<   2010年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

10.09.20(月) 敬老の日 / 最高裁、鈴木宗男先生の異議申立棄却

 7時半、御彼岸の御墓参り。 8時、市内浦部地区で火災発生のメールが市防災課より入る。木材リサイクル施設の資材置場で、延焼中との内容であった。午前中の予定をキャンセルし、現場へと急ぐ。
 9時、現着。かなりヤバイ状況であったが、岩井一郎消防団長と山崎・印西消防署長の的確な陣頭指揮で、13時半に鎮火。ホッとする。 昼頃までは、堆(うずたか)く積まれた木材チップに火種が残り、消火活動は暫くの間難攻し一進一退の膠着状態。 100名を超える消防職団員の献身的作業が、約20時間続いたことになる。 印西市民の生命・財産・身体を守るため、他に生業を持ちながら地域防災の任に当たる同志を、改めて頼もしく思うものである。まさに、「海猿」といい勝負の活躍であった。
 15時半、自宅にもどり休憩。19時、千葉NTで勉強会。22時、帰宅する。

 先週末、鈴木宗男先生により最高裁の上告棄却判決に対し行われた異議申し立てが却下された。国会法の規定により失職し、近く収監されることとなった。 実に残念であり、先生の心中を察すると悔しい限りだ。鈴木先生は御家族と後援者に支えられ、そして心友・松山千春さんや同志・佐藤優の存在に励まされ、理不尽かつ不条理な状況を乗越え必ずや復活するであろう。私も言葉だけではなく、人として心から連帯して参りたいと思うものである。
 人間、順風満帆の時は多くの人が寄ってくる。ただ、真の友人は逆境の時、苦しい時に支えてくれる同志であると、私は思う。 人の心、人間関係、義理、恩義、人情、友情・・・、人生の中で、おカネでは買うことのできない価値があるはず。 ましてや政治家は、自分の利害損得を計算し栄達のため、義と心ののない生き方をしてはならない。
 そして、どんな苦しい時でも私は、
 < 生きることが 辛いとか 苦しいだとか言う前に 野に育つ ならば 力の限り 生きてやれ > と、自分自身の心に言い聞かせ、生きていきたい。
 世の中には様々な事情により、大変な思いをしている方、苦しい思いをしている方・・・がたくさん居られる。私は社会的弱者の目線で、そして真面目に生きる庶民の心を理解する政治を、これからも行うつもりだ。 人間、生きていれば一発逆転もあるはず。 できる限り多くの人を勇気づけるような人生を送りたいと、つくづく思うものである。
 シアトル・マリナーズのイチロー選手が日米通産3,500安打を記録した。 ピート・ローズの不滅の大記録・4256本を是非乗越えてもらいたい。そいて、大相撲では白鳳が双葉山の伝説の記録69連勝に近づきつつある。日本人として少々複雑な気持だが、心技体充実の白鳳は磐石の強さを連日見せている。日本人力士の奮起を期待したい。
by takinowa | 2010-09-20 23:43

10.09.19(日)

 終日、事務所で仕事。

 武田邦彦 著 「偽善エコロジー」(幻冬舎新書・740円)を読む。
 昨年後半から県議会保守政治研究会で、私は「CO2・地球温暖化主因説」への異論を学び始めた。具体的には地質学の世界的権威で東京工業大学大学院理工学部研究科・丸山茂徳教授アラスカ大学元地球物理研究所長・赤祖父俊一教授のレポートや言説を注意深く読んだ。鳩山前総理が昨年9月、国連で「CO2排出25%削減・国際公約」を勝手に行ったことが切っ掛けである。もし、実行されるならば、日本のCO2排出量の9.2%を占める千葉県経済と雇用に壊滅的打撃となるからだ。このことは、9月定例県議会の一般質問で述べさせて頂いた。
 現下日本では「エコ」という言葉を聞いた途端、政治家や官僚はじめ経済界、国民も思考停止状態に陥っているのではなかろうか。リサイクルも含め環境問題は、「科学的根拠が薄弱でも、政治的課題になっているので取り下げることができない」としたら、この国は確実に沈没へと向かうに違いない。
 選挙の得にも全くならないが、今こそ勇気を持って「地球温暖化CO2主因説」をはじめとするプロパガンダと徹底的に対峙しなければならない。「是は是、非は非」として、しっかりともの申さねばならない。まだまだ、学ばなくてはと思うものである。
by takinowa | 2010-09-19 18:17

10.09.18(土) 大森小学校秋季運動会

 6時半、千葉を出て印西へ向かう。
 8時、わが母校・印西市立大森小学校の秋季運動会へ。 晴天に恵まれ、最高の運動会日和。一生懸命な児童たちを見て元気が出る。11時、事務所で仕事。
 午後、市内の支援者宅を廻る。夕方、昼寝。18時半、幕張で会合。24時、帰宅。読書して就寝。032.gif
by takinowa | 2010-09-19 01:07

10.09.17(金) 定例県議会閉会

 8時、印西を出て千葉へ向かう。9時半、県議会定数検討委員会。11時、議会運営委員会。11時半、保守政治研究会打合せ。12時、自民党会派室で成田空港関連の政務調査。12:40、自民党県議会議員総会。昼飯抜きとなってしまう007.gif
 13時、本会議。総合企画水道常任委員会付託議案について、委員長報告を行う。執行部提出議案及び請願、意見書について討論・採決が行われ閉会。内容の詳細は千葉県議会HP参照。
 閉会後、10/8に予定の県内調査「成田空港発着枠30万回へ向けた取組について」の概要を、民主党・高橋、花崎、公明党・秋林県議に説明し賛同して頂く。15時半、党県連で議員総会。かずさアカデミアパークの民事再生について、執行部から説明を受け質疑を行う。
 17時、京葉政経研究会の懇談会。18時半、保守政治研究会の会合。京成ホテル・ミラマーレに宿泊。
by takinowa | 2010-09-18 11:18

10.09.16(木)

     HPを更新しましたぁ!004.gif
 9/15、公式HP 県議会動画 9/9付」と「最新活動報告・ニュース」(8/21、9/9付)をUP致しました。TP・新着情報からアクセスできますので、是非御覧ください。
 
 朝、土砂降りの豪雨。9:16、印旛地域に大雨警報発令。(13:22、解除)
 終日、事務所で仕事、来客の対応。
 17時、印西市文化ホールへ。㈳成田法人会・印西支部税務研修会の懇談会に参加。19時、習志野市で会合。23時半、帰宅。
 赤祖父俊一(あかそふしゅんいち)著 「正しく知る地球温暖化」(誠文堂新光社・1,400円)を読む。赤祖父教授は長年にわたりアラスカ大学地球物理研究所長を務めるなど、地球電磁気学や北極圏研究の第一人者として有名だ。世界の科学者の頂点に立つ赤祖父教授は、誤った地球温暖化論に激しく警鐘を鳴らしている。すなわち、「IPCC リポートには重大な過ちがある」と。そして「今、進行している地球温暖化のほとんどは、地球の自然変動である」と詳細なデータと科学的知見を以って力説する。さらに、現在広く社会で流通する「地球温暖化」は科学以外の政治的含みを持ったプロパガンダであることが、実に分かりやすく書かれている。是非、県庁環境生活部及び商工労働部の担当課職員には読んで頂きたい書物だ。
 このことについては、9/9の県議会一般質問で「政府のCO2排出25%削減・国際公約がもたらす本県経済と雇用への影響について」という内容で、執行部の見解を質したところである。今後も調査研究し議論を深めていくとともに、国の出鱈目な環境政策(民主だけでなく自民も!!)に物申して参りたい。032.gif
     【 9/14・総合企画常任水道委員会及び県水道局幕張給水場視察 photo集 】
f0035232_0531128.jpg
総合企画水道常任委員長として、会議を仕切る
f0035232_0541741.jpg
県水道局幕張給水場のマイクロ発電施設を見学
f0035232_0544952.jpg

by takinowa | 2010-09-17 00:58

10.09.15(水)

     HPを更新しましたぁ!004.gif
 本日、公式HPに滝田敏幸・県議会動画(9/9・一般質問)」、「最新活動報告・ニュース」(8/21、09/09付)をアップしました。TP・新着情報からアクセスできますので、是非御覧ください。

 最高気温26℃と、やっと平年並みになってきた。午前中、県庁で政務調査。12時半、木下の柏屋蕎麦店で印西RC定例会。13時半、事務所にもどり仕事、来客の対応。
 次期総理となる民主党代表選がやっと終了した。3ヵ月半に及ぶ政治空白は、確実に国益を毀損した。いずれにせよ、民主党政権はこの一年間、王道の政治ではなく覇道をまっしぐらに追求した。参院選で惨敗し、昨夏の政権交代直後のような驕り高ぶった様子は影を潜めたが、菅直人首相の「国会主権主義」は危険思想であることに変わりはない。明確な三権分立の否定であり、自民党はじめ野党は徹底抗戦せねばならない。ただ、国の予算編成も含め何が起こるか分からない。政界再編の可能性も排除できない。まさに、「政界の一寸先は闇」(川島正次郎)だ。
 当然、来春の統一地方選は大きな意味を持ってくる。わが印西にも刺客候補が立てられるであろう。私としても地域の草の根保守を結集し、断固戦うつもりである。草の根保守とは、庶民の声なき声に耳を傾け、社会的弱者への思い遣りと地域の人間関係を大事にする絆の政治といっても良い。
 18時、印西を出て白井市へ。同市の三水会という民間団体で講演。 「元外交官・佐藤優と私~<国家の罠>を語る~」というテーマで約1時間、お話しする。講演終了後、外交や国家論について質疑応答。民主党支持者の方も多かったが、虚心坦懐に思うところを述べさせて頂き、有意義な会合となった。参加者の教養・知的レベルが高く、こちらも本気で語らせて頂いた。講演依頼は「北実会」前会長で同志社大学OBの吉田治夫(S35・経済卒)さんから。北総鉄道問題では多少すれ違いがあったが、心から尊敬する先輩である。私の市議会選挙の時から同大の校友に声を掛けて下さり応援の音頭をとって頂いた恩人でもある。多くの方々との出会いの場を作って頂いたことに、心から感謝・御礼申し上げたい。064.gif
by takinowa | 2010-09-15 18:17

10.09.14(火) 県議会 総合企画・水道常任委員会

 7時半、印西を出て千葉へ向かう。9時半、議会事務局担当書記と打合せ。
 10時、総合企画・水道常任委員会。補正予算はじめ附託された議案について審議。成尾県議、伊藤丈県議が、空港地域振興策について発言。継続審査として、10月に「成田空港・30万回に向けた取組」の県内調査を行うことを決定。正午過ぎ、閉会。
 13時半、県庁を出て幕張新都心へ。14時、千葉県水道局幕張給水場とマイクロ水力発電設備を視察。同施設は平成8年2月に稼働し、一日最大給水量83,050㎥、年間給水量259,212,150㎥を、千葉市美浜区、花見川区、船橋市高瀬町、習志野市袖ヶ浦区域へ県水を供給している。また、柏井浄水場から幕張給水場へ送る水の圧力と流量のエネルギーを利用した「マイクロ水力発電設備」を設置し、平成20年度から運転を開始している。平成21年度実績は、年間発電量:348万kwアワー、CO2抑制量:約1,450t/年、電力縮減:▲850万円/年。15時、幕張を出て県庁へもどる。
 17時半、県議会総合企画・水道常任委員会と総合企画部並びに県水道局幹部職員との懇談会。明日の千葉県について大いに談じ合い、有意義な時間を過ごす。

 16時過ぎ、菅直人総理の民主党代表再選が決まった。ほぼ、私の予想通りの結果だ。8月末時点で、小沢一郎氏へ国会議員票が流れるとの予想が出て以来、マスコミ世論に反小沢の強烈な嵐が吹き荒れた。反小沢をバネに、菅内閣の支持率は急上昇。先週、鈴木宗男代議士の上告棄却と青木愛代議士の性スキャンダル発覚で、勝負ありの状態となった。いずれにせよ秋以降、国政は大混乱に陥るのではなかろうか。何事が起ころうとも、泰然自若、千葉県と印西のため地に足の着いた政治を行っていきたい。
by takinowa | 2010-09-15 15:29

10.09.13(月)

 終日、事務所で仕事。県議会リポートの作成に向け準備作業。自分の政治を広く県民へ伝えていくことは容易ではない。日々、相当の努力が必要だ。人間社会とは不思議なもので、逆に悪い噂や評判はアッと言う間に拡散し世間の常識というか、世の中の空気になってしまう。情報伝達の非対称性とでも言ったらよいのだろうか。
 猛暑も峠を越えつつあるようだ。秋を迎え来春の県議選に向け、いよいよ準備を本格化しなければならない。後援会を強化し、いかなる逆風に曝されようとも、万全の態勢を作り上げたい。そして、何よりも誰よりも努力せねばならないのは自分自身である。私の考えや理念、活動を一人でも多くの有権者に御理解頂くよう、頑張るつもりだ。
 本ブログ読者からも、叱咤激励のメールやFAXを毎日のように頂戴する。本当に有り難い。これからも、地元印西と千葉県のため粉骨砕身、そして正直に力を尽くしていきたい。もちろん、人間関係と人の心を大事にする政治を心掛けて。これからも、御指導の程宜しく御願いします。

   /度目の県議会一般質問・PHOTO集 】
 
f0035232_18221686.jpg
 ちなみにネクタイは、鈴木宗男先生から頂いた物を着用
f0035232_18233982.jpg

 恐らく、明日の民主党代表選は、菅直人氏が勝つであろう。各種世論調査で、内閣と民主党支持率が上昇しているため、どちらに投票するか態度表明していない国会議員票に影響を与えるからだ。いずれにせよ、稀代の不人気政治家という虚像が小沢一郎氏にでき上がってしまった以上、選挙戦の主導権は菅氏が握ることとなった。まさに、管&官僚&マスコミ反革命連合軍が大衆世論を盛り上げ、小沢革命軍に勝利するという図式だ。あまりの大茶番である。
 わが自民党は目を覚まし、この秋、管・民主党政権を打倒せねばならない。
by takinowa | 2010-09-13 18:24

10.09.12(日)

 今日は思った事を、思い付くまま書かせて頂く。
 NHKをはじめ政治討論番組は、民主党代表選挙一色。国際政治と日本経済が国難を迎えている真最中にもかかわらず、国益と国民そっちのけでコップの中の論戦と権力闘争を繰り広げている。 二言目には、「自民党政権と比べれば・・・」の枕詞が入る。言葉が踊る劇場選挙とメディアジャック、国民不在の挙党一致、もういい加減にしてほしい。 これでは、自民党時代と同じではないか。いや、国のガバナンスで言えば、確実に無政府状態に近付いている。恐らくこの秋以降、民主党内は百家争鳴状態となり、さらに捻じれ国会も混迷の度を深めるであろう。 当然、政治の劣化も進む。そして、2009.8.29の政権交代は「裏切られた革命」(トロツキー)に終わる。 国民輿論と野党を排除した、民主党による自作自演のドタバタ政治に引導を渡さねばならない。

 私は小学校の学級会、中・高の生徒会、大学の自治会、会社の労働組合、印西市議会、千葉県議会と、それぞれのカテゴリーで政治に参加しウオッチしてきたが、口達者で無責任な輩はどこにでもいた。しかしながら、国政の場で政権与党が、ここまで歯の浮くような言葉を並べ代表選びをしているとは、傍観する野党の一地方政治家としても情けない気持ちでいっぱいだ。
 さて、一体全体、なぜ参議院一期目の蓮ホウ行革大臣をマスコミが持上げるか、私には全く理解できない。確かに、彼女の発言には一貫性と論理の整合性がある。さすが、グラビア・アナウンサー系タレント出身だけあって、論争の歯切れや条件反射的運動神経は抜群だ。しかしながら、少なくとも他者の学理的反省者としての振舞いや言説を、彼女は全く理解しようとしない。分かりやすくいえば、学問的或いは教養の裏付けはゼロだし、思い遣りの心もない。さらに、政治家として致命的なのは、相手の立場や言説を全く認めようとしない自己絶対化と断定のスタイルが、彼女に染着いてしまっていることだ。主義主張は全く異なるが、辻本清美代議士も同様のスタイルといえよう。これでは、政治の要諦である対話が、残念ながら成立しない。
 こういった傾向は、民主党や共産党等の左翼系政治家によく見られる特徴である。
 私は保守政治家として、主張はもちろん政治スタイルも対極の立場に立っている。政治の根本は、異なる意見を持った他者との対話であり、説得だ。
 少々、話はズレてしまったが、ハッキリと言おう。官政権が誕生し3ヵ月以上、参院選を挟み政治空白が続いている。結果が出ない言い訳は、もう結構。 これ以上、官直人内閣が続けば、日本は必ず沈没する。もはや、官総理は「北斗の拳」の主人公・ケンシロウの台詞ではないが、「お前は、もう死んでいる」状態だ。一国民として究極の選択であり、私の選挙にもマイナスになるのだが、この国を救う可能性があるのは小沢一郎代議士の方だ。その理由については、先日行われた印西教養フォーラムにおいて、小生と佐藤優氏の対談で述べさせて頂いた。本日、ブログに書くことは遠慮します。
 それにしても、千葉県衆議院第13選挙区・民主党の若井康彦代議士は、民主党代表選で一体どちらを支持するのだろうか。一昨日の報道では、未だ態度を表明されていない。選挙区の一有権者として、大いに関心のあるところだ。

 本日、公務フリーのため私的な時間を楽しく過ごす。恐らく、来春の県議選前では最後の休日となるだろう。しっかりと充電できたので明日以降、目いっぱい頑張りたい。
by takinowa | 2010-09-12 20:35

10.09.11(土) 祝 印西市合併記念式典

 9時、印西市文化ホールへ。9時半、新印西市合併記念式典。森田健作知事、総務大臣代理・植田浩総務省自治行政局公務員課長(前千葉県副知事)、猪口邦子参議院議員、水野賢一同議員らとともに来賓出席。鈴木良紀・県議会議長代理として祝辞を述べさせて頂く。
 植田さんとは約一年ぶりの再会。北総鉄道問題や千葉県政の現状についてお話しする。
 式典終了後、元北九州市長・末吉興一さんの記念講演。12時半、事務所にもどり仕事。夕方、鎌ヶ谷市方面。
 谷啓さんが78歳で亡くなられた。心から御冥福を祈り、御悔み申上げたい。
 私が小学校低学年の頃、近所の映画館にクレージーキャッツやゴジラ、ガメラ、大魔神・・・等々の映画を観に行くのが、何よりの楽しみだった。昭和の高度成長真只中で巨人と大鵬が強く、大阪万博前の戦後日本がもっとも輝いていた時代に違いない。御笑いの中に夢と希望があって、言葉では言い表せないワクワク感があったと思う。特に、植木等とのコンビは絶妙だった。 昭和は遠くなりにけり・・・か
 あの時代、千葉県にとっても「坂の上の雲」だったのではなかろうか。京葉工業地域の隆盛と人口増、成田空港、千葉ニュータウン・・・。 まさに、「すすむ千葉県」(小学校社会科副読本)だった。 日に日に発展する千葉県を日本の中で、何か一流県になったような気がして、子供心に誇らしく思った記憶が蘇る。 あ~、あの頃にもう一度もどりたい・・・ そして、高校野球も絶頂期を迎えようとしていた。甲子園で銚子商の木樽と阿天坊が大活躍し、習志野高が初の全国制覇。 もう一度、故郷・千葉県を、県民が熱く語れる時代を築きたい。そのためにも、ゆめ半島・千葉国体2010を、何としても成功させねばと思うものである。
by takinowa | 2010-09-11 23:57