<   2009年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

09.06.30(火) 1市2村合併について

 印西地区一市ニ村(印西市、印旛村、本埜村)の法定合併協議が現在行われている。本日付の千葉日報によると本埜村では、合併推進を求める5013人分の署名が小川利彦村長に提出されたとの報道もあった。今後の動向についても、アンテナを高くし情報収集に努めたい。
 私は1市2村合併に関しては、推進派である。HP上でも、市議時代のH17年秋に作ったマニフェスト(TPからアーカイブス)で表明している。行財政改革の推進、千葉NTを中心とした一体的まちづくりと基盤整備、地域間競争における優位性確保・・・等々といった理由で、この地域の合併は必要と考える。ただ、最終的には住民の代表であるそれぞれの議会が決定する。地域の将来と形を決める大事な案件であり、しっかりと見守りたい。
 午前中、ニュータウン方面で広報活動。午後、事務所で仕事、来客の対応。19時、超重要な会議。
 佐藤 優 著「神学部とは何か 非キリスト教徒にとっての神学入門」(新教出版社・1700円)を読む。「・・・一見役に立たないように見える神学という学問が、一人一人の人生の危機において、あるいはまた時代の大きな転換期において、ものすごく役に立つ。・・・人間はいつか死ぬ。だから、生きることの意味を知る必要性が出てくる。・・・神学はその時への備えになる」(P28)、「不安と恐怖は違う。・・・人間はたいてい、日常的には死ぬということを意識していないだろう。しかしわれわれは確実に死ぬ存在である。そのことを意識した瞬間に、われわれの中に不安が生じる」(P52) 日本人にはなかなか理解できない世界であるが、人類の知的伝統の中で神学は特別の地位を占めている。人間の生き死にの原理、生への根源的な問いかけが神学を通じ行われているのだ。非キリスト教徒であるビジネスパーソンや公務員にも、是非読んでいただきたい一冊である。
 心友の佐藤優君には、大いに感謝している。彼との出会いがなければ、私の人生は異なったものになっていたと思う。神学はもちろん、キリスト教やマルクスの理解、経済学、哲学・・・あらゆる知的分野そして生き方において、私は彼の影響を受けている。今、県議となって政治に邁進できているのも、彼の御蔭と密かに思っている。

   【 6月に読んだ本 】
○ 「汚名・国家に人生を奪われた男の告白」 鈴木宗男(講談社)
○ 「獄中記」 佐藤 優(岩波現代文庫)
○ 「資本主義はなぜ自壊したか」 中谷 巌(集英社)
○ 「プレカリアート」 雨宮処凛(洋泉社)   
○ 「僕って何」 三田誠広(河出書房新社)
○ 「神学部とは何か」 佐藤 優(新教出版社)

by takinowa | 2009-06-30 23:22

09.06.29(月)

 先週金曜の県議会予算委員会で、内田悦嗣県議(浦安市・自民党)が企業庁の08年度決算について質した。山本修平企業庁長は「分譲貸付収入が383億円と見込んでいたが、決算見込みでは約318億円で減収額は約64億円」、収束に向けた「新経営戦略プラン」と収束時期について「見直すことも含め、総合的な見地から早急に結論を出したい」と答弁(6/27付・千葉日報)したとのこと。いずれにせよ、昨秋以降の急速な景気悪化が事業に影響を与えている。
 わが印西市には、企業庁所有の未利用地が約400haもある。マンション在庫も相当数あり、H25年の事業収束に赤信号が点灯している。地元にもしっかりと説明していただきたいと思う。千葉県にとっても大問題である。北総鉄道の運賃案件が片付き次第、取り組んでまいりたい。
 午前中、地元廻り。午後、事務所で仕事、来客の対応、電話がけ。いよいよ、総選挙近しを感じる。20時、ニュータウン西の原へ。消防団操法訓練を視察・監督。22時半、事務所にもどり仕事。深夜、帰宅。
by takinowa | 2009-06-29 23:33

09.06.28(日) 印西市防犯組合小林支部総会

 午前中、TVの政治討論番組を見る。東国原・宮崎県知事の出馬問題が世間の耳目を集めている。いずれにせよ国政レベル、とりわけ自民党の液状化現象が露呈されている。少し突き放して言うならば、小泉劇場政治の果てに違いない。国民は、現下の政治状況をどう見ているのだろうか。
 自分の立場を棚に上げ、少々近未来を予言したい。
 ○ シナリオA・・・総選挙で、自・公が3分の2を獲得した場合は、民主党分裂。現時点での可能性はほぼ0%。
 ○ シナリオB・・・総選挙で、自・公が衆院過半数維持の場合。100%必ず即、自民、民主を巻き込んで政界再編。
 ○ シナリオC・・・総選挙で、民主ほか野党が過半数獲得。政権交代は実現するものの、政界が混迷度を深め、再編へと向かう。来夏のW選挙の可能性が80%。
 ○ シナリオD・・・総選挙で、民主が単独過半数獲得。民主党内で1年以内に路線対立及び主導権争いが激化し、鳩山政権の求心力低下。政界再編へと向かう。来夏のW選挙の可能性75%。

 私は自民党県議であるが、国民の一人として冷静に考えるならばシナリオBを望む。できれば、選挙前の政界再編がベターであったが、現実的には無理。いずれにせよ、国政において自民党は事実上分裂状態だ。近い将来、政治家として私自身の選択を決断しなければならない時も来るだろう。
 東国原知事の衆院選出馬問題について一言。民主党・岡田副代表の批判はナンセンス。しかしながら、東国原知事の急進的な「地方分権」推進というシングルイシューだけの訴えは論外。さらに、知事任期途中での出馬も論外。どこかの3セク鉄道会社の前社長と同じではないか。
 いずれにせよ、我が国における政治不信は過去最高の状態にになりつつある。このままでは、日本社会の不安定化も避けられない。また、近年では検察の暴走も一部識者の間で指摘されている。与野党に愛想を尽かした国民がどんな選択をするのだろうか。まさに、ファシズムの誘惑を意識せざるをえない。
 13時半、小林コミュニティプラザへ。H21年度・印西市防犯組合小林支部総会に来賓出席。望月昇治組合長はじめ、小林地区選出市議、9町内会長、関係各種団体責任者ら約40名の前で御挨拶する。地域の絆も強く、防犯意識の高さを感じる。総会終了後、懇親会。19時、事務所にもどり仕事。HP更新のための原稿作成。
 雨宮処凛(あまみやかりん)著「プレカリアート」(洋泉社・780円)を読む。プレカリアート【precariato】とは、「precario(不安定な)」と「proletariato(労働者)」の造語。不安定な雇用・労働状況の非正規雇用者・失業者を総称していう。日本のフリーター数は400万人以上、非正規雇用者数は1600万人を突破したという。若年フリーター層の平均年収は106万円。就職氷河期時代の青年たちが、正規雇用者となる道はあまりに険しく、門も狭い。この10年、自殺者が3万人を超えていることも異常である。貧困が原因で、20~30代の若年層の自殺が増加傾向とのこと。
 貧困問題や格差社会について、私はこれまで上からの目線で捉えていたと思う。しっかりと反省したい。中流が絶滅しこのままでは、ますます階級が固定化していくだろう。日本社会から活力も消失し、不安定化へと向かうに違いない。政治課題として今後、県政の場でも取り上げていきたい。
by takinowa | 2009-06-28 21:59

09.06.27(土) 印西市自衛隊協力会 総会

 茨城県大子町で35.4℃の猛暑日を記録するなど、関東・東北地方で今年の最高気温を記録。
 9:55、印西市文化ホールへ。10時、印西市自衛隊協力会総会に来賓出席。同会々長・山崎市長の挨拶、同連合会長 森田健作知事代理・志村勇亮県総務部市町村課長に続き、祝辞を述べる。閉会後、懇親会。第一空挺団・永井昌弘陸将補、海上自衛隊・浮田隆 1等海佐、自衛隊千葉地方協力本部長・久野敬市 1等海佐ら印西市近郊の駐屯地から幹部もお見えになられていた。外交・安全保障、自衛隊の地域貢献等について意見交換し、親しく懇談させて頂いた。
 13時、事務所で仕事。13:20、印旛地方に今年初の光化学スモッグ注意報発令(16:20、解除)。15時、自宅にもどって昼寝。夕方、政務で我孫子市方面。夜、読書。
 先週、自民党の古賀誠選対委員長が宮崎の東国原知事を訪ね、次期衆院選に自民党からの出馬要請をしたことが波紋を拡げている。東国原知事は、全国知事会の要望を自民党のマニフェストに盛り込み、4年間で実施すること、更に自民党の次期総裁候補とすることも条件に挙げたとも報じられている。頼まれて出る以上、あれだけネームバリューがある人だ。自分を最高に高く売ることは政治家として当然であり、十分な計算をし考えた上での発言に違いない。今後の動向が注目である。
 また、麻生総理が、解散について「そう遠くない日」と発言し、政局は一気に動き出している。来週には、小幅な内閣改造や党役員人事の入替えが行われる可能性もある。9月出産予定の小渕優子少子化担当大臣をどうするのかや、与謝野、佐藤両大臣の兼務を解くか・・・色々と考えられる。古賀選対委員長、菅副委員長は選挙を控え替えずらいだろうが、三役の一新は十分可能性ありと見る。さらに、東国原知事が入閣するかどうか。来週に国民が注目するような人事を行い、内閣の求心力を高めつつ、麻生総理が勝負に出るのだろうか。内閣改造、党三役一新、7/5・静岡県知事選の勝利、東京都議選過半数獲得という流れをつくり、衆院選に打って出るシナリオは、十分想定の範囲内と考える。そうなると、総選挙はズバリ 8/2ないし9 のどちらかではなかろうか。(予測が外れたらゴメンナサイ040.gif
 6月末から7月にかけて、いよいよ緊迫した日程が待っている。県議会定例会の閉会とともに、総選挙へ向け走り出すことになろう。暑い夏、あまりに熱い政治の季節が待っている。実川幸夫代議士の勝利と北総鉄道運賃問題の解決は、リンクしており至上命題。千葉県発の新しい保守政治の流れをつくってまいりたい。       
by takinowa | 2009-06-27 22:26

09.06.26(金) 県議会予算委員会 M・ジャクソンさん急死

 各地で真夏日を観測。梅雨の合い間の暑い一日となった。
 米国のPOPS歌手マイケル・ジャクソン(50)が今朝、急死したとの報道に驚く。90年代以降、多くのスキャンダルの渦中にいたが、紛れもなく世界のトップスターであった。同年代であり、自分の10~20代の頃を想いだす。少しセンチメンタルな気持となる。
 午前中、政務で柏市方面。昼、事務所で仕事。13時、印西を出て千葉県庁へ。本日から予算委員会。各党の総括質疑が行われた。
 自民党・麻生太郎政権が揺らいでいる。コメントは差し控えるが、様々な報道からすると、かなりシビアな状況といえよう。まさに、風雲急。アンテナを高くして情報収集に当たるとともに、総選挙に向け万全の態勢を整えたい。御支援のほど、宜しく御願いします。040.gif040.gif
by takinowa | 2009-06-26 15:50

09.06.25(木)

 朝、内田悦嗣県議(浦安市)と現下の政治情勢について意見交換。さすが千葉自民党、若手きっての政策通。インテリジェンス能力(あらゆる方面での情報収集力)も極めて高い。国と地方の政治状況を、しっかりと分析している。大いに参考となった。
 午前、印西を出て千葉へ。午後、県庁で用足し。14:40、政務で千葉市花見川区方面。15:50、事務所にもどり仕事、来客の対応。
 17:20、印西を出て成田空港へ。18時半、伊藤勲県議(富里市)、大野眞県議(印旛郡)らとともに、成田国際空港株式会社(NAA、旧・新東京国際空港公団)幹部職員との勉強会。成田・羽田一体化や国際貨物の取扱状況、FEDEX航空機事故への対応・・・等々について、現場の生の声を伺う。私からも、成田新高速鉄道開業に伴う「千葉NT・成田空港一体化論」や北総鉄道問題、リニアモーターカー・・・について意見を述べる。20時半、成田を出て印西へ。21時半、帰宅。
by takinowa | 2009-06-25 22:31

09.06.24(水) 祝・HPアクセス 70,000件突破 定例会本会議

 私が行った昨日の一般質問に関する記事が北総鉄道関連で千葉日報、朝日、読売に、いすみ鉄道関連で日経にそれぞれ取上げられている。特に、北総についてはマスコミの関心も高いようである。議会でも、何度も繰り返し述べてきたが、私は「高いから下げろ」といった理屈ではダメと考えている。同一軌道上を走る二つの鉄道会社(北総鉄道・京成電鉄)の利用客は、「公平な受益者負担原則に基づく運賃でなければならない」 という常識論を一貫して展開しているだけなのだ。沿線在住県民のため、なんでかんで頑張るしかない。
 また、日経の首都圏経済版はダメダメの内容であった。ハッキリ言ってインテリジェンスが欠如している。0点ではないが、間違いなく赤点。身内が同社所属のジャーナリストであるためあまり批判はしたくないが、いすみ鉄道の経営問題の本質に関して分析が全くできていない。
 9時、印西を出て千葉へ向かう。10時、本会議。12時、スポーツ振興議連総会。午後、本会議。大野眞、渡辺芳邦県議の一般質問。八ッ場ダム、アクアライン800円等について、中身の濃い質問であった。16時、農政問題研究議連の勉強会。17時、菜の花プラザで県盛会の会合。22時半、帰宅する。
 本日、目出度くHPアクセス数が70000を突破した。038.gif
by takinowa | 2009-06-25 00:01

09.06.23(火) 一般質問で六度目の登壇

 原稿作成が4時までかかってしまう。仮眠して、7時半に印西を出る。9時、県庁着。本日、いよいよ6度目の一般質問を行う。地元から約100名の傍聴者が来らた。気合十分で本会議場へ。
 10:45、質問を開始。北総鉄道問題を中心として、自分なりに納得のいく質疑であったと思う。森田知事からも真剣な答弁があった。詳細は後日、HP上に動画をアップするので御覧頂きたい。12時、菜の花プラザで傍聴に来られた印西市民と昼食会。午後、6/1にオープンしたばかりの県警本部新庁舎を見学して頂く。職員の丁寧な説明で、皆さん御満足頂いたとのこと。
 15:40、本会議閉会。17時、植田浩副知事を招いての自民党一期生勉強会。議会担当主幹らも同席。深夜、帰宅。
by takinowa | 2009-06-23 16:46

09.06.22(月) 定例県議会本会議

 4時半、事務所で一般質問の原稿作成。7:50、印西を出て千葉へ向かう。9:40、自民党議員総会。
 10時、本会議開会。個人質問が終日行われる。14:45、県庁を出て印西へ向かう。15:50、家内を整形外科に連れていく。16時半、事務所で仕事。
 いよいよ明日、6度目の一般質問を行う。何としても原稿を仕上げなくてはならない。以上
by takinowa | 2009-06-22 19:53

09.06.21(日) 故・大野克己元県議御長女結婚披露宴

 午前中、自宅。今週月曜に怪我をした家内と、静かに時を過す。12:45、印西を出て浦安市へ。14:40、新浦安駅前のオリエンタルホテル・東京ベイ着。
 15時半、故・大野克己先生の御長女・友子さんの結婚披露宴に来賓出席。実川幸夫代議士秘書・三橋氏、椎名一保参院議員秘書・西谷氏、水野賢一代議士元秘書・村田穣治氏(佐倉市議)ら政治関係者と同テーブルに着席。新郎は千葉県警の第一線で活躍する警察官。まさに、美男・美女、誰しも羨むような若きカップルに違いない。開式まもなく新婦側主賓として、心を込めて祝辞を述べさせて頂く。県議となって初の結婚披露宴のスピーチであったため、若干緊張した。とにかく無事終了しホッとする。
 時間の経過とともに宴会は佳境へ。余興も最高に盛り上がった。特に新郎の警察学校同期生による「踊る大捜査線」をイメージした寸劇は素晴しかった。チームワークも抜群で、同期の絆の強さを感じる内容。そして、いよいよフィナーレの花束贈呈。実に感動的であった。恥ずかしながら、思わずハンカチを濡らしてしまった。
 18時半、浦安を出て印西へ向かう。19:20、印西にもどり二次会。21時半、帰宅する。
 23日予定の私の一般質問も、いよいよ近付いてきた。万全の態勢と裂帛の気合で臨むつもりだ。いずれにせよ、時間がない・・・ 頑張ろう
by takinowa | 2009-06-21 22:06