07.11.22(木) 北海道釧路市・行政視察

 朝、昨日に続き-7℃。8:25、鈴木宗男釧路事務所・森豊秘書の運転で㈱弟子屈町振興公社の視察へ。10時、現地で土屋博専務から地域振興事業の詳細な説明を受ける。特に、摩周湖の自然を守るため、実験的に行われた「マイカー規制」について質問が集中した。また、公社展望台から見える摩周湖の景観には、研修参加者一同が息をのむ。私も二度目だが、まさに日本を代表する自然美に違いない。
 11時、弟子屈町を出て、山岳道路で峠を越え釧路市阿寒町へ。路面も完全凍結状態で、実にスリリングであった。少々怖かったが、地元の人の運転技術を信じるほかない。11:55、無事到着。商工会館内の会議室で、NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構・蔵根敏文専務理事から阿寒町の住民参加型まちづくりと観光振興についてお話を聞く。千葉県でもデスティネーション・キャンペーンなど観光に力を入れているが、大いに学ぶべき点があると感じた。研修終了後、森秘書推薦の阿寒湖畔にあるレストランで昼食。えぞ鹿ハンバーグステーキランチ(千円)を食す。鹿肉の濃厚な味と香りが実に美味であった。シチューやカレーにしてもきっと美味いに違いない。
 15時、釧路空港。研修中、大変お世話になった山崎泉帯広市議と森豊秘書には心から感謝、感謝である。また有意義な研修をサポート頂いた、鈴木宗男代議士にあらためて御礼を申し上げたい。人間関係の大事さ、有難さも感じた素晴らしい研修であった。空港内御土産店で、本日から発売再開の㈱石屋製菓「白い恋人」を購入。しっかりと反省し、北海道ブランドの復活を是非とも成し遂げていただきたい。 
 天候の関係で羽田到着が遅れ、17:25に視察団を解散。19:30、四街道で大野眞県議(印旛郡)と道東研修の反省会。十分な意見交換を行う。大野さんは以前のブログにも書いたが、印西の隣町、栄町長経験者。私の先輩でよい兄貴分でもある。いろいろと様々な課題について、いつも相談にのってくれる。
 24時過ぎに印西の自宅にもどる。だいぶ疲れたようである。恐らく今回の研修参加者は、皆充実感を感じて貰えたのではないかと思う。羽田で解散したとき、全員表情が明るかった。研修の企画者として少々嬉しくなるとともに、無事終了しホッとひと息である。
by takinowa | 2007-11-23 17:08


<< 07.11.23(金) 新嘗祭... 07.11.21(水) 北海道... >>