08.07.26(土) 第44回千葉県消防操法大会 印西市消防団・堂々4位入賞!

 第44回千葉県消防操法大会(主催・千葉県 財団法人千葉県消防協会 後援・財団法人日本消防協会)が千葉市仁戸名町の県消防学校屋外訓練場で行われた。県下10支部の代表12チームが参加。わが印西市消防団(3分団2部・小林台方地区)はポンプ車の部で、印旛郡11市町村代表として出場。これは小型ポンプの部で、32年前に松崎地区が県大会準優勝して以来のこと。千葉県は昔から消防が盛んな土地柄で、とりわけ印旛郡は県下屈指。全国制覇2度の八街市をはじめ印旛村、成田市など消防操法のレベルは高い。
 6:25、印西市役所集合で千葉に向かう。8:10、県消防学校着。9時、開会式。堂本暁子知事、石井利孝消防協会長の挨拶。まさに、炎天下。10時、競技開始。山崎印西消防署長と各チームの技術的な分析について意見交換。それにしても暑かった。わが印西市消防団は9番目に操法を行う。操作タイム(第1線・55秒 第2線・65秒)、及び規律も申し分なし。4月から約4ヶ月間の訓練成果をしっかりと披露し、実に見事であった。結果は、146.5点で堂々の4位入賞。印西消防の歴史に、素晴らしい1ページが加わり感動的であった。14:10、千葉を出て印西に向かう。帰路のバス車中で爆睡眠。15:25、印西市役所着。市内で政務調査。17:15、鹿黒の嶺久庵で消防団主催の慰労会。地元選出県議として乾杯の音頭をとる。式次第について、事務局に御意見させていただく。
 18時、高花夏祭りで御挨拶。地区の方々と懇談する。
 19:30、小林方面で防災関係の会合に参加。半田実・市防災課長もまじえ地域の方々と意見交換。23:30、帰宅。

    第44回 千葉県消防操法大会 成績(団体)
○ ポンプ車の部 1位・山武市(157.5) 2位・野田市(151) 3位・鴨川市(148) 4位・印西市(146.5)
○ 小型ポンプの部 1位・いすみ市(79) 2位・市原市(78.5) 3位・東金市(71.5)
 
 印西市消防団の操法演技・・・第1線の1番員による放水
f0035232_15434944.jpg

   第2線の2番員による放水
f0035232_1552415.jpg

 第4位入賞の表彰を受ける印西市消防団
f0035232_1581469.jpg

f0035232_1595229.jpg

by takinowa | 2008-07-27 10:34


<< 08.07.27(日) 自民党... 08.07.25(金) 印旛沼... >>