07.11.20(火) 北海道帯広市・行政視察

 本日から三日間の予定で北海道行政視察。6:55、印西を出て羽田空港へ。8:40、第一ターミナル・JALカウンター前の集合場所に着。視察参加者は、自民党県議一期生有志6名(伊藤昌弘・佐倉市、大野眞・印旛郡、松下浩明・山武市、武田正光・流山市、西田譲・八千代市と私)。
 9:55発の便で帯広に向かう。途中、揺れも全くなく快適な空の旅であったが、北海道上空になると大変なこととなった。台風並に発達した低気圧が北海道を通過中とのことで、激しい降雪のため帯広への着陸は見合わせとなり、急遽到着地は釧路となってしまった。機体も上下、左右に激しく揺れて、余計なことも脳裏をかすめ怖かった。やっとのことで釧路空港に13:20に着陸。帯広までは直行バスで2時間半かかるとのことで、残念ながら本日の研修は中止となった。外はまさに強い風雨と雷、猛烈な嵐であった。まさに北の大地、大自然の猛威を実感。15:40、帯広駅着。積雪と路面凍結でかなり危険な状態。滑りそうになりながら、駅前の歩道をやっと歩く。強烈な寒さであった。本日一日アテンドしていただく予定の帯広市議会議員・山崎泉さんが出迎えに来てくれた。
 16時、駅前の日航ホテルにイン。まさに長旅だった。気が付けば、昼食の時間もなく非常に空腹であった。佐倉・伊藤県議の「豚丼食べたかったね」という言葉にリアリティを感じる。
 夜、ホテルで山崎帯広市議も交えて政策の勉強会。道央の政治状況等についても話を伺う。
by takinowa | 2007-11-23 15:22


<< 07.11.21(水) 北海道... 07.11.19(月) 椎名一... >>