08.07.28(月) 韓国視察研修・東京→ソウル

 6時、ホテルで朝食を取り、機内預け荷物を出す。7時、チェックアウト。8時、羽田空港国際線ターミナルで保安検査、出国審査。私的には千葉県人として正直、成田を利用せず羽田から海外に行くことに相当な抵抗感があった。9:20、羽田発ANA1291便でソウルへ向かう。所要2時間20分で11:40、金浦(キンポ)空港着。入国審査、税関。12:30、バスで金浦空港発。ソウル市は韓国の首都で人口1200万人。私にとって初めての訪問が、全斗換(チョンドウファン)軍事政権下今から25年前の1983年。その後訪韓する度の発展ぶりは、目を瞠るばかりだ。
 13:30、ソウル市内の「金剛山レストラン」で昼食。焼肉料理を美味しく頂だいする。特に骨付きカルビは絶品であった。
 15時、市内中心部を流れる清渓川(チョンゲチョン)を視察。本年2月25日、第17代大統領に就任した李明博(イ・ミョンバク)が、ソウル市長時代に復元したもので、その成果が大いに評価されたとのこと。
 16時、ロッテホテルで朴チョルヒ・ソウル大学大学院教授の講演会。演題は「今後の日韓関係について」。朴教授は知日派(親日)の立場をとる学者であるが、韓国世論が「竹島問題」を巡り沸騰する中で、実に率直な内容の講演であったと思う。質疑応答の際、私なりに7/24のブログに書いた内容を申し上げ、意見交換をさせていただく。いずれにせよ、かなりエキサイトした有意義な勉強会となった。
 18:30、ホテル内の別会場で「重家俊範・駐韓日本大使主催歓迎夕食会(レセプション)」。ここでも、「竹島問題」や「拉致問題」について、参加した青年局メンバーから鋭く、厳しい質問や意見が外務省に対し述べられた。
 朝からほとんど自由時間もなく、かなり疲れた。夜、知り合いになった全国の同志と遅くまで談じ合う。

  ソウル市内
f0035232_15275690.jpg

  駐韓日本大使主催歓迎レセプションで講演する重家俊範大使
f0035232_15132738.jpg

by takinowa | 2008-07-27 10:56


<< 08.07.30(水) 韓国視... 08.07.27(日) 自民党... >>