<   2006年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

06.04.30(日)

 朝、吉野で頂いた研修資料を読み直す。政治家にとって、歴史感覚の大切さを感じた。以前、市議会の研修先で興味深い?やりとりがあったので紹介したい。
小川議員「彦根城って井伊直弼のお城ですよね?」、
滝田議員「そーだよ。桜田門外の変かぁ」、
○○議員「誰?その人?」、
小川議員「エッツ(・.・)?・・・?嘘でしょ?それじゃ吉田松陰とかは知ってますよね?」、
○○議員「(大学)入試、日本史じゃなかったから知らないっ!!」、
滝田・小川「(・。・)・・・」(沈黙し顔を見合う)
冗談と思うかもしれないが実話である。正直、恐かった。
 午前中、資料整理。9時、NHK「日曜討論」を見る。評論家の田中直毅氏と北大教授・山口二郎氏の討論は面白かった。小泉改革の評価を巡るものであったが、田中氏はまさにポチだ。誰が聞いても山口氏の意見に説得力があると思う。12時、筍御飯で昼食。12:50、イオンへ。夕方から市場調査へ。21時、帰宅。
(2,285)
 
by takinowa | 2006-04-30 21:57

06.04.28(金)29(土) 吉野研修報告

  4/28(金)
 朝、少々二日酔い気味。9時、出発。今日から一泊で吉野へ研修に行く。ニュータウン中央発の北総線で東京駅へ。それにしても研修参加メンバーが凄い?!。元労働大臣で参議院の首領(ドン)と呼ばれた村上正邦さん、鈴木宗男代議士、小山博史さん(社会福祉法人・彩グループ元代表)、佐藤優(外務省)さんとかなり濃い顔ぶれだ。佐藤が冗談半分で言う。「今回のメンバーで前科・前歴がないのは、滝田さんだけだな」と。しかし、私に言わせれば四人とも“大いなる常識人”であるとともに、高い見識と志を持たれている方々だ。12:53、京都駅着。13:20、近鉄特急に乗り換え15:30、吉野神宮口着。天気も良く、深山幽谷の聖なる空気が漂っているようだ。駅には、新党日本の滝実(たきまこと)代議士事務所の方が迎えに来られていた。二日間アテンドしていただくことになっており、本当に感謝したい。滝先生は昨年の郵政選挙で自民党から刺客を立てられたが、見事に当選。これまで奈良県副知事、消防庁長官を務められるなど国会議員の中でもピカイチの政策通であり、又信念の人だ。
 到着し、まず最初に向かったのが後醍醐天皇陵がある如意輪寺。宮内庁の許可を得て御陵に正式参拝。後醍醐天皇陵は、全御陵の中で唯一北向き(京都方向)だそうである。建武の中興という偉業を成し遂げながら、吉野に追われた無念。そして再起を図る決意といったものが、670年の時を越えて感じられるようだった。続いて、南朝皇居・吉水神社を正式参拝。非公開の後醍醐天皇「玉座の間」を特別に見学させて頂く。心が震えるような感激。まさに南北朝時代、吉野は我が国の首都であったのだ。5万の北朝軍に攻められるも、三千の軍勢で立ち向かった南朝側。恐らく山伏が中心であったのだろう。楠木正成、正行、北畠親房をはじめとする武将の無念さも伝わってきた。続いて金峯山寺(蔵王堂)を参拝。修験道の古式にのっとり、護摩を焚いて頂く。世界遺産である吉野・熊野山岳信仰の中心であり、日本仏教の基礎体力の強さを感じた。行程中、一行はTV朝日とプレスの取材を受けていたが、恐らく加工されワイドショーかなにかで放送されるのであろう。それにしても、マスコミの鈴木先生に対する注目度は高い。それも、4年前とは正反対できわめて好意的だ。
 18:15、宿坊・竹林院群芳園に入る。天皇陛下もお泊まりになる宿で非常に格式が高いそうだ。昨日は亀井静香さんも宿泊されたという。夜、滝先生の後援会幹部の方々と夕食会。メンバーがメンバーなだけに相当盛り上がる。私も千葉7区補選や印西の話をさせて頂く。21時、宿泊者で大浴場へ。裸の付き合いとはいいものだ。深夜にかけて部屋で二次会。政治談義等で楽しく時間が過ぎる。同時に、本当の政治の勉強ができた。25時、就寝。
  4/29(土・みどりの日)
 6:30、起床。鈴木先生は網走での結婚式出席のため、5時過ぎには宿を出られており、私も佐藤も全く気が付かずお見送りもできなかった。部屋で佐藤と久しぶりにしみじみ話す。
佐藤「本当に今まで世話になって助かった。ありがとう」
滝田「再起の切っ掛けになれて嬉しいよ。若い頃の借りを少しづつ返しているだけだから。」
佐藤「あんな事(逮捕)があったから、滝田とこんな風に旅ができるようになったのかもしれないな」
滝田「そうだね。でもあのまんま外務省でやり続けたら寿命縮めていたぜ。」
佐藤「う~ん。多分そうかもしれないな。」
滝田「それにしても外務省は大変な役所だな。印西の役所の方がまだ健全かもしれないね。とにかく、公判がんばろうぜ。」
 7時、全員で朝食。8時から御陵をお参り。8:30、吉野神宮を正式参拝。9:46、吉野駅へ。二日間、滝代議士に全てアテンドして頂き心から感謝。11:50、新幹線で東京へ。昼食は、吉野の名物弁当「柿の葉寿司」(1,200円)。村上先生も小山さんも本当にいい人で、会話も弾んだ。14:30、東京駅で解散。強行な日程であったが良い研修であった。政治を志した者として、歴史感覚は命だ。16:30、帰宅。少し休憩し、20時過ぎにイオンへ。会社の仕事も手は抜けない。
 
by takinowa | 2006-04-29 19:18

06.04.28(金)

 明日の日記参照。
by takinowa | 2006-04-28 10:52

06.04.27(木)

 7:20、起床。昨日のアルコールが少々体内に残っている。午前中、自宅と木下本店で会社の業務。12:40、市役所会派室で資料整理。
 13:25、廃棄物減量化推進審議会に出席。粗大ゴミ有料化等を検討。
 終了後、農業委員会岡田誠一会長と意見交換。15:50、ふれあい推進課で板倉課長、佐瀬市民経済部長らと打ち合わせ。
 16:20、ニュータウンの店へ。17:55、市民経済部歓送迎会の為、高橋食堂へ。かなりアルコールを摂取。21:40頃、帰宅。そのままダウン。明日から一泊で奈良吉野にプライベートの研修に出掛ける。
by takinowa | 2006-04-28 05:36

06.04.26(水)・佐藤優控訴審第三回公判

 6:30、起床。少し興奮している。今日は佐藤優第二審公判でも山場となる鈴木宗男代議士の証人尋問が行われる。佐藤が逮捕されてまる四年になるが、この間のいろいろなことが思い出される。9:30、商工会。9:50、ニュータウンの店で会社の業務。11:00、北総線で米井重行(大野克己後援会青年部長)さんとともに東京へ。12:20、霞ヶ関の東京高裁で小川義人議員と合流。小川さんには昨年5月、市文化ホールで行われた佐藤優講演会で実行委員を務めて頂いている。東京高裁向かいの警視庁には、耐震強度偽装関係の逮捕者が連行されるということでマスコミ関係者が黒山の人だかりとなっている。何やら騒然とした状況だ。12:35、弁護士会館地下レストラン街で昼食。串カツ定食(945円)を食す。内容の割に若干高めである。
 13:30、開廷。傍聴席はマスコミ関係者も含め超満員。高裁では異例のことだ。証人の鈴木先生が登場し、緊張感が高まる。約3時間、弁護側の証人尋問が行われる。背任、偽計の検察側調書の内容を、詳細にわたり弁護側が質問。鈴木先生は、明快にかつ丁寧に答えられた。佐藤がいかに橋本、小渕、森歴代内閣の特命で業務を遂行してきたかが明らかとなる。第一審とは空気が違ってきていると感じた。(内容は鈴木宗男さんのブログを読んで頂きたい)16:45、閉廷。裁判所前で鈴木先生、佐藤をTV各社、プレスなど約30人程のマスコミ関係者が囲み即席の記者会見。外交や検察のあり方といった国家の本質に関わることだけに、メディァの関心も高いようだ。
 17:20、有楽町のニュートウキョーへ。関係者の食事会。一緒に行った米井さん、小川さんも当初少し遠慮気味だったが、アルコールが入りうち解ける。毎回この食事会はTV、新聞、雑誌などマスコミ関係者や芸術家、学者、会社員など様々な人が集まり、自由な異業種交流の場となる。私もジョッキ(700ミリ㍑)を4~5杯飲んだだろうか、すっかり気分が良くなる。
 22:00頃、東銀座から北総線で印西へ。私も米井さんも相当飲んだが、酔っての電車は辛いものがある。22:40、イオンに寄ってから帰宅。今日も色々あったが有意義な一日であった。
by takinowa | 2006-04-27 08:47

06.04.25(火)

 朝から千葉7区の補選結果について報道されている。もし私が7区の自民党員であったなら、選挙運動には関わらなかったであろう。いずれにしろ落下傘は良くない。昨夏の衆院選で識者は、自民党の落下傘候補を肯定的に評価した。その内容は「英国並みの政党本位の選挙が行われた」とか「地域としがらみがなく、利権誘導型政治との決別」といったものであった。開いた口が塞がらないとはまさにこのことだ。正直に言おう。今の自民党のやり方、すなわち「上で決めたことに全て従え」といった考えには反対だ。郵政民営化への少数意見や反対者を除名するなどということは、あってはならないことだ。よく大統領型という例えを耳にするが、下手をすれば総書記型(将軍様系?)になりかねない。
 8:30から自宅で舟運事業助成金の申請書類を作成。簡単に考えていたが、文章等をまとめるのに時間がかかる。11:20、終了。11:30、昼食(豚カツ、八宝菜、ポテトサラダ)。12:20、千葉銀で会社の決済業務。
 13:30、市役所へ。寒気が流れ込み、天候も荒れ模様となる。降雹の可能性もあり、少し心配する。産業振興課長の半田さんと打ち合わせ。産官学共同センター、産直センター等の話をする。14:40、天候も回復。ニュータウンの某事業所へ。午前中に作成した助成金申請書を提出する。担当者からいくつか質問を受けたので、丁寧に答える。6/3に公開審査が行われるとのこと。
 15:10、ニュータウンの店へ。会社の業務。17:50、町内の旦那が亡くなられたので焼香に伺う。18:30、一旦帰宅しブログを書く。19:30、再びニュータウンへ。イオンの軽食コーナーで夕食(讃岐うどん315円)。今日は肌寒かったせいで、売上もイマイチである。22:40、帰宅。明日は、佐藤優の第二審公判。鈴木宗男さんが法廷に立つ。どのような裁判になるか注目である。
 今日は福知山線の列車脱線事故からちょうど一年との報道。この事故は、効率第一主義や利潤追求といった資本の論理がもたらした悲劇といえよう。まさに「官から民へ」という言葉の危うさを感じるものである。
 
by takinowa | 2006-04-25 19:03

06.04.24(月)

 昨日の千葉県7区補選で民主党が勝利した。朝から新聞、テレビなどマスコミも大騒ぎである。私に入ってくる情報によると、どうも地元の自民党は相当シラケていたようだ。いずれにしろ、細かい選挙分析や政局の予想はどうでもいい。昨夏からの国政におけるドタバタは、まさに国民不在としか言いようがなく情けないと思う。 
 9:05、印西水郷ネット・久保田事務局長と舟運事業の打ち合わせ。国土交通省の事業認可を受けるため、いくつかハードルを越えなければならない。とくに乗船者への傷害保険が事業者に義務づけられ、コスト的にもばかにならない。とにかく走りながら考えることが大切だ。自分もできるだけのことはしたい。10時、商工会へ。加瀬指導員、大塚隆一さん、久保田さんらと市街地活性化研究会の今年度事業を確認。
 11:30、木下本店へ。13:05、ニュータウンの店へ。マックで昼食(Wチーズバーガーセット・560円)。14:20、市役所へ。スポーツ振興室で金子宏美さんと打ち合わせ。15時、ラグビー祭実行委員会に出席。生スポ山口課長、県協会夏目理事長、湯原透さんらと役割分担など詳細を詰める。17:05、終了。17:25、再びニュータウンへ。今日もあちこち忙しい。19:15、帰宅して資料整理。20:30、自宅で夕食。讃岐うどんと天ぷら。
 在日米軍の沖縄本島からグアムへの移転費用1兆1千億円。その59%にあたる6,760億円を日本政府が負担するという。一体この国の主権は何処へ行ったのだろう。移転はあくまでも米国の世界戦略の一環である。これまで思いやり予算やイラク派兵、インド洋での給油などいくら税金が使われているかわからない。「日本は米国の51番目の州になればいい」と考えている親米ポチが政治家や官僚方面で増殖しているのだろう。
by takinowa | 2006-04-24 19:32

06.04.23(日) 千葉県ラグビー協会総会

 6:50、起床。今日も一日忙しい。8:50、天台の千葉県スポーツ科学センターへ。10時、役員を務めている千葉県ラグビー協会(※注)総会に出席。会長の臼井日出男さん(衆議院議員、元法務大臣・防衛庁長官)や佐相昌夫副会長(前理事長で私の仲人)もお見えになり、久しぶりの挨拶をさせて頂く。総会では、決算や事業報告に続き印西で行われる県ラグビー祭や国体開催について、夏目理事長から御話がある。多くのラグビー関係者が集まり、大変盛況であった。個人的な話で恐縮だが、私はラグビーを本気で愛している。母や妻は野蛮なスポーツといって嫌うが、本質が分かっていない。基本的に女には理解不可能なのかもしれない。ただし例外もある。元衆院議長の土井たか子さんは同志社大学ラグビー部の女子マネージャーをされていたそうである。いずれにしろ、ラグビーの素晴らしさや楽しさを教えて頂いた岡仁詩(おかひとし・元日本代表監督)名誉教授に、私は心から感謝するものである。(※注・(財)日本ラグビーフットボール協会(会長は森喜朗前総理)の下部組織。)
 13:45、印西に戻り木下本店で昼食。ほっかほっか亭の幕の内弁当(450円)を5分で食す。14時、上町会館で行われた木下上町の総会に出席。来賓挨拶をさせて頂く。終了後15:30、役員さんとの懇親会。木下駅舎改修、駅広整備、印旛高移転問題等の話をする。
 17時、レストラン宝山で市商工会木下支部総会に出席。旦那衆と商工振興やまちづくりについて意見交換。私の持論であるニュータウンとの差別化戦略、すなわち「景観事業」や「レトロな仕掛け」についてお話をする。柏屋の若旦那や宝田敏明さん、吉岡和明さんから「大賛成」と言って頂き、ますます気合いが入る。今後、六軒・木下の人々の心が一つになれるように頑張りたい。
 20:20、帰宅。いつの日か、「みんなが地元の話題で盛り上がれる」ようなまちづくりをしたいと思いつつ休むことにする。明日も忙しくなりそうだ。
by takinowa | 2006-04-23 20:52

06.04.22(土)

 6:40、起床。今日明日の土日はイオンモールにたくさんの方がお見えになるだろう。そう思うと気合いが入るものである。
 朝7時のニュースで岐阜・中津川、女子中学生が交際相手の男子高校生によって殺害のニュース。大変驚く。最近この手の理由の分からない事件があまりにも多い。私は背景として市場競争優先の考え、すなわち新自由主義があるのではないかと考える。新自由主義の思想的基礎は、佐藤優さんによればドイツ観念論の哲学者・ライプニッツ「単子論」にあるという。“窓のないモナド(単子)”がキーワードだ。社会や集団を個(私)のレベルで捉えようとする新自由主義では自己責任が大原則である。と同時に他者への関心も薄れ、ダイアローグ(対話)の力も衰えていく。当然、公や全体の観念は希薄化し、家族や学校、地域社会といった共同体も空洞化する。人と人との絆を必要としない社会では、世代間の交流や常識の伝達といったことも困難にちがいない。このような状況に、あらためて政治の責任と役割の重さを感じるものである。(このことについては、HPの政治理念・哲学「保守主義」「共同体主義」を読んでください。また、新自由主義者(竹中総務相ら)の言う“自己責任”より、カントが「実践理性批判」で述べている“義務”や“社会的責任”(責務)の方が今の時代、大切に決まっている!と私は考える)
 9:30、木下本店で会社の業務。11時、ニュータウンの店へ。モール店に(株)ニューヨーカー(一部上場)の上條社長がお見えになる。新店の状況を視察に来られたようだ。将来のビジネスの話をする。これから、より強固な提携関係を築いていくことで合意した。 
 13時、王将で昼食(焼き飯と餃子・630円)。午後、ジャスコ店とモール店で店番。相変わらずモールは大入りである。18:30、一旦自宅へ。ブログを書き、夕食(酢豚とミンチカツ、サラダ)を取る。20:10、再びニュータウンへ。22:15、帰宅。長い一日だった。
 
by takinowa | 2006-04-22 19:01

06.04.21(金)

 6:30、起床。今日はいよいよイオンモールのグランドオープンである。妻も朝から気合いが入っている。期待値が高すぎると落胆するので、平常心で臨むことが大切である。9:40、ニュータウン店に入る。朝一で山崎市長の表敬を受けたとのこと。心から感謝したい。それにしても御客様はいつもよりも多いのだが、様子見の感じだ。ジャスコの既存店とモールのNY店を何度往復したであろうか。その間、(株)ワールドや(株)三陽商会の営業マンもお祝いに来るなど慌ただしく時が過ぎる。
 19:30、自民党印西支部関係者とやわら亭で懇親会。生ビール中ジョッキを五杯程頂く。現下の政治情勢を意見交換するとともに市政報告をさせて頂く。さらに、私と佐藤優さんや鈴木宗男さんとの関係についても聞かれたので正直に話す。22:30、お開き。22:50、運転代行で自宅駐車場に到着。とこらが、隣接の六軒第四分団詰所が賑やかである。団員はもう繰法大会の訓練を始めている。本部付分団長として激励をするとともに一杯付き合う。23:40、帰宅。恐る恐る自宅に帰ると、妻の機嫌が普通だったので、すぐに就寝することとする。
by takinowa | 2006-04-22 00:03