<   2006年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

06.03.31(金)

 二日酔いで体調を崩す。午前中、自宅で政務調査のレポートを作成。11:30、登庁して会派室で資料整理。議会事務局で4/17~19の行政視察研修の打ち合わせ。山形県・鶴岡市、新潟県・村上市を会派で訪れる予定だ。視察テーマは「鶴岡TMO機構」と「歴史的景観保全事業」である。内容については、いずれこのブログで書きたい。
 13時、スポーツ振興室で県ラグビー祭(5/20・松山下公園)の打ち合わせ。昨日も書いたが、富澤さんの異動にともない金子宏美さんが担当になった。4/24に行われる実行委員会の内容等を打ち合わせした。金子さんは地頭が良いというか、仕事のセンスがいい優秀な職員である。きっと事務局として活躍してくれると思う。今年の招待試合は、「日本IBMークボタ」と「高校・千葉県選抜ー群馬県選抜」で調整中だが、たくさんの市民に観戦して頂きたいものである。
 新年度、総務部内に「市街地整備推進室」という新しい部署が誕生した。「まちづくり交付金」を軸にした中心市街地活性化やニュータウン関連の、部局横断的な業務にあたるものと思われる。将来的には企画部へと発展することも予想され、前向きな組織改革として評価したい。
 14:30、ジャスコの軽食コーナーで讃岐うどん(きつね・380円)を食す。ニュータウンの店で会社の業務。20:30、木下本店へ。21時、帰宅。夕食に刺身と天ぷらを食す。
 TVで民主党大激震のニュース。前原党首以下執行部の辞任、永田議員の辞職が伝えられる。二大政党制はまさに崩壊の危機といえよう。
 明日も朝から忙しい。気を引き締めて頑張ろう。
(1,687)
by takinowa | 2006-03-31 23:35

06.03.30(木)

 9時、木下本店で会社の業務。9:50、明後日の木下南骨董市の準備。立看板の設置やテントの設営を行う。天気も良さそうで、花見がてらに骨董市への来客も増えそうだ。
 11:15、議会事務局で役所の人事異動関係の情報収集。11:45、生スポ課へ。県ラグビー祭で私と4年間コンビを組んだ富澤さんが異動とのこと。少し慌てる。後任への引継を御願いするとともに、これまでお世話になったことを感謝した。
 12:20、十余一の中華店でタンメンと餃子(1,050円)の昼食。12:50、ニュータウンのジャスコへ。リニューアルオープンの為、駐車場も満車状態である。うちの店も、朝からお祝いの生花がいくつも届き華やいだ雰囲気となっている。これからも御客様を大切にする落ち着いた商いを行いたいものだ。15時頃、混雑する。16時、メーカーが続けて2社お祝いに来る。
 18時、安食の金田屋へ。森住都市建設部長、杉本建設課長の送別会(都市建設常任委員会主催)に出席。議会、執行部合わせて二十人ほどの会合で大いに盛り上がる。森住さんは、県に帰られ、企業庁で空港関係の仕事をなさるそうだ。「今後もお付き合いを宜しく御願いします」と挨拶させて頂いた。杉本さんには、「37年間本当に御苦労様でした」と挨拶をする。今後も地域でのお付き合いが続くはずだ。21時、木下・やんばるで二次会。駅圏の活性化をテーマに大いに盛り上がる。相当アルコールを摂取し23:50頃に帰宅。なかなか有意義な一日であった。
by takinowa | 2006-03-31 09:21

06.03.29(水)

 6:50、起床。昨夜どしゃ降りの雨の後、強風が吹き荒れる。まさに春の嵐だ。7:30、先輩議員の鈴木貞男さんから電話。5月に中国・大連に旅行(59,800円・三泊四日/私費)の誘いを受ける。私的には、相当会社が忙しい時期と思われるが、海外で見聞を広めるのも有意義なこととして即決した。(正直に言えば、私は飛行機が苦手で海外旅行は嫌いだ。これまで十数回出掛けたが、空中で揺れる度に歯を食いしばり、足を踏ん張ってしまう。本当に疲れる)
 7:00、マネージャー(妻)が家を出る。東京麹町で、(株)ニューヨーカーの研修を従業員とともに受けるそうだ。イオンモールに出店を控え、やるべき事がたくさんある。
 8:30、H17年度政務調査報告書を書き始める。年間、十数カ所の視察研修やセミナーのレポートをまとめる。これがかなり大変な作業だ。多分2~3日、夜なべが続くだろう。幸いなことに、今日は木下本店が定休日でジャスコも3連休の為、資料整理や事務作業が進む。昼食に母の作る野菜炒めと焼き魚を食す。
 17:30、商工会職員・小倉さんの送別会(香取屋)。九十九里町商工会に栄転とのことで、角頼会長、川村理事(議長)以下役員が全員で祝福。18年間、印西の地域振興に係われた小倉さんの今後の活躍を期待するものである。宴会では、船尾のヨコトシ(横尾)さん、木下南口商店会長の児嶋さん、武藤建設業組合長、鈴木均さん、川村議長らと酒を酌みかわす。今は亡き、私の父、祖父、五十嵐康也さんの話題で盛り上がる。私は宗教家ではないが、死者との対話を通じ自分なりの考えをまとめることにしている。私は過去と真剣に向きあうことにより、現代そして未来、民主主義を語ることができると確信している。現在世代の思いつきの意見や欲望の表明が、国家や印西市を動かすようになれば「世も末だ」と私は考える。(S・ヴェヴレン、西部邁を参照した)市民の皆様はどのように考えているのだろうか。是非とも御意見をお聞かせ願いたい。
 22:30、小腹が空いたので函館ラーメンを食す。読書して就寝。明日はいよいよジャスコのリニューアルオープンだ。気合いを入れて一日頑張りたい。
 
by takinowa | 2006-03-29 21:48

06.03.28(火) 公共の宿ベストテン

 6時半頃、眼が覚める。ゆっくりと睡眠できた。朝温泉に入り、7:30朝食(バイキング)。部屋でゆっくりして、10時にチェックアウト。少しも自慢にならないし又誰も聞いてくれない話で恐縮だが、私は「公共の宿」評論家を自任している。学生時代から数えれば、恐らく100軒以上の公共の宿に泊まっているはずだ。特にここ15年位の充実は、目を見張るものがある。安かろう悪かろうなどということは決してない。公共の宿には監督官庁ごとに系列があり、しばしば批判にさらされるのも事実だ。しかしながら、庶民のささやかな楽しみを担保し、効率経営や地域振興に心懸けているような施設ならば、私は立派な「公共」事業であると考える。ただ最近「民営化命」のような人々(例えば猪瀬直樹氏のような)が、マスコミで大騒ぎをしている。困ったものである。ここで気分を取り直し、滝田が選ぶ公共の宿ベスト10を発表したい。(選考基準:一泊二食一万三千円以下で、料理、温泉・風呂、眺望、施設(清潔さ)、ソフト(宿や職員の雰囲気・心遣い)の5部門を各10点、合計50点満点で滝田が独自に採点)

 1位:ファインビュー室山(長野県安曇野市・3セク)
 2位:花木の宿(福島県伊南村・村営)
 3位:国民宿舎・鵜の岬(茨城県十王町)
 4位:大洗鴎松亭(茨城県大洗町・茨城県職員共済組合)
 5位:メルモンテ日光霧降(栃木県日光市・郵政公社)
 6位:サンロード吉備路(岡山県総社市・国民宿舎)
 7位:遊々湯々ランド・塙(福島県塙町・3セク)
 8位:休暇村・宮古(岩手県宮古市)
 9位:高遠さくらホテル(長野県高遠町・3セク)
 10位:ホールサムイン小野川(山形県米沢市・政府管掌健康保険)
 次点:サンピア佐久(長野県佐久市・厚生年金)、アートビレッジ明神館(長野県東御市・3セク) 
以上である。御意見のある方や情報をお持ちの方は是非お聞かせ頂きたい。

 10:30、富浦の道の駅「枇杷クラブ」へ。枇杷ソフトクリームを食す。昨日も、鋸南町、丸山町「ローズマリー公園」、千倉町「潮風王国」、白浜町と道の駅をはしごしたが、どうしても市民経済委員長として地域振興の眼でチェックしてしまう。11:20、鴨川市の千枚田を見学。素晴らしい景観である。NPOが活躍しているようだ。印西でも里山、水辺、谷津田など官民で力を合わせ自然を保全しなければならないと改めて思った。12:30、名水のまち君津市久留里へ。落ち着いた良い街並みだ。大多喜同様、官民とも景観に気を遣っているのがわかる。景観はまさに公共財であり、印西市でも力をいれなければならない政策課題だ。景観行政を進めるに当たっては、里山保全などの環境、農業振興、中心市街地活性化や様々な規制といった連立方程式を組まなければならないと感じた。昼食に鴨汁蕎麦。
 カーラジオで成田高敗戦を聞く。ここ一発の場面で打棒が振るわず、誠に残念である。夏に向け再度頑張ってほしいものである。15:50、帰宅。長時間ドライブで疲れたので静養。母と妻は、仕事で木下本店に出かける。まず働き者だ。19:30、道の駅で買った食材で庶民的な夕食。読書して就寝の予定。
by takinowa | 2006-03-28 19:49

06.03.27(月) 休暇村館山

 ある仲間から勧められ、ブログを付け始めて約3ヶ月が経過しようとしている。当初日記を書くのは小学6年生以来で、ましてや人に読まれるのを前提としたブログなんて「いけ好かない」とさえ思っていたので三日坊主で終わるだろうと考えていた。しかし、やってみるとこれが面白い!!一日一日、その日にあった事(公務や私事)や、普段考えていることを何も飾らず正直に書くことにしている。お陰様で概ね好評のようだ。さらに直接声を掛けられたり、メールで様々な情報を頂くこともある。ITインフラの関係もあるだろうが、既存地区よりもニュータウンに御在住の市民の方からメールをよく頂戴する。「HPの政治理念・哲学に共感した」とか「議員活動がわかりやすく述べられている」といったお褒めの言葉を頂くと嬉しくなる。一方、私の考え方と異なる人からも貴重な御意見を頂戴することがある。中でも多いのは「あなたは右(右派)なのですか、それとも左(左派)なのですか。さっぱりわからない」との指摘である。それに対し私は「右でも左でもありません。地域の伝統と歴史に根付いた保守の立場です」と答えることにしている。いずれにしろ一つ一つの声に、これからも誠実に答えていきたいと思うものである。
 今日明日と家族で房州方面へ旅行に出かける。9:15、商工会へ。加瀬指導員、久保田事務局長と舟運事業の打ち合わせ。まち興しに前向きな同志との会話はアドレナリンが上昇する。10:20、二ュータウンのジャスコで会社の業務。10:55、印西を出発。R16経由で千葉北インターから高速を利用し一気に木更津南へ。さらに南下。13:15、富津・竹岡漁港へ。前から密かに食べたいと思っていた「竹岡式ラーメン」発祥の店「梅の屋」を探す。竹岡式ラーメンは千葉のご当地ラーメンとして全国的にも有名だ。漁港近くのR127号を少し入ったところに「梅の屋」を発見。目立たない小さな店だが、行列ができている。待つこと30分で店内へ。乾麺で、チャーシューの煮汁がスープに利用してあった。味は濃厚な醤油味。厚切りチャーシューが4枚にタマネギのトッピングが独特だ(540円)。千倉、白浜、洲崎を経由し16:30、「休暇村・館山」にチェックイン。温泉に入り、夕食に豪華な海の幸を食す。(一泊二食・9,960~)20時頃、妻と二人で足裏リフレクソロジーを受けて幸せな気分に。母は親戚や近所の御土産を買い上機嫌。家族の絆を確かめ、潮騒を聞きながら就寝。
by takinowa | 2006-03-28 17:23

06.03.26(日)

 朝6:30、起床。この間たまっていた予算関係の資料整理。一月も放っておくと、収拾がつかなくなってしまうので大変だ。経済、環境、福祉、教育、防災などテーマごとに仕分けを行う。
 8:40、NPO法人いんざい水郷ネットの久保田事務局長と電話で打ち合わせ。5/6の舟運事業・川開きイベントに向け準備も忙しくなりそうだ。この事業は、印西市の中心市街地活性化=「まち興し」の中核と位置づけられている。商工会、観光協会、印西市、地元住民(六軒・木下)、各種団体・市民有志などが共同で担っていくこととなった。キーワードは「地元への愛」だ。市では国(国交省)の補助金も含め、約640万の予算が付いた。市民の賛助も仰ぎながらより大きな運動へ発展していってもらいたいと思う。私もこの5年仕掛け人の一人として関わってきた経緯もあり、全力で支援をするつもりだ。(※滝田HPの「まち興し」、「中心市街地活性化」を参照)
 今日はジャスコ・リニューアルオープン前、最後の営業となる。準備のため大変忙しい。9:40、木下本店へ。10:20、ニュータウン店へ。DM発送作業や、商品整理等の業務をスタッフとともに行う。18:35、無事終了。店を早く閉め(ルール違反であるが、勘弁してもらう)、これまでのスタッフの労をねぎらうため、アルカサール内の「みつや」で食事会。店長・池田以下、毎日一生懸命頑張ってくれる従業員に心から感謝するものである。21:45、帰宅。
 忙中閑有。明日から3日間、ニュータウン店は休業と(ジャスコが全面改装のため)なる。新年度から、公私とも疾風怒濤の忙しさとなるであろう。 明日から、一泊で家族旅行に行くことにした。
by takinowa | 2006-03-26 22:52

06.03.25(土)

 朝刊県版に知事提案の条例案が、県議会で初めて否決されたとの報道。男女共同参画センターの設置をめぐり、圧倒的多数を占める自民党が反対にまわったとのことだ。このことに関し、様々な政治的力学が働いたことは容易に想像がつく。当然ジェンダーフリーをはじめ、自民党には容認しがたい堂本知事の革新思想が背景にあったことと思う。と同時に知事と自民党県議団との間に全く信頼関係がないということであれば、今後このようなケースも増えるに違いない。いずれにしろ議会側は、「是は是、非は非」のスタンスで臨んでほしいものである。
 8:15、朝食に納豆ご飯。私は毎日のように納豆を食べる。しばらく、読書。午前中、会派新政会政務調査関係の領収書整理。印西市では、現在議員一人あたり年間36万円、政務調査のための補助金が会派に対し交付されている。会計報告については、新政会サイト上で公開し、透明性を確保していきたい。(政務調査費:市条例に基づき、調査旅費(交通費等)、広報費、資料購入費、資料作成費など使途基準が厳密に決められ、新年度に領収書を貼付した会計報告の提出が義務付けられ、市の監査を受けている。)
 11:30、木下本店へ。会社の業務。13:20、嶺久庵で天ぷら蕎麦(1,300円)を食す。14時、ニュータウンの店へ。リニューアルオープンDMの発送準備。ジャスコの営業は明日までで(3/27~29の間、開店準備のため休業)、なにかと慌ただしい。アッという間に時間が過ぎていく。21:30、帰宅。帰りに大森の「ほか弁」により、かつ弁当(490円×2)を購入。少々カロリー高めの夕食(約900カロリー)となる。ここしばらくは、家業が忙しくなりそうである。妻も母も一生懸命だ。従業員も頑張っている。家族と従業員の絆に心から感謝したい。読書して就寝。
by takinowa | 2006-03-25 22:52

06.03.24(金)

 昨夜は深酒を控えたため、二日酔いにならずに済む。9:50、木下本店。10:40、ニュータウンの店へ。中央駅11:12発でマネージャー(妻)とともに新橋へ。汐留住友ビル20Fにある(株)ワールドの展示会に行く。やっと春を迎えるこの季節に、秋冬物の商談。12:40、ランチ。中華が食べたくなり、八宝菜定食(1,100円)を選ぶ。午後、商談の続き。帰りは上野経由で木下に19:00頃着。つくばエキスプレスの影響であろうか、常磐線は以前より空いているようだ。我孫子駅の待ち時間に、腹が減ったので弥生軒のかき揚げ蕎麦(玉子入り・340円)を食す。私は高校生の頃から、弥生軒の蕎麦を食べている。あのしょっぱい味が何ともいえない。
 19:20、ニュータウンの店に戻る。一時間半程、新入りのパートさんの研修。21時、帰宅。夕食にのり弁当。TVで報道番組を見る。
by takinowa | 2006-03-24 23:20

06.03.23(木) 印西市3月定例会・最終日

 朝一で、白井市の北総線運賃値下げの会会長の吉田治男さんからメールが入る。吉田さんは、母校同志社大学の先輩(経済学部・1960年卒)である。先輩は、(株)日本旅行で法人営業部長を務める傍ら、(財)日本バレーボール協会事務局として松平康隆会長(慶応義塾卒、ミュンヘン五輪男子監督)を側近として支えた。人柄も素晴らしく、義理と人情に篤く、優しさ溢れる笑顔が魅力的だ。現在はリタイアされ、白井市の民生委員など、ボランティァの中心として活躍されている。尊敬する先輩からのメールは、同志社総会の連絡であった。本当にありがたい。こんなスレッカラしの自分に、いつも声を掛けて頂くことを心から感謝するものである。思い起こせば先輩とは、北総線運賃問題では熱い議論をした。お互いの立場を尊重しながらの意見交換は、立場を越えて心地よかった。私の理屈は簡単だ。「本気で闘えば、敵味方なし」というそれ以上のものではない。これが、「ノーサイド精神」であり、「新島精神」なのかと勝手に解釈するものである。
 9:15、市役所へ。9:30、議会運営委員会で、6月議会の日程調整。10時、本会議。10:25、一般会計予算成立。体の力が抜ける。12時、休憩。香取屋の盛蕎麦。13時、再開。13:15、最後の議案が通過して閉会。長く、慌ただしかった議会が終了した。ダッシュで自宅へ。TVの前に正座して「成田高校対小松島高校」の試合を観戦。WBCほど、ドキドキしなかったが四国王者に勝利しホッとする。しかしながら、この時間に高校野球を観戦できるのは幸せだ。恐らく、私の兄弟(兄・洋一:日本経済新聞編集委員・参事、弟・和則:(株)新光證券人事部長)は二人とも成高OBであるが、リアルタイムでは観戦できない。東京でビジネス社会で頑張る人は本当に大変だと思う。多分、二人とも市場原理・新自由主義の中で生きていくのだろう。でも、故郷だけは、兄弟たちに対し忘れてほしくないと思うものである。
 15:15、ニュータウンの店へ。スタッフを激励。18時、収入役・稲毛忠臣さんの送別会(銚子屋)。稲毛さんは平成4年、大蔵官僚(関東財務局)から印西市のまさに大蔵大臣に就任された。バブル崩壊後の厳しい金融環境を乗り切られたその手腕と社会に対する深い洞察力にあらためて敬意を表するものである。近い将来、地域の人々を交え一献かたむけたいと思った。20:45、帰宅。読書して就寝。読んだ本に関しては、このブログで感想を書いていきたい。
by takinowa | 2006-03-23 21:32

06.03.22(水)

 9:40、市役所に向かう。第一回定例会もいよいよ大詰め。10時、本会議で議案審議。今日はとりたてて問題となるような案件はない。12時、会派室で昼食。香取屋の盛蕎麦を食す。13時、再開。午後、凪の状態が続く。14:50、全議案可決で本日の会議は終了した。
 いよいよ明日、長かった定例会も最終日。もっとも重要な一般会計・特別会計予算案の審議と採決がある。先週の予算委員会では可決されており、基本的には通過の見通しだ。ただ一部で、木下駅舎改修に対し「箱物行政だ」とか「債務負担行為をくむのはいかがなものか」といった理屈で、反対の多数派工作をしている動きがあるとの情報もある。もちろん、議案の採決では、議員一人一人が責任ある判断を行う。であるが、例えば“ニュータウン対既存”といった図式や争点を無理矢理作りだすのはいかがなものかと思う。いずれにしろ一部勢力の政治的戦術にすぎず、多分この手の話は以前からあり、印西の“輿論”となることはまずないであろう。3/10付のブログでも書いたが、私はこの手の話に付き合うつもりはない。今印西では「格差のないまちづくり」をいかにすすめるかが問われているのだ。政策の優先順位と公金支出の基準について、より本質的な議論を深めなければならない。
 15:40、本埜村へ。村長選の陣中見舞い。事務所で後援者を激励する。16:30、木下本店で会社の仕事。17:30、ニュータウンの店へ。20:20、帰宅して夕食。特売で牛肉が安かった為(398円/100gの3割引を250g購入)、すき焼きを食す。やっぱり高い肉の方が美味しいと感じた。BSE問題についても、近いうちにこのブログで書いていきたい。ニュースで永田議員の懲罰委員会での弁明の報道。真相は闇の中であり、民主党は沈没寸前といったところだ。まさに、日本の議会政治は機能不全に陥った。責任をとって永田氏は一刻も早く議員辞職すべきであろう。小泉総理と武部幹事長の余裕の表情が目に浮かぶようだ。
 
by takinowa | 2006-03-22 21:48