<   2007年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

07.09.30(日) 佐藤優との勉強会

 0:40、帰宅。昨日、夕方から心友・佐藤優氏と東京国立市で勉強会。鈴木宗男著「闇権力の執行人」(講談社)、エドマンド・バーク著・水田洋訳「フランス革命についての省察」(中央公論社)をテキストに保守思想を学ぶ。また、「政局と国体」についても突っ込んだ意見交換ができた。
 安倍政権崩壊に対して、私からは「高い支持率の小泉政権後、安倍首相はどういう役割とキャラクターでまっとうすべきかをわきまえていなかった。自己の力量と個性の見極めが甘い」との分析を話した。佐藤からは政策に関し「安倍総理は新自由主義と公平配分(利益再分配)との間でどちらにもハンドルをきりそこね、小泉政権時代のような「劇場型政治」の手法も活用できず崩壊した」との分析を聞く。いずれにしろ、わが国の政治では新自由主義的傾斜配分路線と社民主義的公平配分路線とのバランス(平衡)が、政治理念や政策で模索されなければならない。さらに、マスコミの言葉遣いについても議論する。「ばらまき」、「改革」、「小泉劇場政治」・・・。定義付けもいい加減なまま、イメージだけを流通させるマスコミ自体が、まずもって改革の対象に違いない。「小泉劇場」の演出を担ったマスコミが、何を今さら「格差社会」や「小泉型劇場政治からの転換」を語る資格があるのだろうか。
 勉強会終了後、ロシア家庭料理・「スメターナ」(国立市東1-7-5 弥生ビルB1 042-574-2277)で夕食。最高に美味な料理を食し、ウオットカも相当量を摂取。是非、お勧めしたいしたい名店である。経営者の星野和子さんの人柄も実にアットホームでいい。
 佐藤の話では、11月に文庫版「国家の罠」(新潮社)が出版されるとのこと。そのなかで、文庫版解説(あとがき)に不肖私・滝田が登場するという。今から楽しみである。22時過ぎに国立を出て、印西へ。実に有意義な時を過ごすことができた。
 7時、起床。降雨で、印西市少年野球大会が順延となる。8:30、印西市役所で消防団幹部会議。9:30から分団部の機械器具庫点検。永治地区を担当する。12:30、終了し役所で会議。13:30、六軒の「ほまれラーメン」で反省会。消防団本部役員と意見交換。清酒を相当量摂取する。20時、帰宅。そろそろ休肝したいと思う今日この頃である。
 明日、いよいよ郵政が民営化される。このことについても、ブログ等でしっかりとした見解を述べていきたい。
(26,610)
by takinowa | 2007-09-30 07:45

07.09.29(土) 第24回印西市近隣女性ソフトボール大会

 8:15、小林駒形グランドで開催された第24回印西市近隣女性ソフトボール大会・開会式へ。私の後援会長の川村文雄氏が顧問をされている縁で、参加させて頂いた。始球式の大役も無事こなし、ゲームを観戦。鍛えられた選手たちの動きも良く、守備・打撃とも素晴らしかった。健闘を祈念しつつ、木下にもどる。
 午前中、事務所で仕事。
 本日は、午後から東京・国立市へ。心友の佐藤優氏と「政局と国体」というテーマで勉強会を行う予定。
by takinowa | 2007-09-29 13:35

07.09.28(金) 定例県議会本会議

 7:50、京成ホテル・ミラマーレで自民党県連青年局の勉強会。参院選後の情勢分析や活動方針等について意見交換。今後もアンテナを高くして、情報収集に努めたい。9:20、チェックアウト。徒歩で県庁へ。残暑が厳しく、相当汗をかく。
 10時、本会議。本日は公明党と日本共産党の代表質問が行われた。12時、流山市選出の武田正光県議とランチ。県庁近くのカフェでジャワカリーを食す。御互いのブログにリンクしあうことを約束。武田氏は私よりも10歳若いが、しっかりした考え方と行動力を持った立派な保守政治家である。今後とも同志的連帯を深めたい。12:50、自民党議員総会。15時、本会議終了。15:15、会派室で企業庁幹部より「長期事業収支見通し」及び「土地造成整備事業スケジュール」の説明を受ける。16時、県庁を出る。
 17:45、印西の事務所にもどり資料整理。かなり疲れた。
 ミャンマー情勢が緊迫化している。日本人記者を含む9名が死亡とのこと。邦人の死亡に関し、流れ弾に当たったという情報と至近距離から発砲を受けたというものと二つある。政府外務省はミャンマー政府に対し、真相究明をしっかりと要求すべきである。
 大相撲時津風部屋の弟子死亡事故について、様々な疑惑が報道されている。親方には国民・ファンの前で説明する義務がある。報道が真実とするならば、あってはならないことというよりも、明確な犯罪だ。横綱・朝青龍不在ながら、何とか9月場所を乗り切ったと思った矢先の不祥事で本当に情けない。
by takinowa | 2007-09-28 19:52

07.09.27(木) 定例県議会本会議・自民党代表質問

 8時に印西を出て、9時半過ぎに千葉県庁。9月定例県議会代表質問初日。午前中、自民党、午後に民主党が行われる。財政見通しや成田空港問題についての質疑。12時、来客の対応。12:20、自民党一期生の勉強会。本会議終了後、会派室で資料整理。17時、自民党県議有志の勉強会。講師に千葉銀行早川恒雄相談役をお招きし、「千葉県経済とグローバリズム」について学ぶ。金融市場のボーダレス化により、サブプライムローン問題など地球規模のリスク拡散が生じている実態を平易にお話しいただく。また、県内景気動向についても意見交換を行う。まことに有意義なセミナーであった。終了後、懇親会。
 21:30、京成ホテル・ミラマーレにチェックイン。読書して就寝。
  〈読んだ本〉
 関岡英之著「拒否できない日本」(文春新書)
by takinowa | 2007-09-28 18:51

07.09.26(水) 印西牧の原駅自由通路開通式典

 報道によると、昨日発足した福田内閣は「背水の陣」だそうである。閣僚の陣容を見ると、手堅い布陣に違いない。
 いずれにしても福田内閣には、地方、中小零細企業、農家といった弱者の目線に立った政策立案を期待するものである。これまで何度も申し述べていることだが、過剰な規制緩和や市場原理主義は社会を不安定にする可能性が高い。構造改革の幻想から醒め、そろそろ「改革を止めるな」などというスローガンを引っ込めるべきと私は思う。本来、自民党のスタイルである真正保守への回帰を願って止まない。
 こういった事を言うと、改革派から「古い自民党に帰るのか」とか「公共事業のばらまき体質の復活か」、「守旧派」といったレッテルが貼られる。しかしながら、分かりやすすぎる劇場型政治の言葉遣い(プロパガンダ)を反省しなければ、自民党の復活・再生はないと考える。とりもなおさず、一人区の惨敗をしっかりと総括すべきである。さもなくば、次の解散総選挙も厳しいものになるのではないだろうか。
 9:40、印西牧の原駅自由通路開通式典。市長、議長らとテープカットを行う。本日オープンのショッピングセンターで昼食会。13時、事務所で仕事。印西市商工会と連絡調整。
 16時、印西市役所で板橋健自民党支部長、松本多一郎政調会長、出山議長、山崎市長らと自民党県連移動政調会に関する打ち合わせ。
 18時、木下の柏屋さんで印西ロータリークラブ夜間例会。22時、帰宅。
by takinowa | 2007-09-26 23:24

07.09.25(火) 印西地区土木行政勉強会

 午前中、事務所で仕事。スタッフと政務調査広報活動についての打ち合わせ。12:15、白井市役所で石田議長と商工関係の意見交換。14時、事務所で資料整理。15時、印西市商工会事務局と打ち合わせ。16:30、事務所で会議。
 18時、木下で印旛地域整備センター幹部職員、印西市都市建設部幹部職員と土木行政に関する私的勉強会。15名が参加してくれる。しっかりとした人間関係も構築できた。21:30、木下東の割烹「雅」で懇親会。24時、帰宅。
by takinowa | 2007-09-26 00:20

07.09.24(月)

 自民党役員人事の骨格が決まった。伊吹幹事長、谷垣政調会長、二階総務会長、古賀選対委員長という衆院選を意識した実務型の布陣である。いよいよ明日閣僚も決定する。
 政治の世界は、男の妬み、やっかみ、嫉(そね)みの世界とよく言われる。ポストをめぐる様々なドラマが展開されていることだろう。国会、県会、市会・・・どのカテゴリーにも、役職に貪欲な方は存在するに違いない。
 午前中、政務調査の仕事で事務所。来客の対応。月刊現代10月号に「団塊世代・住みやすい街ランキングー全国805市区徹底調査」という興味深い特集が掲載されていた。その中で、「医療から見た住みやすい街」人口千人当たりの病床数ワースト4位に印西市がランキングされている。数字は0.4。トップの自治体が千代田区72.1、千葉県では鴨川市が42.7で全国10位であった。いずれにしても、印西は酷い数字だ。もし将来、250床程度の総合病院を印西市に誘致できれば、4.5程度には改善されるはず。千葉県への働きかけを強めていきたい。
 宮崎学著「右翼の言い分」(アスコム・1,600円)を読む。民族派右翼各団体の基本的な考え方を、十分学ぶことができた。著者も述べるとおり、デオドラント(無臭)な社会がはたして良い社会かどうか、保守の立場から疑問に感じる今日この頃である。
  〈週末読んだ本〉
 出井康博著「松下政経塾とは何か」(新潮新書)、室生犀星自選「室生犀星詩集」(岩波文庫)。
by takinowa | 2007-09-24 21:50

07.09.23(日) 秋分の日 / 福田康夫総裁誕生

 当初の予想通り、福田康夫元官房長官が自民党総裁に就任することとなった。麻生幹事長も197票と健闘を見せた。いよいよ週明けから、国会で小沢民主党との攻防が始まる。9/17付ブログにも書いたが、政局の焦点は解散時期であろう。早期の年内解散か、来春の予算成立後あるいは夏の洞爺湖サミット後かで情勢は大きく変わってくる。
 13時、和泉鳥見神社秋季例大祭へ。重要無形文化財・いなざき獅子舞の奉納を約二時間鑑賞する。数百年続く伝統の芸能であり、歴史の重みを感じさせて頂いた。伝承者の若者や地域の方々の御努力に心から敬意を表したい。印西地方には素晴らしい農村文化がいくつも残されている。各地域の獅子舞や御神楽、念仏踊りなど、恐らく首都圏では随一であろう。
 16:30、地元町内会、獅子舞伝承者の若者らと和泉会館で懇親会。清酒を相当量、御馳走になり地域の方々と談じ合う。また、山崎市長や永治地区選出市議の先生方からも、様々なお話しを聞く。本当に楽しい一時であった。板橋市議に送られ20:30、帰宅。
 かなりアルコールを摂取したため、母と家内に現地へ車を取りに行ってもらう。
by takinowa | 2007-09-24 10:22

07.09.22(土) 千葉日報・「県政にかける」

 午前中、御彼岸の御墓参りして、先祖の霊を供養する。墓地では地域のたくさんの方々とお目にかかり御挨拶する。それにしても「暑さ寒さも彼岸まで」とは言うものの、最高気温は32℃だったそうである。8月以降の猛暑は、異常気象、地球温暖化、ヒートアイランド・・・など様々な言葉との関連で語られている。
 午後、事務所で資料作成。9/21(昨日)付「千葉日報」特集記事「県政にかける」に、私の政策が掲載された。政務調査活動の一環として、広報資料を作成する。この資料をもとに、病院誘致問題など広く県民・市民の御意見を伺っていきたい。夕方、来客の対応。ここにきて、事務所への御客様が増えている。お一人お一人との人間関係を大事に、これからも政治(政務調査)を行っていきたいと思うものである。夜、会合。
 現在読書中の宮崎学著「右翼の言い分」に、故丸山真男教授の著作「現代政治の思想と行動」の一部抜粋が紹介されていた。丸山教授は、わが国の戦後進歩派を代表する政治学者である。取り上げられた書物は、私も三十年近く前に読んだ名著であり、本棚から捜してみた。その中で、丸山氏は右翼民族派の精神構造を次のように分析している。
①、一定の職業に持続的に従事する意志と能力の欠如---つまり市民生活のルーティンに耐える力の著しい不足。
②、ものへの没入よりも人的関係への関心。
③、不断に非日常的な冒険、破天荒な仕事を求める。
④、「仕事」の目的や意味より、過程で惹起される紛争や波瀾それ自体に興奮と興味を感じる。
⑤、私的な、あるいは特定の人的な義務感(仁義)が異常に発達。
・・・・・。
 この部分を読んで、私はハッキリ言って「ヤバい」と思った。ほとんどが当てはまっている。一歩誤れば、世間で言う「堅気」の範疇に入らない可能性も高い。自分は決して思想や行動において民族派右翼ではないが、丸山氏の分析によると精神構造の親和性が高いらしい。たしかに十九二十歳のころから、市民社会秩序に包摂されていくことへの抵抗感も強かった。 ただ、今も昔も丸山真男的な戦後進歩派的思想には反発を感じる。というよりも、プレモダンにとことんこだわり、これからも言論、政治活動を行いたいと考える。 〈 I am real conservative. 〉を正々堂々と宣言したい。
by takinowa | 2007-09-22 20:09

07.09.21(金) 9月定例県議会初日

 8時に自宅を出て、佐倉から特急「しおさい」で千葉へ。9:40、県議会自民党会派室で議員総会。10時、定例会本会議。堂本暁子知事の所信表明演説を聞く。
 13時、自民党一期生の勉強会。政務調査費の詳細について、議会事務局から説明を受ける。約二時間、使途基準と共通経費の按分に関する考え方を学ぶ。実に難しい。いずれにしても、透明性の確保と説明責任が大事である。
 17時、JRで成田経由木下にもどる。事務所で、議会中政治活動の日程調整。夜、読書。
by takinowa | 2007-09-21 20:29