代議士のセックス・スキャンダル、さらに検察審査会の強制起訴に関する報道など、民主党代表選挙において尋常ではない力学が働いている。 まさに、謀略の匂い。明確な共謀があったとは思わないが、法務官僚、マスコミ、一部民主党系政治家の集合的無意識の波長が、シンクロした可能性を排除できないと思う。かつて(30~40年前)の自民党総裁選では現金(ゲンナマ)が飛んだかも知れないが、ここまでエゲつない何でもありの権力闘争はまず在りえなかったのではと想像する。まさに、掟破り。仁義なき戦い。
 いずれにせよ、秋以降、この国の政治は漂流するのではなかろうか。こういった事態が続けば、当然、ファシズムの誘惑がこの国を覆ってしまうのではないか、と不安に思うものである。
 17時、千葉市内で会合。
by takinowa | 2010-09-09 21:03

10.09.08(水) 定例県議会本会議 / 鈴木宗男代議士上告棄却、「検察権力と闘う」

 本日午後、最高裁は鈴木宗男代議士の上告棄却を決定した。鈴木先生は記者会見で、「検察権力と闘う」とキッパリと明言。私としては、どんなことがあっても鈴木先生を応援するつもりに変わりはない。ちなみに、私の携帯電話の待受け画面は、鈴木先生とのツーショット写真である。党派は違えど、そしてもし自分が不利な状況になろうと、私は鈴木先生を信頼し、支持して参りたい。
 これで、鈴木先生は収監ということになるが、なぜ公判で「真実」が明らかにならないか、心の底から怒りが湧いてくる。鈴木先生の事案は不当な国策捜査であり、まさに「国家の罠」である。実に残念であり、不条理感と憤りが収まらない。断固、抗議したい。
 それにしても、なぜこのタイミングでの上告棄却決定なのだろうか。事実上、次の総理を決める民主党代表選の最中、菅総理と小沢一郎氏が大接戦を展開しているこの時期に判決が出るとは不可解千万。この判決には権力側からのメッセージが感じられる。いずれにせよ、一人でヒッソリと肩を小刻みに震わせてほくそ笑む菅総理の姿が目に浮かぶ。
 10時、本会議。武田正光県議(流山市)、西田三十五県議(佐倉市)らの一般質問。
 午後、台風9号の影響で、県内各地に記録的な豪雨057.gif。15:16、印西市に大雨洪水警報発令。手賀沼排水機場のポンプが故障中であることを考えると不安だ。JR成田線や総武線で一時不通、各地で道路が冠水し通行止めになるなど、県民生活にも影響が出た。17時、県庁を出て印西へ向かう。19時半、事務所にもどり一般質問の準備。
 いよいよ明日、九月九日午前十時、九度目の一般質問を行う。裂帛の気合で頑張りたい。皆様方の圧倒的注目を御願いするものである。
by takinowa | 2010-09-08 21:12

10.09.07(火) 定例県議会本会議

 7時半、菜の花プラザ・会議室で、ちば自民党青年局役員会。9時、千葉を出て印西へ。
 10時半、平岡の印西斎場で行われた大村豊樹さんの告別式。心から御冥福を祈り、最後のお別れをする。11:50、印西を出て県庁へ向かう。
 午後、山本義一(八街市)、松下浩明(山武市)、石橋清孝(東金市)と自民党県議の一般質問が続く。17時半、県盛会の懇談会。菜の花プラザに宿泊。
by takinowa | 2010-09-08 12:27

10.09.06(月) 定例県議会本会議

 8時、印西を出て県庁へ。10時、本会議。午前、公明党。午後、社民党の代表質問。
 15時半、党県連で政調会の勉強会。哲学者で埼玉大学教授・長谷川三千子先生を講師にお招きし、1998年に制定された国の男女共同参画社会基本法の問題点について勉強会。長谷川教授は保守主義に立脚する第一級の哲学者であり、自民党としても知的レベル向上に資する会合であったと思う。16:50、県庁を出て印西へ向かう。
 18時、平岡の印西斎場で、9/3に急逝された大村豊樹さんの御通夜に参列。森田健作知事も公務多忙の中、わざわざ印西までお越し頂く。多くの市民や郵政関係者が、故人を偲び長蛇の列となった。それにしてもまだ、実感が湧かない。20時、印西を出て再び千葉へ。21時、ちば自民党青年局の会合に合流。
 菜の花プラザ・千葉に宿泊。
by takinowa | 2010-09-07 16:50

10.09.05(日) 印西市総合防災訓練

     月県議会・度目の一般質問を行います!004.gif
 下記の通り 日(木)10時~度目の一般質問を行います。 皆様の圧倒的御注目、宜しく御願い申し上げます 040.gif

〇 質問項目
  1. 北総鉄道の運賃問題と白井市の対応について
  2. 成田・羽田一体的活用と鉄道アクセス改善について
  3. 印旛沼・手賀沼土地改良事業について
  4. 印旛沼・手賀沼の水環境について
  5. ジェンダーフリー教育通知の撤回について
  6. 政府のCO2排出25%削減国際公約がもたらす本県経済と雇用への影響について

〇 問合せ・傍聴申込み 滝田事務所・佐藤迄 0476-37-4173 (10~17時)
〇 インターネット・ライヴ中継あり
 
 
 7時半、千葉ニュータウン・いにはの地区へ向かう。8時、市立いにはの小学校を会場に行われた印西市総合防災訓練。 行政、常備消防、消防団、自治防災組織、小学校、建設業災害対策協力会、赤十字・・・等々の団体が参加し、実践的な訓練が行われた。 炎天下の猛暑にもかかわらず、真剣そのもので集中した取組みに頭が下がる。まさに、「備えあれば 憂いなし」 「災害は 忘れた頃に やって来る」であり、地域ぐるみ、家族ぐるみで防災力強化にあたって頂きたいと思うものである。
 正午、事務所にもどり、TEAM・TAKITAスタッフと打合せ。メンバーの一人であった大村豊樹さんの葬儀関係の打合せ、関係各方面への連絡の確認。 14時、一般質問の原稿作成。
 夜、千葉方面で会合。 深夜、帰宅。
by takinowa | 2010-09-05 23:24

10.09.04(土)

 朝、突然の訃報が入る。自民党印西支部役員で私の後援会事務局を務めて頂いている大村豊樹・印西原山郵便局長が急逝された。59歳という若さを考えると、信じられない出来事であった。午前中、草深の御自宅を弔問。
 11時、毎月第一土曜に開催される木下駅南骨董市へ出向き、御挨拶。午後、事務所で一般質問の原稿作成。
 16時、再び草深へ。大村さんの御自宅で、病院からもどった亡骸と対面。あまりにも、静かに眠っている。先一昨日会った際の元気な姿と声が心に甦ってくる。信じられないというか、現実感がない。あまりにも早い旅立ちに、天を恨むにも恨む気力も失せてしまった。今、虚脱感が全身を覆っている。ショックというよりも、心にポッカリと穴が開いた感じだ。
 先月21日の「佐藤 優・トークライヴ」でも実行委員長を務め、打上げで郵政民営化や小泉改革の問題点について熱く語っていたことも想い出される。大村さんとは私が政治を始めた12年前、特に県議を目指した4年前から、あまりにも深い御付き合いをさせて頂いた。性格も知り尽くしているし、本当に心強い同志であった。大村さんはいつも、私の選挙のことを心配し気を遣ってくれていた。何が何でも、勝たねばならないと。多少、意見の衝突することもあったが、常に本音を語ってくれていたのだ。今は只々、御冥福を祈るだけだ。
 これで故・大野克巳前県議、大村豊樹さんと、印西政治史の一時代を担った先輩が相次いで逝ってしまった。不詳・私が、印西のために頑張ること、そして来るべき来春の県議選で勝利することが、先輩たちへの何よりの供養となるはずだ。
 それにしても、御家族の心痛を思うと、言葉もなかなか見つからない。6日、7日に行われる葬儀では、しっかりと御見送りせねばと思うものである。 
 18時、事務所にもどり一般質問の原稿作成。
 来春の県議選、私の対抗馬が決まったとの未確認情報が各方面から入る。 つい最近まで自民党と関係の深かった御仁であるとのこと。大方、想定の範囲内で常套である。
 政治の原点は信頼に尽きる。人間、何よりも心が大事である。人と人との絆、人間関係を大事に、正々堂々と私は勝負するつもりだ。もちろん、印西と千葉県のために。
by takinowa | 2010-09-04 22:47

10.09.03(金) 定例県議会本会議

 7時半、印西を出て県庁へ向かう。9時、自民党会派室で、一般質問に向けた政務調査。
 10時、本会議。午前中、自民党代表質問。三番瀬、八ッ場ダム、成田空港、男女共同参画、水道行政といった県政の重要課題について質疑が行われた。午後、民主党代表質問。党首選挙の煽りだろうか、気も漫(そぞ)ろでほとんど覇気が感じられなかった。
 15時、議会定数検討委員会。15:45、県庁を出て印西へ。
 17時、印西市役所農業委員会事務局で打合せ。18時、事務所にもどり仕事。一般質問の準備。

 マスコミでは菅直人総理と小沢一郎前民主党幹事長の討論会の内容が報じられている。菅直人総理は小沢氏の「政治とカネ」の問題を執拗に取り上げ、国民が漠然と抱く小沢氏に対する嫌悪感を煽っている。理屈は「国会における説明責任が不足している」ということらしい。それにしても、この菅という人間はどこまで卑怯な男なのだろうか。今年の正月に小沢氏の資金管理団体・陸山会事務責任者だった石川代議士や若井代議士秘書の池田光智さんが逮捕されて以来、野党やマスコミは小沢氏の説明責任を厳しく追及してきた。しかしながら菅氏はこれまで、小沢氏の「政治とカネ」の問題については沈黙し続けていたのにもかかわらず、代表選が始まるやいなや態度を豹変。マスコミはじめ野党も驚くような厳しい追及を展開。なぜ、あの時は黙っていたのか。理由は簡単。ポスト鳩山を狙って、小沢氏にも支援してもらいたかったからだ。
 その場その場、その時その時で、しっかりと狡っからい計算をするのは市民運動家の十八番(おはこ)である。6月、首相に就任するや高支持率を背景にアッという間に国会を強制閉会、参院選では自民党マニフェストに抱きつくように消費税増税をブチ上げるなど、瞬間芸的損得勘定の政治手法が特徴でもある。ただし、菅総理を侮ってはいけない。御自分を棚に上げ、他者を厳しく責める才能はピカ一だ。かつての代表時代、TBSアナウンサーとの不倫騒動ではダンマリを決め込み、団子三兄弟に引っ掛けて自民党幹部を未納三兄弟と吊るし上げた挙句、結局自分にブーメランが戻ってきてあえ無く辞任。
 ハッキリと言おう。菅直人氏は次期総理として、ラストパーソンである。絶対にNOだ。
by takinowa | 2010-09-03 21:46

10.09.02(木)

 終日、事務所で一般質問に向けた政務調査。CO2・25%削減と温暖化対策について、学べば学ぶほど矛盾を感じる。科学的根拠の全くない、ムードに酔った政策と断言せざるをえない。この問題は、現・民主党政権だけの責任ではなく、自民党時代から続いているだけに厄介だ。
 与党であろうが野党であろうが是は是、非は非である。勇気をもって、もの申して参りたい。また、皆様からの貴重な御意見を、これからも御待ち申し上げます040.gif
 17時、習志野市で会合。23時、帰宅。
by takinowa | 2010-09-03 00:08

10.09.01(水) 防災の日

 終日、事務所で集中して県議会一般質問の準備。恐らく今任期中は、最後の質問になると思う。本会議場で予算委員会質疑も含めれば、十度目の発言の機会を与えて頂いた同志県議の皆様に感謝・御礼申し上げます。
 気が付けば毎回、その十度の質問で「北総鉄道問題」を取り上げた。諸先輩から聞くところによれば、県議会でもほとんど例がないのではないかとのこと。私はこれまで、森田・堂本歴代県知事及び植田副知事、飯田・依田・小川・高橋歴代総合企画部長と、真剣な議論を行ってきた。しかしながら、未だ決着には至っていない。
 本日付の千葉日報一面「北総線運賃値下げ問題 補助金支出延滞の白井市 市長、再び予算化の意向」の見出し。提案時期については、横山市長が明言を避けたという。いずれにせよ、同市を除く5市と県は最初の負担金の支払いを済ませている。白井市の責任ある対応を期待したい。

 武田邦彦著「偽善エネルギー」(幻冬舎新書・760円)を読む。自治体の環境政策を考える上で、大いに参考となる一冊だ。
by takinowa | 2010-09-01 22:17