<   2008年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

08.07.31(木) 韓国視察研修・ソウル→東京

 9:30、ホテルをチェックOUT。10:30、ホテルを出て金浦空港へ向かう。11:30、空港で保安検査、出国審査。12:55、金浦空港発ANA1292で羽田に向かう。14:55、羽田空港着で入国審査、税関。国際線ターミナルからバスに乗り、第1ターミナルへ。16時、京急線・印旛日医大行きに乗車。17:40、千葉NT中央。18:30、事務所にもどり仕事。20時、帰宅する。
 それにしても、実に中身の濃い研修であった。党本部・青年局事務局としても、「竹島問題」の煽りで韓国要人・高官との面談や表敬が直前に全てキャンセルされるという異常事態の中、よくぞここまでの視察研修をセットしたものと感心する。本当に勉強になった。頭が下がり、心から感謝である。
 いずれにしろ、韓国は政治的にも経済的にも日本のライバルになりつつあることは事実だ。良いところも、悪いところもしっかりと観察し、仲良く隣国同士のお付き合いをしなければならない。もちろん、「竹島問題」や「拉致問題」がそれぞれの国のナショナリズムを沸騰させ、民族排外主義に陥るような事だけは避けねばならない。
 また、韓国や中国の経済成長を必要以上に脅威と感じる必要もないと私は考える。いくつかの経済指標で先を越されても、焦らずじっくりと構えるべきだろう。日本経済もそう遠くない将来に、重厚長大産業を中心に斜陽化する可能性も排除できない。もちろん経済も大事であるがまず確認すべきこと、なかんずく守らなければならない事柄は、我が国の伝統・文化であり国体(国民体育大会ではない)なのだ。なぜならば、確かに経済的繁栄は諸外国から表面的な羨望の対象とはなりえても、日本文化の根本を理解してもらわなければ、決して尊敬の対象とはなりえないからだ。どちらかというと、経済(=おカネ)の話は、国家間においても嫉み・ヤッカミにつながるに違いない。経済も大事である。ただ、何よりも国家の名誉が大事である。韓国滞在中、私はそのような事ばかり考えていた。
 韓国や中国、そしてアジアを旅していつも感じることは、わが国の繊細な美意識や心配り、もののあはれ、無常観、惻隠の情・・・といった独特な情緒の奥深さである。はっきり言って、どの国よりも洗練されている。長い歴史の中で外国から流入する様々な文化(半島経由のものや仏教、儒教、キリスト教も含め)を、自国の古来文化と調和させつつ、あっさりと土着化させてきたのはアジアの中で恐らく日本だけであろう。当然、歴史の断絶もない。まさに、日本には価値の多元性を認める歴史感覚を持った類稀な国柄がある。その折り合いのつけ方というか、成熟したハイブリッド精神が繊細な美意識や情緒を育んできたと、私は思うものである。
 しかしながら、現下日本を覆う新自由主義は誠に厄介だ。まず第一に、新自由主義には歴史感覚がない。現象的には、何でもカネ・モノを尺度に考える風潮が強まってきている。そういった空気が民間企業だけでなく、官僚や政治という公的セクターにも拡がりつつあることが問題なのだ。社会哲学的に整理するならば、個々人が「アトム(原子)」化し、国家としても、地域社会や家族においても社会的共同主観性が空洞化する可能性を、私は排除しない。そして、アトム化した口達者な若い「チャラ男」、「チャラ子」が増殖し、「職業としての政治」家を目指す時代がやってきた。今回の研修でも、若い学生さんには私なりに「人生一度しかない。実利優先で利害損得ばかりに詳しい政治ではなく、人の心や人間関係をまず第一に考えられる政治家を目指そう」と何度も話させて頂いた。説教臭くなったつもりはないが多分、相当に煙たがれたことだろう。(44,750)
 
 【御案内】 8月1日付で、「たきた敏幸県議会リポート第4号・8/10」をアップします。7/1県議会定例会で行った一般質問をまとめたものです。TPからアクセスできますので、動画とともに是非御覧ください。
   【7月に読んだ本】
○ 「長期停滞」 金子勝著・ちくま新書
○ 「大衆の反逆」 オルテガ・イ・ガセット 寺田和夫訳 中公クラシックス
○ 「『成田』とは何か」 宇沢弘文著 岩波新書
○ 「ニュータウンに無いもの」 武藤弘著 月刊千葉ニュータウン
by takinowa | 2008-07-27 11:00

08.07.30(水) 韓国視察研修・釜山新港視察 釜山→ソウル

 7時、在釜山日本領事館職員及び国土交通省港湾局職員による事前説明会。7:30、釜山旧港を視察。9時~10:30、釜山中心から約30㎞離れた釜山新港を視察。旧港もすごいが、新港のコンテナターミナルは想像をはるかに超えたスケールであった。開発する総事業面積が約310haで、最大水深岸壁も17m。07年、釜山港はシンガポール、上海、香港、深センにつぎ世界第5位のコンテナ取扱量を記録している。国策として競争力の高い港湾を整備し、海運物流の中心=ハブ港を作ろうとしている。ハブ空港を目指す仁川(インチョン)の海洋版がまさに、釜山新港なのだ。韓国恐るべし・・・。国家意思が明確に現れた戦略的インフラ整備が行われている。
 11:30、ホテルにもどる。民辻秀逸・在釜山日本国総領事主催の歓迎レセプション。
 13:20、釜山駅発の高速鉄道でソウルに向かう。車中で党本部に提出するレポートを作成。16:03、ソウル駅着。17時、ロッテホテルにチェックIN。
 19時、井上信治青年局長主催夕食会・解団式。20:30、解散後に同志と明洞で意見交換会。それぞれの地域で、「保守復権のため頑張ろう」と誓い合った。
 夜、部屋で読書。金子勝著「長期停滞」(ちくま新書・700円)を読む。

  釜山市街地と旧港
f0035232_15304430.jpg

f0035232_15321041.jpg

  釜山新港・・・巨大クレーンが見る者を圧倒する
f0035232_15331853.jpg
f0035232_15344761.jpg
f0035232_15361721.jpg

by takinowa | 2008-07-27 10:57

08.07.28(月) 韓国視察研修・東京→ソウル

 6時、ホテルで朝食を取り、機内預け荷物を出す。7時、チェックアウト。8時、羽田空港国際線ターミナルで保安検査、出国審査。私的には千葉県人として正直、成田を利用せず羽田から海外に行くことに相当な抵抗感があった。9:20、羽田発ANA1291便でソウルへ向かう。所要2時間20分で11:40、金浦(キンポ)空港着。入国審査、税関。12:30、バスで金浦空港発。ソウル市は韓国の首都で人口1200万人。私にとって初めての訪問が、全斗換(チョンドウファン)軍事政権下今から25年前の1983年。その後訪韓する度の発展ぶりは、目を瞠るばかりだ。
 13:30、ソウル市内の「金剛山レストラン」で昼食。焼肉料理を美味しく頂だいする。特に骨付きカルビは絶品であった。
 15時、市内中心部を流れる清渓川(チョンゲチョン)を視察。本年2月25日、第17代大統領に就任した李明博(イ・ミョンバク)が、ソウル市長時代に復元したもので、その成果が大いに評価されたとのこと。
 16時、ロッテホテルで朴チョルヒ・ソウル大学大学院教授の講演会。演題は「今後の日韓関係について」。朴教授は知日派(親日)の立場をとる学者であるが、韓国世論が「竹島問題」を巡り沸騰する中で、実に率直な内容の講演であったと思う。質疑応答の際、私なりに7/24のブログに書いた内容を申し上げ、意見交換をさせていただく。いずれにせよ、かなりエキサイトした有意義な勉強会となった。
 18:30、ホテル内の別会場で「重家俊範・駐韓日本大使主催歓迎夕食会(レセプション)」。ここでも、「竹島問題」や「拉致問題」について、参加した青年局メンバーから鋭く、厳しい質問や意見が外務省に対し述べられた。
 朝からほとんど自由時間もなく、かなり疲れた。夜、知り合いになった全国の同志と遅くまで談じ合う。

  ソウル市内
f0035232_15275690.jpg

  駐韓日本大使主催歓迎レセプションで講演する重家俊範大使
f0035232_15132738.jpg

by takinowa | 2008-07-27 10:56

08.07.29(火) 韓国視察研修・ソウル→釜山

 9:30、ホテル内会議室で「黒田勝弘・産経新聞ソウル支局長の講演会」。演題は「韓国国内情勢と日韓関係について」。日韓の交流人口が520万人/年を超え、経済関係も益々深化する現代において、いかなる隣国同士のお付き合いをするか・・・。実に示唆に富んだ内容であった。
 11時、ソウルを出てバスで水原市(スウォン:人口76万)へ向かう。
 13時、ソウルのベッドタウンとして発展する古都・水原市内にある三星グループ研究開発センターへ。三星(サムスン)電子グループ役員との意見交換会。三星は韓国経済を代表する電機メーカーであり、半導体をはじめとする先端技術で日本企業とまさに鎬を削っている。質疑時の役員の話し方にも、どこか余裕が感じられる。恐るべしである。14時、研究開発センター施設内を視察。約200㌶の敷地に、22,000人の研究者が働いているという。25F建ての高層ビル2棟を中心に、分野ごとに先端の研究をつづけているとのこと。彼らは性能やデザインにおいて、もはや日本製品と比べ何の遜色もないと胸を張る。大いに脅威を感じるものである。
 16時、ソウルのロッテホテルにもどり、「脱北者・拉北者(韓国拉致被害者)家族会との意見交換会」。金聖民(キムソンミン)自由北韓放送代表、カン・チョルファン朝鮮日報記者(=以上脱北者)と崔祐英(チェ・ウョン)拉北者家族協議会名誉会長から率直なお話を伺う。現在日本政府は横田めぐみさんはじめ17名を、拉致被害者として公式認定している。また韓国政府は実に486名と、公式発表しているとのこと。南北分断という悲劇はあるものの、とんでもない数字である。いずれにせよ、拉致問題解決に向け日韓の連携は大事である。
 17:30、ロッテホテルを出てソウル駅へ。18時、ソウル発・釜山行の高速鉄道に乗車。約420kmの移動である。20:42、釜山駅着。釜山市は人口380万人で韓国第二の都市。日本で言えば大阪といったところ。街の雰囲気はどことなく台湾の高雄に似ているかもしれない。山が海に迫り独特の景観だ。郷愁が漂い風情を感じてしまう。思わず 「椿咲く~頃なのに~ あなたは帰らない~ ・・・ トラワ~ヨ~ プサンハンへ~ 会いたい~ あ~な~た~・・・」 と口ずさみたくなった。21:20、市内中心部にある釜山コモドホテルにチェックIN。
 本日も分刻みの研修スケジュールであった。クタクタである。静岡県連青年局長の相馬宏行・河津町議、同局次長の佐地茂人・静岡市議らと国際市場にくり出し、焼肉&マッコリで語り合う。深夜、宿にもどり爆睡眠。

  黒田勝弘・産経新聞社ソウル支局長の講演
f0035232_1517755.jpg

  三星(サムスン)電子研究開発センター 水原市
f0035232_15183366.jpg

  脱北者・拉致被害者家族との意見交換会
f0035232_15262625.jpg

  釜山駅
f0035232_15242024.jpg

by takinowa | 2008-07-27 10:56

08.07.27(日) 自民党本部青年局幹部・海外視察研修 羽田

 本日から5日間、自民党本部青年局幹部・海外(韓国)視察研修。
 12:30、印西を出て羽田空港へ向かう。15時、羽田空港第一ターミナル6F「ギャラクシー」で事前研修。団役員挨拶、団員紹介及び党本部から日程説明等。17時、外務省アジア太平洋局北東アジア課地域調整官・寺澤元一氏を講師に招き研修。最近の日韓関係、現地情勢等の説明を聞く。「竹島問題」、「拉致問題」、「六カ国協議」など基本的テーマについて日本の立場を確認する。18時、同会場にて結団式(団長・井上信治代議士)。国会議員12名、全国から県議会議員約20名、ほか各県の党青年局幹部約50名並びに事務局の参加。総勢約100名という大規模な訪韓団となった。
 羽田エクセルホテル東急泊。
by takinowa | 2008-07-27 10:54

08.07.26(土) 第44回千葉県消防操法大会 印西市消防団・堂々4位入賞!

 第44回千葉県消防操法大会(主催・千葉県 財団法人千葉県消防協会 後援・財団法人日本消防協会)が千葉市仁戸名町の県消防学校屋外訓練場で行われた。県下10支部の代表12チームが参加。わが印西市消防団(3分団2部・小林台方地区)はポンプ車の部で、印旛郡11市町村代表として出場。これは小型ポンプの部で、32年前に松崎地区が県大会準優勝して以来のこと。千葉県は昔から消防が盛んな土地柄で、とりわけ印旛郡は県下屈指。全国制覇2度の八街市をはじめ印旛村、成田市など消防操法のレベルは高い。
 6:25、印西市役所集合で千葉に向かう。8:10、県消防学校着。9時、開会式。堂本暁子知事、石井利孝消防協会長の挨拶。まさに、炎天下。10時、競技開始。山崎印西消防署長と各チームの技術的な分析について意見交換。それにしても暑かった。わが印西市消防団は9番目に操法を行う。操作タイム(第1線・55秒 第2線・65秒)、及び規律も申し分なし。4月から約4ヶ月間の訓練成果をしっかりと披露し、実に見事であった。結果は、146.5点で堂々の4位入賞。印西消防の歴史に、素晴らしい1ページが加わり感動的であった。14:10、千葉を出て印西に向かう。帰路のバス車中で爆睡眠。15:25、印西市役所着。市内で政務調査。17:15、鹿黒の嶺久庵で消防団主催の慰労会。地元選出県議として乾杯の音頭をとる。式次第について、事務局に御意見させていただく。
 18時、高花夏祭りで御挨拶。地区の方々と懇談する。
 19:30、小林方面で防災関係の会合に参加。半田実・市防災課長もまじえ地域の方々と意見交換。23:30、帰宅。

    第44回 千葉県消防操法大会 成績(団体)
○ ポンプ車の部 1位・山武市(157.5) 2位・野田市(151) 3位・鴨川市(148) 4位・印西市(146.5)
○ 小型ポンプの部 1位・いすみ市(79) 2位・市原市(78.5) 3位・東金市(71.5)
 
 印西市消防団の操法演技・・・第1線の1番員による放水
f0035232_15434944.jpg

   第2線の2番員による放水
f0035232_1552415.jpg

 第4位入賞の表彰を受ける印西市消防団
f0035232_1581469.jpg

f0035232_1595229.jpg

by takinowa | 2008-07-27 10:34

08.07.25(金) 印旛沼地区農業農村整備事業推進協議会定期総会

 今年は母・雅子の新盆。朝、村親戚のKSさんが新盆飾りの棚吊りを行ってくれる。青竹でしっかりと組み上がり、実に立派である。母も満足のことであろう。地域の伝統や慣習について、私も一から学ばねばならない。KSさんは地元六軒農家組合でもリーダー的存在で、頼もしい限りだ。一昨年JRを退職されているが、国鉄時代は機関士としてならし、また戦闘的(革命的?)労働組合活動家でもあったという。ただ、地元では保守である。選挙に関しては市議時代も含め、自民党の私を全面支援してくださっている。また、お爺さんのKMさんは村の長老であり、地域の生字引でもある。
 9:20、印西を出て佐倉市へ向かう。印旛沼土地改良区事務所で開催されたH20年印旛沼地区農業農村整備事業推進協議会(会長・蕨和雄佐倉市長 印旛沼流域6市2町2村で構成)定期総会に出席。総工費550億円、受益面積4950haの国営灌漑事業印旛沼二期工区について、意見が述べられる。元を辿れば江戸時代、老中田沼意次が始めた一大国策プロジェクトである。戦後、食糧増産を目的として沼の干拓は実現したものの、現在では施設の老朽化がすすんでいる。H22年の事業開始に向け、国農水省・県には万全の体制で臨んでほしい。
 午後、印西を出て東京へ。日本橋方面で政務に関する勉強会。24時、帰宅。
by takinowa | 2008-07-26 00:25

08.07.24(木) 岩手北部地震・震度6強 / 手賀沼水環境保全協議会総会

 本日未明、岩手県沿岸北部を震源とするM6.6・震源の深さ約108㎞の地震が発生。岩手県洋野町で震度6強、青森県八戸市で6弱など、北東北地方各地で震度5以上を観測した。まずもって、被害に遭われた方々に心より御見舞申し上げたい。報道によると、7道県で131人の重軽傷者を出したものの死者・行方不明者は報告されていない。震度6強という激震にも拘わらず、死者や建物の全壊といった被害がなかったのはまさに奇跡的だ。これが人口集中地帯である首都圏や大阪圏で発生したならば、どれだけの犠牲者が出ただろうか。いずれにせよ、地震は何時何処で起きるかほぼ予測不可能である。家具の倒壊防止や非常食の用意など、各家庭ごとの減災対策がまず第一。「備えあれば憂いなし」を肝に銘じ、危機管理の意識をみんなで高めようではないか。
 7/27~31の日程で、自民党本部青年局幹部海外視察研修(団長・井上信治代議士)に千葉自民党青年局を代表し参加することとなった。訪問先は韓国である。新学習指導要領解説書への竹島問題の明記につき、両国関係がギクシャクしている最中(さなか)での訪韓となった。昨日入ってきた自民党本部からの情報によると、韓国政府・政党要人との面会の多くがキャンセルされるなど、大きな影響を受けているという。国内各地で反日抗議集会やデモが連日繰り返され、日本大使館に卵が投げつけられ、また取材中の共同通信記者が怪我を負うなど、情勢も緊迫化しているとのこと。随分と乱暴な話である。もっとも今から25年程前、全斗煥大統領の軍政下で私は二度訪韓した経験がある。光州事件の余波も残る当時の韓国と比べれば、はるかに落ち着いているに決まっているが・・・
 今回の件で韓国は竹島に軍隊まで派遣する用意があると言っている。不法占拠による実効支配を強化しておきながら以ての外であり、とんでもない感覚だ。また、ユネスコの松浦晃一郎事務局長が韓国政府の招待で訪韓したが、大統領表敬を拒絶されたという。こんな調子であるから、自民党青年局の公式面会キャンセルなど朝飯前なのであろう。いずれにしても、韓国の大人げない強硬な身勝手ぶりばかりが目立っているが、日本政府・外務省は一体何をしているのだろうか。国家主権が侵されているのに、何故沈黙するのか。拉致も領土も、国家主権が侵害されていることには変わりはないはずだ。韓国に強く出ずして、どうして拉致問題が解決できるのか。7/17のブログにも書いたが、「拉致問題で韓国の協力が必要だから、竹島問題で強く出れない」と言った外務官僚がいるという。とんでもない話である。さらに、対ロシアで「北方領土問題」は外交テーマとなっているが、日韓で「竹島問題」はテーブルにものっていない。まさに、ダブルスタンダードではないのか。首相も外相も、責任ある地位に就く政治家としての判断をして頂きたいと思うものである。
 一昨日、八王子駅ビルで、男に女性が刺され一人が死亡し、一人が重傷という惨事が起きた。犯人は「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった。無差別に殺そうと思った」と供述しているそうだが、全くもって迷惑千万。3月の土浦市荒川沖の無差別殺傷事件、6/8の秋葉原事件・・・19日には埼玉県で中学生が父親を刺殺し、中学生のバスジャック事件も発生している。想像もつかないような発想と動機の事件が多発している。日本はどうしてこんな国になってしまったのか。このブログで私の考えを全面展開したいが、「最近、ちょっと理屈っぽいのではないか」との指摘も受けたので、今日は自粛することとする。とにかく、世の中に蔓延する過剰な自由主義、さらに市場原理主義=新自由主義といった「空気」に起因する可能性を、私は排除しない。
 午前中、市内後援会関係者を廻る。12:30、事務所で仕事。
 13:30、印西を出て我孫子市に向かう。14時、手賀沼親水広場・水の館で開催されたH20年度・手賀沼水環境保全協議会(会長・堂本暁子知事 千葉県、流域7市一村及び関係団体で構成)通常総会に出席。手賀沼水質浄化については、6月県議会で一般質問を行ったところであり、私なりの意見を今回も述べさせていただく。H12年からの北千葉導水事業によりH18年にはCOD値7.9mg/ℓまで改善してきたが、環境基準の5mg/ℓを前に足踏み状態にある。また、下手賀沼に関しては、10mg/ℓ以上ある。金山落しの土砂浚渫や不法投棄対策など、さらなる努力が必要である。我孫子市の今井勝県議とも連携し、粘り強く訴えかけていきたい。16時、事務所にもどり仕事。本日も実に暑かった。
by takinowa | 2008-07-24 21:53

08.07.23(水) 国土交通省要望活動・第2弾

 9時、印西を出て東京に向かう。10:55、衆議院議員会館の実川幸夫代議士事務所。実川先生を囲み、田中宗隆(白井)、皆川輝夫(鎌ヶ谷)、大野眞(印旛郡)それに私という北総線沿線4人の自民党県議で、高運賃是正に関する対国土交通省要望活動の打合せと勉強会。本日実川代議士の力添えで、3/19に続いての要望活動が実現。
 12時、議員会館地下食堂で「冷しラーメン」(温泉卵入り・735円)を頂く。
 12:40、実川代議士を先頭に、霞ヶ関の国土交通省6F・鉄道局へ。先月、省内の定期異動が行われており、新任の北村隆志鉄道局長及び米田浩都市鉄道課長にまず御挨拶。前任の浜総務課長にも同席していただき、成田新高速鉄道開業と北総鉄道の高運賃是正、成田・羽田空港の一体化と鉄道アクセスといったことに関し、相当突っ込んだ意見交換。問題解決に向けて、国の意気込みも十分に伝わってきた。13:15、国交省を出る。
 いずれにしても、この秋に大きな山場を迎える。国、県、沿線自治体、鉄道事業者等々・・・がそれぞれ知恵を出し、高度な連立方程式を組まなければならない。私も政治の場で、しっかりと汗を流し努力するつもりだ。裂帛の気合いを込めて、日々頑張りたい。
 13:30、国会議事堂前を出て印西へ向かう。15:10、事務所にもどり仕事、来客の対応。内外の様々な情報が入ってくる。今日も暑い一日であった。
 深夜、大きな地震に驚く。0:26、岩手県沿岸北部を震源とするM6.8、震源の深さ120kmの地震が発生。岩手県洋野町で震度6強や青森県八戸市で6弱など、北東北の広い範囲で震度5以上を記録した。被害のでていないことを祈るばかりだ。

○ 実川幸夫代議士と国土交通省・表玄関前で
f0035232_192428100.jpg

○ 冷しラーメン (衆議院議員会館地下食堂)
f0035232_1925436.jpg

by takinowa | 2008-07-23 19:20

08.07.22(火)

 午前中、事務所で仕事、スタッフと打ち合せ。13時、印西を出て東京へ。14:30~、日比谷、霞ヶ関方面でマスコミ・出版関係者らと内外の政治経済情勢について意見交換。政治家にとって、鮮度のよい活きた情報ほど重要なものはない。政治という獣道で迷わぬためにも、インテリジェンスは大事なのだ。本日は有意義な政務調査を行うことができた。24時、印西にもどる。それにしても、本当に茹だるような暑い一日であった。
by takinowa | 2008-07-23 00:34