<   2006年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

06.10.31(火)

 熱も下がり、今日から社会復帰。6:20、木下駅頭に立つ。朝の冷え込みもなく、心地よい。8時、自宅で朝食。午前中、会社の仕事。13:30、柏屋で天ぷら蕎麦(930円)を食す。午後、資料整理とメールの返事を書く。
 市内の方から「ラグビーロマン読みましたよ。感激しました。教育者としての岡教授は最高です。印西での県ラグビー祭は、岡教授の尽力で始まったのですね。滝田さんと岡教授とのエピソードも面白かった。」との内容のメールを頂き、嬉しくなる。素晴らしい本なので、是非皆様にも読んで頂きたい。発売一ヶ月で第二刷となり、売行きも好調とのこと。
 16時、木下方面。17時、NTの店で仕事。従業員を激励する。19時、NT中央駅。恐らく私のブログを読んで頂いている方から、「寒いからあまり無理しないでください」と声をかけられ、感激する。人の情、優しさが心に沁みてくる。22時、帰宅。夕食にカレーライス。明日からいよいよ11月。全力で頑張ろう。
(9,630)
by takinowa | 2006-10-31 23:17

06.10.30(月)

 朝、体温が38度程あり静養することとする。無理をして、回復が遅れては仕方がない。食後に薬を飲み、布団で寝ていると汗をかき昼過ぎには37度前後まで下がった。だいぶ楽になる。
 午前中、佐伯啓思著「20世紀とは何だったのか」(PHP新書・740円)を読む。非常に読み応えのある本だ。自由主義、社会主義、全体主義が20世紀で担った意味を、佐伯教授の歴史観と独自の視点で明らかにしている。さらに、現代文明の根底にあるニヒリズムとアメリカ文明の関係、高度大衆社会の本質と危うさが分かりやすく提示されていた。佐伯教授は、私滝田敏幸の政治哲学にもっとも影響を与えた学者の一人である。まさに、現代日本を代表する真正の保守思想家だ。ただ残念なのは、保守系の人々の間で佐伯氏の認知度はあまりに低い。どうしても、テレビに出演するような学者や評論家の話に皆なびいてしまう。
 午後、自宅で資料整理と電話がけ。17時頃から再び静養する。
by takinowa | 2006-10-30 22:22

06.10.29(日)

 ここ数日、体調が悪く風邪の諸症状が出始めている。8:50、厳島神社で土木関係の勤労奉仕。11/11鳳谷五郎・顕彰碑記念式典に向け、基盤整備が着々と進んでいる。地元建設関係者、役所職員らのボランティアにも頭が下がる。13時、昼食を神社拝殿でとる。香取屋のカツ丼(750円)。約一日仕事となった。仕事が終わり、地元の方々と舟で水辺の状況を視察。 
 15時、帰宅。少々の肉体労働で、汗をかき体が冷える。悪寒がし始める。39度の高熱の為、仕事に行くのを止め自宅で静養する。明日からも忙しいので、気合を入れて体調を整えたい。
by takinowa | 2006-10-29 19:13

06.10.28(土)

 高校の指導要領、必修科目逃れが大問題となっている。全国で400校を超えたもようだ。私は、このことが騒ぎになるまで知らなかったが、現在高校のカリキュラムでは世界史が必修で日本史や地理、政治経済、倫理社会は選択科目となっているらしい。かなり驚いている。というのは、日本の高等学校で国史(日本史)が必修でなく選択科目になっていることに対してである。私が高校時代、世界史、日本史、地理、政経、倫社は必修であった。私は受験科目として世界史を選択したが、日本史が必修でないなどということは信じられない。こんなことでは、井伊直弼や吉田松陰を知らずに政治家になるような方が増えるのではないかと心配である。正直、非常に怖いことだ。やはり、日本史は国民の常識でなければならない。
 8:30、地域で鳳谷五郎顕彰碑建立の寄付集め。午前中、資料整理。12:30、自宅で蟹ピラフのランチ。14:20、NTの店で会社の仕事。19時、NTの支援者、自民党青年部合同の懇親会。14名の方に集まっていただく。22:50、帰宅。
by takinowa | 2006-10-29 00:07

06.10.27(金)

 佐伯啓思著「人間は進歩してきたのか」(PHP新書・740円)を読む。京都大学での佐伯教授の一般教養科目の講義をまとめたものであるが、なかなかレベルが高い。単なる教科書的書物ではない。ホッブズ、ルソー、カルヴァン、ウェ-バー、ニーチェなど、西洋思想を問い直し、現代文明の危うさをを浮き彫りにしている。推薦したい一冊である。
 6:30、小林駅。8:40、自宅で朝食。午前中、会社の仕事。午後、来客の応対。16時、NTの店。18:40、NT牧の原方面。妻と食事をして22:30に帰宅。
 高校の必修逃れが広がりを見せている。35都道府県、224校にのぼるという。問題の根の深さを感じる。
by takinowa | 2006-10-28 00:06

06.10.26(木)

 午前中、会社の仕事。午後、市内を廻る。16時、NTの店へ。18:30、NT中央駅。22:10、帰宅。
 全国各地の高校で、文部科学省の履修要領を無視したカリキュラム編成が行われ問題となっている。それも進学校に多いという。受験科目に重点を置いたとのことであるが、ルールはルールとしてしっかりと守っていただきたい。
 北海道日本ハムが中日を4勝1敗で破り、44年ぶりに日本シリーズを制覇した。まさに、千両役者・新庄効果であろう。近年、甲子園での駒大苫小牧高の活躍といい、北海道勢の躍進が著しい。野球界にとっては良いことだ。来年は是非、巨人にも頑張ってもらいたい。
by takinowa | 2006-10-26 23:18

06.10.25(水) 佐藤優控訴審・第9回公判

 6:30、印西牧の原駅。朝、西風がまだ強く肌寒い。昨日の大荒れの天候により、鹿島港沖で大型貨物船が座礁とのニュースに驚く。8:40、自宅で朝食。おにぎり2個と山菜蕎麦。10時、商工会で市街地活性化実行委員会。役所から小窪主幹や産業課職員にも出席いただく。印西ブランドの地場産品ということで、現在地酒開発を研究中である。酒々井からお越しいただいた㈱飯沼本家の担当者から話を伺うとともに意見交換。11:30、一旦自宅に戻る。
 12:07、木下発で霞ヶ関へ。13:40、佐藤優控訴審・第9回公判の傍聴。東京高裁803号法廷に報道関係者も含め、約40名程の人が集まる。検察側から被告人への尋問が行われ、緊張した空気が漂う。二つの容疑(背任、偽計業務妨害)に対し、本人はきっぱりと否定。とくに、検察官から「あなたは、北方領土返還交渉や日露平和条約、情報といった国家的仕事をしていくなかで、小さな違反は仕方がないと考えていたのではないか」と問われ、「そのようなことは、一切ない」と答えた。また「公務員として、法律の範囲内で仕事をしてきた」とも述べた。外務事務次官、条約局長、欧亜局長ら当時の外務省最高幹部が決裁した職務で彼は罪に問われている。鈴木宗男官房副長官からの圧力で決裁がネジ曲げられたというのが、検察側の主張である。いよいよ、本日の公判で事実審理は終了し、次回12/13に最終弁論で結審。1/31に判決となった。公正なる判決を期待したい。
 閉廷後、私のHPを見て印西のニュータウンから傍聴に来られていた女性から声を掛けられる。「選挙残念でした。頑張ってください」と言われ、ひたすら感謝。16:30、有楽町ニュートーキョーで反省会。たくさんの関係者が集まる。18:30、鹿児島県物産館「遊楽館」で二次会。黒豚のしゃぶしゃぶ、きびなご、薩摩揚げ、芋焼酎が美味であった。マスコミや出版関係者らと政治経済情勢について意見交換。大いに学ばせていただく。20:30、上野で岡山県の高梁教会牧師・八木橋康弘さんと意見交換。24:20、帰宅。
by takinowa | 2006-10-25 11:41

06.10.24(火)

 朝から土砂降りで強風。最悪のコンデションで6:30、NT中央駅。通勤・通学の皆様も大変である。8:40、木下のスキヤで朝定食(370円)。午前中、会社の仕事。午後、資料整理。16時、草深へ。自民党櫻井秀雄支部長と青年局の活動等について意見交換。17:15、NTの店へ。18:50、NT中央駅頭に立つも、風雨が強まり19:30に中止。駅前の王将で妻と夕食。天津飯・餃子定食(880円)を食す。20:30、帰宅する。今日は天候も最悪で散々な一日であった。
 福島県の佐藤前知事が東京地検によって逮捕された。前知事は5期目とのことである。知事にしろ市町村長にしろ自治体の首長は、大統領制に近い。長期政権は権力の腐敗を招く可能性が高くなり、議会の監視・チェック機能も問われよう。捜査の推移を見守りたい。
by takinowa | 2006-10-24 20:59

06.10.23(月)

 6:30、木下駅。今日は一日雨降りで肌寒いとのこと。8:20、自宅で朝食。午前中、地域を廻る。午後、事務所で資料整理。16:50、小林で打ち合わせ。レストラン・モンシェリーでカキフライ定食(千円)を食す。18:50、NT中央方面。22:10、帰宅。一日がアッという間に過ぎていく。ハイデッガーの言う「限界状況」という言葉が思い浮かぶ。毎日毎日、しっかりと頑張っていきたい。
 神奈川と大阪の衆院議員補選で二議席とも自民党が勝利。北朝鮮問題への迅速な対応。中・韓との首脳会談の実現。安倍内閣の誕生以来、外交で手堅くポイントを重ねた結果であろう。選挙に強いという小沢神話に翳りとの報道もあった。お互いの正念場は、来月の福島と沖縄の県知事選だ。
(9,321)
by takinowa | 2006-10-23 22:51

06.10.22(日)

 8:30、昨日に続き鳳谷五郎顕彰碑建立のための寄付集めで地域を廻る。9:50、印西よかっぺ夢まつり会場の中央公民館へ。川めぐりの案内役を一日務める。100人を越える御客様に、小さな舟旅を楽しんでいただけた。日中は天気もよく、ストリートイベントには最高の日和。街中を歩く人も多い。私もこれから、地道な活動をしていきたい。夕方から小雨。19時からの花火でフィナーレを迎える。19:30、帰宅。少々、疲れる。
by takinowa | 2006-10-22 19:46