<   2010年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

10.08.31(火)

    県議・滝田敏幸、もの申す! 是は是、非は非 (53)
 【 国民と市場(マーケット)から二枚のレッドカードを提示された鳩菅は、即刻退場せよ!
 

 昨夜の鳩・菅による国民不在、民主政治を破壊する密室談合大茶番劇に終わった。
 なぜ、民主党国会議員や党員は鳩菅の密室談合に怒らないのか。立候補の意志を表明していた小沢氏を思い止まらせようと、鳩菅は不透明かつ不正な談合政治を行ったのだ。挙党一致のトロイカ +1(輿石・参院会長)だか何だか知らないが、鳩菅二人の生き残りを目的とした政治ショーに過ぎなかったにも拘わらず、ほとんどの民主党員は沈黙。口達者揃いの彼らだが、絶対権力者の前に平伏す様は異様である。大体、3ヶ月前に「政治家引退」を表明したばかりの鳩山前総理がシャシャリ出て、「 トロイカ体制 」を語るなど国民不在の噴飯物でしかない。
 それにしても、鳩山師はどこまでロシア被れしているのか。そもそも「トロイカ体制」とは旧ソビエト連邦、フルシチョフ失脚後のブレジネフ・コスイギン・ポドゴルヌイの集団指導体制のことだ。共産党独裁政権下・党内宥和を最優先したトロイカ体制が、ソ連邦に自由のない薄暗く鈍重な空気に満ちた停滞社会を齎したことは世界の常識だ。こういった共産党一党独裁的政治体制を彷彿させる言葉遣いを平気でするのだから、鳩山師の語る「友愛」の本質は共産主義と親和性が高いと言わざるをえない。このことについては後日、政治学的見地からきっちりと分析して参りたい。 
 いずれにせよ、国民と日本経済そっちのけの政治抗争が勃発した。鳩菅の談合政治を拒否した小沢一郎氏を、讃えるわけにはいかないが、少なくとも菅直人氏よりは余程総理に相応しいと考えるのが常識であろう。但しハッキリ言って、この代表選挙で政策論争が行われる可能性はゼロ。国民は置き去り、民主党というコップの中の嵐(権力闘争)に過ぎない。
 とにかく私は今朝から本気で腸(はらわた)の煮え繰り返る様な不愉快千万な心持であった。そもそも、鳩菅が現下の経済危機を、密室談合政治を正当化する理屈として使っていることが許せない。何が「 政治的空白を避けるための宥和と挙党体制 」だ、と。急激な円高と株安に対する強い危機意識など微塵もなく、十分な対策をとれない彼らに一体何ができるというのか、ともの申したい。
 経済だけではない。小・鳩・菅のトロイカ体制は、、政権交代後この一年間、日本を滅茶苦茶にしてしまった政権である。あらためて言うまでもないが、「鳩」は普天間で外交・安全保障を、「小」は政治とカネの問題で、「菅」は消費税で発言がブレまくり、それぞれ三者三様で大失敗した。この三名でつくる指導体制がトロイカならば、密室談合で復活させようとした鳩菅は即 レッドカード (退場)である。こんなものを再建されたら、民主党国会議員はいいかも知れないが、国民は堪ったものではない。何度も繰り返す。これは国民を愚弄し、民主政治を破壊する蛮行である。

 政治の迷走とともに本日の東京株式市場は、全面安の展開となった。政府・日銀が前日(30日)、追加の経済対策や金融緩和を打出したが、市場の失望売りが拡大し続けている。ほとんどの経済人は、民主党不況であり、政治主導の恐慌であることを知っている。急激な円高局面にもかかわらず、ゆっくりと夏休みを満喫し、東京にもどってからは一年生議員との懇談会三昧の菅総理。危機感ゼロで、自分の権力維持のみが第一の総理へ、マーケットからも レッドカード が突きつけられているのだ。多くの国民は、口蹄疫の感染拡大が続く最中、外遊に長々と出掛けた赤松前農水大臣の無責任を思い出したに違いない。
 また、マスコミは白川方明・日銀総裁を叩いているが、これも見当違い。あくまでも、菅総理の無責任、さらに野田佳彦財務大臣の無能力が根本要因だ。 明日から二週間以上、経済無策の政治空白状況が生ずることとなった。来月早々、米国の雇用統計の速報値も発表されるという。米景気の先行き懸念は深刻だ。本来であったら、政争どころではない厳しい危機的経済状況である。民主党政権は、どこまで無責任な政治を行うつもりか。
 まさに、政治恐慌。政権交代という美名が国民に熱狂をもたらし、まだムードに酔っている評論家や一部マスコミ人士が、民主党擁護を続けている。東西冷戦終結までスターリンや毛沢東、金日成にシンパシーを抱いた左翼進歩派知識人の代わりを、現在はポストモダンの洗礼を受けた小利口な馬鹿どもが務めている。失政に失政を重ね、現民主党政権が国難を招いていることを、誰も指摘しないでいる。無責任かつ不誠実な言説を吐き散らかす輩は、知識人の仮面を付けている。宮台某、鳥越某、大谷某、古舘某、落合某、みの某・・・大学教授・新聞記者・評論家・作家・アナウンサー等々の似非知識人がTV・ラジオで嘘話を喋り続けている。もちろん、その背後には透明な左翼思想に毒されたディレクターがいることは間違いない。

 本日も最高気温35度。残暑というには厳し過ぎる。印西地方は早稲の稲刈も始まっている。強い台風7号が日本列島に接近しているとのことで、できれば進路が逸れて行ってほしい。
 18時、八千代市下市場へ。親戚の伯母の御通夜に参列。久しぶりで、母方の従兄妹と顔を合わせ近況を報告。21時、帰宅する。

   【 8月に読んだ本
〇 「ダンス・ダンス・ダンス(下)」 村上春樹 著 (講談社文庫)
〇 「歓喜無情の当選を見つめて」 鵜沢秀夫 著 (新千葉タイムス)
〇 「無党派革命」 堂本暁子 著 (築地書館)
〇 「地政学の論理」 中川八洋 著 (徳間書店)
〇 「生物と無生物のあいだ」 福岡伸一 著 (講談社現代新書)
〇 「科学者が読み解く環境問題」 武田邦彦 著 (CMC出版)
 
by takinowa | 2010-08-31 23:33

10.08.30(月) 保守政治研究会・中川八洋ゼミ(7)

 7;40、印西を出て千葉へ向かう。9時半、県庁着。
 10時、総合企画部、人事委員会、水道局の所掌事務について、正・副常任委員長の勉強会。山本義一県議(八街)とともに、各課職員から説明を受ける。12:15、県庁を出て山本氏とともに東京へ向かう。途中、レストラン街が充実している京葉道路PA・パサール幕張の「九十九里片貝波乗り食堂」で昼食。鰺のなめろう丼(890円)を食す。
 13時半、日比谷の某ホテル・ミーティングルームで、保守政治研究会の勉強会。中川八洋・筑波大学名誉教授を講師に、鳩山前総理が打ち出した「新しい公共」について、その問題点を検証する。
 日々の下世話な政局話に左右されず、今こそ、徹底的に「保守主義の哲学」を究めていかなければならない。
 20時半、有楽町を出て印西へ。22時半、木下着。
 夜、読書。
by takinowa | 2010-08-30 23:25

10.08.29(日) 9/9、9度目の県議会一般質問を行います! / 自民党本埜支部定期総会

      9月定例県議会・9/9九度目の一般質問を行います 004.gif

 九月定例県議会、9月9日本会議で九度目の一般質問を下記の通り行います。千葉県民・印西市民の皆様の圧倒的注目を、宜しく御願い申し上げます。
 〇 日 時 : 9月9日(木) 10:00~
 〇 内 容 
  1.北総鉄道の運賃問題に対する県の対応
  2.成田・羽田両空港間の鉄道アクセス向上について
  3.印旛沼・手賀沼土地改良事業について
  4.印旛沼・手賀沼の水環境について
  5.ジェンダーフリー教育通知の撤廃について 
  6.政府のCO2排出25%削減・国際公約がもたらす本県経済と雇用への影響について
    他
 〇 傍聴申込み・問合せ
  滝田事務所・佐藤まで 0476-37-4173 (月~金・10時~17時)
 〇 インターネット・ライヴ(生)中継あり 


 終日、CO2と地球温暖化の因果関係に関する政務調査。17時半、平岡の印西斎場へ。小林のIさん御母堂様の御通夜に参列。心より御冥福を祈り焼香する。合掌。
 18時、自民党本埜支部定期総会へ、松本一正・印西支部長とともに来賓出席。新・印西市誕生に伴い、旧・本埜村支部並びに印旛村支部と、印西市支部が交流を深めていくことの重要性についてお話させて頂く。
 22時、帰宅。

     県議・滝田敏幸、もの申す! 是は是、非は非 (52) 
    【 国を思う心ゼロの民主党代表選を、国民はどう見るのか 】 
 

 日曜日早朝からNHKはじめ各局の討論番組は、民主党代表選一色となった。小沢・菅両陣営の側近がTV出演し、仁義なき代理戦争を展開。 政策論争は全くなしで、多数派工作と権力闘争が国民の前で露骨に行われている。
 小沢派は菅総理の参院選敗北の責任論と指導力不足、菅総理派は小沢氏の「政治とカネ」を巡る問題を、それぞれ厳しく指摘。どちらも、民主党内の内向きの話ばかり。まさに、国を思う心はゼロであり、国民の生活など眼中にないといった様子だ。
 民主党国会議員の代表選における投票基準はズバリ、「どちらが自分の選挙にプラスになるか」である。もちろん、円高・株安への対応など関係なしで、経済の非常事態に対する危機感もゼロ。参院選を挟んで、3ヶ月にも及ぶ政治空白など、どこ吹く風。いかに、民主党が国民の感覚と乖離してしまったか、彼らは全く認識しようとしない。
 そういった中、昨日、共同通信社の緊急世論調査が発表された。次期総理として菅直人:65%、小沢一郎:15%という衝撃的内容に驚く。このことについての、分析とコメントは後日書く。党員以外の国民には、まさに究極の選択なのだが、菅直人総理の続投だけは絶対にありえないと考える。小沢氏への拒否反応の根深さは理解するが、菅総理では日本国が沈没すること間違いなしと思う。 

 武田邦彦 著 「科学者が読み解く環境問題」(CMC出版・1000円)を読む。環境問題を考えるにあたって、まさに「眼から鱗が落ちる」一冊だ。本ブログ読者にも是非、読んで頂きたいと思う。メディアの影響を受け、多くの日本人の思考に、所謂「バカの壁」ができあがってしまう怖さを感じる。
by takinowa | 2010-08-29 23:50

10.08.28(土)

 終日、事務所で9月定例県議会・一般質問に向けた政務調査。政府が行ったCO2排出25%削減の国際公約について、様々な文献に当たり検証する。政権交代後、鳩山首相の人気絶頂期に行われた国連演説を、覚えている国民など今となってはほとんどいない。当時、NHKや朝日新聞は鳩山演説に拍手喝采を浴びせ、日本中にファンファーレが鳴り響いたにもかかわらず。 いずれにせよ、民主党政権下で行われた国際公約は、もし実現しようとすれば国益を毀損するだけでなく、日本国民の生活に甚大な害を齎すこと必定だ。もちろん、千葉県経済と雇用にも大打撃を与えるであろう。どう考えても、尋常ではない。
 正午、市内平岡の東京電機大学グラウンドへ。印西ラグビースクール夏合宿の激励。将来、JAPANの桜のジャージを夢見て、無心に楕円球を追う少年・少女達に心からエールを送った。炎天下、コーチも父兄も御疲れ様です。(※・ラグビー女子は2016・リオ五輪から正式種目となります)
 夕方、白井市のラーメン店・純輝で味噌つけ麺・320g(750円)を食す。ヴォリュームがあって満腹となった。特にスープが美味。
 夜、自宅で読書。
by takinowa | 2010-08-28 20:39

10.08,27(金) 9月定例県議会 開会

 7時半、印西を出て千葉へ向かう。9時、県庁着。
 10時、9月定例県議会・本会議開会。9月25日、「ゆめ半島・千葉国体」が開幕するため、今年は例年に比べ一ヶ月早い時期の定例会となった。
 本会議冒頭、去る7月27日に御逝去された近藤喜久夫・副議長に対する黙祷。議員及び執行部全員が喪章を付け、弔意を示した。 
 閉会中の常任委員会の継続審査について、農林水産・県土整備・健康福祉の各常任委員長から報告。森田知事より議案提案理由の説明の後、散会。
 正午、県議会定数等検討委員会。昼食後、一般質問準備のための政務調査。14時、県庁を出て印西へ。
 15時半、事務所で仕事。17時半、印西を出て千葉へ。夜、千葉で会合。
 実にハードな一日であった。おやすみなさい040.gif
by takinowa | 2010-08-27 22:44

10.08.26(木) 祝!公式HPアクセス、110,000 達成!

 公式HP・www.takinowa.com を2006年元旦に開設以来、本日アクセス数11万を達成 038.gif した。本ブログ読者の皆様に、心より感謝・御礼申し上げます。これからも御愛顧の程、宜しく御願い申し上げます。
 振り返れば印西市議時代、HP開設とともに始めたブログは今日で1,698日目4年8カ月が経過した。小学校時代の夏休み宿題だった絵日記は別にして、それまで私は日記とは無縁の人生を送ってきた。ブログをつけ始めた当初は、三日坊主に終わるのではないかと不安さへ抱いていた。しかしながら、自分でも驚くことに一日も休まず、毎日更新し続けているのだから不思議である。
 また、多くの方々から御意見や叱咤激励のメール、TEL、FAXを頂戴している。ブログを書く上で大変な励みにもなるし、一方通行ではなく確実に Two-way のコミュニケーションが成立していることも嬉しい限りだ。
 日々、考えていることを正直に表現し発言できることを、今では幸せに思う。吉田兼好の徒然草ではないが毎晩、硯の代わりにPCへ向かうと自然と言葉が涌いてくるようになった。これからも、一地方政治家として、庶民の声なき声に耳を傾け、しっかりと情報を発信して参りたい。今後も読者の皆様には是非、御付き合い頂きたい。

 残暑が続いている。我が家の黒猫・クロ子(♀・3歳)も夏バテで元気がない。食欲も落ちているので、大いに心配 032.gif している。
 本日、小沢一郎代議士が9月14日に行われる民主党代表選挙への出馬を表明した。マスコミ報道は過熱し、ここ暫くは「菅 VS 小沢」の権力闘争一色となるであろう。しかし、未曽有の円高・株安ショックによる日本経済の危機的状況を前に、民主党政権は全く危機感を持とうとしない。というよりも、この国を動かすリーダーたちに、< 日本経済の危機を自分が先頭に立ち、何とかして乗り切っていこう >とする裂帛の気合や意志が全く感じられないのだ。そのため、管総理はもちろん野田財務相や白川日銀総裁からも、明確なメッセージが伝わってこない。どこをどう見ても、無気力にしか見えない。口は達者だが、国民は現政権に不信感と不安を抱いている。不信と不安はやがて民主党政権に対する不満へと転化するに違いない。さらに、市場(マーケット)は彼らの政治的力量や胆力の不足を、完全に見透かしている。事態はかなり深刻であり重篤だ。
 一昨日の小生のブログ「もの申す(51)」にも、読者から大変な反響があった。自民党支持層以外の無党派の方々はもちろん、民主党支持者からのものも含め、夥しい数の怒りのメール・FAXが寄せられてきている。
 特に、菅総理への批判が圧倒的。その一部を紹介する。「本来、首相の陣頭指揮で国難ともいえる経済危機に対処せねばならぬ時、長々と夏季休暇を取っている神経が普通ではない」とか「口蹄疫対策を放ったらかしで外遊に出掛けた赤松農水大臣と同じではないか」、「一期生議員を部屋に呼んで、多数派工作をしている場合ではない。日本経済が悲鳴を上げている時に、フザケルのもいい加減にしろ!」、「総理失格。6月に国会を強行閉会し、参院選後も2ヶ月が経過、かれこれ3ヶ月以上の政治空白。民主党の『国民の生活が第一』は真赤なウソ。『自分たちの権力維持が第一』の政党にいつからなり果てたのか」、「去年の8月、民主党に投票したことを本気で悔んでいる」、「自民党も駄目だったが、ここまで無責任ではなかった。民主党は自民党の悪いDNAをそのまま引継いでいるクローン政党」・・・
 ハッキリ言って、普天間問題で発言が二転三転した鳩山政権末期でも、これだけ怒りに満ちたメールは届かなかった。民主党政権は、どこまで国民不在の政治を続ける心算なのか。
 
 午前中、県庁で一般質問準備のための政務調査。
 正午、印西で自民党衆議院千葉県13選挙区の会合。近未来、解散総選挙の可能性も十分考えられる。まさに、常在戦場。弱冠35歳の若き支部長・白須賀貴樹さんを囲み、一致団結することを確認。
 午後、事務所で仕事、来客の対応。自民党印西支部の9月以降の活動について打合せ。
 いよいよ明日、9月定例県議会が開会。小生にとって9度目となる一般質問を行います。日時、質問項目等の詳細が決定次第、本HP上で御知らせ致します。県民の皆様の圧倒的御注目、宜しく御願い致します!!
by takinowa | 2010-08-26 21:23

10.08.25(水) 文教政策勉強会

 日中、事務所で仕事、来客の対応。14時半、印西を出て県庁へ。
 16時、9月定例県議会の一般質問に向けた政務調査。総合企画部企画政策課、水政課、男女共同参画課からヒアリング。
 17時、鬼澤佳弘教育長はじめ教育委員会幹部職員、大野眞・県議会文教常任委員長、矢野光正・同副委員長と本県教育行政に関する勉強会に参加。小生からは、ゆめ半島・千葉国体開催と本県のスポーツ振興、ジェンダーフリー通知廃止について、また公教育を通じ「郷土への愛着や千葉県への帰属意識を高めること」の大事さについても力説させて頂く。大変有意義な勉強会であった。
by takinowa | 2010-08-26 13:28

10.08.24(火) 印西市指定重要無形文化財・別所獅子舞

      県議・滝田敏幸、もの申す! 是は是、非は非(51)
    【 民主党・菅政権の経済無策と経済音痴を追及せよ!
 

 ロンドンの外国為替市場で本日、円が対$で急伸。一時は1$=83円72銭と95年6月13日以来、約15年2か月ぶりの円高ドル安水準となった。歴史的水準に上昇する円相場に対し有効な手立てを打てない政府・日銀に、市場(マーケット)の失望感が拡大している。野田佳彦・財務相は「為替動向を極めて注意深く見守る」と夕方の記者会見で述べたが、当局の手詰りを見透かす形で円買いが加速しているのだ。
 もちろん産業界からも急激な円高は輸出採算の悪化となり、悲鳴が上がっている。大企業だけでなく、関連産業や下請業者への影響も深刻だ。国内産業の空洞化も懸念される。まさに、民主党政権の経済無策であり「不作為の罪」といえよう。
 さらに、こういった経済状況と政府の経済無策を、投資家は敏感に感じ取っている。急激な円高に嫌気し平均株価も本日、9000円の大台を割り込んだ。株安を通じた個人消費の低迷も、十分に想定内である。
 しかしながら、どこまで民主党・菅政権は経済音痴なのだろうか。日本経済がここまで、危機的非常事態を迎えているにも拘わらず、「政策対応よりも民主党代表選優先」とのこと。昨日の菅総理と白川方明・日銀総裁との電話会談でも、何一つ具体的対策は出てこなかった。政府・民主党の関心も、9月の代表選に集中し、詰めた論議など無理に違いない。深刻な経済の混乱に機動的対応を欠き、党内の権力闘争を優先する政治、これが民主党の主張する「政治主導」の内実か?!
 今日も朝から菅総理は一年生議員を部屋に呼んで、意見交換会に余念がないと報じられている。客観的に突き放して見れば、単なる民主党内における選挙運動である。あくまでも御自身の権力維持が第一、日本経済は後回しなのだ。
 経済音痴、経済無策そして無責任な総理では、日本が沈没する。他者に厳しく、自己に甘い「市民運動」宰相では、この国は滅亡する。一期生代議士の票を貰うために「後三年間は解散がない」と平気で仰る方だ。完全にどうかしている。・・・自分のことだけしか、考えていないのだ。
 ハッキリと、もの申す。民主党政権、なかんずく菅内閣が一日延びれば延びる程、日本の国益は損なわれていく。一刻も早い退陣と、解散総選挙を一国民として要求する。

 終日、事務所で仕事、来客の対応。
 15時半、市内別所地区の地蔵寺へ。16時、印西市指定重要無形民俗文化財・別所獅子舞を、板倉正直市議の解説で観賞。800年以上の歴史を誇る素晴らしい芸能であり、まさに郷土・印西の公共財だ038.gif  伝統文化を保守し、地域の絆をしっかりと結んでいる。直会(なおらい)の席上、獅子舞保存会や町内会の方々に心から敬意を表し祝辞を述べさせて頂く。
 19時、帰宅。夜、読書。

    【 印西市指定重要無形文化財・別所獅子舞 Photo集 】
f0035232_23454590.jpg

f0035232_23472913.jpg

by takinowa | 2010-08-24 23:50

10.08.23(月) 処暑

 2010年の太平洋高気圧は強力だ。御盆を過ぎて一週間、暦の上で処暑を迎えても未だ秋の気配が感じられない。猛暑か炎暑か分からないが、しばらくは厳しい残暑が続くとのこと。本ブログ読者の皆様におかれましては、残暑御見舞い申し上げるとともに、くれぐれも御自愛頂きたい。
 終日、事務所で仕事。午後、印西市役所へ。企画財政部及び都市建設部で打合せ。18時半、幕張で会合。23時半、帰宅。夜、読書。

   【 8/21 印西市民・教養フォーラム Photo集 004.gif
 第1部・佐藤 優 時局講演会 「今、千葉・印西から日本世界を読み解く・Ⅱ」
f0035232_0415773.jpg

 第2部・佐藤 優 × 滝田敏幸 対談
f0035232_0425048.jpg

 220名の参加者で、会場のイオンホール千葉NTは超満員。感謝・御礼申し上げます 040.gif
f0035232_04875.jpg

by takinowa | 2010-08-24 00:10

10.08.22(日) 印西市民教養フォーラム 満員御礼

   印西市民教養フォーラム 佐藤 優トークライヴ 満員御礼申し上げます 】
 
 8/21(土)17時からイオンホールで行われた「印西市民教養フォーラム 佐藤優トークライヴ」は、印西市内外から220名の参加者で大成功 038.gif となった。ここに、あらためて感謝・御礼申し上げます。
 第一部は「佐藤優・時局講演会」。沖縄戦と歴史認識、普天間問題、ねじれ国会と菅政権の行方、中国・ロシア・朝鮮半島に関する国際情勢・・・等々、実に興味深い分析と解説を中心に約1時間10分。特に8/19、軽井沢で行われた鳩山研修会のメイン講師を佐藤優が務めたこともあって、朝日新聞や産経新聞、聖教新聞はじめ報道記者の姿も見られた。鳩山前総理と小沢一郎前幹事長に佐藤は近いと目されており、マスコミ関係者の注目を浴びる講演会となったわけである。
 第二部は「滝田敏幸 × 佐藤 優 」の対談。小生が千葉県議会で取り上げた「外国人地方参政権」「夫婦別姓問題」「ジェンダーフリー教育」「政府のCO2 25%削減 国際公約」・・・等々の政治テーマについて、思想的背景も含め議論する。マルクスやエドマンド・バーク、オルテガ、柄谷行人、西部邁・・・等の哲学や思想にも触れながら約40分程、短い時間ではあったが語り尽くしたと思う。途中、佐藤からシビアかつユーモアある突っ込みがあったり、会場が湧く場面もしばしばだった。最後に、参加者と約20分間の質疑応答タイム。「マスコミ論」や「人生論」、「読書論」にも話が及んだ。
 19時半、秋に第3回目のフォーラムの開催を約束し閉会の挨拶。200名を超す聴衆から、大きく温かな拍手 038.gif を頂戴する。 手前味噌になるが、個人的には満足感というか確かな手応えを感じた。3月に行った一回目のフォーラムよりも慣れてきた分、内容的にエンターテイメント性を持てたような気もする。
 20時、駅前のアルカサールへ。イタリアンレストラン・カプリチョーザで佐藤御夫妻を囲み、TEAM・TAKITAスタッフの打ち上げ。目標とした150名をはるかに上回る220名の動員を達成し、みな一様に納得した表情であった。 佐藤からは叱咤激励の言葉をもらい、小生としてもひたすら感謝・恐縮するばかりであった。人生の中で持つべきものは、やはり心友である。損得勘定ではなく、心からの友情を持って交際できる友のいることを幸せに思うものである。 
 次回は10月か11月に、できれば「鈴木宗男 × 佐藤優 + 滝田敏幸」のトークライヴを是非、フォーラムで実現したいと考えている。乞う、御期待!!

 8時半、松山下公園野球場で行われた第6回印旛郡市少年野球大会開会式へ。来賓として参加41チームの選手諸君を激励し、祝辞を述べさせて頂く。
 終日、事務所で仕事。 昨日行われたフォーラムに関するメールが数多く寄せられてきた。御礼や感想についてで、どれもほぼ好意的な内容であった。とても嬉しく思う。
 福岡伸一著「生物と無生物のあいだ」(講談社現代新書・740円)を読む。20世紀の生物学の歴史、とくにDNA構造の発見に関する経緯が実に分かりやすく書かれている。文章も実にいい。
by takinowa | 2010-08-22 23:48