<   2009年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

09.05.31(日)

 岡本行夫×佐藤 優 「世界を斬る・知の超人対談」(産経新聞社・1500円)を読む。対米、対露外交の最前線で活躍した二人の外交官による奥行きの深い対談であった。
 終日、政務調査と読書。この二日間で、じっくりと充電できた。明日から6月。11日からは定例県議会が開会する。北総鉄道の運賃問題もヤマ場を向かえ日々、真剣勝負が続く。040.gif
 
  【 5月に読んだ本 】
〇 「諜報的生活の技術」(講談社) 佐藤 優
〇 「交渉術」(文藝春秋社) 佐藤 優
〇 「ウエブ恋愛」(ちくま新書) 渋井哲也
〇 「夢・第ニ版」(岩波新書) 宮城音弥
〇 「インテリジェンス人生相談・社会編」(扶桑社) 佐藤 優
〇 「インテリジェンス人生相談・個人編」(扶桑社) 佐藤 優
〇 「財政学 改訂版」(有斐閣) 神野直彦
〇 「日本孤立」(岩波書店) 船橋洋一
〇 「蟹工船・党生活者」(角川文庫) 小林多喜二

〇 「世界を斬る・知の超人対談」(産経新聞社) 岡本行夫×佐藤 優
by takinowa | 2009-05-31 20:47

09.05.30(土)

 本日は公務がOFF。じっくりと有意義な政務調査。 以上
by takinowa | 2009-05-31 20:36

09.05.29(金) 臨時県議会

 8時、印西を出て県庁へ向かう。9:20、議会図書室で政務調査。9:45、会派室で議員総会。
 10時、本会議。職員及び議員の夏の賞与カット(0.2ヶ月)について審議。県全体で約50億円の歳出削減になるという。厳しい財政状況や民間の事情を考慮すれば、当然の話。12時、党県連で青年局の会議。午後の本会議で執行部提案を可決。また、北朝鮮の地下核実験に対する非難声明を全会一致で可決する。
 夕方にかけて県庁内で情報収集。小川総合企画部長と北総鉄道問題で意見交換。16時、同志県議と県政に関する勉強会。重要課題について政務調査。終了後、懇親会。21時、千葉を出て印西へ。22:20、帰宅する。
by takinowa | 2009-05-29 23:55

09.05.28(木)

 9時、HP更新の打合せ。9時半、印旛高校・松本一正OB会長と意見交換。11時半、事務所で仕事。12時半、地元郵便局長会役員と懇談。15時、印西を出て千葉へ。16時半、県庁で政務調査、及び県幹部職員と意見交換会。24時、帰宅。
by takinowa | 2009-05-29 00:42

09.05.27(水) 印西市町内会・自治会連合会 総会

 8:40、印西を出て千葉へ向かう。10時半、自民党県連で議員総会。11時半、県議会会派室で河上茂・県連政調会長らと北総鉄道問題で有意義な意見交換。正午、議会食堂でランチ(ライスカレー)。13時、県庁を出て印西へ。15時、印西市役所で市町内会・自治会連合会総会に来賓出席。祝辞と県政報告をさせていただく。17時半、鹿黒(かぐろ)の嶺久庵で懇親会069.gif。表会長、杉本昭夫副会長、そして山崎市長ら市行政幹部らと意見交換。20時半、木下で二次会068.gif。22:10、地球と人類と私の危機を、政治家として感じつつ帰宅。後、記憶がまだら状態。
by takinowa | 2009-05-28 00:19

09.05.26(火)

 朝、事務所で仕事。11時、印西を出て千葉へ向かう。
 13時、自民党県連で政策審議会。6月定例会に向けて執行部より、1. 提出予定案件(予算・条例) 2. 補正予算案 3. 国への重点要望 等について説明を受ける。また、党の代表質問内容を話し合う。 14:40、県議会自民党会派室で教育庁幹部職員と県立印旛高校移転、企業庁幹部職員と千葉ニュータウン関連の諸問題について話し合う。有意義な政務調査活動であった。16時、県庁を出て印西へ向かう。
 17時半、事務所にもどり資料整理、読書。21時、帰宅。
 北朝鮮が地下核実験を行った。そして、威嚇的なミサイル発射実験も続いている。許されざる行為だ。これまで国際社会がこぞって非難しても、北朝鮮は禁じ手を止めない。今回もオバマ米国大統領はじめ世界各国の首脳が非難声明を出している。しかし、いくら非難しても北朝鮮は聞く耳を持たないのだ。いずれにせよ、北東アジアの政治・軍事情勢は緊張度を高めている。 ただこういった場合、興奮してナショナリズムが高揚し過ぎると国益を損ねかねない。「弱者の恫喝」を続ける北朝鮮の内在的論理を、まずしっかりと分析すれば恐れるに足らずだ。北朝鮮を国際社会に引っ張り出し、根気よく、粘り強く交渉するしかない。一日も早く交渉のテーブル(6ヵ国協議)に復帰させる環境整備を行うことが大事である。まさに、日本国外務省の基礎体力が問われている。
by takinowa | 2009-05-26 21:29

09.05.25(月)

 午前中、市内を廻り事務所で仕事。11:50、印西を出て千葉へ向かう。13時、県庁で政務調査。
 13時半、総合企画部幹部職員と北総鉄道問題で意見交換。14:40、知事室幹部職員と同問題について話し合う。基本的認識については一致しているものの、現時点で内容については書けない。あまりにも複雑な政治案件。ありったけのインテリジェンスを駆使して、超高度な連立方程式を組立てなければならない。エベレスト登山に例えれば、いよいよチョモランマ頂上(8848m)へのアッタックも近いといったところだ。何としても結果を出し、県職員を含む関係者と慶びを分かち合いたい。15時半、県庁を出て印西へ向かう。
 16:40、印西市役所で幹部職員と意見交換。17時半、事務所にもどり仕事。18時半、地元の会合で県政報告。少々、飲酒。深夜、帰宅する。
 この二年間いかなる時も、北総鉄道問題が私の心の底に横たわっている。酔った時でも考えている。夢にも出てくるくらいだから、無意識というか深層心理に刻みこまれているのだろう。大いに責任と重圧を感じる。人知を超えた神の力を信じたい、と思う今日この頃である。
by takinowa | 2009-05-25 23:50

09.05.24(日) 第8回印西市消防操法大会

 早朝より、激しい雨。6:40、千葉NT・西の原地先で行われた、第8回印西市消防操法大会々場へ。否が応でも副団長として気合が入る。7時半、全分団の正・副分団長、部長を召集し打合せ。各々の任務分掌に従い、降りしきる雨の中で定位につき仕事をしてもらう。・・・命令する立場は、実に辛いと思うものである。 9時、開会式。団員の士気も極めて高い。本当に恐いくらいであった。少々自慢話で恐縮であるが、昨年の県操法大会で我が印西市消防団は見事入賞した。新たな目標ができて、毎年少しずつレベルアップし、その積み重ねが団員の励みとなっているに違いない。 ・・・雨天にも拘らず、選手はよく頑張った。結果、自動車の部は第4分団(六軒)。小型ポンプの部は第5分団1部(大森)がそれぞれ優勝。ただ、これも運命で、どのチームも実力は甲乙つけがたい。全団員の頑張りに対し、心から敬意を表したい。 
 12;40、一旦自宅にもどり作業服から背広に着替え。ブログを書く。13:25、中央公民館へ。第9回印西市国際交流協会の総会で祝辞を述べる。14時、NTの高花小学校体育館へ。印西市民春季空手道大会閉会式で来賓祝辞。組み手の部は迫力満点であった。15時、大森の友和亭。消防団本部の反省会。岩井団長並びに山崎・印西消防署長から様々な指摘があり、大いに反省。副団長としてまだまだ努力不足。日々、精進し頑張るしかない。18時半、地元六軒・第4分団の打上げに来賓出席。団員諸君は印西市代表として、来るべき印旛支部大会へ向けて気合十分であった。私からは、「勝負は時の運。結果は神様にしか分らない。一人一人が、己の誇りを懸けて頑張るしかない。納得のいく時間を、過そうではないか!!」(同志社大学の元ラグビー部長 故・岡仁詩教授を真似して)と檄をとばさせて頂く。 ・・・、20時以降の記憶がまだら状態で帰宅。家内に怒られる。007.gif
 来週以降、北総鉄道高運賃問題について全力投球の予定。論理をしっかりと詰めて、一切の妥協を捨て関係各方面と交渉するつもりだ。千葉県民のため、政治の命を燃焼し尽くす覚悟で頑張りたい。
by takinowa | 2009-05-24 13:15

09.05.23(土)

 午前中、諸般の事情で体調不良。掌(てのひら)に油汗。頭痛、目眩、吐気はするものの、熱はない。予定していた印旛地区・利根川水防演習(成田市)の来賓出席をキャンセルし、自宅で静養。13時半、千葉NT・西の原で明日予定されている市消防操法大会々場の現地確認。15時半、事務所で静養、読書。明日はかなりハードな一日となる予感。これも運命。
 蘆武鉉前韓国大統領(62)が本日早朝、釜山近郊の自宅裏山から飛び降り自殺したとのニュースに驚く。現在、最高検による収賄容疑での捜査中であり、前大統領に対する事情聴取も先月行われていた。政治の世界、一寸先は闇。それにしても、韓国歴代大統領の最後は悲劇的である。ざっと見ても、初代の李承晩大統領の4.19・学生革命による失脚から、ユン・ボソン(5.16軍事クーデターで失脚)、朴正煕(在任中に暗殺)、崔圭夏(粛軍クーデターで失脚)、全斗煥(退任後死刑判決)、蘆泰愚(退任後懲役刑)と続いた。当然、北朝鮮との緊張関係も、その背景にはあったのだろう。いずれにせよ、権威と権力が別れている日本では考えられない、厳しい韓国の政治文化である。地方政治家も含め、命懸けであることは容易に想像がつく。・・・コメントのしようがない。
 自民党は国会議員の世襲制限について、次期衆院選から実施の方向で検討と報道されている。新人について、国会議員の親族が同一選挙区から連続して立候補することを禁止する案だそうだ。もしこれが通れば、小泉元総理の御子息は党公認ではなく、無所属での立候補となる。しかしながら、どうも自民党は同選挙区で公認候補を出さないらしい。これでは全くの出来レースではなかろうか。今、何ゆえ世襲制限の話がでてきたのか。過去の甘え、惰性の政治に国民が怒っていることは言うまでもない。それなのに身内に甘く、保護するやり方には唖然とするばかりである。 
 小林多喜二 著 「蟹工船・党生活者」(角川文庫)を読む。剥き出しの資本主義がもたらす絶対的貧困について、あらためて考えさせられた。恐らく、わが国の(もちろん、本県も!)貧困層の増大は止まらない。階級闘争が消滅し、労働運動も力を失った現代、ますます社会が不安定化しかねない。今こそ、国民を束ねる政治哲学や政策が必要と思われる。
by takinowa | 2009-05-23 21:34

09.05.22(金) 東京湾アクアライン 800円に!

 本日、森田健作知事が国土交通省を訪れ、東京湾アクアライン通行料金をETC車に限定して、8/1から800円に値下げすると報告した。今回の値下げは千葉県が社会実験として実施するもので、期間は2011年3月末までの約2年間。値下げに必要な財源については、金子国土交通大臣も前向きに検討しているとのこと。森田知事のマニフェスト実現に向け、大きく前進したことは評価に値する。このことについては、6月定例県議会で大きなテーマとなることは言うまでもない。
 と同時に、森田知事の公約である北総鉄道運賃値下げについても、いよいよヤマ場を迎える。2010年度・成田新高速鉄道開業時に、沿線在住の県民が不当な運賃設定で不利益を被ることは絶対に許されない。問題の本質は、値下げのパーセンテージではない。鉄道利用者の公正・公平な受益者負担原則が担保されるかどうかである。これは大義であり、絶対に譲れない。北総鉄道の大株主である千葉県にも、重大な責任がある。森田知事におかれましては、アクアライン800円と同様に裂帛の気合で取り組んで頂きたい。
 この北総鉄道問題をはじめ県政の重要課題について、朝から県庁に行って議論しようと思ったが、諸般の事情で来週月曜に延期。午前中、事務所で仕事。午後、来客の対応。夕方、県総合企画部及び企業庁幹部職員と電話会談。尋常ではないアドレナリンの上昇を感じる。北総鉄道問題に関しても、沿線首長や行政関係者から様々な意見や期待が寄せられてきている。いよいよ正念場。私自身、政治の命を懸けて全力を尽くしたい。
 18時、我孫子市方面で家内と食事。評判の店で海鮮料理を食し、少々の生酒(二合)&ビール(生中2杯)を嗜む。実に美味であった。夜、事務所において友人と電話で意見交換し凹む。22:45、帰宅して読書。久々に晩酌(寝酒)して就寝。
by takinowa | 2009-05-22 21:29