<   2007年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

07.11.30(金)

 午前中、八千代市方面。午後、事務所で仕事と来客の対応。公明党・浅沼印西市議と総合病院誘致、北総線運賃問題、成田線の利便性向上について意見交換をする。
 12月定例会一般質問の草稿がまとまりだした。今回は「成田新高速鉄道開業に伴う北総鉄道の運賃について」に力点を置くこととなりそうだ。北総鉄道のステークホルダー(利害関係者)である国、県、UR、京成電鉄、沿線自治体、沿線在住県民とそれぞれの立場になって、その内在的論理を掴む必要がある。まさに、超複雑な連立方程式を作らなければならない。考えてみれば県議になってまだ七ヶ月。この一年足らずのうちに、総合病院誘致も含め早くも正念場を迎えている。勝負の日々が続きそうだ。いずれにしても、県議会で二度も質問の機会を与えていただいた自民党・千葉県連に感謝するものである。
 19時、ニュータウン中央駅前の割烹「ぜん」で滝田事務所及び後援会スタッフの勉強会。年末・年始の運動方針を確認し、意見交換。年末にかけて、県政報告のための街頭活動を強化していくこととなった。終了後、すき焼鍋と日本酒、赤ワインで懇親会。以前から交流があり、私の選挙を応援してくれた佐倉の村田譲司市議も駆けつけてくださり、大いに盛り上がった。
 21時から二次会のカラオケ大会に家内と参加。私が「なごり雪」、「五番街のマリーへ」、「雨の御堂筋」、「花嫁」を、家内が「ひとり上手」等の懐メロを唄う。本当に楽しい一時であった。深夜、帰宅。
by takinowa | 2007-11-30 16:06

07.11.29(木)

 朝から陽射しもなく肌寒い。午前中、事務所で一般質問に向けた原稿作成。午後、「成田新高速鉄道開業に伴う北総鉄道の運賃問題」について、千葉ニュータウン新聞・武藤編集長の取材を受ける。夕方まで、来客が相次ぐ。
 17時、自民党印西支部役員会議。終了後、事務所で仕出し弁当を食べ原稿作成。試練の日々が続きそうだ。
by takinowa | 2007-11-29 19:41

07.11.28(水)

 午前中、事務所で来客の対応と仕事。12:20、習志野C.Cで印西ロータリークラブ例会。13:40、再び事務所にもどり仕事。15時、印西市企画部・幹部職員と「成田新高速鉄道開業と北総鉄道運賃問題」について勉強会。基本的な論点を整理する。いよいよ、定例会一般質問の構想をまとめる段階にきた。政治家としてアドレナリンの上昇を感じる日々が続く。
 17:50、平岡斎場で元印西町議・塚田正雄さんの葬儀に参列。心より御冥福を祈る。19:20、印西市役所で消防団本部会議。平成20年消防出初式の詳細を検討する。21時、事務所にもどり仕事。今夜も帰宅が遅くなりそうである。
 防衛省守屋前事務次官が収賄容疑で逮捕された。数日前からなぜか「逮捕へ」の新聞見出しがあった。恐らく東京地検特捜部のリークであろう。しかし、新聞報道に流されてはいけない。私は心友・佐藤優の公判を一審・二審と傍聴し続けたが、検察リークによる世論操作の実態を思い知らされた。鈴木宗男事件も同じだ。あれだけマスコミが騒いだ「ムネオハウス」や「ODA」、「三井物産との贈収賄」といった犯罪は存在せず、結局ほとんど別件逮捕であった。冤罪というよりも、まさに検察の国策捜査であった。先日亡くなった藤波孝生元官房長官も、17年前のリクルート事件で収賄容疑で逮捕されたものの結局東京地裁で一審無罪となった。あの時も検察・マスコミが一体となった加熱報道が続いた。今回の守屋氏逮捕の真相は、まだ分らない。ただ、検察リークをそのまま報道するメディア情報を鵜呑みにはできない。
 香川・坂出市の祖母、孫娘三人の行方不明事件は、祖母の義弟が逮捕されるというショッキングな結末となった。昨日も書いたが親が子を殺し、子が親を殺すといった信じられない事件が何と多いことか。新自由主義は、結果として個人を剥きだしの私(わたくし)へと変質させてしまうのだ。また、市場原理主義は、家族愛や隣人愛、地域の絆といった保守の基盤を崩壊させている。この国の自生的秩序を守るため、今われわれ保守政治家が起ち上がらねばならない。
 
by takinowa | 2007-11-28 22:01

07.11.27(火) 12月定例県議会初日

 本日から12月定例県議会が18日間の会期で行われる。昨日の日記にも書いたが、12/7には私の一般質問もある。自分自身に空気を入れて頑張りたい。
 7:55、印西を出て千葉県庁に向かう。9:40、自民党議員総会。10時、本会議。11時、自民党私学議員連盟総会。県に対する私学助成の要望を決議。12時、武田正光県議(流山市)と豚カツ・喜八で昼食しながら情報交換。武田氏は私より10歳近く若い。しかしながら胆力があり、なおかつ理性と感性のバランスが良い。大いに学ぶべき点がある。
 15:20、印西にもどり事務所で仕事。スタッフと打ち合わせ(スケジュール調整)及び一般質問の準備。なかなか構想がまとまらず、原稿が進まない。焦らずじっくりと仕上げたい。夜、約束していた会合に顔を出し挨拶し、早めに帰宅。
 いよいよ、忘年会シーズン到来である。体力・気力勝負の日々が続く。一つ一つの会合に全力投球で臨み、しっかりとした人間関係を作り上げていきたい。
 最近のニュースで、全国各地の殺人事件が報じられている。憂鬱な話題が多い。少々理屈っぽくなるが、私は90年代以降の高度資本主義がその背景にあるのではないかと考える。このことについては、いつか自説を全面展開したいが本日は自重する。評論家的に意見を述べる前に、日々人の心と人間関係を大事にする政治を心掛けたい。本日はこれまで。以上
by takinowa | 2007-11-27 19:33

07.11.26(月) 田久保尚俊県議会議長就任祝賀会

 午前中から一日、事務所で仕事。いよいよ明日から12月定例会だ。20年度予算編成の詰めとなる大事な議会であり、気合いを入れて臨みたい。12/7(金)には、私滝田が一般質問を行うこととなった。(詳細は下記の通り) 是非、傍聴にお越し頂きたい。
 15:50、印西を出て幕張へ。18時、東京ベイ・APAリゾートホテルで行われた「田久保尚俊県議会議長就任祝賀会」へ。多くの国会議員・県議会議員など、会場は満員の盛況であった。20:20、印西にもどる。晩は久々に自宅で夕食。釧路土産の鮭(時知らず)で石狩鍋。これまでの人生で、釧路の「時知らず」ほど美味な鮭を私は食べたことがない。
 オーストラリアの総選挙で与党が敗れ、11年ぶりに政権交代が行われるとのこと。現職のハワード首相も落選するなど、労働党が圧勝した。新政権は「京都議定書」の批准を公約にしているため、環境分野での日豪の連携は深まりそうである。また、経済政策的には新自由主義路線から公平配分路線になるとの見方が強い。今回の選挙結果は、まさに世界的な流れになる可能性が高いといえよう。「日本の総選挙にも影響がある」と指摘する識者もいる。自民党もフンドシを締めてかからねばならない。

 〈 滝田敏幸・県議会定例会一般質問について 〉
○ 日時 12月7日(金) 10:30頃~
○ 場所 千葉県庁・議会棟本会議場
○ 内容 1・成田新高速鉄道開業に伴う北総鉄道高運賃問題について
      2・印西地区の道路問題について
      3・千葉県保健医療計画について(印西市の総合病院誘致など)
      4・商業者の地域貢献ガイドラインについて
○ 問合せ たきた敏幸事務所(メールか電話0476-37-4173)
by takinowa | 2007-11-26 21:07

07.11.25(日)

 木下10:37発で小林へ。途中、鳥の衝突により電車がストップしてしまった。先週の降雪による飛行機の遅れなど、最近いろいろなことに遭遇する。
 11時、コスモプラザホールで小林エンジョイズ・創立20周年式典へ。川村文雄実行委員長の挨拶に続き、山崎市長、実川幸夫代議士、私の順で来賓祝辞。小林エンジョイズは新しい町と既存地区の住民が一体となって、この間スポーツや地域振興に取り組んでこられたという。川村氏をはじめ多くの関係者の御尽力に、敬意を表させていただく。12時から祝賀パーティ。たくさんの参加者と懇親をはかる。14時、レストラン・モンシェリーで二次会。私の後援会関係者もたくさん来られていた。昨年夏から約7ヶ月間、私が続けた「駅頭」の話題などで盛り上がった。一年前と比べると、人脈の広がりを実感する宴席であった。
 だいぶ飲酒し20時頃、自宅にもどる。
by takinowa | 2007-11-26 12:45

07.11.24(土)

 一日、事務所で仕事。蓄積してしまった書類、資料に目を通す。
 北海道大雪山系(十勝岳連峰)で起きた雪崩により、冬山登山訓練中のパーティが巻き込まれ四人の死者がでた。一昨日まで滞在していた地での遭難事故であり、北の大地の自然の猛威を感じる。犠牲者の御冥福を祈るとともに、登山愛好家にはくれぐれも安全のための情報収集に留意していただきたいものである。
 登山で思い出したが、H22年千葉国体の登山競技会場に我が印西市が内定したとのこと。地元印西市でも県・国体準備室と連携し、万全の体制を整えていただくことを願いたい。
 毎日新聞によると 〈 独立行政法人・随意契約の金額公表へ 総務省が方針 〉 との報道。総務省は、独法が傘下の関連法人と随意契約を結ぶ際に、契約金額公表を義務付ける方針を固めたとのこと。当り前の話である。08年以降、独法の随意契約は原則廃止となる方針だが、全てを競争入札で決めるのは困難なため、今後も一部随意契約となるという。そのような中、独法の廃止・民営化に邁進している渡辺善美行革担当相には、何としても官の抵抗を退けてほしい。中央官庁→独立行政法人→関連企業→民間・・・といった天下り(=渡り)の構造も、政治の力で是非なくさなければならない。私は何も「官から民へ」という理屈で「行革」を語るつもりはない。前から言っているように、新自由主義には反対である。ただあくまでも、国民の目線で「官僚支配」に繋がるような構造には「NOですよ」と申し上げているのだ。私は地元・印西市で何十年も官が行っている千葉ニュータウン事業を見てきたが、上記のような図式があまりにも見え見えであった。具体的には、天下り(渡り)の流れも旧建設省→旧住都公団→関連企業(3セク)→関連企業・・・といった具合であった。また、その流れに入り込み情報収集する民間業者も存在してきた。官僚支配とその情報にアクセスできる一部業者が事業を進めれば、透明性は全く担保されず必ずや高コスト体質になるのは必然である。そういった意味で、印西市の総合体育館建設案件で一昨年「都市公団発注」(=まる投げ発注)を否決し、本年「地元市発注」を可決した印西市議会の見識を高く評価する意見が、最近よく私の耳に入ってくる。いずれにしても、私は渡辺善美行革大臣の独立行政法人(=旧公団)改革を応援していきたい。
 また、時事通信によると 〈 ふるさと納税、来年度導入へ=住民税の税額控除で調整ー自民税調 〉 とある。都市と地方における地域間格差の是正も含め、今後自民党では積極的な政策立案と情報発信が必要だ。その際、竹中元参議院議員らの新自由主義路線とは距離を置くことがポイントとなろう。
 今日は、少々書いている最中に熱が上がってしまった。何らかの反響があるかも知れない。御意見のある方は、メールをお寄せいただきたい。
by takinowa | 2007-11-24 20:42

07.11.23(金) 新嘗祭・勤労感謝の日

 本日は新嘗祭。朝、神棚に向かって拝礼。
 9:30、西の原中学校体育館で開催された第19回印西市空手道大会へ。開会式で来賓の御挨拶をさせていただく。午前中、形の演技を見学。道着が「ピシッ」と擦れる音、そして気合いの入った声が体育館に響き渡る。緊張感が、会場に漂っているようだ。武道の素晴らしさを、あらためて実感できた素晴らしい大会であった。
 11:30、大森地区の会合で挨拶。14時、事務所で三日間たまってしまったブログを急いで書く。来客の対応。夜、地域の会合に参加。国政、県政、市政それぞれのカテゴリーの政治状況について、有権者を前にお話しさせていただく。ここにきて忘年会をはじめ沢山の会合に呼ばれるようになった。去年の今頃と比べると、大きな違いを感じる。20時、事務所にもどり県議会一般質問の準備。

 
by takinowa | 2007-11-23 21:22

07.11.22(木) 北海道釧路市・行政視察

 朝、昨日に続き-7℃。8:25、鈴木宗男釧路事務所・森豊秘書の運転で㈱弟子屈町振興公社の視察へ。10時、現地で土屋博専務から地域振興事業の詳細な説明を受ける。特に、摩周湖の自然を守るため、実験的に行われた「マイカー規制」について質問が集中した。また、公社展望台から見える摩周湖の景観には、研修参加者一同が息をのむ。私も二度目だが、まさに日本を代表する自然美に違いない。
 11時、弟子屈町を出て、山岳道路で峠を越え釧路市阿寒町へ。路面も完全凍結状態で、実にスリリングであった。少々怖かったが、地元の人の運転技術を信じるほかない。11:55、無事到着。商工会館内の会議室で、NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構・蔵根敏文専務理事から阿寒町の住民参加型まちづくりと観光振興についてお話を聞く。千葉県でもデスティネーション・キャンペーンなど観光に力を入れているが、大いに学ぶべき点があると感じた。研修終了後、森秘書推薦の阿寒湖畔にあるレストランで昼食。えぞ鹿ハンバーグステーキランチ(千円)を食す。鹿肉の濃厚な味と香りが実に美味であった。シチューやカレーにしてもきっと美味いに違いない。
 15時、釧路空港。研修中、大変お世話になった山崎泉帯広市議と森豊秘書には心から感謝、感謝である。また有意義な研修をサポート頂いた、鈴木宗男代議士にあらためて御礼を申し上げたい。人間関係の大事さ、有難さも感じた素晴らしい研修であった。空港内御土産店で、本日から発売再開の㈱石屋製菓「白い恋人」を購入。しっかりと反省し、北海道ブランドの復活を是非とも成し遂げていただきたい。 
 天候の関係で羽田到着が遅れ、17:25に視察団を解散。19:30、四街道で大野眞県議(印旛郡)と道東研修の反省会。十分な意見交換を行う。大野さんは以前のブログにも書いたが、印西の隣町、栄町長経験者。私の先輩でよい兄貴分でもある。いろいろと様々な課題について、いつも相談にのってくれる。
 24時過ぎに印西の自宅にもどる。だいぶ疲れたようである。恐らく今回の研修参加者は、皆充実感を感じて貰えたのではないかと思う。羽田で解散したとき、全員表情が明るかった。研修の企画者として少々嬉しくなるとともに、無事終了しホッとひと息である。
by takinowa | 2007-11-23 17:08

07.11.21(水) 北海道釧路市・行政視察

 帯広・9:21発のJR「特急おおぞら」で釧路に向かう。10:51、釧路駅着。改札で新党大地・鈴木宗男代議士秘書・森豊さんが出迎えに来てくれている。鈴木先生の御配慮で、森秘書が二日間アテンドしてくれることとなった。行政での研修以外は、全てお任せすることとなっている。森さんとは私が印西市議時代からの付き合いになるが、飾らない人柄で実に相性がいい。昼食は中心市街地にある「和商市場」で取ることとなった。名物の「勝手丼」を食す。この勝手丼はまず御飯(250g)と味噌汁(蟹)を購入し、あとは市場内の鮮魚店で魚介類の切り身等をその場でのせてもらって精算するシステムだ。秋刀魚、帆立、鮪、蟹足、イクラ、うに・・・をのせ1,350円。最高に美味で、実にユニーク。
 12:50、釧路市役所で研修。袖中居(そでなかい)広志議会事務局長に御挨拶し、調査事項の「釧路港港湾整備」、「漁業振興」、「環境行政」について関係各課から詳細な説明を受ける。15:50、役所での研修を終え市のバスで釧路湿原を現地視察。27,000㌶(印西市の5倍以上)にも及ぶ日本最大の湿原に感動する。北風が強く寒い(ハンパじゃなく)なかで、湿原保全の官民一体となった取り組みについてお話を聞く。16:50、役所前のプリンスホテルにイン。
 夜、森秘書も交え勉強会。道東の地域振興や政治状況等についてお話を聞く。実に有意義な研修となった。それにしても、鈴木代議士の人気は凄い。ひたすら感心である。
 ホテルでの勉強会終了後、中心市街地の栄町へ。炉辺焼き店等をハシゴして、最後に北海道四大ラーメン(釧路、札幌、函館、旭川)の一つ釧路ラーメンを食す。細麺であっさりした醤油味が美味。スープも飲み干した。いずれにしても、印西に戻って体重計に載るのが恐怖である。
by takinowa | 2007-11-23 16:21