<   2007年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

07.06.30(土)

 朝、6月定例会の資料整理。かなり膨大な分量となる。
 日中、市内で参院選地方区・立候補予定者石井準一氏、白須賀たかゆき氏及び比例区予定者大高まもる氏の支援者を廻る。年金問題、社会保険庁改革、農業問題他についてお話しする。責任政党である自民党への支持をあらためて訴える。
 17:50、木下地区・たきた後援会で県政報告会を行う。約40人もの支援者を前に、県政と地域の課題についてお話しする。会を組織して頂いた杉本昭夫会長をはじめ、関係者に深く感謝するものである。これからも千葉県と印西のため、滅私奉公の精神で頑張りたい。24:30、帰宅する。
by takinowa | 2007-06-30 10:01

07.06.29(金) 6月定例県議会最終日

 宮澤喜一元首相が、老衰のため八七歳で亡くなられた。心から御冥福をお祈りしたい。
 6月定例会最終日。10:40、事務所で自民党関係の書類整理。11:40、JR佐倉から県庁へ。12:40、自民党県議団議員総会。自民党県連の政務調査会人事が発表され、私は商工労働部会・副部会長に就任することとなった。
 13時、開会で議案審議。執行部提案の県職員の給与削減の条例(自公の修正案で、一般職職員の削減幅が1.5%から1.3%となる)、県立千葉中学(中高一貫教育モデル校)設置条例等が賛成多数で可決された。また、併せて議員報酬の3%カット、費用弁償の廃止(交通費実費支給へ)も自民党が提案し決まった。千葉県の厳しい財政事情を考えると、当然である。15:40、閉会後に自民党会派室で各種議員連盟の会合が行われた。詳しい県議会報告を、近日中に行いたい。 
 17時、千葉市内で会合に出席。多くの先輩・同僚議員と意見交換するとともに懇親を深める。特に、八街市選出で千葉県消防協会長の石井利孝県議には政治家としての心構えも含め、大いに学ばせて頂いた。有意義な会合であり、強い同志的連帯と自由な空気を感じる。これからも、責任を持った政治活動を行っていきたい。
 24時、佐倉駅から家内の迎えで帰る。24:40、帰宅。今日も、無事終わった。明日明後日は、いよいよ消防モードに入る。
 
 
by takinowa | 2007-06-30 09:33

07.06.28(木)

 本日は県議会休会日で、一日事務所にて作業と資料整理。ここしばらくのことを反省し、じっくりと考えることができた。
 昨年8月の補欠選挙での落選は、私にとって本当に勉強になった。というよりも、落選していろいろなことが見えてきた。とくに、毎年三万人を超える自殺者について。まじめにこつこつと頑張ってきたにもかかわらず、会社を倒産させ自殺する中小企業の社長さんたちの絶望が実感として分かるようになった。人間、順風満帆(じゅんぷうまんぱん)のときは、たくさんの人が寄ってくる。しかし、どん底の時に、手を差し伸べてくれる人はほとんどいない。私は経営者としての倒産経験はないが、政治家として落選を経験した。正直、人生をゼロにして「このまま、この世からひっそりと消え去ってしまいたい」と弱気になったりもした。そのくらい深い絶望であった。そんなとき、私を支えてくれたのは家族や地域の志ある支援者だ。あらためて、人の心と情(なさけ)の有難さを思うものである。また、市議二期8年で、それなりの仕事と実績を残したという「自信」が過剰となり、驕りになっていたと反省もしている。我欲を捨て謙虚に、人間関係を大事に政治を行っていきたい。
 この世の中には私欲を捨てて、公の精神で社会に奉仕している方々がいる。私も地元で、そのような多くの方とお付き合いしている。黙々と社会奉仕している。自己の地位や名声のためにではなく、地域住民や社会的弱者という他者のために大切な時間と労力を割いている。こういう人たちは本当にイデオロギーを超えて頭の下がる思いである。
 何度も繰り返し言うが、戦後の日本人はおかしくなっている。世の中にものがあふれ、物質的な豊かさも世界最高水準となったが、精神的には貧しくなってきている。私はこのことを、「精神の絶対的窮乏化」と言っている。行き過ぎた個人主義の影響で、自分さえよければそれで良いという連中が増えており、本当に情けない。昨今の米国的な新自由主義(ネオリベラリズム)は、その極致である。日本は絶対に、弱肉強食社会には馴染まないと考える。以上のような問題意識で、私は県議会の一般質問「地域経済活性化について」を行った。
 いずれにしても、我欲を捨てて、地域の共同体を大事にし、周りの人々とともに利益を分かち合うのが、本来の日本人である。原点に立ち返らなければならないと私は考える。(このことについては、私のHP・政治理念の「保守主義」、「共同体主義」、「大衆民主主義批判」、「ケインズ主義」に詳細が書かれておりますので御覧ください。)
 明日は、県議会定例会最終日。参院選を前に様々な動きも出てきそうだ。
by takinowa | 2007-06-28 20:25

07.06.27(水)

 9:15、京成ホテル・ミラマーレをチェックアウト。7,600円を私費で支払う。朝から、相当暑い。9:30、県庁内で情報収集。
 11:30、印西に戻り健康診断。昨夜は、お酒を少々控えめにした。12:40、家内と浦部の「白井飯店」で昼食。タンメンと餃子を食す。スープが美味であった。
 午後、地元の商店街でお話を伺う。経済企画庁・景況判断と、地域経済の現場との認識のズレを痛感する。今後、経済産業省、千葉県商工労働部及び印西市産業振興課に、私の考え方をしっかりと伝えていきたい。やはり、規制は必要だ!と。このことについては、どなたとも議論・論争をおこなうつもりであるので、宜しくお願いしたい。
 18時、木下の柏屋で印西ロータリークラブの例会。年度末(印西ロータリーでは、6月末が年度末)の例会で、大村豊樹会長の涙の挨拶に、一同胸を打たれる。たくさんの方々と懇親する。23時、帰宅。
 米下院外交委員会は26日、日本政府に対し、「従軍慰安婦問題への謝罪」を求める決議案を39-2の民主・共和両党の賛成多数で可決した。「なぜ、謝らぬ」、「日本はナチスと同じ」との発言があったそうだ。新聞報道を読んで悔し涙が出た。以前、このブログで書いた「マネー敗戦」と同様、「外交敗戦」である。「日米同盟・日米基軸」、「ロンー康」関係、「小泉ーブッシュ」関係・・・。これらの言葉が空しく響く。国家存立と主権の根幹は、外交と国防である。一体、この国はどこへ流れていくのだろうか。
by takinowa | 2007-06-27 23:15

07.06.26(火) 商工労働企業常任委員会

 朝、体調不良。少々寝坊した。家内に、佐倉駅まで送ってもらい「特急・あやめ」で千葉へ。9:50、登庁。10:05、商工労働企業常任委員会。議案審査等を行い、14:25に閉会。15時から、千葉市花見川区にある鉄工工業団地を、臼井正一委員長、商工労働部、県企業庁幹部職員らとともに視察。国・県の高度化事業や中小企業育成・振興の状況を調査研究する。日本経済を、根底から支えるのは「もの作り」であると実感。応援したい。
 17:50、商工労働部、県企業庁のたくさんの職員と意見交換会。
 諸般の事情で、本日は県庁近くに宿泊することとなる。
by takinowa | 2007-06-26 20:55

07.06.25(月) 初登壇・一般質問 / 佐藤優・大宅壮一賞パーティ

 自分の人生で、今日は思い出深い一日となった。家族をはじめ、これまで御世話になった方々に心から感謝したい。もちろん、このブログを読んで頂いている皆様にも、御礼申し上げたい。時系列で、一日を振り返ることとする。
 8:10、故大野克己元県議の自宅で御挨拶。本日、県議会で初の一般質問を行うことを報告する。この一年間のことを、しみじみと思い出す。大野県議からは「がんばれ!」との心の言葉を頂戴した。9:25、登庁。自民党の同僚議員と意見交換。10時から本会議。12:15、一般質問の傍聴に駆けつけて頂いた千葉県教育委員長を務められた吉岡元印旛村長、印旛高同窓会長の松本一正さんらを出迎える。議会棟B1の食堂で、昼食。カレーライスを食す。いよいよ、私のデビュー戦も近づいてきた。不思議と全く緊張しない。苦しかったこれまでを振り返ると、むしろ幸せな気分であった。
 13:50、一般質問のため登壇。冒頭で以下の内容を発言する。
 「(略)千葉県はよく、日本の縮図であると耳にします。・・・(略)印西市も同様に千葉県の縮図と言われております。・・・(略)そういった観点から、印西と北総地域が良くなれば、千葉県も良くなる。千葉県が良くなれば、日本も良くなるという連立方程式をしっかりと作っていきたい。」と申し上げた。議場で、自民党を中心に大きな拍手を頂戴し、感激する。
 14:45、終了。質疑の詳細については、近日中にHPで公開したい。同僚や先輩からも、「よかったぁ!」と評価してもらい、心の中で密かにガッツポーズする。14:55、印旛高同窓会役員と県教育庁へ挨拶。16:10、閉会。16:20、自民党県議団議員総会。
 18:10、日比谷の帝国ホテルへ。心友・佐藤優が「自壊する帝国」(06年・新潮社)で受賞した第38回大宅壮一ノンフィクション賞(文藝春秋社)授賞パーティに出席。会場の「富士の間」は、千人ほどの招待客で満杯状態。立花隆氏からの選評のあと、本人のスピーチ。浅田次郎氏、柳田邦男氏、猪瀬直樹氏ほか論壇・文壇、政財界の超有名VIPの顔も多数見える。当然、鈴木宗男さんも・・・。20:10、お開き。
 新潮社・伊藤幸人部長の音頭で、身内で二次会。いつもの有楽町ニュートーキョーで祝杯。大宅賞は、芥川賞、直木賞と並ぶ、まさに我が国活字文化における最高の賞だ。これで、一昨年の「国家の罠」(新潮社)で毎日出版文化賞、昨年の「自壊する帝国」新潮ドキュメント賞に続き三年連続の快挙となった。論壇の「佐藤優・現象」は、果たしてどこまで続くのであろうか。心から楽しい酒を満喫する。
 今日は、本当に素晴らしい日であった。神様・仏様に感謝。24:20、上野~我孫子経由の成田線終電で帰宅。
by takinowa | 2007-06-26 01:01

07.06.24(日) 自民党青年局街頭行動・印西市

 8:30、自宅を出て山武市へ。山武の森文化ホールで行われた「大高まもる・総決起集会」へ。10時に開会。地元の支援者ら約400人で会場は満席。本人の気合の入った演説で、涙を流す人もいた。私も感動した。心から応援したい。12時、閉会。
 13:30、いったん自宅に戻る。14:50、ニュータウンで自民党青年局の全国一斉街頭行動。阿井県議(山武郡)、大野県議(印旛郡)、西田県議(佐倉市)らとジョイフル本田前など三か所で演説を行う。社会保険庁改革、外交問題、地球温暖化対策問題等についてお話しさせていただく。地元ということもあり、たくさんの方から手を振っていただいた。心から感謝したい。
 いよいよ明日14時(午後二人目)から、私の一般質問。気合いを入れて、真剣勝負に臨みたい。(質問内容については、6/19(火)のブログを御覧ください)
 
by takinowa | 2007-06-24 18:17

07.06.23(土)

 午前中、参院選関係の打ち合わせで市内を廻る。12:30から大リーグ観戦。
 レッドソックスの松坂大輔投手がパドレス戦で先発し、6回を投げ初回の一失点で9勝目をあげた。名投手マダックスに投げ勝ったことは大きい。中継ぎの岡島投手も好投を見せ、久々に質の高い投手戦を見た感じである。
 午後、事務所で資料整理。
 18時、本年4月に発足した市消防団女性部との意見交換会に岩井団長、川上副団長らと参加。皆、志も高く頼もしい限りだ。十数人の部員の元気に圧倒される。間違いなく女性の時代の到来である。
 21:30、事務所で一般質問の準備。
by takinowa | 2007-06-24 17:49

07.06.22(金)

 道路が空いていたため約一時間で9:10、県庁に到着。9:45、自民党県議団議員総会。10時から本会議。五人の県議の一般質問と質疑が行われる。県内各地の諸問題が取り上げられ勉強になった。12:50、遺族会支援議員連盟の総会。16時、閉会。16:20、国道16号バイパスの概要の説明会。野田から利根川ルート~印西に決定した経緯について、執行部の話を聞く。18:30、印西に戻る。
 午後から、雨が降り出す。やっと梅雨らしくなってきたと思ったら、明日には晴れるそうだ。各地の水不足が心配である。
 今夜も、事務所で一般質問の準備。内容を精査する。
by takinowa | 2007-06-22 19:04

07.06.21(木)

 9:10、登庁。自民党広報本部の打ち合わせ。9:45、議員総会。朝から慌ただしい。
 10:05、本会議。一般質問の質疑が行われる。12時、田久保議長と一期生の懇談会。16:30、閉会。17:55、事務所で自民党印西支部・滝田後援会合同の会議。たくさんの同志が、急な呼びかけにもかかわらず集まってくれる。これからも人と人との絆、人間関係を大事にしていきたい。終了後、25日に予定されている一般質問の準備。このひと月、県庁や印西市で情報収集した事の集大成だ。四百字詰め原稿用紙で概ね二十五枚程度にまとめる。気が付けば、25:10。夕食も食べていない。選挙が終わってからも、何だかずっと走り続けているようだ。時間の経過が早く感じられる。明日の朝も六時起きなので、早く帰って風呂に入り寝ることとする。
by takinowa | 2007-06-22 01:21